新着IT情報 ウェブサイト内検索

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

-- お知らせ --

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

情報・意見交換会開催欄を設けました。New!!

第一回開催 2023年3月30日(木)  13:30 - 17:00  港区バルーンにて

 日本の第一人者をお迎えして「これからの日本のデジタル化を考える」

 

読者紹介欄を設けました。

「読者紹介」への掲載、メール配信希望者はお問い合わせ・ご意見から申し込めます

 

メール配信者には「定期リポート」と「注目ニュース」が無料配信されます。

 

サイトマップ

講演会開催  新たな国内産業動向事例 安全情報 

コラム 動画映像 Web3.0 読者からの声 AV/音楽

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

-- トップページのご案内 --

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「お知らせ」

「特集」:最近の注目ニュース

「概要」:ウェブサイト全体を俯瞰

「新着リスト」:最新の新着ニュースリスト

講演会開催:各分野のセミナー案内一覧

安全情報:「トップダウン思考」により様々な社会問題を考察・点検 一覧

新たな国内産業動向事例一覧

動画映像

コラム:IT視点から見た世界と日本の動きを解説

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

 

世界が分かる、日本が分かる

 新着IT情報

-- 概要 -- 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ウェブサイト全体を俯瞰

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 


AI戦争に出遅れで「非常事態」を宣言したグーグルの社内事情(Forbes JAPAN ■人工知能

テスラ「業績絶好調」でも"中国では大苦戦"の苦悩 CASE

 Googleのブロックチェーン戦略、ウェブ3でも覇権狙う Web3.0

 「ARで買う」が次のマーケの本命? CESでメタバースは“健在” ■メタバース

matterは業界標準となるか ーCES2023レポート ■スマートホーム

TVS REGZA3つの新画質技術、テレビ初となるミリ波レーダーセンシング ■AV/音楽

「デジタル通貨」 日本発の技術で世界制覇を目指す ソラミツ代表取締役社長 宮沢和正さん (■仮想通貨

ブロックチェーン技術のスキルに関するニーズが上昇中--その理由とは? ■ブロックチェーン

『金融DX、銀行は生き残れるのか』の著者が語る金融DX成功の鍵 DX

アマゾンvs.ウォルマート──小売り王者が次に狙う「巨大市場」とは? IT一般

新型コロナウイルスで最強とされる派生型「XBB.1.5(クラーケン)」について、いま知っておくべきこと ■番外

ラニーニャ現象が消え、観測史上最高気温を更新する──特集「THE WORLD IN 2023 ■環境

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 読者からの声:「サブスクリプションの誘導を糾弾する」 New!!

  コラム:#101:グーグル「検索エンジン」」の優位性を脅かす「ChatGPT」 

安全情報:「マイクロソフトCEOの記者会見」「中国が民間航空機を開発」「JE西が寒波で立ち往生」 New!!

講演会開催: 日本経済の現状と今後の見通し」講師 辛坊正記(経済評論家)

 講演会開催: 「製造業DX~新時代への挑戦」

 新たな国内産業動向事例:【話の肖像画】出井伸之さん、(12)インターネットという「隕石」に立ち向かえ!

 動画映像:古代マヤ文明の集落964カ所を新たに発見、グアテマラ北部の密林 「高速道路」で結ばれた都市も

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

 

--  新着リスト  --

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新聞・TV等の「一般メディア」からでは

得られない最新情報

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    -- 最新ニュース記事 -- 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

