新着IT情報 ウェブサイト内検索

 ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ご挨拶

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 近年、ITは従来の情報システムだけでなくあらゆる産業分野や家庭でも利用・導入されるようになってきました。最近のクラウド、AI、IoT等の普及によって一層加速しています。 それらの動きは新しい自動車産業の動きCASE:  Connected - つながる車(コネクテッドカー); Autonomous - 自動運転、自動運転車; Shared - カーシェアリング、ライドシェア; Electric - 電気自動車)、工場の自動化AIによる医療診断、家庭でのスマートスピーカーディジタル通貨(仮想通貨)等を見ても明らかです。  

 このような状況下で、世界・日本の動きの実態を素早く把握できるための「新着IT情報」をお伝えします。皆様の日頃の活動の中でお役に立ちたいと考えています。

  なお、昨今の暗いニュース(新型コロナウィルス)が続く中、心和むあるいはエキサイティングな動画映像も提供してます。

 

 本情報はリアルタイムでメールでもお届けしてます希望者はお問い合わせ・ご意見から申し込めます。    

 2019/6/28(Webサイト開設) 鈴木昌則

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ナビゲーション・メニュー

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 


 ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

--  新着リスト  --

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

COVID-19感染予測(日本版)ユーザガイド

 「Coronavirus COVID-19 Global Cases by the Center for Systems Science and Engineering (CSSE) 」  

新型コロナ最新情報(朝日新聞)

 

2021/01/23

-  CES 2021:コロナ禍ならではの機能を搭載、デジタルヘルスケアの進化がわかる5つの製品 ■特別記事

2021/01/20

-  CES 2021で目立ってたウェアラブルまとめ #CES2021 ■特別記事

-  iPhoneAndroidスマホ、どっちを買うべき? 機能や安全性で比較 (■スマートフォン)

2021/01/19

-  アマゾンが自動車メーカーらの「アレクサ」導入支援ツール発表 (CASE)

-  3分でわかる「バイデン新政権」――トランプ時代から何がどう変わる? ■米国大統領選挙

2021/01/18

- 「自動運転×宅配」の国内最新動向まとめ!2021年はどうなる? CASE

-  CES 2021で占う今年の業界展望日本政策投資銀行 産業調査部 青木崇氏[インタビュー] ■特別記事

-  ソニー、CESでの注目は車とドローン--3Rテクノロジー」一挙に披露 ■特別記事

-  初オンラインのCES開幕! ソニー、パナソニック、NTTなど日本企業の見どころをざっくり紹介 ■特別記事

NEC、「学習型メディア送信制御技術」開発--AIで遠隔見守りを高度化 ■人工知能

-  強化学習とは何か?「動物そっくり」の機械学習モデルはどんな課題解決に役立つのか ■人工知能

2021/01/17

-  やはり新型コロナウイルスの影響が色濃く出たCES 2021 ■特別記事

工場のIoT化にお悩みを抱える皆さまへ  工場の生産性向上等に寄与する 「工場向けワイヤレスIoT講習会」を25日に開催! IoT

-  日本と中国の「IT化」に大差が生じた決定的要因 大成功してしまったがために重い遺産を抱えた ■デジタル庁

-  NECら、前橋市で5Gを活用した自動運転バスの公道実証へ CASE

-  CES 2021:折り畳みの次はロール式? 見えてきた次世代スマートフォンの姿 (■スマートフォン)

