新着IT情報 ウェブサイト内検索

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

読者紹介欄を設けました。

「読者紹介」への掲載、メール配信希望者はお問い合わせ・ご意見から申し込めます

「定期リポート」と「注目ニュース」が配信されます。

サイトマップ

「講演会開催」  新たな国内産業動向 安全情報 コラム 教育

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////  

 

 

 

世界が分かる、日本が分かる

 新着IT情報

-- 概要 -- 

サイトマップ

 


- Web3に対する牽制か? ツイッター買収のイーロン・マスクがめざすアルゴリズム公開の真意 SNS

-  ビッグ・テックも注目するメタバース——ネット上の「もう1つの世界」が担う役割 ■メタバース

-  NFTビジネスの活性化、官民の連携に大きな期待 ■ブロックチェーン

-  マンション各戸までロボットが荷物を届ける実証実験。日本郵便が目指すサービス共通化の課題 ■ロボット

- 「性能がいいEV」ってだけじゃテスラに勝てない理由 CASE

-  米、新暗号技術へ大統領令 量子計算機の発展見据え ■量子コンピュータ

-  AppleAR/VRヘッドセットはあまり売れない?本命はARメガネか  (■ウェアラブル

-  ビットコインが法定通貨になったエルサルバドルへ行ってみた|体験記寄稿4 ■仮想通貨

-  日本の脱炭素投資10年で150兆円、経産省試算「前例ない規模で支援」 ■環境

-  コラム:#98: 「Web3.0」を概観する 他

- 安全情報:知床観光船が沈没  

- 講演会開催: 善行雑学大学第277(6/19)講座のご案内『ボケない生き方』

- 講演会開催:  字回復したソニーの DNA と未来~どの企業にでもある復活のチャンス~」

- 新たな国内産業動向:  乱立する日本の金融決済システムは海外と比べて遅れているのか? そうとも言い切れない事情

- 新たな国内産業動向:  多要素認証の代表的な事例: ユニアデックス(日本ユニシスのグループ会社)とモフィリアが共同開発しました

- 動画映像:いつも周りの手を焼かせるラーテルの子供【ナショジオ】

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

 

