新着IT情報 ウェブサイト内検索

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ご挨拶

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 近年、ITは従来の情報システムだけでなくあらゆる産業分野や家庭でも利用・導入されるようになってきました。最近のクラウド人工知能(AI)IoT等の普及によって一層加速しています。 それらの動きは新しい自動車産業の動きCASE:  Connected ; Autonomous; Shared ; Electric )、工場の自動化(IoT)人工知能による医療診断、家庭でのスマートホームディジタル通貨(仮想通貨等の動向を見ても明らかです。  

 このような状況下で、世界・日本の動きの実態を素早く把握できる「新着IT情報」をお届けします。皆様の日頃の活動の中でお役に立ちたいと考えています。

  なお、昨今の暗いニュース新型コロナウィルスが続く中、心和むあるいはエキサイティングな動画映像も提供してます。

 

 本情報はリアルタイムでメールでもお届けしてます希望者はお問い合わせ・ご意見から申し込めます。    

 2019/6/28(Webサイト開設) 鈴木昌則

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ナビゲーション・メニュー

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 


 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

--  新着リスト  --

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  -- 最新ニュース記事 --

 

2021/06/22

-  iPhoneと同じことが起きる」アップルカーは3年以内に自動車業界を根本から変える CASE

-  トヨタのTRIが家庭内の透明・反射面にひるまず対応して家事をこなすロボットを披露 ■ロボット

2021/06/21

リコーが「ハードからデータビジネスへ」、独自AIで事業転換を狙う ■人工知能

-  Alexa対応のスマートスピーカー「Amazon Echo」を買うならどれがいい? 2021年版の購入ガイド ■スマートホーム

-  AI(人工知能)をめぐる軍拡レース──軍事革命の主導権を握るのは誰か ■人工知能

2021/06/20

-  Androidに今夏導入される6つの新機能、安全性やアクセシビリティも向上 ■スマートフォン

-  Waymoが約2800億円を資金調達したと発表 CASE

-  Amazonプライムデーの目玉「Echo Show 5」を半年使った記者がレビュー ■スマートホーム

- 【新音声入手】親密企業の参入を指示 平井卓也デジタル相に官製談合防止法違反の疑い ■デジタル庁

2021/06/19

- 20年後のiPhone」や「未来技術」についてAppleのティム・クックCEOが語るインタビュー映像が公開中 ■特別記事

街づくりの挫折と成功の重要な分かれ目──機能するスマートシティ ■特別記事

-  Amazon創設者のジェフ・ベゾスが支援する核融合プラントがイギリスに建設決定 ■環境

-  ディープラーニングで1枚の写真から動画が制作できるようになった! ■人工知能

2021/06/18

-  コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画 ■コロナウィルス

2021/06/16

- 「クジラの言葉を理解するための研究」では一体何が行われているのか? ■番外

- 「停滞する自動運転開発」をAIで革新する新興企業Waabiの挑戦 CASE

2021/06/15

-  インド型変異株(デルタ株)は従来株と症状が違うので要注意 ■コロナウィルス

- 「管理職は『時代は変わった』と認識し、クラウドのスキルを身に付けるべきだ」 ガートナー ■クラウド

-  次の「HomePod」はどうなる? WWDCの発表内容から予想する ■スマートホーム

-  自動運転車の事故はドライバーの責任?クルマの責任??【自律自動運転の未来 15回】 CASE

-  トヨタアライアンス5社の通信技術共同開発が市場に与えるインパクト CASE

2021/06/14

-  脱炭素」の切り札となるか?「水素エンジン」開発で見えたトヨタの「近未来の自動車像」とは ■環境

-  バイデン米政権、AI分野の進展に向けた新たなタスクフォースを立ち上げ ■人工知能

 

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

-- 読者からの最新投稿 --

2021/06/18

- 安全情報:世界二大富豪の確執

2021/05/31

-  コラム:「コロナウィルス・ワクチン」接種を申し込んでみたら・・・?その4

2021/05/26

-  読者からの情報提供:【新型コロナワクチン接種6か国調査】 国を挙げたワクチン接種への取組こそが接種促進の鍵

2021/05/23

-  コラム:「コロナウィルス・ワクチン」接種を申し込んでみたら・・・?その3

2021/05/22

-  コラム:「コロナウィルス・ワクチン」接種を申し込んでみたら・・・?その2

2021/05/17

-  コラム:「コロナウィルス・ワクチン」接種を申し込んでみたら・・・?

