新着IT情報 ウェブサイト内検索

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

読者紹介欄を設けました。

「読者紹介」への掲載、メール配信希望者はお問い合わせ・ご意見から申し込めます

 

メール配信者には「定期リポート」と「注目ニュース」が無料配信されます。

 

サイトマップ

講演会開催 新たな国内産業動向事例 安全情報 

コラム 動画映像 Web3.0

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////  

 

 

 

世界が分かる、日本が分かる

 新着IT情報

-- 概要 -- 

サイトマップ

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 


- Amazon初の完全自律型搬送ロボットの実力、「ここまで来るのに50年かかった」(実演動画付き) ■ロボット

- 日銀、23年春にもデジタル円のパイロット実験を開始へ=報道 ■仮想通貨

- Web3で作る新しい家族の形=ブロックチェーンに刻むパートナーシップ証明 Web3.0

- 起業家が育つ「スタンフォード大学」 日本の授業とは何が違うのか ■教育

-【緊急解説】ツイッター・メタ・アマゾンが「大規模リストラ」を進めるホントの理由 ■番外

- なぜ官僚や学者の政策はいつも失敗ばかりなのか ■日本論

- AI戦争に勝利する方法とは? ■人工知能

-「ツイッター終了」の未来 SNS

- 中国製の自律走行車も「国家安全保障上の脅威」になる? 警戒を強める米国の議員たち CASE

- 昇降機の保守・教育にスマートグラスの導入を開始 ■ウェアラブル

- GAFAMを超えるポテンシャルを持っている…メタバースを最もよく知る男が大注目している"日本企業の名前" ■メタバース

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

-  コラム:#100:「完全自動運転車」の時代は来るのか? 

- 安全情報:揺れ動く航空界」 「航空ショーで空中衝突」  

- 講演会開催:  ICTイノベーションフォーラム2022」 主催 総務省

- 講演会開催: 自動配送ロボットを活用した新たな配送サービスに関するセミナー」

- 新たな国内産業動向事例: 人類の想像力と創造性を解き放つAIの創出(ソニーAI) 

- 動画映像:鋭敏な聴覚で雪の下の獲物も捕まえるカラフトフクロウ【ナショジオ】

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

 

--  新着リスト  --

新聞・TV等の「一般メディア」からでは

得られない最新情報

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    -- 最新ニュース記事 -- 

 