2023/02/03

TVS REGZA3つの新画質技術、テレビ初となるミリ波レーダーセンシング ■AV/音楽

有機ELパネルの王者LGと新進気鋭サムスン、CES 2023は「高輝度」でつばぜり合い ■AV/音楽

CES 2023で人だかりができた光触媒ベンチャー「カルテック」、世界への挑戦 ■AV/音楽

「リモートからの参加者を疎外させない」、米キヤノンの遠隔会議システムがCES 2023で人気 ■AV/音楽

2021/02/01

ブロックチェーン技術のスキルに関するニーズが上昇中--その理由とは? ■ブロックチェーン

NECの量子コンピュータ、世界市場で先行者利得獲得へ…生産計画工数を90%削減 ■量子コンピューター

テスラ「業績絶好調」でも"中国では大苦戦"の苦悩 CASE

2021/01/31

アイキューブド研究所が、独自技術の「動絵画」を間近に体験できる展示会を開催。

  その進化に、改めて驚きを禁じ得なかった:麻倉怜士 AV/音楽

【麻倉怜士のCES2023レポート13】正確なAI検出のために、数万を超える映像データの機械学習を行いました。 AV/音楽

【麻倉怜士のCES2023レポート172023年のテレビは、より「人に近づく」。

      次は視聴者個人個人の、画調の好みまで忖度する AV/音楽

『金融DX、銀行は生き残れるのか』の著者が語る金融DX成功の鍵 DX

2023/01/29

透明ディスプレイや人に寄りそうTVなど、CES 2023で見たLG(韓国)の最新TV ■AV/音楽

「デジタル通貨」 日本発の技術で世界制覇を目指す ソラミツ代表取締役社長 宮沢和正さん (■仮想通貨

2023/01/28

加速する「デジタルドル」と「デジタル人民元」の開発、その狙いとは ■仮想通貨

米アマゾン、新たなWeb3事業を開始か NFTサービスは4月に始める可能性も=報道 Web3.0

新型コロナウイルスで最強とされる派生型「XBB.1.5(クラーケン)」について、いま知っておくべきこと ■番外

AI戦争に出遅れで「非常事態」を宣言したグーグルの社内事情(Forbes JAPAN) ■人工知能

2023/01/27

20231月の自動運転ラボ10大ニュース】レベル34計画が次々 CASE

matterは業界標準となるか ーCES2023レポート ■スマートホーム

Web3の未来にはシームレスなインフラが不可欠【コラム】 Web3.0

次なるテクノロジーの波はメタバースではない。「ジェネレーティブAI」の大波がやってくる ■人工知能

2023/01/26

ChatGPTは「iPhone」やグーグル検索のような時代を変える技術になるか ■人工知能

 

    ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

-- 読者からの最新投稿 --

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

2023/01/27

- 安全情報:JR西が寒波で立ち往生 New!!

2023/01/24

- 安全情報:中国が民間航空機を開発 New!!

2023/01/19

- 安全情報:マイクロソフトCEOの記者会見 New!!

2023/01/17

- 安全情報:イエティ航空 ATR72-500 が墜落 New!! 

2023/01/16

読者からの声:「サブスクリプションの誘導を糾弾する」 New!!

2023/01/04

-  コラム:#101:  グーグル「検索エンジン」の優位性を脅かす「ChatGPT」 

2023/01/06

- 安全情報:ボトムアップ思考の事故調査 

2022/12/12

- 安全情報:増え始めた理解者 

2022/11/22

- 安全情報:航空ショーで空中衝突 

2022/10/31

- 安全情報:揺れ動く航空界

2022/10/31 

-  コラム:#100:  「完全自動運転車」の時代は来るのか?

 

 

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

  

--「講演会開催」-- 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

各分野のセミナー案内

日本の実際の「動向把握」に最適

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

                        提供:外村孝史氏              

///////////////////////////////////////////////////////////////////////

株式会社 DUALホールディングス https://dual-hd.co.jp/business/

事業内容 ①ライフラインConcierge®、②空室通電DX、③ EVインフラ事業

140-0001 東京都品川区北品川1-8-11 Daiwa品川Northビル8

TEL03-5843-4018 (代表)FAX03-5843-4123

特定非営利法人ICAS(イカス)&音声会話ロボット「ピコちゃん」開発センター

〒東京都港区新橋3-16-2(横山ビル6階)

TEL03-3432-5859 (代表)FAX03-3432-5869

外村孝史  メール k_tomura@mtf.biglobe.ne.jp

/////////////////////////////////////////////////////////////////////// 

 

提供善行雑学大学

  

 

ーー 最新セミナー一覧 ーー

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 詳細は講演会開催

 

 