--  新着リスト  --

新聞・TV等の「一般メディア」からでは

得られない最新情報

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    -- 最新ニュース記事 -- 

2022/05/25

-  ノーコードから川重メタバース マイクロソフトがBuildで示す未来 IT一般

2022/05/24

東大生に超人気の講義「AI経営」を学ぶべき理由 ■人工知能

-  日本ほど素晴らしい国はないが、そのことが最大の問題かもしれない ■日本論

-  2度目のデジタル敗戦は決まりだ 古賀茂明〈週刊朝日〉 ■デジタル庁

-  マツダと自動運転(2022年最新版) CASE

-  AppleAR/VRヘッドセットはあまり売れない?本命はARメガネか  (■ウェアラブル

2022/05/22

-  ホンダに米国から「自動運転車」届く 無人タクシー実現へ試験開始か CASE

- Web3に対する牽制か? ツイッター買収のイーロン・マスクがめざすアルゴリズム公開の真意 SNS

2022/05/19

増えすぎた配達ロボットの悲哀。森の中で迷子、学内で渋滞、列車に轢かれる ■ロボット

2022/05/15

-  日本の脱炭素投資10年で150兆円、経産省試算「前例ない規模で支援」 ■環境

-  戦場の衛生兵をリアルタイムでサポートするAI拡張現実ゴーグルをDARPAが開発中 ■ウェアラブル

2022/05/13

時価総額4兆円のルナ、一夜で価値ゼロに ステーブルコインUSTはなぜドル連動が崩壊したのか ■仮想通貨

-「ざんねんなセキュリティ」がなくならない理由 ■セキュリティ

-  NFTビジネスの活性化、官民の連携に大きな期待 ■ブロックチェーン

2022/05/12

-  Googleがスマートウォッチ参入。「Pixel Watch」今秋発売 ■ウェアラブル

2022/05/11

-  国内初の許可取得、パナソニックは「フルリモート型ロボ配送」を事業化できるか ■ロボット

2022/05/10

-  レベル3自動運転を実現するオプション「ドライブパイロット」をメルセデス・ベンツが販売開始 CASE

-  マンション各戸までロボットが荷物を届ける実証実験。日本郵便が目指すサービス共通化の課題 ■ロボット

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

-- 読者からの最新投稿 --

2022/05/20

- 安全情報:知床観光船が沈没

2022/05/15

- 安全情報:ロシアのウクライナ侵攻

2022/05/12

-  コラム:#98:  「Web3.0」を概観する

2022/05/12

- 新たな国内産業動向:  麻倉怜士のデジタル時評--2022年注目のオーディオ&ビジュアル5

2022/05/02

- 新たな国内産業動向:  ソニー、LGが参入へ、EVで自動車業界再編を予感させたCES  

2022/04/18

-  コラム:#97:  「自動運転車」が目指す市場

2022/03/27

- 安全情報:中国東方航空機が墜落

2022/02/20

- 安全情報:みずほ銀行でシステム障害

2022/02/21

-  コラム:#96:  95回目の「コラム」の掲載を終えて

2022/02/14

読者からの情報提供:下野新聞のコラム「強さの秘密」

2022/01/25

-  コラム:#95: 「メタバース」の時代は来るのか?

 

 

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

 

--「講演会開催」-- 

日本の実際の「動向把握」に最適

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

                        提供:外村孝史氏                            

 

 ///////////////////////////////////////////////////////////////////////

株式会社 DUALホールディングス & 不動産管理会社向け「空室管理WEB

140-0001 東京都品川区北品川1-8-11 Daiwa品川Northビル8

TEL03-5843-4018 (代表)FAX03-5843-4123

特定非営利法人ICAS(イカス) & 音声会話ロボット「ピコちゃん」開発センター

〒東京都港区新橋3-16-2(横山ビル6階)

TEL03-3432-5859 (代表)FAX03-3432-5869

外村孝史  メール k_tomura@mtf.biglobe.ne.jp

///////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

提供:善行雑学大学

  

詳細は「講演会開催」を参照下さい。

 

「来る!脱炭素社会~中小企業が実践するゼロエミッションの取組と持続的成長~」

 2022年06月17日(金)  講師 大東 威司(中小企業診断士)

字回復したソニーの DNA と未来~どの企業にでもある復活のチャンス~」

 2022年05月31日(火) 講師 田村新吾(㈱ワンダーワークス代表取締役)

善行雑学大学第277(6/19)講座のご案内『ボケない生き方』

    2022 619日(日)   講 師: 山本 啓一 氏(千葉大学名誉教授)

字回復したソニーの DNA と未来~どの企業にでもある復活のチャンス~」

 2022年05月31日(火)  講師 田村新吾(㈱ワンダーワークス代表取締役)

「〈危機は法を破る〉のか?危機管理における人権制約と権力統制の問題」

 2022年07月23日(土) 報告 薮本将典(慶應義塾大学法学部准教授)

「日本の強みを活かして世界で勝ち抜く~脱炭素時代のデジタルものづくり経営~」

 2022年06月29日(水) 講師 藤本隆宏(早稲田大学大学院経営管理研究科教授、東京大学名誉教授)

「環境エピジェネティクス~ヒトの健康と疾患への関与~」

 2022年07月23日(土) 講師 澁谷 徹(環境エピジェネティクス研究所 所長、農学博士)

「”働く価値観の変化”へ対応するサステイナブルワークDXの事例」

 2022年06月01日(水) 講師 豊福 康友(㈱エクステンシブル 代表取締役)他

「日本の人材育成を考える」

 2022年06月07日(火) 講師 豊田良順(東北大学大学院理学研究科助教)他

「データ利活用シンポジウム~DX時代の統計~」

 2022年06月19日(日) 主催 総務省、独立行政法人統計センター、和歌山県

「ニューノーマル社会における”新たなつながり”の創出」

 第一日目 2022年06月24日(金)13:30~ 講師 徳田英幸(情報通信研究機構 理事長)