2022/12/09

- GAFAMを超えるポテンシャルを持っている…メタバースを最もよく知る男が大注目している"日本企業の名前" ■メタバース

2022/12/06

- GAFAMのうちメタバース時代をリードするのはどこか…米投資家が「グーグルやメタではない」という理由 ■メタバース

- 経済産業省、Web3実証実験でメタバース内イベント実施 Web3.0

2022/12/04

- KDDIが“エリアの穴”をふさぐのに「Starlink」を採用したワケ スマホの直接通信には課題も ■通信

2022/12/03

- 再生可能エネルギーを、サハラ砂漠から英国へと輸送する計画が動き出す ■環境

2022/12/02

- 窮地に立つインテル、メーカー各社で相次ぐカスタムチップ採用 IT一般

- わが社は特別...「自信過剰」という病魔は、世界最強の企業「GE」すら破壊した ■番外

- 岸田政権、Web3スタートアップ育成の環境整備に向けたロードマップ示す Web3.0

- 日本最大級のWeb3.0カンファレンス「TEAMZ WEB3.0 SUMMIT 2023」を

   202346()7()に虎ノ門ヒルズにて開催決定!  Web3.0

2022/12/01

- Web3で作る新しい家族の形=ブロックチェーンに刻むパートナーシップ証明 Web3.0

-「ツイッター終了」の未来 SNS

2022/11/30

- AIの法対応が追いつかない「リーガルテック」の課題 ■人工知能

- 世界の創造的なリーダーが持つ5つの習慣 ■番外

- Amazon初の完全自律型搬送ロボットの実力、「ここまで来るのに50年かかった」(実演動画付き) ■ロボット

- 自動運転+遠隔管制の「ダブル技術」が、時間損失を最小限に CASE

- 三菱地所、スマートホーム事業でLIXILと提携 ■スマートホーム

- AI戦争に勝利する方法とは? ■人工知能

-【緊急解説】ツイッター・メタ・アマゾンが「大規模リストラ」を進めるホントの理由 ■番外

2022/11/28

- ソニー井深大が社長座談会で主張した「経営者は大株主であるべき」理由 ■日本論

- ソニー井深社長の慧眼、1960年に語った「コンピューター時代の経営者の役割」 ■日本論

- アフリカ諸国の中央銀行、CBDC導入に大きな有用性見出す=BIS報告書 ■仮想通貨

 

    ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

-- 読者からの最新投稿 --

 

2022/11/22

- 安全情報:航空ショーで空中衝突 New!!

2022/10/31

- 安全情報:揺れ動く航空界

2022/10/31 

-  コラム:#100:  「完全自動運転車」の時代は来るのか?

2022/09/04

- 安全情報:読者からのコメント 

2022/08/27

- 安全情報:読者からの質問 

2022/08/20

- 安全情報:リニア新幹線の意外な目的 

2022/08/12

- 安全情報:リニア新幹線のアキレス腱 

2022/07/28

- 安全情報:羽田への都心上空飛行_第2報 

2022/07/07

-読者からの情報提供:複数のAIを活用し、複雑な材料データからさまざまな機能を予測する技術を開発 

2022/07/06

- 読者からの特別寄稿:新型コロナの正しい終わらせ方 

2022/06/16

- 安全情報:羽田への都心上空飛行 

2022/06/09

-  教育:  「小機を勝機に」  

2022/06/06

-  コラム:#99:  「モビリティ」革命と「CASE」

 

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

 

--「講演会開催」-- 

日本の実際の「動向把握」に最適

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

                        提供:外村孝史氏              

///////////////////////////////////////////////////////////////////////

株式会社 DUALホールディングス https://dual-hd.co.jp/business/

事業内容 ①ライフラインConcierge®、②空室通電DX、③ EVインフラ事業

140-0001 東京都品川区北品川1-8-11 Daiwa品川Northビル8

TEL03-5843-4018 (代表)FAX03-5843-4123

特定非営利法人ICAS(イカス)&音声会話ロボット「ピコちゃん」開発センター

〒東京都港区新橋3-16-2(横山ビル6階)

TEL03-3432-5859 (代表)FAX03-3432-5869

外村孝史  メール k_tomura@mtf.biglobe.ne.jp

/////////////////////////////////////////////////////////////////////// 

 

提供善行雑学大学

  

 

ーー 最新セミナー一覧 ーー

 

 詳細は講演会開催

 

「人生100年時代を“よりよく生きる”社会のつくり方~人の“健康”を支える起業家に学ぶ~」

  2023年01月30日(月) ゲスト 清水 愛子(一般社団法人グッドネイバーズカンパニー代表理事/医師)

「人工知能時代の言語コミュニケーション」

  2023年02月09日(木) 主催 高度言語情報融合フォーラム、一般財団法人日本特許情報機構

「日本経済の現状と先行き」

  2023年1月25日(水) 講師 竹田 憲(経済産業省 経済産業政策局 調査課長)

「グローバリズムとは何か~ウクライナ、習近平3期目、米中間選挙に共通する

   グローバリズムvs反グローバリズム~」

  2022年12月19日(月) 主催 国家ビジョン研究会

「感染症拡大に学ぶ建築・地域・都市のあり方~機能分化社会から機能混在社会へ~」

 2023年01月22日(日)主催 日本学術会議土木工学・建築学委員会感染症拡大に学ぶ建築・地域・都市のあり方分科会

「コロナ禍を踏まえた新たな国土形成計画の課題」

 2022月12月23日(金) 講師 松家 新治(国土交通省国土政策局総合計画課課長)