-  トヨタWoven Cityが革新牽引【最前線「自動運転×スマートシティ」 3回】 CASE

-  富士通、生体認証を使ったレジ無し店舗 横浜市内のコンビニで ■人工知能

-「公務員のデジタル人材調達は難しい」GAFA時代の競争、日本はどう規制すべきなのか ■デジタル庁

-  ウェアラブル注力のグーグル、Fitbit2000億円買収をようやく完了 ■特別記事

-  自動走行車の試乗、東京を含めた世界の大都市で展開へーーMobileyeの新たな展開に注目 CASE

2021/01/16

インド軍「AI搭載の自律型攻撃ドローン」初披露:軍事パレードで75機がデリー上空を飛行 ■人工知能

2021/01/15

-    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは? ■コロナウィルス

- 「量子暗号通信」低コストの信号処理手法 東大が開発に成功 ■量子コンピュータ

-  SAP2027年問題」とは何か? ガートナーが解説するS/4HANAへの移行の検討ポイント ■特別記事

-    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論が出ない理由 ■米国大統領選挙

-     CES 2021:活況の「クリーニングテック」は、一過性のブームに終わらない ■環境

-    衣類から流出したマイクロプラスティックで、北極海までもが汚染されつつある:研究結果 ■環境

-    感染者は米国の30分の1以下…それでも“病床数世界一”の日本で医療崩壊が起きるワケ ■コロナウィルス

 

 

 ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

--「講演会開催」-- 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

   外村孝史(とむら こうし)氏 の「メールマガジンの講演会案内」より。 詳細は「講演会開催」を参照下さい。

 

「SDGsをユーモアで紐解く~コミュニケーションにアイデアを!~」

  2021年02月18日(木) 主催 渋谷区しんきん協議会

「新しい日常におけるサービスロボット活用の期待と課題」

  2021年02月05日(金) 主催 モノづくり日本会議

「もし新型コロナウィルス感染症が社内で発生したら、経営者はどう動くべきか」

  2021年02月05日(金) 主催 東京商工会議所 豊島支部

「中小企業に求められる”AI”の活用法」

  2021年02月22日(月) 主催 東京商工会議所 豊島支部

「コロナ禍における観光について」

  2021年02月19日(金)  主催 東京商工会議所 台東支部 観光・サービス分科会

「ポスト・コロナの学校教育~多様なニーズのある子どもを支える人々を孤立させない支援ネットワークの在り方~」

  2021年02月13日(土) 主催 令和2年度広島大学教育学部共同研究プロジェクト

「デザイン思考でイノベーションを生み出す組織へ」

   2021年03月02日(火)  主催 (公財)東京都中小企業振興公社 経営戦略課

「アフターコロナ社会変革のカギ!~人 × AI とリモート技術の融合~」

   2021年02月10日(水)  主催 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO

「コンテンツテックが創る未来~with/afterCOVID-19時代のX-Tech~」

   2021年02月04日(木)  主催  一般財団法人デジタルコンテンツ協会

「持続的な成長のための事業承継とは」

   2021年02月19日(金)  主催 独立行政法人 中小企業基盤整備機構  共催 ㈱商工組合中央金庫

「経済産業事務次官新春講演会(経済産業事務次官 安藤久佳)」

   2021年01月26日(火)14:00~15:00  主催 一般財団法人 経済産業調査会、産業人材研修センター

「ポストコロナ経済、何が変わるのか」

   2021年03月09日(火)  主催 東京商工会議所墨田支部

「メディア学の使命~ジャーナリズム研究からプラットフォーム研究まで~」

   2021年01月23日(土)  主催 社会学系コンソーシアム、日本学術会議社会学委員会

「”カオスを生きる”ケアの未来~他者の身体と向き合う医療・介護ビジネス~」

   2021年01月29日(金) 主催 科学技術振興機構HITE領域、アカデミーヒルズ

 

 

  /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

外村孝史(とむら こうし)  

 株式会社DUALホールディングス ライフサポート

 株式会社 幸洋コーポレーション(不動産直情報、樹木葬)事務局

 (一社) スマートシニアビジネス倶楽部 シニア支援 URLhttp://ssbc.tokyo/

「パーソナル音声会話ロボットプラットホーム (ピコちゃん、おしゃべりQちゃん)」

104-0031 東京都中央区京橋2-8-1 八重洲中央ビル8F 京橋サロン

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 --   動画映像   --

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

-- 読者からの情報提供 -- 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 2020/09/01

外村孝史氏から:

