新着IT情報 ウェブサイト内検索

 

 近年、ITは従来の情報システムだけでなくあらゆる産業分野や家庭でも利用・導入されるようになってきました。最近のクラウド、AI、IoT等の普及によって一層加速しています。 それらの動きは自動車産業の動き(CASE:  Connected - つながる車(コネクテッドカー); Autonomous - 自動運転、自動運転車; Shared - カーシェアリング、ライドシェア; Electric - 電気自動車)、工場の自動化AIによる医療診断、家庭でのスマートスピーカーディジタル通貨(仮想通貨)等を見ても明らかです。  

 このような状況下で、世界・日本の動きの実態を正しく理解できるようにするための「新着IT情報」をお伝えします。皆様の日頃の活動の中でお役に立てれば幸いです。

 

  なお、昨今の暗いニュース(新型コロナウィルス)が続く中、心和む動画映像も提供してます。

 

 本情報はリアルタイムでメールでもお届けしてます。希望者はお問い合わせ・ご意見から申し込めます。  

 発信者  

 


--  新着リスト  --

 

新型コロナ最新情報(朝日新聞)

 

2020/06/01

-  恒星質量ブラックホールから放出されたジェットの連続画像が公開 ■番外

-  世界中の患者にリモートで最良の手術を:あるスタートアップが手がけたAR手術支援システムの実力 ■特別記事

-  これからのゲームは、AIがキャラクターを自動生成する時代がやってくる ■人工知能

2020/05/31

- 《禅とは掃き清めること》人間関係ぐちゃぐちゃのS・ジョブズを救った日本人僧侶の言葉 ■番外

-  日立、2021年度にLumada事業全体で16000億円規模を目指す ■特別記事

新型コロナウィルス終息後に起こる「希望」をビル・ゲイツが語る ■コロナウィルス

-  AWSの膨大で複雑なサービス群を全て「たった1行」で説明していくとこうなる ■クラウド

2020/05/30

-   Twitter  はトランプ大統領のツイートにどういうプロセスでファクトチェックを推奨するラベルを付けたのか? ■特別記事

いまだに新型コロナ検査が脆弱な日本 「抑え込み成功」は運が良かっただけ? ■コロナウィルス

-  新型コロナウイルスのワクチン開発には、なぜ時間がかかるのか? その理由を専門家が解説(動画あり) ■コロナウィルス

-  トランプの投稿に警告表示を付けたツイッターをフェイスブックも支持? ■特別記事

1.5億年前の恐竜アロサウルスが共食い、初の証拠か ■番外

-  大前研一「アフターコロナは遠隔診療を新常識にせよ」 ■日本論

-  安倍総理に経済を回復させられるのか コロナ不況で“失われた30年”の再来が… ■日本論

2020/05/29

 スターバックスはコーヒー事業者ではない データテック企業なのだ ■特別記事

-  レポート:金融サービス業界を揺さぶるアップル、アマゾン、グーグルの動向 ■特別記事

-  ファクターXとは?山中伸弥教授がサイトで仮説立て話題に。大阪府の吉村知事も「あるのでは」と言及【新型コロナ】 ■コロナウィルス

-  日本人は自前主義の弊害をまるでわかってない ■日本論

 

 

 

  外村孝史(とむら こうし)氏 の「メールマガジンの講演会案内」より。 詳細は「講演会開催」を参照下さい。

 

NICT特別オープンシンポジウム~アフターコロナ社会のかたち~」

  2020年06月12日(金) 主催 国立研究開発法人情報通信研究機構 オンライン開催(Zoom)

「オンライン美術講演会~エドゥアール・マネの絵画~」

  2020年06月19日(金) 主催 (公財)日仏会館 オンライン開催(Zoom)

 

「ビッグデータ利活用のためのプライバシ保護技術」

  2020年06月15日(月) 主催 一般社団法人電子情報通信学会 東京支部 オンライン開催(Webex利用)

「我々はコミュニケーションツールを使いこなせるか~始めてみようか?! Zoom スカイプ ライン~」 

     2020年06月14日(日)14:00~16:00  主催 ぶんかサイエンスカフェ

「メディアが促す人と科学の調和」

   2020年07月16日(木) 主催:日本学術会議

「人生におけるスポーツの価値と科学的エビデンス」

     2020年06月18日(木) 主催:日本学術会議 後援:スポーツ庁

 

「今の自分の会社の将来はどうなるのか?ゴールは"事業承継""廃業""売却"の3つしかない!!