「脱炭素時代の住宅におけるグレートリセット」

 2022年07月14日(木) 講師 田辺新一(早稲田大学 教授)他

「最先端センシング技術~地球を観る・宇宙を観る~」

 2022年06月03日(金) 講師 川村 誠治(国立研究開発法人情報通信研究機構)他

「㈱ファーストリテイリングの柳井正社長による記念講演会~中小企業こそ世界で稼ぐ~」

  2022年05月27日(金) 講師 柳井 正(㈱ファーストリテイリング代表取締役会長兼社長)

「活動的縁辺域における洋上風力開発に向けて」

  2022年06月03日(金) 講師 土谷 学(一般社団法人日本風力発電協会理事)他

「高齢者の健康・生活の視点から新型コロナ感染症対策に求められる老年学の役割と発揮」

 2022年07月30日(土) 主催 日本学術会議健康・生活科学委員会高齢者の健康分科会

「脱炭素時代のデジタルものづくり経営」

  2022年06月29日(水) 講師 藤本隆宏(早稲田大学大学院 教授、東京大学名誉教授)

「ビジネス×アートの現在地と未来~新事業創出にアートの力を活かす~」

  2022年05月27日(金) 講師 山﨑 宣由(プロダクトデザイナー / UXデザイン研究者、東京藝術大学 准教授)

「2024年末までに中小企業がやるべきこと 経営は科学、ドンブリ経営はやめよう!」

 2022年06月13日(月) 講師 松本公輝(経営コンサルタント)

「ビジネス×アートの現在地と未来~新事業創出に

  2022年05月27日(金) 講師 山﨑 宣由(東京藝術大学 美術学部 デザイン科 准教授)

 

詳細は「講演会開催」を参照下さい。

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

--   安全情報   --

「航空安全」のエキスパートが「トップダウン思考」

により様々な「社会問題」を考察・点検

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 内容は安全情報を参照

 

 本情報に関する連絡先: ㈱ヒューファクソリューションズ 

  URL: http://www.hufac.co.jp  

E-mail: info@hufac.co.jp

 

 ヒューファク安全情報:知床観光船が沈没   2022-05-20

 ヒューファク安全情報:ロシアのウクライナ侵攻   2022-05-15

 ヒューファク安全情報:中国東方航空機が墜落   2022-03-27

 ヒューファク安全情報:みずほ銀行でシステム障害   2022-02-20

 ヒューファク安全情報:米国の苦渋の選択   2022-01-10  

 ヒューファク安全情報:技術立国に暗雲   2021-12-27  

 ヒューファク安全情報:危機が炙り出す社会の不条理  Social Absurdities Revealed by The Crisis 2021-12-25  

 ヒューファク安全情報:読書の秋へのお誘い  2021-11-23  

 ヒューファク安全情報:JR西福知山線脱線事故の真実  2021-11-05  

 ヒューファク安全情報:KHI製地下鉄車両が脱線  2021-10-25  

 ヒューファク安全情報:高性能電池の正体  2021-10-06  

 ヒューファク安全情報:ANA羽田沖事故の真実  2021-09-18  

 ヒューファク安全情報:読者からのコメント  2021-09-12  

 ヒューファク安全情報:トヨタ自動運転車が人身事故   2021-09-01  

 ヒューファク安全情報:コロナ禍からの脱却➁   2021-08-25  

 ヒューファク安全情報:コロナ禍からの脱却①   2021-08-15  

 ヒューファク安全情報:御巣鷹山事故の真実   2021-08-12  

 ヒューファク安全情報:欧州北西部で洪水   2021-07-27  

 ヒューファク安全情報:的を射たご質問   2021-07-23  

 ヒューファク安全情報:熱海で土砂崩れ   2021-07-20  

 ヒューファク安全情報:新幹線運転士が離席   2021-07-08  

 ヒューファク安全情報:世界二大富豪の確執   2021-06-18  

 ヒューファク安全情報:プリウス運転者が証言   2021-05-14  

 ヒューファク安全情報:読者のご質問   2021-05-06  

 ヒューファク安全情報:テスラEVが死亡事故   2021-04-29  

 ヒューファク安全情報:CO2消化設備が誤作動   2021-04-20   

 ヒューファク安全情報:737MAX問題の総括   2021-04-14 

 ヒューファク安全情報:インドネシア航空機が墜落 ➁   2021-04-06   

 ヒューファク安全情報:PW4077付き777が運航停止  2021-02-27   

 ヒューファク安全情報:経済と安全の両立 ③  2021-02-02

 ヒューファク安全情報:経済と安全の両立 ➁  2021-01-29

 ヒューファク安全情報:インドネシア航空機が墜落    2021-01-12

 