 国立研究開発法人情報通信研究機構 (NICT) の 多言語音声翻訳技術を活用した民間の製品・サービス事例

2020/04/04

米国在住の読者(H氏)から:BCGワクチンがコロナウイルスに有効かもしれない」その3

2020/04/03

米国在住の読者(H氏)から:COVID-19 の情報と予防「ジョンズホプキンスの論文」より

2020/04/02

米国在住の読者(H氏)から:BCGワクチンがコロナウイルスに有効かもしれない」その2 

2020/04/01

米国在住の読者(H氏)から:BCGワクチンがコロナウイルスに有効かもしれない」その1

 2020/03/27

米国在住の読者(N氏)から:世界のコロナウィルスの状況が一目で把握できます

「Coronavirus COVID-19 Global Cases by the Center for Systems Science and Engineering (CSSE) 」

 2020/03/18

山下鐵五郎様より:

スペインでの外出禁止令下の遠隔授業」

 2020/03/08

読者K.O.様より:

中学数学からはじめる相対性理論 Youtubeより、質疑応答を含む大変分かりやすい講義形式、2時間

2020/01/13

読者M.H様.より:

令和元年版 情報通信白書の概要解説総務省 総合通信基盤局 事業政策課 市場評価企画官

 

  詳細は読者からの情報提供を参照。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

-- 読者からの声 --

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

「都市部の自動運転の実現へ! 強化学習による自動運転の最新手法」への声 (辻秀一様より)2020/11/08 

新型コロナは「ジョイ」「ママレモン」でも除去できる 経産省が有効な界面活性剤を公開」への声  2020/05/24

「日本で医療崩壊は起きるのか? 」への声 (「オヤジの一分」の会 漆原 様より) 2020/04/22

今年3月に始まった「5G」無線通信サービスへの声(匿名希望様より) 2020/03/21

記事「掃除ロボット」への声( Katsuyoshi様より)2020/02/23

記事:「気候変動は最大の「ビジネスチャンス」、急ぐべきは発想の転換」(環境)への声(石原聖司様より) 2020/01/23

コラム:「企業・組織のトップにITスキルは必要か」への声(石原聖司様より) 2020/01/23

コラム:「スマートホーム」から「アンビエントコンピューティング」への声 ( Katsuyoshi様より)2020/01/18

コラム:「ディジタル人民元」への声(石原聖司様より)  2019/12/06

「通信に関する記事への声」(山下鐵五郎様より) 2019/12/2

「半導体に関する記事への声」(石原聖司様より) 2019/11/28

コラム:「アンビエント・コンピューティング」への声(石原聖司様より) 2019/10/20

コラム:「ディジタル化とアナログ技術」への声(細川泰秀様より) 2019/09/18

「コラム:ディジタル化とアナログ技術」への声(石原聖司様より) 2019/09/18

GEも見落としたIoT成功の条件」への声(古寺雅弘様より) 2019/08/30

 

  詳細は読者からの声を参照。 

 

 ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

-- 読者からの特別寄稿 --

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

2021/01/22

 

そのロボット犬は自ら学習し、どれだけ倒されても起き上がる方法を身につけるに対するコメント  New!!

(辻秀一様)

 

1.記事のタイトル
  そのロボット犬は自ら学習し、どれだけ倒されても起き上がる方法を身につける

2.記事の概要
 倒されても進路をじゃまされても、体勢を立て直す方法を自ら学習する。そんな四脚のロボット犬を、中国と英国の研究チームが開発した。試行錯誤しながら学んでいく頭脳の中核をなすのは、さまざまな動作をつかさどる8つのエキスパートと呼ばれるアルゴリズムだ。ボストン・ダイナミクスは数年前、扉を開けようとする四脚ロボット「Spot(スポト)」を人間がホッケーのスティックで阻止しようとする映像を公開することで、ロボット分野において新たな次元に到達したことを示した。

3、記事へのコメント

 記事のロボット犬の動作ビデオを見ると、本当の犬のように倒れたところから起き上がって歩き出しており、ロボットでここまで実現しているのかと感心してしまう。多くの試行錯誤をして周りの環境に適合して行動できているようである。

 

以下、読者からの特別寄稿を参照。

 

2021/01/10/

 

再びの緊急事態宣言発令に強く想う  New!!

