新着IT情報 ウェブサイト内検索

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ご挨拶

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 近年、ITは従来の情報システムだけでなくあらゆる産業分野や家庭でも利用・導入されるようになってきました。最近のクラウド人工知能(AI)IoT等の普及によって一層加速しています。 それらの動きは新しい自動車産業の動きCASE:  Connected ; Autonomous; Shared ; Electric )、工場の自動化(IoT)人工知能による医療診断、家庭でのスマートスピーカーディジタル通貨(仮想通貨等の動向を見ても明らかです。  

 このような状況下で、世界・日本の動きの実態を素早く把握できる「新着IT情報」をお届けします。皆様の日頃の活動の中でお役に立ちたいと考えています。

  なお、昨今の暗いニュース新型コロナウィルスが続く中、心和むあるいはエキサイティングな動画映像も提供してます。

 

 本情報はリアルタイムでメールでもお届けしてます希望者はお問い合わせ・ご意見から申し込めます。    

 2019/6/28(Webサイト開設) 鈴木昌則

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ナビゲーション・メニュー

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 


 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

--  新着リスト  --

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

-- 読者からの最新投稿 --

 

2021/04/08

-  コラム:百年に一度の大変革「CASE」

2021/04/06 

- 安全情報:インドネシア航空機が墜落 ➁ 

2021/04/05

-  読者からの情報提供:衛星インターネット網・スターリンク:情報通信審議会 情報通信技術分科会

2021/03/21

-  読者からの情報提供:私がお勧めしたい本:橘木俊詔著 「日本の構造 50の統計データで読む国のかたち」

2021/03/17

- 読者からの情報提供:私がお勧めしたい本:長沼伸一郎著「現代経済学の直観的方法」その2

2021/03/10

読者からの特別寄稿:ROEで見る財務戦略

2021/03/07

社会サービス科学:改めての原発問題への一提言

2021/02/01

-  読者からの声:「東京五輪には「もう1年延期」の選択肢しか残っていないといえる理由」への声   

 

 

 -- 最新ニュース記事 --

 