内容は安全情報を参照

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

 

--  新たな国内産業動向  -- 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 ITを活用した新たな産業・事業が国内でも続々と生み出されようとしています。CASE/モビリティ、 AIロボット、ドローン、メタバース、ディジタル通貨(仮想通貨)、生体認証 等がその典型でしょう。

 

 ここでは、その具体的な動きを読者から寄せられた情報をベースにお伝えしていきます。皆様からの積極的な寄稿をお待ちしております。

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 提供(寄稿)者紹介:

 

古舘博義(ふるたち ひろよし)氏

 経営コンサルタント

 株式会社イーズ・グループ  ファウンダー

 アドレス:hiroyoshi.furutachi@mx-keio.net

――――

 

麻倉怜士(あさくられいじ)氏

 オーディオ・ビジュアル/音楽評論家。津田塾大学&早稲田大学エクステンションカレッジ講師(音楽学)UAレコード合同会社主宰。ハイレゾシーンでは普及の指導的立場にある。日本経済新聞社、プレジデント社(雑誌「プレジデント」副編集長)を経て、オーディオ・ビジュアル/音楽評論家として独立。津田塾大学では2004年以来、音楽理論、音楽史を教えている。2015年から早稲田大学エクステンションカレッジ講師(音楽)

 

 ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  --- 目次 ---

 

内容は新たな国内産業動向を参照

2022/05/23

読者古舘博義  氏)から:

 開発者インタビュー   toio(トイオ)

2022/05/23

読者古舘博義  氏)から:

 <純利益初の1兆円超え>「失墜したソニーを復活させた男」の正体、過去には「世界のワースト経営者」と酷評されたことも

2022/05/23

読者古舘博義  氏)から:

 「Web3.0」「ディジタル通貨」に対する日本の政界・財務省・金融庁の最新の動き

2022/05/20

読者古舘博義  氏)から:

 乱立する日本の金融決済システムは海外と比べて遅れているのか? そうとも言い切れない事情

2022/05/19

読者古舘博義  氏)から:

 ~コンテンツ IP、DTC、テクノロジーの取り組み強化と、メタバース、モビリティを中心とした感動空間での

  新たなエンタテインメント体験の創出~

2022/05/19

読者古舘博義  氏)から:

 多要素認証の代表的な事例: ユニアデックス(日本ユニシスのグループ会社)とモフィリアが共同開発しました

2022/05/18

読者古舘博義  氏)から:

 脱炭素、ドイツは燃料代上げ 排出量取引で消費抑制

2022/05/18

読者古舘博義  氏)から:

 JERAが米火力発電を買収、脱炭素へ水素混焼に転換 

2022/05/18

読者古舘博義  氏)から:

 iモードがなければスマホは誕生しなかった」――KADOKAWA夏野剛社長が語る「日本の経営者にいま必要なもの」とは?

2022/05/16

読者古舘博義  氏)から:

 JERA(東京電力と中部電力が折半出資した発電会社。業界で発電量ナンバーワン。)、CO2排出量を35年度までに13年度比60%削減(ロイター)

2022/05/12

読者古舘博義  氏)から:

 ワイヤレス・ノイズキャンセリング・ヘッドホンの開発者のインタビュー記事

2022/05/12

読者麻倉怜士  氏)から:

 麻倉怜士のデジタル時評--2022年注目のオーディオ&ビジュアル5

2022/05/12

読者古舘博義  氏)から:

 AIの進化は第3ラウンドへ。社会課題をAIで解決する時代に「究極の勝者」を目指せ

2022/05/11

読者古舘博義  氏)から:

 エムスリーとソニーグループ:テクノロジーと医療の知見を融合したソリューション事業を行う 新会社「サプリム」を設立

2022/05/10

読者古舘博義  氏)から:

 ソニーのドローンの開発者インタビュー③

2022/05/09

読者古舘博義  氏)から:

 JR西「人型ロボ」実用化に挑む3人の社長が描く夢

2022/05/08

読者古舘博義  氏)から:

 ラオス銀行がCBDC研究に日本企業のソラミツを任命:調査と実施へ

2022/05/06

読者古舘博義  氏)から:

 DXを加速させる鍵は「セキュリティ対策」のアップデート

2022/05/06

読者古舘博義  氏)から:

 ドライバーズ認証システム

2022/05/06

読者古舘博義  氏)から:

 自動車の生体認証市場2022:主要なプレーヤーの定性分析は 

2022/05/06

読者古舘博義  氏)から:

 フィジーなど4カ国、デジタル通貨検討 ソラミツが支援

2022/05/06

読者古舘博義  氏)から:

 mofiria 貴社の製品・サービスに最先端の生体認証を

2022/05/06

読者古舘博義  氏)から:

 デジタル人民元とは?   現状・影響・問題点を解説【2022年版】

2022/05/06

読者古舘博義  氏)から:

 Musio(ミュージオ)

2022/05/06

読者古舘博義  氏)から:

 AKA株式会社、株式会社モフィリア・代表取締役社長の天貝佐登史氏が取締役専務に就任

2022/05/03

読者古舘博義  )から:

 ソニーがEVに参入  トヨタや米テスラ、中国BYDに独VWだけじゃない熾烈な競争に「勝算」は?

2022/05/02

読者古舘博義  氏)から:

 イノベーションのジレンマをわかりやすく解説│事例に学ぶ2つの解決策

2022/05/02

読者麻倉怜士  氏)から:

 ソニー、LGが参入へ、EVで自動車業界再編を予感させたCES

2022/04/28

読者麻倉怜士  氏)から:

 ソニーGがついにEV参入、その狙いろ真意 川崎氏インタビュー

2022/04/28

読者麻倉怜士  氏)から:

 LEDプラネタリウムが創る HDM不要の「メタバース」ドーム空間

2022/04/27

読者古舘博義  氏)から:

 ソニー、「億ゲー」をメタバース基盤に 米エピックに3度め出資 IT大手対抗に再挑戦

2022/04/27

読者古舘博義  氏)から:

 ソニーモビリティ株式会社の設立について

2022/04/27

読者古舘博義  氏)から:

 カンボジアで世界初のデジタル通貨システムを作った日本人が語る金融の近未来

 

内容は新たな国内産業動向を参照

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

  

 

 --   動画映像   --

感動とエキサイティングな映像

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

コラムに対するご意見をお寄せください。ご意見はお問合せ・ご意見から。 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

#98:  「Web3.0」を概観する

  (2022/05/12)

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 最近「Web3.0」という言葉が多用されるようになってきた。「Web3.0」は一種のバズワードにもなりつつある。ここでは今まで紹介して来た記事を中心に「Web3.0」について概観してみる。

 

 「Web3.0」とはGartnerの定義によると下記のようになる(記事1.)。

 

·         Web3では、ピア・ツー・ピアのインタラクションが、ネットワークを介した新世代の商取引や社会の核となる。それにより、情報や価値の流れを主に管理していた中央集権型プラットフォーム/サーバや、中央集約的な権限は利用されなくなる。

·          Web3は、ブロックチェーンに対応した新しいビジネスモデルやソーシャル/ゲーミング・ネットワークを有効活用するアプリケーションを通じて、最初は大企業にメリットをもたらすだろう。

 

·         ビジネス/ITエグゼクティブが最初にとるべきステップは、Web3Web 2.0との主な違い、Web3の初期のユースケース、関連テクノロジを理解することである。

 

 「Web3.0」を実現する主要技術の一つである「ブロックチェーン」は、元々「仮想通貨」ビットコインのための情報基盤として生まれた。一方で当初からこの「ブロックチェーン」は世界的な調査会社「Gartner」等は「次世代インターネット(Web3.0)の基盤になると予見していた(記事2.)。

 

 又「ブロックチェーン」は「メタバース」を実現するための主要技術の一つにもなっている(記事3.)。

 

 「Web3.0」はGAFA等の巨大IT企業による支配からの脱却とも期待される一方で、Googleは既に「Web3.0」に対する専門チームを設ける等の準備が進められている。(記事4.