(社会サービス科学コンサルタント 漆原清吉様)

 

はじめに

 東京だけでもいよいよ、2000人超の感染者が出、緊急事態宣言が再発動されました。経済との両立を考えれば「コロナ撲滅」施策は本当に難しい苦渋の決断で有る事は我々、国民は重々承知しております。しかしながら、それでも現状の国の施策に何故か納得感、すっきり感を抱く事が出来ないのは私だけでしょうか? 何故か? その理由は? では、具体的にどうしたら良いか? 私は個別分野においては決して専門家ではありませんが既に8か月前から様々な具体的な提言を本ウエブにも投げかけて来た一人として、二階幹事長の「結果論ならば誰もができる」の言葉だけは確かに私も同感です。しかし、もう一つ足りないのがその結果論をも後で正確に分析せず次の施策に生かしてない事です。連日、メディアでは各分野の識者が様々な意見を発する中、誰かが私と同様な視点で問題点を指摘するであろうと期待しTV等を見ておりますが残念ながらおりません。つきましては改めて私の得意とする分野、「社会サービス科学の観点」から以下、改めて一提言をさせて頂きます。

 もしも、ご同調して頂ける方がおられれば、さらなるご意見も賜り、ご一緒に社会に訴えたく強くお願いを申し上げます。尚、以下、端的に申し上げる為に表現のご無礼等をお許し願います。

 

以下、読者からの特別寄稿を参照。

 

 

2021/01/01

デジタル庁創設に想う  New!!

(社会サービス科学コンサルタント 漆原清吉様)

 

 本件は貴ウエブにとっては大変、重要なテーマであり多くの情報、ご意見を拝聴させて頂いております。ただ、私自身はIT、デジタル技術は全くのシロートでありデジタル庁が創設されても技術的に何がどうなるのか?良く解りません。そして多分、この私の思いは国民80%を代表しているはずです。

つまり、デジタル庁創設の一番の課題は「殆どの国民には何が何だか解らない。そしその事を創設関係者は理解しているのか?」なのです。この点において社会サービス科学の視点からアナログ的な発想(私としてはデジタル思考(客観的洞察・分析)と思っておりますが)を持って一提言をさせて頂きます。

以下、読者からの特別寄稿を参照。

 

 

 Android TV (2020/11/10 Katsuyoshi 様)

「戦闘機を制御する”軍事AI”が米軍のパイロットに圧勝、そのポテンシャルの高さが意味すること」に対するコメント

  (2020/09/23  辻秀一様)

ようやくコロナウィルスに関するまともな議論がでてきた  (2020/07/29 外村孝史様)

記事(05/09掲載)「NECがコロナワクチンの設計情報をAIで解析」に対する解説 (2020/05/09  米国在住匿名希望様)

緊急一提言  (演繹法・優先順位論)  (2020/05/06 KSP漆原様)

日本は何故「コロナウイルス感染拡大」が続いているのか  (2020/4/29 国内在住H氏) 

「慶応病院の発表:一般患者の6%がコロナウィルス感染」について 2020/4/25  井上隆史様)

緊急提言・・・隔離ホテル等の循環空調は停止し、部屋は窓を開け自然換気にすべし  (2020/04/19  KSP漆原様)

今、直ぐにでも出来る事、すべき事はマスクの市場への供給である  (2020/04/12 オヤジの一分の会様)

30万円給付に思う  (2020/04/07 オヤジの一分の会様)

マスク問題を考える  (2020/04/07 オヤジの一分の会様)

指数関数的増加率(コロナウィルス) (2020/03/29 米国在住匿名希望様)

日本が「失われた30年」(2019/11/26  松田順様)

無線通信のセキュリティ(2019/11/19  山下鐵五郎様)

 

  詳細は読者からの特別寄稿を参照。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

--- コラム ---

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コラムに対するご意見をお寄せください。ご意見はお問合せ・ご意見から。

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コラム:「IT企業」が「自動車」へ参入する事の意味 

(2020/12/25)   

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  

  最近「アップル」の自動運転車開発プロジェクト「タイタン」の内容がより明らかになり大きな話題になっている。以前からその存在は一部のメディアで報道されていた。噂程度であったが。