「内部障害者とサポーターをつなぐスマホアプリ”心の輪”の開発

   ~”見えない障がい者”に対する支援から まず 第一歩~」

 2022年12月14日(水) 講師 崎山みゆき(㈱自分楽 代表取締役)

ICTイノベーションフォーラム2022」

  2022年12月14日(水) 主催 総務省

「薬剤師のプロフェッショナリズムを考える」

 2023年01月22日(土) 主催 日本学術会議薬学委員会地域共生社会における薬剤師職能分科会

「新興・再興感染症の克服に挑む ~COVID-19との闘いを経て~」

 2023年01月13日(金) 主催 日本学術会議薬学委員会生物系薬学分科会、公益社団法人日本薬学会

「データサイエンス・オンライン講座~誰でも使える統計オープンデータ~」

 2023年01月10日(火)~03月14日(火) 主催 総務省統計局

「持続可能な社会のための科学と技術に関する国際会議2020”災害と健康”」

 2023年01月25日(水)・26日(木) 主催  日本学術会議

「中小企業のDX導入~お役立ち事例と効果~」

  2022年12月15日(木) 主催 (公財)東京都中小企業振興公社 取引振興課

「社会的課題解決(SDGs)はビジネスチャンス!」

  2022年12月16日(金) 講師 深井宣光((一社)SDGs支援機構事務局長)

「ポストコロナに向けた企業変革推進事業の企業経営とDX~事例紹介を中心に~」

  2022年12月15日(木) 主催 経済産業省、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構

「予測不能な大変化時代 突破のためのヒント~マーケティングの発想から~」

 2023年1月14日(土) 講師 望月雅之(㈱三百 代表取締役、(一社)クリエイティブ食品開発技術協会 理事) 

「科学・技術と倫理の問題を再考する~宗教と女性の視点から~」 

 2022年12月17日(土) 講師 岡野 治子(元・清泉女子大学学長、清泉女子大学名誉教授)

「科学・技術と倫理の問題を再考する~宗教と女性の視点から~」

 2022年12月17日(土) 講師 岡野 治子(元・清泉女子大学学長、清泉女子大学名誉教授)

「ひろしまのモノ造りのヘリテージストーリーとマツダのサスティナビリティへの取り組み」

 2022年12月20日(火) 講師 植月 真一郎(マツダ㈱ コーポレート業務本部)

 

 詳細は講演会開催

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

--   安全情報   --

「航空安全」のエキスパートが「トップダウン思考」

により様々な「社会問題」を考察・点検

 

トップダウン思考とボトムアップ思考

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  

 本情報に関する連絡先: ㈱ヒューファクソリューションズ 

  URL: http://www.hufac.co.jp  

E-mail: info@hufac.co.jp

 

--- 目次 ---

 

内容は安全情報を参照

 

 ヒューファク安全情報:航空ショーで空中衝突  2022-11-22 New!!

 ヒューファク安全情報:揺れ動く航空界  2022-10-31

 ヒューファク安全情報:読者からのコメント  2022-09-04 

 ヒューファク安全情報:読者からの質問  2022-08-27 

 ヒューファク安全情報:リニア新幹線の意外な目的  2022-08-20 

 ヒューファク安全情報:リニア新幹線のアキレス腱  2022-08-12 

 ヒューファク安全情報:羽田への都心上空飛行_第2報  2022-07-28    

 ヒューファク安全情報:羽田への都心上空飛行   2022-06-16

 ヒューファク安全情報:知床観光船が沈没   2022-05-20

 ヒューファク安全情報:ロシアのウクライナ侵攻   2022-05-15

 ヒューファク安全情報:中国東方航空機が墜落   2022-03-27

 ヒューファク安全情報:みずほ銀行でシステム障害   2022-02-20

 ヒューファク安全情報:米国の苦渋の選択   2022-01-10  

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 ヒューファク安全情報:技術立国に暗雲   2021-12-27  