2021/04/10

-  一般道の3次元地図作成へ 自動運転に活用 ベンチャーが発表会 CASE

-   利権戦争が勃発かここにきて、世界の自動車業界が「EV化」を急ピッチで進める「意外な理由」 CASE

-   東芝2兆円買収提案に利益相反の懸念!? ちらつくのはあの「プロ経営者」の影 ■番外

-   2021年はUFOの年に? 米政府が「全情報」開示へ ■番外

2021/04/09

-  グーグル、アップル、アマゾン。巨人たちが今、デジタル医療に熱い視線を注ぐ。 ■特別記事

-  進むEVの価格破壊! テスラは自動車の世界を変えるのか? CASE

Intel IDM 2.0帝国の逆襲は成功するか? ■特別記事

-   なぜClubhouseは人気急落したのか? 早々に辞めた人たちの本音 SNS

-  アマゾンのスマートグラス「Echo Frames」には、まだまだ課題が山積している:製品レヴュー ■ウェアラブル・AR

2021/04/07

-  気になる謎のアップルカー! 米アップルは本気でクルマを作る気なのか? CASE

電気自動車への移行を加速させるドイツ──EV革命のリーダーは、ドイツと中国に絞られてきた CASE

-  ロボットが指先に「触覚」をもつ日がやってくる? 感覚器官の再現に磁気を用いる研究が進行中 ■ロボット

2021/04/06

-  ボストン・ダイナミクスの新ロボ「Stretch」は倉庫番が得意 ■ロボット

中国は称賛、世界からは大批判あまりにもお粗末なWHO「コロナ調査団報告書」 ■コロナウイルス

-  GAIA-Xとは何か、GAFAMも巻き込む欧州のクラウド・データインフラ構想 ■クラウド

-  AIが予測 「第4波ピークは10月、過去最悪の大流行に」 五輪開会式を「変異株ショック」が直撃〈週刊朝日〉 ■コロナウイルス

-  菅首相のチグハグ対応で橋本会長が文春砲火に油注ぐ 老害二階幹事長は「解散とGo To」〈dot.〉 ■番外

-  インテルはもうTSMCに勝てない?半導体・MEMS市場の行方を東北大 田中教授が解説 ■特別記事

2021/04/05

-  米国に対抗…中国の「デジタル人民元」構想は張り子の虎に過ぎない ■中国

-  ミャンマーで続くインターネットの遮断が、人々の抵抗を加速させる ■番外

-  日本の半導体産業が弱体化しても製造装置産業はなぜ強さを維持できたのか  ■日本論

2021/04/04

-  Googleのエンジニアによる自動運転ロボットがマイアミで料理配達業務を開始 ■ロボット

- 【無人決済】、アリーナの売店にアマゾンのレジなし技術!アマゾンゴー4店スクラップ? ■特別記事

量子コンピュータの内部では一体何が起こっているのか? ■量子コンピュータ

自動運転レベル4の関与者「運転免許、必要は必ずしもなく」 CASE

-  VS中国、世界で渦巻く「ワクチン外交」日本は出遅れているのか? ■コロナウイルス

-  テスラの台頭、GAFAの進出にもかかわらず、「最後はトヨタが勝つ」と言える理由 CASE

-  マイクロソフト、米陸軍と最大2.4兆円の契約 ゴーグル型端末を供給 ■ウェアラブル・AR

-  日常をもっと効率よく! 新生活にもおすすめの「Apple Watch」アプリ11 ■ウェアラブル・AR

-  やせ細る北極の海氷 異常気象の引き金に ■環境

-  中国から望遠レンズでとらえた北朝鮮の素顔 国営メディアは報じない、リアルな市民の暮らしが見えた ■番外

 

 

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

--「講演会開催」-- 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

   外村孝史(とむら こうし)氏 の「メールマガジンの講演会案内」より。 詳細は「講演会開催」を参照下さい。

 

 

Beyond G時代を見据えた研究・技術開発~アプリケーションと光通信ネットワーク技術~」 

      2021年04月23日()   主催 一般社団法人電子情報通信学会

「くすりのエキスパートが語る~よくわかる新型コロナウイルスワクチン~」

   2021年04月24日(土) 主催 公益社団法人日本薬学会、日本学術会議 薬学委員会 医療系薬学分科会他

「生体センサーを活用した未病産業と地域の健康課題解決への取り組み」

   2021年04月12日(月) 主催 (一社)日本電子デバイス産業協会

「地政学的大変革の時代」

  2021年04月20日(火) 主催 国家ビジョン研究会

SDGsに向けた環境工学の役割」

   2021年05月25日(火) 主催 日本学術会議 土木工学・建築学委員会

「オープンイノベーションの手法とポイント~中小企業経営者に聞く"スタートアップとの協業"~」

   2021年04月13日(火) 主催 東京商工会議所 中小企業部

会わずに売上を作りこむ!新型コロナ時代の”リモート営業・商談”の最前線セミナー」

   2021年05月13日(木) 主催 東京商工会議所中小企業委員会、東京商工会議所品川支部 

「生体センサーを活用した未病産業と地域の健康課題解決への取り組み」

   2021年04月12日(月) 主催 日本電子デバイス産業協会

 

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 --   安全情報   --

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

ヒューファク安全情報:インドネシア航空機が墜落 ➁   2021-04-06   New!!

ヒューファク安全情報:PW4077付き777が運航停止  2021-02-27   

ヒューファク安全情報:経済と安全の両立 ③  2021-02-02

ヒューファク安全情報:経済と安全の両立 ➁  2021-01-29

ヒューファク安全情報:インドネシア航空機が墜落    2021-01-12

 

内容は安全情報を参照

 

ダウンロード
インドネシア航空機が墜落 ➁
ヒューファク安全情報_21-03-31_インドネシア航空機が墜落② (003).
PDFファイル 431.7 KB

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 --   動画映像   --

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

特選映像 New!!

2021/04/10

*【ヒヨドリの鳴き声に癒されて】(videocash/ビデオキャッシュ)

2021/04/06

*古代エジプト王のミイラが壮大なパレード、新博物館へ移送(ロイター映像ニュース)

2021/04/06

*タコが人を襲撃、豪州の海岸で撮影(ロイター)

2021/04/04

*スエズ運河座礁船の離礁に成功1週間ぶり航行再開(ロイター映像ニュース)

 

最近の傑作 12選(2021/04/07) New!!