 

 一方で、グーグルの自動運転車開発部門が分社化され2016年に設立された「Waymo」は有名であり、2018年末には米国の限定された地域で限定された範囲での実用運転が開始されており、少しづづサービス内容も広がっていた。

 「Waymo」のビジネスモデルはグーグルグループが得意とするAI(機械学習)が用いられるソフト(自動運転システム)を他の自動車メーカーに提供する事である(下記 1.2.)。

 

 「Waymo」に分社化される前のグーグル時代は自動車本体も含めたビジネスモデルを考えていたようである。一方の「アップル」の場合は自動車本体(電気自動車)も含むビジネスモデルであり、VWのCEOが述べているように(下記 3.)より脅威に捉えていると考えられる。

 

 「アマゾン」の事業はEC、クラウド、スマートスピーカー等 多岐にわたるが「IT企業」でもある。その「アマゾン」の「自動車」への参入も見逃せない(下記 4.5.)。

 

 以上の事例から言える事は、各企業の経営者の共通点は、既成概念に捉われず新たな事業・市場を創造し果敢に挑戦する

才覚・能力を持っている事のように思える。恐らくこのような経営者の周辺には同様なスタッフや技術者も揃っているだろうとも推測される。

 これから新たなビジネス・市場を切り開くためには、事業・市場を新たに創造できる所謂「破壊的創造(Disruption)」が求められているのではないだろうか?

 

 最後に日本での事例も紹介しておきます(下記 6.7.)。

 

(1)  2020/06/28

Waymoとボルボが電気ロボタクシー開発で「独占」提携

(2) 2020/10/29

「自動運転トラック」に新連合、ウェイモがダイムラーと提携

(3) 2020/12/24

アップルの自動車参入で起きることとは?

(4) 2020/06/28

アマゾンが自動運転分野に本格参入、有力スタートアップの買収で目指していること

(5) 2020/09/04

配達ロボットを全米で合法化すべく、アマゾンとフェデックスが動き出した

(6) 2020/09/10

ソニーが描く“走るコンピュータ”としてのクルマ

(7) 2020/12/22

五輪も走る自動運転相乗り車 トヨタ、効率配車の仕組み

 

参照:CASE Disruption

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コラム:再び活気づく「スマートスピーカー」 

(2020/12/20)   

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 2014年に初めてアマゾンから「スマートスピーカー」が販売された。2016年にはグーグルやアップル等からも製品が投入され最初の「スマートスピーカー」のブームが始まったと言える。米国の約半分以上の家庭が持つようになった。 2017年には日本でも販売され、日本でも徐々に普及し始めた。

 

 最近では又高性能で低価格の製品が販売され始め、第二次のブームともいえるかもしれない(下記 1.2. 参照)。

 

 「スマートスピーカー」で見逃せないのは、「音声アシスタント」(インターフェース)が「スピーカー」だけでなくあらゆる家電のインターフェースとして狙いが定められていた事である(下記 3.参照)。

 「音声(AI)アシスタント」として最も普及しているアマゾンの「Alexa」に至っては「アレクサ」と呼びかけると、照明のオンオフ等の家庭内機器の制御をしてくれる。当然ながらクラウド上にある知識情報とAIを使って色々な質問(天気予報や最新ニュース等)にも応えてくれる。

 

 特に注目すべき事は近年の「CASE」の「コネクテッドカー」のインターフェースとして「音声(AI)アシスタント」が必要不可欠になってきた事である(下記 4.参照)。

 

(1) 2020/12/14  

アップルの「HomePod mini」は、完璧に近いスマートスピーカーとして急浮上した:製品レヴュー

(2) 2020/10/18

Nest Audio」に続いて「HomePod mini」登場、スマートスピーカー再燃の理由

(3) 2020/01/15

全ての家電が動くようになる。Amazonの野望「全世界アレクサ化計画」

(4) 2020/10/08

*どんなクルマもAlexaが使えるコネクテッドカーに Amazonの車載デバイス「Echo Auto」レビュー

 

 