「東京都障害者差別解消シンポジウム」

 2023年03月10日(金)~03月24日(金) 講師 東京都

「製造業DX~新時代への挑戦」

 2023年02月15日(水)・16日(木) 講師 奈良 寿(横河電機代表取締役社長)他

「ハラール認証入門講座」

 2023年02月21日(火) 講師 神部 綾(㈱矢野経済研究所 ハラール事業推進室 シニアコンサルタント)

「中小企業のためのDXのはじめ方」

 2023年02月22日(水) 講師 原 裕淳(M&ITコンサルティング研究所 代表、中小企業診断士/技術士)

Beyond 5G時代に向けた新ビジネス戦略セミナー~世界が目指す6Gのユースケース最新動向~」

 2023年02月22日(水) 主催 Beyond 5G新経営戦略センター

「ゲノム編集技術の民主化により人々の暮らしを豊かに」

 2023年2月25日(土) 講師 竹澤 愼一郎(㈱セツロテック代表取締役、農学博士)

令和4年度「外国企業と都内中小企業とのマッチング商談会」

 2023年03月10日(金) 主催 東京都

「その施策!顧客のニーズに響いてますか?~顧客ニーズに響くレコメンド施策を事例と共に解説~」

  2023年03月01日(水) 講師 坂居 広行(awoo JapanContent Manager)他

「自動翻訳シンポジウム~アフターコロナを見据えた今後のAIを活用した多言語翻訳技術の役割について~」

 2023年02月16日(木) 主催 総務省、グローバルコミュニケーション開発推進協議会

「動脈硬化と血管の大切さ」

 2023年03月25日(土) 講師 廣渡祐史(埼玉県立大学 保健医療福祉学部 教授、工学博士)

「認知症予防DX~いつでもどこでも認知症予防~」

     2023年2月10日(金)~2月20日(月) 講師 田部井 賢一(東京都立産業技術大学院大学 助教)

「持続的かつレジリエントな道筋への移行」

 2023年02月15日(水) 講師 三村 信男(茨城大学地球・地域環境共創機構特命教授)他

「子ども政策の総合化を考える~”乳幼児の学びの保障”幼児教育と小学校教育の接続の観点から~」

 2023年02月23日(木・祝) 主催 日本学術会議心理学・教育学委員会乳幼児発達・保育分科会

「子育て支援の継続性を高めるために~新たな視点の提案~」

 2023年02月24日(金) 講師 新澤拓治(社会福祉法人雲柱社 子育て支援コーディネーター)他

「水害対策と建築分野の取組み」

 2023年03月08日(水) 主催 日本学術会議 気候変動と国土分科会

「新たな局面を迎えた車載用リチウムイオン電池」

  2023年02月21日(火) 講師 東 哲也(㈱産業タイムズ社 電子デバイス産業新聞 記者)

「日本経済の将来と弁護士の役割」

 2023年2月15日(水) 主催 日本弁護士連合会 

DXの進め方 ~中小企業がDXを始めるための基本~」

 2023年02月15日(水) 公益在団法人 東京都中小企業振興公社

Web3.0時代のオープンイノベーション

  ~様々な視点からみる新時代のWeb3.0とビジネスのこれから~」

 2023年02月15日(水) 講師 舘林俊平(KDDI㈱ BI推進部長 兼 Web3事業推進室)他

「ウィズコロナ時代の新しい働き方~新しい働き方を生産性向上につなげるには~」

  2023年02月20日(月) 講師 滝澤美帆(学習院大学 経済学部 教授)

日本経済の現状と今後の見通し」

  203年02月15日(水)  講師 辛坊正記(経済評論家)

Muse細胞がリードする医療変革と健康長寿社会の実現」

  2023年03月03日(金講師 出澤真理(東北大学大学院医学研究科 細胞組織学分野 教授)

「事業承継をきっかけに経営革新をどう実現するのか」

  2023年03月14日(火) 講師 井上 善海(法政大学大学院 政策創造研究科 教授)