 日本でも政府レベルでの「ブロックチェーン」に対する取組も昨年ぐらいから進められている。

 

 

記事1.

Web3 (Web3.0) とは何か?

 

記事2.

仮想通貨で用いられるブロックチェーンとは。その仕組みやメリット・デメリットを解説

仮想通貨だけじゃない──その誕生から未来まで:WIRED GUIDE ブロックチェーン編

 

記事3.

アクセンチュア テクノロジービジョン2022を発表――メタバースの遍在化がビジネスの再創造を促すと予測

 

記事4.

Web3.0とは? 巨大IT企業のデータ支配から脱却できるか

米グーグル、Web3.0の専門チーム設立へ=CNBC

 

参照:ブロックチェーン メタバース

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

#97:  「自動運転車」が目指す市場

  (2022/04/18)

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

  現在「自動運転車」は、技術的には実用化レベルに近づきつつある。2016年位から本格的な研究・開発が進み、米国では認証を受け公道を利用した試験運転も本格化した。ただ当時は「自動運転車」の市場は明確には明らかにはされてなかった。

 

 2020年から2021年位になると、「完全自動運転」ともいえるレベル4,5の「自動運転車」実現の道筋が見えてくるようになり、「自動運転タクシー」「ロボタクシー」という市場に目がむけられた(記事1.参照)。

 

  運転手不足に悩む物流業界からも「自動運転車」による問題解決を目指す動きも出て来た(記事2.参照)

 

 一方日本国内に目を向けると、地域の足となる「自動運転車」を目指す動きが国の政策となり、地方自治体と一体として実現する企業や組織を国交省が募集している(記事3.参照)。

 

 また、「自動運転」技術は「配送ロボット」「農機」「建機」などにも適用されてきている(記事4.参照)。

 

記事1.

グーグル兄弟会社のWaymo、運転者なし自動運転タクシーの商用運行が可能なレベルに

*待望の「ロボタクシー」始動のGMとクルーズが直面する課題

 

記事2.

自動運転開発の最前線「ロボットタクシーから長距離トラックへ」シフト加速。商業運行目前「期待の5社」

*自動運転の主戦場は「物流」に、ウェイモがJBハントと提携

 

記事3.

地域の足となる自動運転サービス、導入を技術面で支援 国交省が募集

日本版MaaSを推進する自治体を支援 国交省が公募

 

記事4.

*川崎重工が「自動運転」に本気だ!無人で動く多用途車両や配送ロボ

*「クボタの自動運転」はここまで来た! 農業の未来を担う、その実力とは

*建機の自動運転化で「現場」の常識が変わる!

 

 参照CASE

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

#96:  95回目の「コラム」の掲載を終えて

(2022/02/21) 

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 2019年7月9日に最初の「コラム」を掲載してから、今回は96回目である。「コラム」掲載の目的は、本情報発信の中で取り上げた記事の中から注目すべき記事をいくつか取り出し、筆者の主観を交えて解説してきた(したつもり?)。

日々世界・日本を取り巻くIT情勢は変化している中で、読者の理解に少しでもお役に立てばと、少し思いあがったところもあったかもしれません。

 

 今まで取り上げた主な分野は、「人工知能(AI)」「自動運転(CASE)」「仮想通貨・ブロックチェーン」「スマートホーム(スマートスピーカー)」「クラウド」「メタバース」「量子コンピュータ」「日本論(これからの日本)」「コロナウィルス」「環境問題」等である。

 

 本情報の発信の根底には、今までの筆者の経験では信頼のおけるメディアの中での執筆者である識者の分析や予測はかなり適確であるという考えがあった。とは言ってもいくつか見誤った分析・予測もあった。

 