 ヒューファク安全情報:危機が炙り出す社会の不条理  Social Absurdities Revealed by The Crisis 2021-12-25  

 ヒューファク安全情報:読書の秋へのお誘い  2021-11-23  

 ヒューファク安全情報:JR西福知山線脱線事故の真実  2021-11-05  

 ヒューファク安全情報:KHI製地下鉄車両が脱線  2021-10-25  

 ヒューファク安全情報:高性能電池の正体  2021-10-06  

 ヒューファク安全情報:ANA羽田沖事故の真実  2021-09-18  

 ヒューファク安全情報:読者からのコメント  2021-09-12  

 ヒューファク安全情報:トヨタ自動運転車が人身事故   2021-09-01  

 ヒューファク安全情報:コロナ禍からの脱却➁   2021-08-25  

 ヒューファク安全情報:コロナ禍からの脱却①   2021-08-15  

 ヒューファク安全情報:御巣鷹山事故の真実   2021-08-12  

 ヒューファク安全情報:欧州北西部で洪水   2021-07-27  

 ヒューファク安全情報:的を射たご質問   2021-07-23  

 ヒューファク安全情報:熱海で土砂崩れ   2021-07-20  

 ヒューファク安全情報:新幹線運転士が離席   2021-07-08  

 

内容は安全情報を参照

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

 

--  新たな国内産業動向事例  -- 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 ITを活用した新たな産業・事業が国内でも続々と生み出されようとしています。CASE/モビリティ、 AIロボット、ドローン、メタバース、ディジタル通貨(仮想通貨)、生体認証 等がその典型でしょう。

 

 ここでは、その具体的な動きを読者から寄せられた情報をベースにお伝えしていきます。皆様からの積極的な寄稿をお待ちしております。

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 提供(寄稿)者紹介:

 

古舘博義(ふるたち ひろよし)氏

 経営コンサルタント

 株式会社イーズ・グループ  ファウンダー

 アドレス:hiroyoshi.furutachi@mx-keio.net

 

 以下詳細は読者紹介を参照

――――

 

麻倉怜士(あさくられいじ)氏

 オーディオ・ビジュアル/音楽評論家。津田塾大学&早稲田大学エクステンションカレッジ講師(音楽学)UAレコード合同会社主宰。ハイレゾシーンでは普及の指導的立場にある。日本経済新聞社、プレジデント社(雑誌「プレジデント」副編集長)を経て、オーディオ・ビジュアル/音楽評論家として独立。津田塾大学では2004年以来、音楽理論、音楽史を教えている。2015年から早稲田大学エクステンションカレッジ講師(音楽)

 

 以下詳細は読者紹介を参照

 

 ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  --- 目次 ---

 

内容は新たな国内産業動向事例を参照

 

2022/12/09

  「Sony Technology Exchange Fair(STEF)2022」と研究開発方針説明会を開催

2022/12/09

   人類の想像力と創造性を解き放つAIの創出(ソニーAI)

2022/12/09

   ソニーグループの研究開発方針

2022/12/09

   電通ジャパンネットワーク、企業のメタバース活用を統合的に支援し、市場の創造・拡大に貢献

2022/12/06

   博報堂、Stake TechnologiesとWeb3合弁会社を設立

2022/12/06

 博報堂DY、ブロックチェーンやNFT活用の新計画を発表

2022/11/29

 ソニーグループ会長兼社長「メタバース、ライブ共有の場拡大」

2022/11/27

 女性社員がソニーに「人間中心設計」を根付かせた 「変化に挑戦」「自分の成長を逃さない」企業風土が後押し〈AERA

2022/11/26

 自動運転やXR、デジタルツインまで もう未来じゃない西新宿のスマートシティ

2022/11/25

 「日の丸半導体」の失敗から学ぶ、半導体新会社ラピダスの勝算は

2022/11/25

 デジタル円、いつ導入? 現金はなくなる?