「未来を創る技術が集結~未来をつくるシード・アーリーの技術系スタートアップ~」

  2023年02月16日(木)主催 アントレプレナーパートナーズ 共催 日本能率協会  後援  経済産業省関東経済産業局

「理論応用力学シンポジウム~力学の深化に向けて~」

  2023年03月10日(金) 主催 日本学術会議機械工学委員会・総合工学委員会・土木工学分科会

「数理・データサイエンス・ 時代における統計科学の教育及び研究について」

  2023年02月17日(金) 主催 日本学術会議数理科学委員会数理統計学分科会

「逆風を追い風に~予測不能な時代を乗り切るための経営戦略~」

   2023年02月27日(月)~3月24日(金) 講師 黒川  光博(㈱虎屋 代表取締役会長)

「未来を拓く構想と行動~明治の起業家たちに学ぶ”渋沢栄一”と”岩崎弥太郎”~」

  2023年02月08日(水) 講師 加来耕三(歴史家・作家)

「これだけは知っておきたい!~電帳法・インボイス制度~」

 2023年02月09日(木) 講師 古川 忠彦(アルパーコンサルティング㈱)

「生産性向上を実現するロボットシステムの導入のポイント~FA・ロボットSIerの活用が近道~」

 2023年02月21日(火) 講師 田村 恵一(東京都中小企業振興公社、専門アドバイザー(産業用ロボット))

IT・デジタル技術の最新動向」

  2023年02月20日(月) 講師 桑津 浩太郎(㈱野村総合研究所 研究理事)

「ゲノム編集技術の民主化により人々の暮らしを豊かに」

  2023年025日(土) 講師 竹澤 愼一郎(㈱セツロテック  代表取締役、農学博士)

「アフターコロナを見据えた今後のAIを活用した多言語翻訳技術の役割について

  ~自動翻訳で世界はつながる~」

 2023年02月16日(木)主催 総務省、情報通信研究機構及びグローバルコミュニケーション開発推進協議会

「人工知能時代の言語コミュニケーション」

  2023年02月09日(木) 主催 高度言語情報融合フォーラム、一般財団法人日本特許情報機構

 

 詳細は講演会開催

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

--   安全情報   --

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「航空安全」のエキスパートが「トップダウン思考」

により様々な「社会問題」を考察・点検

 

トップダウン思考とボトムアップ思考

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  

 本情報に関する連絡先: ㈱ヒューファクソリューションズ 

  URL: http://www.hufac.co.jp  

E-mail: info@hufac.co.jp

 

--- 目次 ---

 

内容は安全情報を参照

 

 ヒューファク安全情報:JR西が寒波で立ち往生  2023-01-27 New!!

 ヒューファク安全情報:中国が民間航空機を開発  2023-01-24 New!!

 ヒューファク安全情報:マイクロソフトCEOの記者会見  2023-01-19 New!!

 ヒューファク安全情報:イエティ航空 ATR72-500 が墜落  2023-01-17 New!!

 ヒューファク安全情報:ボトムアップ思考の事故調査  2023-01-06 

 ヒューファク安全情報:増え始めた理解者  2022-12-12

 ヒューファク安全情報:航空ショーで空中衝突  2022-11-22 

 ヒューファク安全情報:揺れ動く航空界  2022-10-31

 ヒューファク安全情報:読者からのコメント  2022-09-04 

 ヒューファク安全情報:読者からの質問  2022-08-27 

 ヒューファク安全情報:リニア新幹線の意外な目的  2022-08-20 にし

 ヒューファク安全情報:リニア新幹線のアキレス腱  2022-08-12 

 ヒューファク安全情報:羽田への都心上空飛行_第2報  2022-07-28    

 ヒューファク安全情報:羽田への都心上空飛行   2022-06-16

 ヒューファク安全情報:知床観光船が沈没   2022-05-20

 ヒューファク安全情報:ロシアのウクライナ侵攻   2022-05-15

 ヒューファク安全情報:中国東方航空機が墜落   2022-03-27

 ヒューファク安全情報:みずほ銀行でシステム障害   2022-02-20

 ヒューファク安全情報:米国の苦渋の選択   2022-01-10  

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 ヒューファク安全情報:技術立国に暗雲   2021-12-27  