 一つはフェースブック(今はメタ)のステーブルコインとしての仮想通貨、ディジタル通貨「Libra」に対してである。2019年にフェースブックが出した「白書」によって、中国の「デイジタル人民元」に対抗できる唯一の「ディジタル通貨」として期待されたが、米国の中央銀行や議会などからの強い抵抗があり挫折した。とは言え米国を初めとして各国中央銀行の「デイジタル人民元」に対抗するための各国中央銀行の備えを加速させたという事も事実である。

 又、日本では日本銀行だけでなく民間主導の「ディジタル通貨」発行の動きもある。

 

 二つ目の誤った分析・予測はレベル4,5の「自動運転車」の早期実現である。2019年末ごろまでは実用に近い完全自動運転車がでるだろうとも予測されていたが、現時点で実用レベルにあるのはレベル3である。レベル4,5の自動運転車は限定された一部企業が政府機関の認定を得て公道での試験運転を続けている。但し極一部企業では限定された地域での

実用サービスも始まっている。

 

 予測どおりと言えるのは「人工知能(AI)」と「クラウド」である。むしろ予想以上の展開スピードかもしれない。

 

 不透明感があるのが、「量子ゲート」方式の「量子コンピュータ」と「メタバース」である。今のメディアの報道を見ると「メタバース」に対しては楽観的見方が支配的であるが、筆者の個人的な見方になるがスマフォやゲームの「依存症問題」等を考えると深刻な社会問題を起こすのではとも危惧している。

 

参照コラム

 

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

#95:「メタバース」の時代は来るのか?  

(2022/01/25) 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 本情報の読者の中で「メタバース」に関して関心を持つ人が多いので、今まで紹介して来た記事を概観してみたいと思います。「メタバース」とは、コンピュータやコンピュータネットワークの中に構築された現実世界とは異なる3次元の仮想空間やそのサービス とも定義できます。

 

 それでは、「仮想空間」の中でどんな事ができるのだろうか? 記事1.によると自分の「分身(アバター)」を作り「仮想空間」での会議やコンサート等に参加したり、買い物も楽しめる。例えば洋服の買い物では「分身」に試着等して確認することもできる。

 「メタバース」内での買い物は、NFT(非代替性トークン)というブロックチェーンの新しい技術」によって実現される(記事2.) 

 

 「メタバース」が世界的に注目されだしたのは、昨年(2021年)秋の「フェイスブック改めメタ」社の社運を賭けた「メタバース」への取組宣言から始まる(記事3.)。

 

 又、世界最大のソフトウェア会社マイクロソフト(MS)社も続いている。MS社のZoom対抗の遠隔会議システム「Teams」の「メタバース」版が今年リリース予定である。 さらには「メタバース」時代到来に向け、大手ゲーム会社アクティビジョンを史上最大級の8兆円で買収する事を決めている。

 

 その他半導体メーカーのNVIDIAやクオルコム社等も「メタバース」への取組を始めている。「メタバース」用システム「ARグラス(レンズ)」が近々アップルやグーグルから発表されるとも言われてる。

 

 日本での取組も紹介されている(記事5.)。

 

 とは言え、一方では「メタバース」に対して懐疑的見方もある(例えば、記事6.)。

 

記事1.

日本にいながら米開催のコンサートに参加できたり「そもそもメタバースとは?」 米で報道が本格化

記事2.

メタバースが「デジタル創作物」のマーケットを作りだそうとしている

記事3.

*フェイスブック、「メタバース」実現へ欧州で1万人雇用

「メタヴァース企業」になるというザッカーバーグの野望と、陣取り合戦からの脱却という課題

記事4.

MicrosoftTeamsを“メタバース”に拡張、2D/3Dアバターで会議に参加できる「Mesh for Teams」を2022年順次投入

マイクロソフトのアクティビジョン買収は、なぜメタにとって好都合か

記事5.

凸版印刷、最先端IT企業に大変貌を遂げていたメタバースを主要事業へ

記事6.

*「プレステの父」久多良木氏がメタバースに懐疑的な理由

 

参照:メタバース

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 以前のコラムもコラムから見られます。

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

新着IT情報 ウェブサイト内検索

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

アクセスカウンタ(2021/03/12より)

―――――――――――――

    トップに戻る 

―――――――――――――