   2020年06月22日(月) 主催 東京商工会議所江戸川支部

 

 

-- 読者からの声 --

2020/05/24

 

新型コロナは「ジョイ」「ママレモン」でも除去できる 経産省が有効な界面活性剤を公開」への声

(社会サービス科学の視点から 「オヤジの一分」の会 漆原 様より)

 

 経産省が台所洗剤ー海面活性化を推奨してますがリアルを知らないシロートが言ったり、書いたりするとこうなります。今、除菌剤が無いから仕方ないからと思いますが(本当はダメ!)

 

 洗剤が除菌効果があるのは当たり前の事てすが要は用途、使い方です。手洗いと同じで洗剤で油分を分解しウイルスも不活性化(完全では無いが)しますが、一番、重要なのはその後20秒は水洗せよ!と指導してます。お皿も同様に当たり前ですが洗剤で洗っても良く洗い落とす事に意味が有ります。つまり、やはり、肌にも優しい専用の除菌剤を使用するように指導すべきです。

 このような安易な指導をすると一般洗剤をボトルに入れて入れnet販売をする輩が絶対に出てきます。ゆえに経産省が今、すべき事は現状のインチキ除菌製品を排除しマスク、防護服等同様に早期、国産化への生産体制に向けた補助金等のバックアップをする事です。どうも、昨今は現実を知らない専門家?が増えて来てます。 

 

2020/04/22

日本で医療崩壊は起きるのか? 欧米の事例とデータに基づき緊急提言への声 

(社会サービス科学の視点から 「オヤジの一分」の会 漆原 様より)

 

はじめに> 

 当初、専門家達から「正しく恐れよ!」との文学的表現が発信された。しかし、「正しい」情報がインプットされなければ意味不明であり、同時のコメントが「若者はかかっても軽症で済む」であった。この言葉を聞いて「何故、余計な一言を言うのか?」と疑念を抱いたのは私一人では無いと考える。

 結果、多くの若者が「正しく恐れなくなった」事は事実である。その後、若者の重症・死亡ニュースも流れ今では多くの若者も恐れるようになったが、それでもマスクをしない一部の若者達が「気にスンナ!根性ネーナ―!」と声を荒げている事を国の責任者は承知しているか?つまり、「若者は軽症で済む」は舌足らずの間違った情報であった。「若者でも重篤になる。軽症であっても1か月は外に出られない。お金もなくなり遊ぶ事もできなくなる」の事実をしっかり伝えねばならなかった。 

 

1. 以上の視点から、本課題「医療崩壊は起きるか?」の設問よりも「医療崩壊は既に始まっている!」 が正しい論点であると思われる。 

 以下読者からの声を参照

 

 

-- 読者からの特別寄稿 --

 

記事(05/09掲載)「NECがコロナワクチンの設計情報をAIで解析」に対する解説

 (2020/05/09 米国在住匿名希望様)

 

a)ここでは AI を、主にニューラルネット(NN) による大規模データ解析を行うプログラムだと解釈しました。

 

b)問題のサイトではNEC  AI予測技術をワクチン開発のために適用」とありましたので AI予測技術を、ワクチン以外にどのような所で使用しているのかをWEBで調べたところ、NECは最先端AI技術群の1つである『異種混合学習技術』を活用することで、高精度な需要予測を要因分析とあわせて行える『需給最適化プラットフォーム』を提供してきました。」なる記述を発見しました。NEC  NN を基礎とした大規模データ解析を行うアプリケーション・ソフトの開発支援システムを持っていて、それを「ワクチンの設計」に応用したのだと考えました。

 

c)さて、ここからが問題なのですが私には、ゲノム(遺伝子)配列、抗原、ワクチン、HLAアレル型、等の事柄に関する知識がなく、またそれらの関係に関しては皆目見当もつかない状態なのです。

 

 以下は読者からの特別寄稿を参照。

 