 ヒューファク安全情報:危機が炙り出す社会の不条理  Social Absurdities Revealed by The Crisis 2021-12-25  

 ヒューファク安全情報:読書の秋へのお誘い  2021-11-23  

 ヒューファク安全情報:JR西福知山線脱線事故の真実  2021-11-05  

 ヒューファク安全情報:KHI製地下鉄車両が脱線  2021-10-25  

 ヒューファク安全情報:高性能電池の正体  2021-10-06  

 ヒューファク安全情報:ANA羽田沖事故の真実  2021-09-18  

 ヒューファク安全情報:読者からのコメント  2021-09-12  

 ヒューファク安全情報:トヨタ自動運転車が人身事故   2021-09-01  

 ヒューファク安全情報:コロナ禍からの脱却➁   2021-08-25  

 ヒューファク安全情報:コロナ禍からの脱却①   2021-08-15  

 ヒューファク安全情報:御巣鷹山事故の真実   2021-08-12  

 ヒューファク安全情報:欧州北西部で洪水   2021-07-27  

 ヒューファク安全情報:的を射たご質問   2021-07-23  

 ヒューファク安全情報:熱海で土砂崩れ   2021-07-20  

 ヒューファク安全情報:新幹線運転士が離席   2021-07-08  

 

内容は安全情報を参照

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

 

--  新たな国内産業動向事例  -- 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 ITを活用した新たな産業・事業が国内でも続々と生み出されようとしています。CASE/モビリティ、 AIロボット、ドローン、メタバース、ディジタル通貨(仮想通貨)、生体認証 等がその典型でしょう。

 

 ここでは、その具体的な動きを読者から寄せられた情報をベースにお伝えしていきます。皆様からの積極的な寄稿をお待ちしております。

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 提供(寄稿)者紹介:

 

古舘博義(ふるたち ひろよし)氏

 経営コンサルタント

 株式会社イーズ・グループ  ファウンダー

 アドレス:hiroyoshi.furutachi@mx-keio.net

 

 以下詳細は読者紹介を参照

――――

 

麻倉怜士(あさくられいじ)氏

 オーディオ・ビジュアル/音楽評論家。津田塾大学&早稲田大学エクステンションカレッジ講師(音楽学)UAレコード合同会社主宰。ハイレゾシーンでは普及の指導的立場にある。日本経済新聞社、プレジデント社(雑誌「プレジデント」副編集長)を経て、オーディオ・ビジュアル/音楽評論家として独立。津田塾大学では2004年以来、音楽理論、音楽史を教えている。2015年から早稲田大学エクステンションカレッジ講師(音楽)

 

 以下詳細は読者紹介を参照

 

 ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  --- 目次 ---

 

内容は新たな国内産業動向事例を参照

 

2023/02/05

  「ア・ファン匠工房」代表・乗松伸幸インタビュー 生涯現役!ソニーを退社して得た新たな生きがい

2023/01/31

  「HANEDA WEB3.0 EXPO 2023~The bridge to the world through the Blockchain~」展示・カンファレンス

2023/01/24

  ソニーG・吉田社長が語る、7年前には「自動車を作るなんて思ってもみなかった」発言の期待と自信【単独インタビュー】

2023/01/24

  「mocopi」「補聴器」、そして「モビリティ」。ソニー副社長に聞く「新規事業」戦略

2023/01/23

  ソニーのメタバース技術、“仮想空間”をコンシューマの手元へ(Forbes JAPAN)

2023/01/23

  レースで鍛えた技術をフル活用! トヨタが「水素エンジン」を本格始動させるワケ

2023/01/23

  ソニーが面白いのは技術オタクが面白いから。テックのお祭り「STEF2022」行ってきました。

2023/01/21

  【話の肖像画】出井伸之さん、(12)インターネットという「隕石」に立ち向かえ!

2023/01/19

 クアルコム、ソニー・ホンダの「プロトタイプEV」に採用されているSnapdragon Digital ChassisをCES2023でデモ

2023/01/13

 ソニーとの異業種連携でホンダが狙う創造と破壊

2023/01/13

 ソニー・ホンダによる新型EVブランド「アフィーラ」の実力!