2021/04/06

*古代エジプト王のミイラが壮大なパレード、新博物館へ移送(ロイター映像ニュース)

2021/04/06

*全力で走る前にやるべきこと【ナショジオ】(ナショナル ジオグラフィック)

2021/04/06

*タコが人を襲撃、豪州の海岸で撮影(ロイター)

2021/04/04

*スエズ運河座礁船の離礁に成功、1週間ぶり航行再開(ロイター映像ニュース)

2020/04/04

*自転車レースで体力を温存しておく科学的なテクニック【ナショジオ】(ナショナル ジオグラフィック)

2021/04/04

*靴磨きがない時に使える食べ物は【ナショジオ】(ナショナル ジオグラフィック)

2021/04/04

*時速120kmのレーシングドローン「Airspeeder Mk3」。新感覚のレジャーがもうすぐ誕生?(bouncy / バウンシー)

2021/04/04

*テレビがつかない!そんな時、部屋のアイテムを使って乗り切る【ナショジオ】(ナショナル ジオグラフィック)

2021/04/04

*2種類の紙飛行機、どちらが優れてるかな【ナショジオ】(ナショナル ジオグラフィック)

2021/04/04

*包丁なしでフルーツサラダを作る?!【ナショジオ】(ナショナル ジオグラフィック)

2021/04/04

*【絶景空撮・清流】(videocash/ビデオキャッシュ)

2021/04/04

*ロデオマシンに長く乗り続けるコツ【ナショジオ】(ナショナル ジオグラフィック) 

 

 

 その他多数の「映像作品」を提供

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

--  社会サービス科学  -- 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

社会サービス科学とは

 

社会の営みをリアルに捉えなければ本来の社会サ ービス(広義)の提供は困難であり、捉える為に は社会活動上の重要な言葉である「真実と事実の 違い」「問題と課題の違い」等の分析から始まる 又、行動には絶対的に正しいと判断する事は困難 であり結果、優先順位論、比較論で決定をせざる を得ないとする実践論理を追求する学問。(社会サービス科学コンサルタント 漆原清吉様

                             email:  seiuru@kankyo-sp.com )

 

改めての原発問題への一提言 2021/03/07  New!!

森氏の辞任の本質的な要因は女性蔑視発言では無く論理能力の欠陥である 2021/02/16

再び緊急事態宣言発令に強く想う  2021/01/10

デジタル庁創設に想う  2021/01/01

飛沫感染と湿度との関係及び、 除菌施策に対する公共水道消毒指針の再考の必要性 2020/07/08

新型コロナは「ジョイ」「ママレモン」でも除去できる 経産省が有効な界面活性剤を公開への声 2020/05/24

緊急一提言  (演繹法・優先順位論) 2020/05/06

日本で医療崩壊は起きるのか? 欧米の事例とデータに基づき緊急提言への声  2020/04/22

緊急提言・・・隔離ホテル等の循環空調は停止し、部屋は窓を開け自然換気にすべし  2020/04/19

今、直ぐにでも出来る事、すべき事はマスクの市場への供給である  2020/04/12

マスク問題を考える 2020/04/07

30万円給付に思う 2020/04/07

 内容は社会サービス科学を参照

 

ダウンロード
改めての原発問題への一提言
○原発問題 2021.pdf
PDFファイル 307.3 KB

  ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

-- 読者からの情報提供 -- 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2021/04/05

 

匿名希望(TY)様から:

 

衛星インターネット網・スターリンク:  情報通信審議会 情報通信技術分科会 New!!

 

スターリンク (Starlink)は、アメリカ合衆国の民間企業スペースX社が開発を進めている衛星コンステレーション計画[2]。低コスト・高性能な衛星バスと地上の送受信機により、衛星インターネットアクセスサービスを提供することを目的とする[3][4]。またスペースXは、衛星を軍用や[5]、科学・探検などの用途に販売することも計画している[6]

スペースXは、総数約12,000基の人工衛星を、2020年代中頃までに3階層に渡って展開することを計画している。一つ目が、高度550kmの約1,600基の衛星で、次いで高度1,150kmのKu/Kaバンドを用いる約2,800基の衛星、さらに高度340kmのVバンドを用いる約7,500基の衛星である[7]。10年に及ぶ計画の総コストは、設計・製造・打ち上げなど100億ドル近くに達すると推計される[8]

 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

スターリンク関連記事:

SpaceXの衛星インターネット「Starlink」のベータテストユーザから続々と感銘の声が上がる

 

その他関連記事:通信

 

ダウンロード
衛星インターネット網・スターリンク
スターリンク.pdf
PDFファイル 445.3 KB

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 2021/03/21

 

匿名希望(NK)様から:

 

私がお勧めしたい本:橘木俊詔著 「日本の構造 50の統計データで読む国のかたち」  New!!