2022/11/25

 北海道余市町・日本国内最大級のNFTプロジェクトCryptoNinja Partners・あるやうむが、

 コラボ返礼品企画第1弾「余市町ふるさとCNP2022」を10月28日に提供開始

2022/11/23

 NFTに価値裏付けの波、東急不動産はスキーの初滑り権

2022/11/23

 「AIの革命的進化、ロボット開発を後押し」ソニーグループの北野CTO

2022/11/20

 ソニー、ゲーム内アイテムのNFT使用に関する特許出願

2022/11/16

 変化の最中にある「移動」の世界。 そのデータプラットフォームを構築して 世の中の進化のスピードを加速させていく

2022/11/15

 日立・小島社長、Web3.0時代念頭に「人々を支えるデジタルインフラを構築する」:社会イノベーション:日立

2022/11/12

 CBDCの実証実験に取り組む中央銀行は世界的に増加=日銀レポート

2022/11/11

 トヨタ、ソニーなど国内8社出資、先端半導体の国産化へ新会社設立

2022/11/09

 ソニーG吉田社長「モビリティーにエンタメで貢献」 世界経営者会議が開催

 

 

 

内容は新たな国内産業動向事例を参照

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

  

 

 --   動画映像   --

感動とエキサイティングな映像

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

コラムに対するご意見をお寄せください。ご意見はお問合せ・ご意見から。 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

#100:  「完全自動運転車」の時代は来るのか?

  (2022/10/31)

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

   

 「完全自動運転車(レベル4,5)」の時代到来まではまだまだ時間がかかるようです(記事1.)。

 

2018年12月、世界で先頭を走る「Waymo(元Google)」が初めて一部地域で「完全自動運転車」による

タクシー配車サービスを開始した時、「完全自動運転車の時代がくるのは数十年先」と言っていたのが印象的

でした(記事2.)。

 当時Waymoと激しい開発競争してた「テスラ」CEOのイーロン・マスク氏は今年中に「完全自動運転車」

を出すと豪語してましたが、その後しばらくして慎重な発言をするようになりました。

 

 とは言え、複数の企業(自動車メーカーやIT企業等)は今なお「完全自動運転EV」の為に巨額の投資を続けて

いる事は確かなようです(記事3.)。

 

記事1.

*自動運転技術の独自開発を断念したフォードとVWが進む道

 自動運転技術の分野で大手の一角だったアルゴAIArgo AI)の事業清算が、このほど発表された。フォードとフォルクスワーゲンが出資する血統書つきの企業だったはずが、なぜここにきて研究開発を断念したのか。

フォードVWはアルゴAIに総額約36億ドル(約5,300億円)を投資し、その株式の大半を保有してきた。そしていま、撤退を決意したのである。アルゴAIの閉鎖は、自動運転に向けた世界的な取り組みが困難に陥っていること、少なくともかつての想定より手ごわいものであることを物語る最新の兆候にすぎない。投資家のなかには不況の可能性を懸念する人々がいれば、電気自動車(EVという革命に備える人たちもおり、自律走行車に関する一般的な考えの方向性は二極化している。

 

 ゼネラルモーターズ(GMの傘下で自動運転技術を開発するクルーズやアルファベット傘下のウェイモなど、自動運転への取り組みを続けている企業もある。そうした企業は、機能を限定したロボットタクシー(自動運転タクシー)のサービスをいくつかの場所で展開し始めており、何十億ドル(数千億円)を投じている。5年ほど前に大きく謳われていたスケジュールからは確かに遅れているものの、地に足をつけながら問題に対処していると言えるだろう。(WIRED

 

記事2.

*ウェイモが開始した「自動運転タクシー」サーヴィス、その厳しい現実が見えてきた

 

記事3.