 

緊急一提言  (演繹法・優先順位論) (2020/05/06  社会サービス科学コンサルタント KSP 漆原 様)

 

 コロナ危機について毎日 TV 等で政治家、識者、コメンテーター達の同じような議論が繰り返されている。聞いていてしっくりこない、消化不良に陥っているのは私だけでは無いと考える。何故か?それは、一貫した理論に基づく議論、施策になっておらず、反論する方も理論性、現実性に乏しく、最後は双方共に精神論で終わるからである。誰もが非常宣言期限が

5月6日は無理と思っていた通り昨日、5月末までの延長となった。そして、どちらかと言えば、経済対策面に議論の重心が移った感がある。しかし、改めて原点に立ち返り、今こそ演繹法思考で議論し行動に移す必要があると強く考える。

 

1.演繹法・帰納法とは (極、簡単に説明する) 

 

2. 経済課題 100%の企業・生活救済支援が不可能で有る事を国民は解っている。だからこそ、重 要な事はあくまでも公正・公平な予算措置でなければならない。 

 

<演繹法に基づく具体的提言> 

 

<早急なる対応策>

 

 <基本施策例> 

 

 

  詳細は読者からの特別寄稿を参照。

 

 

 

■日本は何故「コロナウイルス感染拡大」が続いているのか2020/4/29  国内在住の読者H氏

 

 日本の国立感染症研究所病原体ゲノム解析研究センターが日本の新型コロナウィルスのゲノム解析結果を下記に公表しました。

新型コロナウイルスSARS-CoV-2のゲノム分子疫学調査

 

 

 これによると、第1波の武漢由来ウイルスは3月時点で収束させることに成功したらしい。その後3月中旬から欧州各地及び米国帰国者由来の第2波のウイルスが襲来して、現在の蔓延に至っていると推測されている。

 

 以下読者からの特別寄稿を参照。

 

 

「慶応病院の発表:一般患者の6%がコロナウィルス感染 [新着IT情報 ]」について

 (2020/4/25  井上隆史様

 

 

 下記ホームページに行くと、慶応病院で発生した新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の院内感染問題に関する病院の対応に付き、事件ごとの経緯がある程度記述されています。

http://www.hosp.keio.ac.jp/oshirase/important/detail/40171/

 

「起こってしまった事故」と「一般患者において6%の感染が見つかったこと」について考えます。

 

    以下読者からの特別寄稿を参照。

 

緊急提言・・・隔離ホテル等の循環空調は停止し、部屋は窓を開け自然換気にすべし 

   (2020/04/19  KSP漆原様)

  以下読者からの特別寄稿を参照。

 

 

 読者からの特別寄稿はこちら:読者からの特別寄稿

 

 

 

--- コラム ---

コラムに対するご意見をお寄せください。ご意見はお問合せ・ご意見から。

 

 

コラム:「ポスト・コロナ」の世界 その2 (2020/06/01)

 

  「ポスト・コロナ」の世界  (2020/05/05) の続編である。

 

 マイクロソフトの創業者のビル・ゲイツは、2015年に既に感染症によるパンデミックを予測・警鐘を発していた。そのビル・ゲイツが「ポスト・コロナ」の世界を予測している。過去の「世界恐慌」や「世界大戦」の後に起こったような社会的な大変革が起こると予測している(1)。

 

 既に医療分野ではその兆候が始まっている(2)(3)(4)。特にAR技術を使った手術支援システムは注目される。AR技術は色々な分野で使われだしているが、ARの本格的実業務への適用ともいえる。今の日本の医療分野での岩盤規制の撤廃へとつながるとも考えられる。

 

 今の全体主義国家の監視国家まではいかないが、緩やかな監視システムが自由主義国家でも使われだそうとしている(5)(6)。アップルとグーグルから提供されている「濃厚接触通知アプリ」APIは日本でも採用されているようである。

 

 

*新型コロナウィルス終息後に起こる「希望」をビル・ゲイツが語る・・・(1)

アフター・コロナは巨大IT企業に新たな勝ち組!? 専門家「医療分野は破壊的な変革期」・・・(2) 

大前研一「アフターコロナは遠隔診療を新常識にせよ」・・・(3)