-----

橘木 俊詔(たちばなき としあき、194388 - )は、日本の経済学者京都女子大学客員教授、京都大学名誉教授、元同志社大学経済学部特別客員教授。専攻は労働経済学。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

-----

 

読者からの紹介文:

-----

高校の同級生が下記の本を出版しました.

下記の項目に対して日本の状況を統計データで評価しています.

我々の議論でも色々役に立つと思います.

 

・日本経済の健康診断

・教育格差

・日本人の労働と賃金格差

・日本人の生活

・老後と社会保障

・富裕層と貧困層

・地域格差

・財政

 

  アマゾン:

日本の構造 50の統計データで読む国のかたち

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

2021/03/17

匿名希望(MS)様から私がお勧めしたい本:長沼伸一郎著「現代経済学の直観的方法」その2

2021/01/27

匿名希望(MS)様から:私がお勧めしたい本:長沼伸一郎著「現代経済学の直観的方法」

2020/09/01

外村孝史氏から:

 国立研究開発法人情報通信研究機構 (NICT) の 多言語音声翻訳技術を活用した民間の製品・サービス事例

2020/04/04

米国在住の読者(H氏)から:BCGワクチンがコロナウイルスに有効かもしれない」その3

2020/04/03

米国在住の読者(H氏)から:COVID-19 の情報と予防「ジョンズホプキンスの論文」より

2020/04/02

米国在住の読者(H氏)から:BCGワクチンがコロナウイルスに有効かもしれない」その2 

2020/04/01

米国在住の読者(H氏)から:BCGワクチンがコロナウイルスに有効かもしれない」その1

 2020/03/27

米国在住の読者(N氏)から:世界のコロナウィルスの状況が一目で把握できます

「Coronavirus COVID-19 Global Cases by the Center for Systems Science and Engineering (CSSE) 」

 2020/03/18

山下鐵五郎様より:

スペインでの外出禁止令下の遠隔授業」

 2020/03/08

読者K.O.様より:

中学数学からはじめる相対性理論 Youtubeより、質疑応答を含む大変分かりやすい講義形式、2時間

2020/01/13

読者M.H様.より:

令和元年版 情報通信白書の概要解説総務省 総合通信基盤局 事業政策課 市場評価企画官

 

  詳細は読者からの情報提供を参照。

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

-- 読者からの声 --

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 2021/02/01

「東京五輪には「もう1年延期」の選択肢しか残っていないといえる理由」への声   

(松田順 様より)

 

 さて、東京オリンピックの開催の日時やその方法でいろいろ意見が出ていますが、ひょっとして、オリムピックそのものが問われているのではないでしょか。

 

 デジタルの時代、又分散の時代に、一か所で且つ、何百の試合を行うことは、もはやお金のある国、又はどうしても国の威信をかけたい国だけができるイベントです。試合数も多すぎ、いわゆる平和の祭典でやりたいのなら、その思想だけ、理念だけで十分ではありませんか、5大陸の各地域から開催候補(種目も併せ)を出してもらい、一か所一か所は小粒でも集約すれば大きいイベントとなればよいのではないでしょうか。

 

 オリンピック委員会のサポーターである、NBCの意向に沿う必要はなく、その場所その国で最適な時間帯に開催すれば、観客も、アスリートもよいのでないか。放映もTVだけでなく、それぞれのメディア(UTUBEも含め)がいろんな方法ですればよいのです。陸上競技のさなか、フィールドで幅跳びでもないでしょう。水泳が適切な時期、場所を選定すればいのです。

 

 冬季オリンピックも同様に、環境破壊のコースを作って行うことにどれほどの意味があるのでしょうか。何も温暖化対策でなくても地球環境・自然破壊を減らすという意味でも既存設備でできる場所でやればよいのです。無理して、全て全天候型ドームを作り、その中で人工雪を降らして競技をすることはないのでしょう。

 

 アジアアフリカの国々は、熱帯や赤道付近、はたまた島礁国が多いのです。いくつかの競技のスポンサー国になればよいのでは。

 

 無理して、東京大会を開催しないし、今後もやらない。 北京冬季オリンピックも見直してはいかがか?