参照:スマートスピーカー アンビエントコンピューティング CASE

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コラム:近づく「ディジタル通貨(仮想通貨)」時代到来の足音

(2020/11/23)   

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

  フェースブックの「ディジタル通貨(仮想通貨)」Libraの第3者運営機関「Libra協会」はスイスに設置されており、その「Libra協会」が昨年Libraの運営申請をスイス政府に申請した。申請が認められればスイスの金融機関(特に銀行)に対する影響は多大である。

 これまで通用してきた銀行ビジネスは成り立たなく恐れがある一方で、新たな金融サービスを生み出す事への期待も大きい。この影響は今後スイス一国に留まらず全世界へと波及すると考えられる。

 

2020/11/22

*フィンテックでスイスの金融業界は生まれ変わるのか

 

 一方で中国でも「ディジタル通貨(仮想通貨)」の2022年の実運用を目標に、大規模な実証実験が始まっている。「Libra」は民間主導であるが「ディジタル人民元」は国家主導である。中国は「ディジタル人民元」を「ドル」に対抗する基軸通貨への狙いもあるとも言われている。

 

2020/11/17

*「ディジタル通貨」の使い勝手は?中国で5万人参加の実証実験

 

 中国以外にはEUはじめ、中央銀行デジタル通貨を巡る動きが世界的に加速しているが、見逃せないのは米国のGAFAGoogleAppleFacebookAmazon)や中国のBATBaidu Alibaba Tencent)といった巨大企業の「ディジタル通貨(仮想通貨)」への参入である。

 

2020/11/17

*巨大IT企業はなぜ銀行にとって最強の競争者なのか

 

 一方日本では、発行間近と言われるデジタル人民元に押されて、日欧中央銀行がデジタル通貨への取り組みを始めた。もし実現すれば、通貨制度の基本が大きく変わる。それは、経済活動や生活をどう変えるか?どのような問題があり、どう対処すべきか?

 

 中央銀行発行デジタル通貨(CBDC:Central Bank Digital Currency)」を検討するための組織を、日本銀行やイングランド銀行(BoE)を含む中央銀行と国際決済銀行が作る。スイス国民銀行、スウェーデン中銀のリクスバンク、カナダ銀行も参加する。

 

2020/02/13

動き出した「デジタル円」が経済・生活にもたらす大変化とは

 

 又別のディジタル化による大変革が始まろうとしている。

 

参照:仮想通貨

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コラム:「コロナウィルス」による重症化や死亡を抑制する「ファクターX」の存在

(2020/11/16)    

 //////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 今年の2月から3月にかけて日本や欧米で起こった「コロナウィルス」によるパンデミックを、日本は欧米のようなロックダウンもせず、又欧米のような多数の重症者や死亡者を出さず乗り切った事を「日本の奇跡」あるいは「ジャパン・パラドックス」とも呼ばれ賞賛の声が出されていた。

 

 この頃欧米の一部の研究者や識者からは「BCG効果」や日本(アジア系)の民族が持つ「遺伝子」によるのではないかという説も出ており一部の研究者による調査・研究も始まっていた。

 

2020/03/31

B CGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

2020/04/06

新型コロナとBCGの相関関係について免疫学の宮坂先生にお伺いしました

 

 その当時、本情報のある読者(米国在住のH氏)からも情報が寄せられ、読者からの情報提供欄でも公開していたが読者からの反応は殆どなかった。

 筆者自身は「BCG接種」と「コロナウィルス」死亡率に高い相関がみられるので、確度の高い情報かもしれないと密かに期待を込めて注視していた。

 

「読者からの情報提供」:

2020/04/01

米国在住の読者(H氏)から:BCGワクチンがコロナウイルスに有効かもしれない」その1

 

 その後、京都大学の「山中伸弥」教授が、「BCG効果」や「遺伝子特性」、さらには日本の衛生管理など幅広く総括して「ファクターX」の存在を提唱し、日本でも一躍有名になった。

 

2020/06/15

「なぜ日本の新型コロナ死者数は少ないのか?」山中伸弥が橋下徹に語ったファクターXの存在”――文藝春秋特選記事

 