世界中の患者にリモートで最良の手術を:あるスタートアップが手がけたAR手術支援システムの実力・・・(4)

アップルとグーグル、新型コロナ「濃厚接触通知アプリ」APIを正式提供・・・(5)

これからの時代、監視技術は「新型コロナウイルス対策」の名の下にオフィスに浸透していく・・・(6)

 

 

コラム:「コロナ不況」で今後の「自動運転車」はどうなるか (2020/05/22)

 

 人工知能(AI)の代表的適用事例の一つとして挙げられるのが「CASE」時代の一翼を担う「自動運転車」である。この「自動運転車」に対する見方が「コロナ不況」によって大きく変化した(例:下記記事1)。実際に米国やドイツの自動車メーカーにも自動運転車については大きな逆風が吹いているとも言われている。

 

 このため今後のCASEへの流れは世界的にも大きく減速だろうとみていた。特に日本を代表するトヨタは以前からCASEへ社運をかけて取り組んでいたのでトヨタの動きも注視していた。今年のCES 2020でもトヨタはCASEへの取り組みを大々的に世界に発信し、最近ではNTTの通信基盤を利用するため両社合わせて4千億円をかけて提携するとも発表していた。

 

 ところがトヨタは昨年度の決算発表では意外にもCASEへの取り組みだけは従来通り継続するとトヨタ社長自ら発表した(下記記事2)。二年前にCASEへの取り組みを社長自ら発表している。この苦境の中、日本を代表する経営者だけあると思えた。将来トヨタの大英断と言われるかもしれない。逆に反対の事も当然あり得るが。

 

 こんな中、従来から秘密裏に開発されていると言われていた「アップルカー」に関する記事が又出た(下記記事3)。「アップルカー」開発は公式には発表されていないが衆目の一致する事である。この不況の中「アップルカー」の開発中止が発表されるかもしれないと最近内心思っていた中で予想外であった。事実かどうかわからないが一年で二兆円の投資とは驚きである。

 

 CASEに関しては凄まじい動きが世界で展開されているのは事実だろう。

 

*コロナ禍が吹き飛ばした「自動運転」実現への道のり・・・(1)

*【速報】自動運転車を検証するWoven City「やり抜く」 トヨタ決算発表で強調・・・(2)

*アップルカー()、将来テスラと競合?2020年だけで研究開発に2兆円投資の噂・・・(3)

 

  参考:「CASE」

 

コラム:「コロナウィルス」とAI  (2020/05/16)

 

  現在のAI(人工知能)の第三次ブームのきっかけとなったのが、人間の脳を模したニューラルネットによる「ディープラーニング(深層学習)」の実用化が成功したためである。この誕生秘話が下記(1)で述べられている。

 

 当初AIは画像認識や音声認識等への適用から始まったが、その後適用分野は急速に広がり今ではあらゆる分野に広がっていると言っても過言ではない。身近な製品・システムでは「スマートスピーカー」「ロボット」「自動運転車」「医療診断」等であろう。

 数年前グーグルが翻訳ソフトに「ディープランニング」を利用することによって翻訳品質が格段に向上したと発表されたので筆者も試してみたらその翻訳品質の高さに驚いた事を覚えている。

 

 当時からAIは創薬などの医薬品開発にも利用されているという報道もあったが、最近はコロナ危機下でのワクチン・治療薬開発にAIが大きな役割を果たしている。下記(2)(3)。

 下記(4)の「読者からの特別寄稿」の中でも解説されている。

 

誕生秘話!「ディープラーニング」を成功に導いた「信じつづける」力  -- (1)

NECがコロナワクチンの設計情報をAIで解析  -- (2)

*人工知能が、新型コロナウイルスの有望な治療薬を見つけ出す -- (3)

 読者からの特別寄稿:「NECがコロナワクチンの設計情報をAIで解析」に対する解説  -- (4)

 

 

 コラム:「ポスト・コロナ」の世界 (2020/05/05)

 

  本日(5月5日)の「朝日新聞」に「GDP 33%減」「世界恐慌以来の衝撃」とあった。今の世界・日本の状況を考えれば予測される事態かもしれない。我々はそれなりの覚悟が必要かもしれない。