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 

 

「都市部の自動運転の実現へ! 強化学習による自動運転の最新手法」への声 (辻秀一様より)2020/11/08 

新型コロナは「ジョイ」「ママレモン」でも除去できる 経産省が有効な界面活性剤を公開」への声  2020/05/24

「日本で医療崩壊は起きるのか? 」への声 (「オヤジの一分」の会 漆原 様より) 2020/04/22

今年3月に始まった「5G」無線通信サービスへの声(匿名希望様より) 2020/03/21

記事「掃除ロボット」への声( Katsuyoshi様より)2020/02/23

記事:「気候変動は最大の「ビジネスチャンス」、急ぐべきは発想の転換」(環境)への声(石原聖司様より) 2020/01/23

コラム:「企業・組織のトップにITスキルは必要か」への声(石原聖司様より) 2020/01/23

コラム:「スマートホーム」から「アンビエントコンピューティング」への声 ( Katsuyoshi様より)2020/01/18

コラム:「ディジタル人民元」への声(石原聖司様より)  2019/12/06

「通信に関する記事への声」(山下鐵五郎様より) 2019/12/2

「半導体に関する記事への声」(石原聖司様より) 2019/11/28

コラム:「アンビエント・コンピューティング」への声(石原聖司様より) 2019/10/20

コラム:「ディジタル化とアナログ技術」への声(細川泰秀様より) 2019/09/18

「コラム:ディジタル化とアナログ技術」への声(石原聖司様より) 2019/09/18

GEも見落としたIoT成功の条件」への声(古寺雅弘様より) 2019/08/30

 

  詳細は読者からの声を参照。 

 

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

-- 読者からの特別寄稿 --

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

2021/03/10

 

ROEで見る財務戦略  

 

元外資系投資銀行 シニア・アナリスト 

目﨑美和子様

 

 ROEはすでに耳慣れた単語である。しかし、ROEを構成する要素が財務戦略を判断する道具であるという認識は薄い。そこでROEを少し詳しく見てみよう。

 

以下、読者からの特別寄稿を参照。

 

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ダウンロード
ROEで見る財務戦略
ROE原稿.pdf
PDFファイル 443.6 KB

 

 /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2021/01/22

 

そのロボット犬は自ら学習し、どれだけ倒されても起き上がる方法を身につけるに対するコメント 

(辻秀一様)

 

1.記事のタイトル
  そのロボット犬は自ら学習し、どれだけ倒されても起き上がる方法を身につける

2.記事の概要
 倒されても進路をじゃまされても、体勢を立て直す方法を自ら学習する。そんな四脚のロボット犬を、中国と英国の研究チームが開発した。試行錯誤しながら学んでいく頭脳の中核をなすのは、さまざまな動作をつかさどる8つのエキスパートと呼ばれるアルゴリズムだ。ボストン・ダイナミクスは数年前、扉を開けようとする四脚ロボット「Spot(スポト)」を人間がホッケーのスティックで阻止しようとする映像を公開することで、ロボット分野において新たな次元に到達したことを示した。

3、記事へのコメント

 記事のロボット犬の動作ビデオを見ると、本当の犬のように倒れたところから起き上がって歩き出しており、ロボットでここまで実現しているのかと感心してしまう。多くの試行錯誤をして周りの環境に適合して行動できているようである。

 

以下、読者からの特別寄稿を参照。

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 Android TV (2020/11/10 Katsuyoshi 様)

「戦闘機を制御する”軍事AI”が米軍のパイロットに圧勝、そのポテンシャルの高さが意味すること」に対するコメント

  (2020/09/23  辻秀一様)

ようやくコロナウィルスに関するまともな議論がでてきた  (2020/07/29 外村孝史様)

記事(05/09掲載)「NECがコロナワクチンの設計情報をAIで解析」に対する解説 (2020/05/09  米国在住匿名希望様)

緊急一提言  (演繹法・優先順位論)  (2020/05/06 KSP漆原様)

日本は何故「コロナウイルス感染拡大」が続いているのか  (2020/4/29 国内在住H氏) 

「慶応病院の発表:一般患者の6%がコロナウィルス感染」について 2020/4/25  井上隆史様)