「自動運転」ブーム終焉か? 最終準備段階か?最前線での取材でわかった自動運転のこれから

Amazonの自動運転車「予想より早く実現」 子会社CEOが自信

 

 参照:CASE

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

#99:  「モビリティ」革命と「CASE」

  (2022/06/06)

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 CASEC:コネクテッドカー、A:自動運転、S:カーシェアリング、E:電気自動車)という言葉は、2016年のパリモーターショーにおいて、ダイムラーAGCEOでメルセデス・ベンツの会長を務めるディエター・チェッチェ氏が発表した中長期戦略の中で用いたのが始まりです。「CASE」は次世代自動車という意味でも捉える事ができる。

 

 その後2020年に開催された世界最大のテクノロジー祭典CES 2020」の展示・発表では「CASE」だけでなく、「空飛ぶ自動車」や宅配用運搬車など様々なモビリティ・ハードやサービスが展示・発表されました。(記事1

 

 以降「モビリティ」は「CASE」を含むより大きな概念として一般的に用いられるようになりました。

 

 これらの動きも受けて、国内でも多くの企業が「モビリティ」CASEに取り組んでいる。(記事2

 

 

記事1.

*5年で世界は激変する! Uberやセグウェイが挑む次世代モビリティ特集(CES 2020の紹介記事)

 

記事2.

*川崎重工が「自動運転」に本気だ!無人で動く多用途車両や配送ロボ

*「自動運転×宅配」の国内最新動向まとめ!2021年はどうなる?

*ソニーはメタバースとモビリティで成長する。吉田CEO、新経営方針

マンション各戸までロボットが荷物を届ける実証実験。日本郵便が目指すサービス共通化の課題

ugoのアバターロボットが三菱電機の「ロボット移動支援サービス」と連携 エレベーターや保安ゲートと通信

 

 参照:ロボット

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

#98:  「Web3.0」を概観する

  (2022/05/12)

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 最近「Web3.0」という言葉が多用されるようになってきた。「Web3.0」は一種のバズワードにもなりつつある。ここでは今まで紹介して来た記事を中心に「Web3.0」について概観してみる。

 

 「Web3.0」とはGartnerの定義によると下記のようになる(記事1.)。

 

·         Web3では、ピア・ツー・ピアのインタラクションが、ネットワークを介した新世代の商取引や社会の核となる。それにより、情報や価値の流れを主に管理していた中央集権型プラットフォーム/サーバや、中央集約的な権限は利用されなくなる。

·          Web3は、ブロックチェーンに対応した新しいビジネスモデルやソーシャル/ゲーミング・ネットワークを有効活用するアプリケーションを通じて、最初は大企業にメリットをもたらすだろう。

 

·         ビジネス/ITエグゼクティブが最初にとるべきステップは、Web3Web 2.0との主な違い、Web3の初期のユースケース、関連テクノロジを理解することである。

 

 「Web3.0」を実現する主要技術の一つである「ブロックチェーン」は、元々「仮想通貨」ビットコインのための情報基盤として生まれた。一方で当初からこの「ブロックチェーン」は世界的な調査会社「Gartner」等は「次世代インターネット(Web3.0)の基盤になると予見していた(記事2.)。

 

 又「ブロックチェーン」は「メタバース」を実現するための主要技術の一つにもなっている(記事3.)。

 

 「Web3.0」はGAFA等の巨大IT企業による支配からの脱却とも期待される一方で、Googleは既に「Web3.0」に対する専門チームを設ける等の準備が進められている。(記事4.

 日本でも政府レベルでの「ブロックチェーン」に対する取組も昨年ぐらいから進められている。

 

 

記事1.

Web3 (Web3.0) とは何か?

 

記事2.

仮想通貨で用いられるブロックチェーンとは。その仕組みやメリット・デメリットを解説

仮想通貨だけじゃない──その誕生から未来まで:WIRED GUIDE ブロックチェーン編

 

記事3.

アクセンチュア テクノロジービジョン2022を発表――メタバースの遍在化がビジネスの再創造を促すと予測

 

記事4.

Web3.0とは? 巨大IT企業のデータ支配から脱却できるか

米グーグル、Web3.0の専門チーム設立へ=CNBC

 

参照:ブロックチェーン メタバース

 

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 以前のコラムもコラムから見られます。

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

新着IT情報 ウェブサイト内検索

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

アクセスカウンタ(2021/03/12より)

―――――――――――――

    トップに戻る 

―――――――――――――