 その後海外の研究者等から「ファクターX」の存在を裏つける「BCG効果」と「遺伝子特性」に関する研究結果が報告され出した。

 

2020/07/15

BCGは新型コロナによる死亡率の軽減に寄与している可能性がある」と最新研究

2020/09/06

BCGワクチンに新型コロナウイルス感染症からの「保護効果あり」との研究結果、その期待される免疫訓練のメカニズム

2020/11/15

ネアンデルタール人の遺伝子がコロナ重症化の原因 リスク3倍、東アジアとアフリカはほとんどなし〈AERA

 

 下記「NHKウェブサイト」に分かりやすい「ファクターX」の解説記事が掲載されています。

 

NHKウェブサイト:

「新型コロナウイルス アジアで何故 死者 少ない? 『ファクターX』 を探せ!」(くらし☆解説)

 

参照:コロナウィルス

 

 ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コラム:日本でも始まった「ディジタル通貨(仮想通貨)」と

「ブロックチェーン」への取り組み  (2020/11/11)    

 /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 

 当初日本(日銀や金融庁)は「ディジタル通貨(仮想通貨)」に対しては懐疑的あるいは否定的であったが、今年位から真剣に取り組み出した。

 

2020/02/26

相次ぐ大手企業のブロックチェーン参入。内閣官房が産業発展へ向けた取り組みを開始

2020/11/09

*日本のIT戦略の中枢・内閣官房キーマンが語るーブロックチェーン技術の「適用と課題」イベントレポート ]

2020/08/30

サトシの理念は今も受け継がれているのか? 金融庁長官 氷見野良三氏のスピーチ全文

2020/07/24

日銀・金融庁関係者らが「デジタル通貨と決済システムの未来」を議論【中央銀行デジタル通貨・CBDC

 

 今の「ディジタル通貨(仮想通貨)」と「ブロックチェーン」は2008年に発表された「サトシ・ナカモト」なる人物の論文に遡る。最初の仮想通貨「ビットコイン」はこの論文に基づいて構築された。「ブロックチェーン」はこの論文の分散台帳技術による信頼性の高い情報基盤で、この基盤上に「ビットコイン」がある。

 

2020/01/01

【ビットコイン11周年企画】サトシ ナカモトへの原点回帰-1

 

  「ブロックチェーン」は「ディジタル通貨(仮想通貨)」だけの情報基盤だけでなく、あらゆる分野での情報基盤となろうとしている。

 

2019/09/18

*「ブロックチェーンは10年以内にほとんどの業界で変革起こす」=調査会社大手ガートナー

 

  仮想通貨が「ビットコイン」以上に注目され、世界に衝撃を与えたのがフェースブックが発表した「Libra」である。

大きな注目を浴びた理由は実際に安定した通貨として利用できる「ステーブルコイン」の特徴をもち、フェースブックの利用者が全世界に二十七億人も存在するからである。各国の中央銀行や政府にとって大きな脅威として見られた。

 

2019/09/28

FBの「リブラ」は従来の仮想通貨と何が違うのか 大前研一氏が解説

 

 フェースブックの「Libra」は米国の中央銀行に当たるFRBや米国議会から脅威と受け止められたため叩かれたため、再度仕様を縮小したものを発表した。

 

フェイスブックの仮想通貨リブラ「白書2.0」公開 スイスで決済サービスライセンス申請へ

 

 フェースブックの「Libra」により「ディジタル通貨(仮想通貨)」に対して世界が大きく注目したが、これ以上に世界を動かしたのが先行する国家主導の中国の「ディジタル人民元」や各分野の「ブロックチェーン」の展開である。米国、EU、日本などにとって大きな脅威として映っている。

 

2019/11/02

国家主席がブロックチェーン開発加速を明言、暗号法成立。中国で進む変化

2020/10/27

中国は何故、デジタル人民元の発行を急ぐのか

 

参照:ブロックチェーン

   仮想通貨

 

 以前のコラムもコラムから見られます。

 

 ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

新着IT情報 ウェブサイト内検索

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

アクセスカウンタ(2019/6/28 からの訪問者数)