緊急提言・・・隔離ホテル等の循環空調は停止し、部屋は窓を開け自然換気にすべし  (2020/04/19  KSP漆原様)

今、直ぐにでも出来る事、すべき事はマスクの市場への供給である  (2020/04/12 オヤジの一分の会様)

30万円給付に思う  (2020/04/07 オヤジの一分の会様)

マスク問題を考える  (2020/04/07 オヤジの一分の会様)

指数関数的増加率(コロナウィルス) (2020/03/29 米国在住匿名希望様)

日本が「失われた30年」(2019/11/26  松田順様)

無線通信のセキュリティ(2019/11/19  山下鐵五郎様)

 

  詳細は読者からの特別寄稿を参照。

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

--- コラム ---

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コラムに対するご意見をお寄せください。ご意見はお問合せ・ご意見から。

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コラム:百年に一度の大変革「CASE」 New!!

(2021/04/08)   

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

 CASE(C:コネクテッドカー、A:自動運転、S:カーシェアリング、E:電気自動車)という言葉は、2016年のパリモーターショーにおいて、ダイムラーAG・CEOでメルセデス・ベンツの会長を務めるディエター・チェッチェ氏が発表した中長期戦略の中で用いたのが始まりだ。

 

 その後2016年にトヨタは自動運転の中核技術となるAIを主体とする研究所を1200億円投資して米国に設立した。この設立発表時に「CASE」時代到来を予見し、自動車産業界における「百年に一度の革命」と表現して危機感をにじませていた。さらにトヨタは製造一辺倒の企業からカーシェアリング等のサービスも含めた企業へと変わるとも。

 その後トヨタはソフトバンクやカーシェアリングで有名なUber等と提携したり、最近ではNTTと組んだり、自動運転のベンチャー等とも手を組みだしている。

 

 当時これらの記事を読んで筆者は「百年に一度の革命」という言葉には、いささか大げさな表現だと感じていたが、最近のIT企業(Waymo、アップル、アマゾン等)の自動車参入や、自動運転を組み込んだ電気自動車で世界を席捲しているテスラ等の勢いを見てると当時のトヨタの予見は正しく、さすが日本を代表する企業の経営者だと感服している。

 

 これらの変革は自動車だけでなく、AIロボットによる宅配まで手を伸ばしているアマゾンやドローンの動き等を含めて新たな「モビリティ革命」という呼び方もあるようだ。

 

 最後に今後の「CASE」時代を占う代表的見解を下記に紹介しておきます。

 

テスラの台頭、GAFAの進出にもかかわらず、「最後はトヨタが勝つ」と言える理由

世界では年間50万台、日本では2000台未満電動自動車「テスラ」は何がすごいのか

 

参照:CASE

    ロボット 

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コラム:「スマートフォン」の次の「革新的製品」は何か?  

(2021/03/14)  

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  「スマートフォン」の次の革新的製品は「AR(拡張現実)」「MR(複合現実)」を使ったデバイスになるだろうとする見方が有力になって来た(1)。

 

 2013年に初めてGoogleから「AR(拡張現実)」を使った「Google Glass」が販売され注目を浴びた。その後マイクロソフトから「複合現実(MR)」を使った「ホロレンズ」が発表されたが、いずれも実験的性格の製品として終わった。

「AR」を使った製品として良く知られているのが「ポケモンGO」位かもしれない。

 

 その後アップルの「ARメガネ」開発の情報が伝えられたり(2)、マイクロソフトから「複合現実」プラットフォームが発表されている(3)。

 

「AR」「MR」を使った製品が現実的になってきたのは高速通信「5G」環境が整備されてきたからである。

「AR」と「MR」の違いは、コラム」:ARMRと5G (2019/10/27) に簡単に述べられている。

 

2021/03/14

 *アップルが送り出す次の革新的製品とは? ・・・ (1)

2020/06/29

アップルのARメガネは「カメラ非搭載で499ドル」という情報から見えた、グーグルの失敗から得た教訓の価値(2)

2021/03/06

Microsoft、複合現実プラットフォーム「Microsoft Mesh」を発表 『ポケモンGO』のコンセプト動画も公開 ・・・ (3)

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コラム:「IT企業」が「自動車」へ参入する事の意味 

(2020/12/25)   