2023/01/12

 ソニーグループ、人物3Dモデル制作技術開発の紹介

2023/01/11

 ソニーGの小型・軽量な装備で全身の動きを捉えるモバイルモーションキャプチャー『mocopi』

2023/01/11

 「AFEELA」の鍵は“ゲーム技術とセンサー”。ソニーグループ・吉田CEO単独インタビュー

2023/01/07

  EV競争はソフトが軸 米CES、ソニーなどエンタメ充実

2023/01/07

  ソニーグループの吉田憲一郎社長「ゲーム技術をメタバースやEVに活用」

2023/01/06

  ソニーとホンダのEVブランド「AFEELA」、「知性を持つ」クルマを身近に

2023/01/05

  ソニー・ホンダモビリティ、2025年発売予定の新型EVプロトタイプ世界初公開 新ブランド「アフィーラ」発表 

2023/01/03

  ラピダスと米IBMが先端2ナノ半導体の共同開発で戦略提携、それぞれの思惑

2023/01/03

  TSMCやソニーの半導体工場に竜門ダムの未利用水活用へ 1日2万トン、熊本県が検討

2023/01/02

  ソニーは覇権を追わない 「貢献の経営」に潜む大海 

2022/12/28

  Apple ティム・クックCEOが3年ぶりに師走の日本を訪問する意味

 

 

内容は新たな国内産業動向事例を参照

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

  

 --   動画映像   --

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

感動とエキサイティングな映像

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

--- コラム ---

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

IT視点から見た世界と日本の動きを解説

 

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

コラムに対するご意見をお寄せください。ご意見はお問合せ・ご意見から。 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

#101:  グーグル「検索エンジン」の優位性を脅かす「ChatGPT」

  (2023/01/06)

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 下記のWeb「検索エンジン」のシェアから見ても、グーグル「検索エンジン」が現在、圧倒的に優位な位置に

ある事が分かる(記事1.)。

 

  • Google:77.05%
  • Yahoo!:17.6%
  • bing:4.87%
  • DuckDuckGo:0.24%

 

 そんな中に登場したのが、世界的なAI(人工知能)企業「OpenAI」が開発した「ChatGPT」である。グーグルは当初静観と決め込んでいたが、グーグルの「検索エンジン」を脅かす大きな脅威であることを改めて認識し、急遽グーグルCEOの指示で新たなAIツール開発に動きだした。(記事2.)

 

  一方、グーグルと競合するマイクロソフトは自社の「検索エンジン」である「bing」に「ChatGPT」を取り込む事を検討

しだした。マイクロソフトは非営利企業「OpenAI」に大型融資してる企業でもある。(記事3.

 

 追記:OpenAI」は当初は非営利団体として設立されましたが、2019年に「OpenAI」は非営利から制限つきの営利団体と

     なりました。

 

記事1.

 知っておくべき「検索エンジン」の違いとは?Google、Yahoo!、Bingなどを紹介

 

記事2.

「すごすぎる!」とSNSで話題──難題も完璧に答えるAIChatGPT」とは

グーグルが方針変更、ChatGPTに対抗へ…ピチャイCEOが新しいAI製品の開発を指示

 

記事3.

マイクロソフト、オープンAIの「チャットGPT」に期待-ビング向上で(Bloomberg

   Microsoft、OpenAIに10億ドル出資し、汎用AI開発に取り組む

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

#100:  「完全自動運転車」の時代は来るのか?

  (2022/10/31)

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

   

 「完全自動運転車(レベル4,5)」の時代到来まではまだまだ時間がかかるようです(記事1.)。

 

2018年12月、世界で先頭を走る「Waymo(元Google)」が初めて一部地域で「完全自動運転車」による

タクシー配車サービスを開始した時、「完全自動運転車の時代がくるのは数十年先」と言っていたのが印象的

でした(記事2.)。

 当時Waymoと激しい開発競争してた「テスラ」CEOのイーロン・マスク氏は今年中に「完全自動運転車」

を出すと豪語してましたが、その後しばらくして慎重な発言をするようになりました。

 

 とは言え、複数の企業(自動車メーカーやIT企業等)は今なお「完全自動運転EV」の為に巨額の投資を続けて

いる事は確かなようです(記事3.)。

 

記事1.