2021/05/14

- 安全情報:プリウス運転者が証言

2021/05/13

-  読者からの情報提供:脱炭素」への異論の根拠を示す情報 へのコメント

2021/05/12

-  コラム:「コロナウィルス対策」と「危機管理」

2021/05/09

-  読者からの情報提供:脱炭素」への異論の根拠を示す情報

2021/05/06

- 安全情報:読者のご質問

2021/05/03

-  コラム:「スマートホーム」の動向 

 

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

--「講演会開催」-- 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

   外村孝史(とむら こうし)氏 の「メールマガジンの講演会案内」より。 詳細は「講演会開催」を参照下さい。

 

「多死社会を迎える日本の真の課題とは何か」

  2021年07月05日(月)    主催 国家ビジョン研究会

「高齢社会を生きぬくための取り組み」

   2021年07月30日(金)    主催 日本学術会議中部地区会議

「新しい事業スタイルのつくり方~自分の違和感×環境変化を捉え、マーケティングの民主化を目指す~」

   2021年07月05日(月)    主催 中小機構 TIP*S 

「これからのベテラン(65歳以上)社員雇用のポイント」

   2021年07月06日(火)    主催 文京支部医療産業分科会

「超高齢化社会を生き抜くための正しい口腔管理法~お口からはじめる健康長寿~」

   2021年07月17日(土) 主催 NPO 法人 科学技術者フォーラム

「Withコロナに対応するための補助金・助成金セミナー」

   2021年07月13日(火)     主催 東京商工会議所 千代田支部

「海外ビジネスFS(事業化可能性評価)事業計画作成セミナ」

   第一日目 2021年07月20日(火) 主催 公益財団法人神奈川産業振興センター 後援 神奈川県、ジェトロ横浜

「働き続けるために必要な自己投資について考える~人生100年時代~」

   2021年06月25日(金)  主催 一般社団法人日本産業ジェロントロジー協会

「安全工学シンポジウム2021」 

       第一日目 2021年06月30日(水)10:00~17:10  主催 日本学術会議

「経済安全保障セミナー~我が国を取り巻く戦略環境とこれからの国家安全保障~」

   2021年06月21日(月)  主催 東京商工会議所

「中小企業向け新型コロナウイルス感染症ワクチン接種における対応実務セミナー」

   2021年06月28日(月)  主催 文京支部医療産業分科会

「インターネットに公開する前にもう一度確認したいリーガルチェックのポイント」

   2021年06月24日(木)  主催 東京商工会議所

「気候変動等による地球環境の緊急事態に社会とどう立ち向かうか~環境学の新展開~」

   2021年07月03日(土)  主催 日本学術会議  共催 環境学委員会、公益社団法人環境科学会

「非常事態に負けない!強い企業の事業承継とは」

   2021年07月13日(火)  主催 公益財団法人東京都中小企業振興公社

「カスハラで病気にならないために~理不尽なクレームから身を守る対応術~」

     2021年06月23日(水)  主催 東京商工会議所品川支部

「新型コロナウィルス感染症対策の現状と今後~歯科からの発信~」

   2021年06月29日(火)   主催 日本学術会議歯学委員会 臨床系歯学分科会

「世界は”粒”からできている~世界の素粒子物理学の歩みとKEKの貢献~」

   第一回 2021年06月26日(土)第二回 2021年07月03日(土) 主催 高エネルギー加速器研究機構 

「バイオインフォマティクスがどのようにゲノム編集に利用できるのか」

   2021年06月24日(木)  主催 広島大学

NHK元キャスター国谷裕子のキャスターという仕事」

  2021年06月28日(月)  主催 広島大学

「フランスにおける高度ビジネス教育の今後の展開と日本における受容のあり方」

   2021年06月25日(金)  主催(公財)日仏会館

「コロナ禍における社会福祉の課題と近未来への展望~直面する危機から考える~」

   2021年06月27日(日)  主催 日本学術会議社会学委員会社会福祉学分科会

「東日本大震災10年と史料保存~その取組と未来への継承~」

   2021年06月26日(土)  主催 日本歴史学協会、日本学術会議史学委員会

「歴史のなかの“あこがれ”の住まいと暮らし」 

       2021年07月30日(金)  主催  一般財団法人 住総研

「脳とこころから見たWith/Postコロナ時代のニューノーマルの課題と展望」

  2021年06月20日(日)、27日(日) 主催 日本学術会議 臨床医学委員会脳とこころ分科会他

 

詳細は「講演会開催」を参照下さい。

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 --   安全情報   --

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

内容は安全情報を参照

 

ヒューファク安全情報:世界二大富豪の確執   2021-06-18  New!!