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  

  最近「アップル」の自動運転車開発プロジェクト「タイタン」の内容がより明らかになり大きな話題になっている。以前からその存在は一部のメディアで報道されていた。噂程度であったが。

 

 一方で、グーグルの自動運転車開発部門が分社化され2016年に設立された「Waymo」は有名であり、2018年末には米国の限定された地域で限定された範囲での実用運転が開始されており、少しづづサービス内容も広がっていた。

 「Waymo」のビジネスモデルはグーグルグループが得意とするAI(機械学習)が用いられるソフト(自動運転システム)を他の自動車メーカーに提供する事である(下記 1.2.)。

 

 「Waymo」に分社化される前のグーグル時代は自動車本体も含めたビジネスモデルを考えていたようである。一方の「アップル」の場合は自動車本体(電気自動車)も含むビジネスモデルであり、VWのCEOが述べているように(下記 3.)より脅威に捉えていると考えられる。

 

 「アマゾン」の事業はEC、クラウド、スマートスピーカー等 多岐にわたるが「IT企業」でもある。その「アマゾン」の「自動車」への参入も見逃せない(下記 4.5.)。

 

 以上の事例から言える事は、各企業の経営者の共通点は、既成概念に捉われず新たな事業・市場を創造し果敢に挑戦する

才覚・能力を持っている事のように思える。恐らくこのような経営者の周辺には同様なスタッフや技術者も揃っているだろうとも推測される。

 これから新たなビジネス・市場を切り開くためには、事業・市場を新たに創造できる所謂「破壊的創造(Disruption)」が求められているのではないだろうか?

 

 最後に日本での事例も紹介しておきます(下記 6.7.)。

 

(1)  2020/06/28

Waymoとボルボが電気ロボタクシー開発で「独占」提携

(2) 2020/10/29

「自動運転トラック」に新連合、ウェイモがダイムラーと提携

(3) 2020/12/24

アップルの自動車参入で起きることとは?

(4) 2020/06/28

アマゾンが自動運転分野に本格参入、有力スタートアップの買収で目指していること

(5) 2020/09/04

配達ロボットを全米で合法化すべく、アマゾンとフェデックスが動き出した

(6) 2020/09/10

ソニーが描く“走るコンピュータ”としてのクルマ

(7) 2020/12/22

五輪も走る自動運転相乗り車 トヨタ、効率配車の仕組み

 

参照:CASE Disruption

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コラム:再び活気づく「スマートスピーカー」 

(2020/12/20)   

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 2014年に初めてアマゾンから「スマートスピーカー」が販売された。2016年にはグーグルやアップル等からも製品が投入され最初の「スマートスピーカー」のブームが始まったと言える。米国の約半分以上の家庭が持つようになった。 2017年には日本でも販売され、日本でも徐々に普及し始めた。

 

 最近では又高性能で低価格の製品が販売され始め、第二次のブームともいえるかもしれない(下記 1.2. 参照)。

 

 「スマートスピーカー」で見逃せないのは、「音声アシスタント」(インターフェース)が「スピーカー」だけでなくあらゆる家電のインターフェースとして狙いが定められていた事である(下記 3.参照)。

 「音声(AI)アシスタント」として最も普及しているアマゾンの「Alexa」に至っては「アレクサ」と呼びかけると、照明のオンオフ等の家庭内機器の制御をしてくれる。当然ながらクラウド上にある知識情報とAIを使って色々な質問(天気予報や最新ニュース等)にも応えてくれる。

 

 特に注目すべき事は近年の「CASE」の「コネクテッドカー」のインターフェースとして「音声(AI)アシスタント」が必要不可欠になってきた事である(下記 4.参照)。

 

(1) 2020/12/14  

アップルの「HomePod mini」は、完璧に近いスマートスピーカーとして急浮上した:製品レヴュー

(2) 2020/10/18

Nest Audio」に続いて「HomePod mini」登場、スマートスピーカー再燃の理由

(3) 2020/01/15

全ての家電が動くようになる。Amazonの野望「全世界アレクサ化計画」

(4) 2020/10/08

*どんなクルマもAlexaが使えるコネクテッドカーに Amazonの車載デバイス「Echo Auto」レビュー

 

 

参照:スマートスピーカー アンビエントコンピューティング CASE

 

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 以前のコラムもコラムから見られます。

 

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

新着IT情報 ウェブサイト内検索

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

アクセスカウンタ(2021/03/12より)