*自動運転技術の独自開発を断念したフォードとVWが進む道

 自動運転技術の分野で大手の一角だったアルゴAIArgo AI)の事業清算が、このほど発表された。フォードとフォルクスワーゲンが出資する血統書つきの企業だったはずが、なぜここにきて研究開発を断念したのか。

フォードVWはアルゴAIに総額約36億ドル(約5,300億円)を投資し、その株式の大半を保有してきた。そしていま、撤退を決意したのである。アルゴAIの閉鎖は、自動運転に向けた世界的な取り組みが困難に陥っていること、少なくともかつての想定より手ごわいものであることを物語る最新の兆候にすぎない。投資家のなかには不況の可能性を懸念する人々がいれば、電気自動車(EVという革命に備える人たちもおり、自律走行車に関する一般的な考えの方向性は二極化している。

 

 ゼネラルモーターズ(GMの傘下で自動運転技術を開発するクルーズやアルファベット傘下のウェイモなど、自動運転への取り組みを続けている企業もある。そうした企業は、機能を限定したロボットタクシー(自動運転タクシー)のサービスをいくつかの場所で展開し始めており、何十億ドル(数千億円)を投じている。5年ほど前に大きく謳われていたスケジュールからは確かに遅れているものの、地に足をつけながら問題に対処していると言えるだろう。(WIRED

 

記事2.

*ウェイモが開始した「自動運転タクシー」サーヴィス、その厳しい現実が見えてきた

 

記事3.

「自動運転」ブーム終焉か? 最終準備段階か?最前線での取材でわかった自動運転のこれから

Amazonの自動運転車「予想より早く実現」 子会社CEOが自信

 

 参照:CASE

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

#99:  「モビリティ」革命と「CASE」

  (2022/06/06)

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 CASEC:コネクテッドカー、A:自動運転、S:カーシェアリング、E:電気自動車)という言葉は、2016年のパリモーターショーにおいて、ダイムラーAGCEOでメルセデス・ベンツの会長を務めるディエター・チェッチェ氏が発表した中長期戦略の中で用いたのが始まりです。「CASE」は次世代自動車という意味でも捉える事ができる。

 

 その後2020年に開催された世界最大のテクノロジー祭典CES 2020」の展示・発表では「CASE」だけでなく、「空飛ぶ自動車」や宅配用運搬車など様々なモビリティ・ハードやサービスが展示・発表されました。(記事1

 

 以降「モビリティ」は「CASE」を含むより大きな概念として一般的に用いられるようになりました。

 

 これらの動きも受けて、国内でも多くの企業が「モビリティ」CASEに取り組んでいる。(記事2

 

 

記事1.

*5年で世界は激変する! Uberやセグウェイが挑む次世代モビリティ特集(CES 2020の紹介記事)

 

記事2.

*川崎重工が「自動運転」に本気だ!無人で動く多用途車両や配送ロボ

*「自動運転×宅配」の国内最新動向まとめ!2021年はどうなる?

*ソニーはメタバースとモビリティで成長する。吉田CEO、新経営方針

マンション各戸までロボットが荷物を届ける実証実験。日本郵便が目指すサービス共通化の課題

ugoのアバターロボットが三菱電機の「ロボット移動支援サービス」と連携 エレベーターや保安ゲートと通信

 

 参照:ロボット

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 以前のコラムもコラムから見られます。

 

■#98 「Web3.0」を概観する (2022/05/12)

■#97 「自動運転車」が目指す市場 (2022/04/18)

■#96 95回目の「コラム」の掲載を終えて (2022/02/21)

■#95「メタバース」の時代は来るのか? (2022/01/25)

■#94「AI」と「倫理問題」 (2021/12/16)

■#93  バズワードとしての「メタバース」と「DX」 (2021/11/13)

■#92  進む「半導体」の内製化 (2021/11/01)

■#91  進化を続ける「スマートホーム」 (2021/10/10)

 

 等、多数

 

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

新着IT情報 ウェブサイト内検索

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

訪問者数(2021/03/12より)

―――――――――――――

    トップに戻る 

―――――――――――――