 

 しかしながら幸いにも欧米や米国で起こっているような悲惨なウィルス感染(死亡者などの多数の重篤患者数)までには至っていない。まだ仮説ではあるが「日本のBCG効果」が出ているのかもしれない。又、米国在住の読者(H氏)の情報では日本のHLA型(ヒト白血球抗原 HLAHuman Leucocyte Antigenが良い意味で影響している可能性もあるという見方もあるようだ。

 

 今後の「ポスト・コロナ」を考えるうえで、下記「ポスト・コロナの世界経済はこうなる--著名エコノミスト9人が語る」が参考になると思い、再度紹介しました。今後の議論の参考になれば幸いです。

 

 HLA型(ヒト白血球抗原 HLAHuman Leucocyte Antigen

HLA型はいわば白血球の血液型で、骨髄移植や臓器移植の際、ドナーとの適合度を照合する型です。A座、B座、C座、DR座という4座(8抗原)の区分の組み合わせで数万通りあるようです。(ウイキぺデイア)

 

ポスト・コロナの世界経済はこうなる──著名エコノミスト9人が語る

  「グローバル化と経済自立、そのバランスが焦点に」「戦争のような意識が大変革を可能にする」

 「内向き化」をあおる政治家に注意せよ 「グローバル化の棺に釘が打ち込まれる」

 「コロナ前の病弊がさらに悪化する」 「協調行動を取りやすい中銀の役割が増す」

 「リスク回避すれば景気停滞は悪化する」 「失われた雇用の多くは二度と戻らない」

 「グローバル化の中心はアメリカから中国に」 (Newsweek)

 

 以前のコラムもコラムから見られます。

 

 

-- 心和む「動画映像」 --

 

アルプスの三名花 エーデルワイスとアルプスの山々(外村孝史氏 提供)

 

*貴重映像!シャイなサーバルの出産【ナショジオ】(ナショナル ジオグラフィック)

 注目! 大変貴重な映像。野生動物の生命誕生が映されています。

 

*ワニと同居するミズベイシチドリ【ナショジオ】(ナショナル ジオグラフィック)

 ミズベイシチドリの母親はワニの住みかの横で卵を温める。ワニが留守の間は、代わりにミズベイシチドリがワニの卵を見張る。お互いの警護をすることによって、“同居”が成立しているのだ。 

この動画の番組は・・・

 

*ドッキリの科学【ナショジオ】(ナショナル ジオグラフィック)

  人は恐怖を感じると神経系から脳に信号が送られ、飛び上がるなど無意識の反応が起こります。時に好戦的になる人もいるので、ターゲット選びは慎重に…。この動画の番組は・・・
■バ科学3「びっくりした時の法則」より
人々の痛~い失敗を科学的に検証する人気番組の第3シーズン。見ている側まで思わず「痛い!」と同情しながらも、つい笑ってしまうハプニング映像が目白押しだ。バイクのドリフト走行やウェイクボード、ドローンの操縦など、普通の人々が犯す普通でない失敗の裏にはどんな科学の法則が隠されているのか?どうすれば成功するのか?番組ホストのリチャード・ハモンドが、スロー映像やアニメーションを使って分かりやすく解説する。

 

*レッカーの科学【ナショジオ】(ナショナル ジオグラフィック)

 車が故障して道路脇でレッカー車を待つ時間は誰にとっても嫌なもの。しかし、業者が到着した後も油断は禁物…。
この動画の番組は・・・
■バ科学3「プロレス技の法則」より
 人々の痛~い失敗を科学的に検証する人気番組の第3シーズン。見ている側まで思わず「痛い!」と同情しながらも、つい笑ってしまうハプニング映像が目白押しだ。バイクのドリフト走行やウェイクボード、ドローンの操縦など、普通の人々が犯す普通でない失敗の裏にはどんな科学の法則が隠されているのか?どうすれば成功するのか?番組ホストのリチャード・ハモンドが、スロー映像やアニメーションを使って分かりやすく解説する。

 

 動画映像でその他多数紹介

 

新着IT情報 ウェブサイト内検索

2019/6/28からのアクセスカウンタ(訪問者数)