ヒューファク安全情報:プリウス運転者が証言   2021-05-14  

ヒューファク安全情報:読者のご質問   2021-05-06  

ヒューファク安全情報:テスラEVが死亡事故   2021-04-29  

ヒューファク安全情報:CO2消化設備が誤作動   2021-04-20   

ヒューファク安全情報:737MAX問題の総括   2021-04-14 

ヒューファク安全情報:インドネシア航空機が墜落 ➁   2021-04-06   

ヒューファク安全情報:PW4077付き777が運航停止  2021-02-27   

ヒューファク安全情報:経済と安全の両立 ③  2021-02-02

ヒューファク安全情報:経済と安全の両立 ➁  2021-01-29

ヒューファク安全情報:インドネシア航空機が墜落    2021-01-12

 

内容は安全情報を参照

 

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 --   動画映像   --

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

特選映像 New!!

 

2021/06/20

*夜空を変幻自在に彩る光のショー、その仕掛けとは(世界ショーゲキ動画) 

2021/06/20

*チーターの赤ちゃん6頭誕生 千葉市動物公園(朝日新聞デジタル)

2021/06/15

*あわや滝壺へ ダム湖の縁でグラグラしていたボートを救出、米国(ロイター映像ニュース)

2021/06/13

*トラック運転手が大胆なミス、そのグダグダな対応に周囲失笑(世界ショーゲキ動画)

2021/06/13

*ダイバーが海底で遭遇した巨大魚を優しくなでると、反応は…(あにまる部)

2021/06/12

*撮れた! クマゲラの子育て 札幌の森林でヒナすくすく(朝日新聞デジタル)

2021/06/12

*芸を覚える天才ネコさま(BuzzFeed Japan

2021/06/10

*まだいるの? 道路を渡るゾウの超大家族に驚き(あにまる部)

2021/06/09

*【色鮮やかな珊瑚たち】心が休まる癒しの空間!海の底いっぱいに広がるテーブルサンゴ(Naoco Matsumoto

2021/06/09

*鳥のエサを狙う食いしん坊リス、飛び乗ったら「ありゃ~」(あにまる部)

2021/06/08

 *多くの人命救った「英雄ネズミ」が引退、発見した危険物100個以上 カンボジア(ロイター映像ニュース)

 

 

最近の傑作 8選(2021/06/18) New!!

2021/06/17

*ミヤマキリシマ 朝日に輝く くじゅう連山(朝日新聞デジタル)

2021/06/16

*パパの助けを借りながら…9歳少女が初めて魚を釣ったグッジョブな瞬間(世界ショーゲキ動画)

2021/06/15

*あわや滝壺へ ダム湖の縁でグラグラしていたボートを救出、米国(ロイター映像ニュース)

2021/06/14

*乗鞍岳でライチョウの産卵・抱卵が始まる(朝日新聞デジタル)

2021/06/14

*泥が付き脱水症状のフグを発見、水に戻してあげた結果(あにまる部)

2021/06/13

*ご主人様のお金を守るリス、助けてもらった恩忘れず トルコ(ロイター映像ニュース)

2021/06/13

*トラック運転手が大胆なミス、そのグダグダな対応に周囲失笑(世界ショーゲキ動画)

2021/06/13

*ダイバーが海底で遭遇した巨大魚を優しくなでると、反応は(あにまる部)

 

その他多数の「映像作品」を提供

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

--  社会サービス科学  -- 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

社会サービス科学とは

 

社会の営みをリアルに捉えなければ本来の社会サ ービス(広義)の提供は困難であり、捉える為に は社会活動上の重要な言葉である「真実と事実の 違い」「問題と課題の違い」等の分析から始まる 又、行動には絶対的に正しいと判断する事は困難 であり結果、優先順位論、比較論で決定をせざる を得ないとする実践論理を追求する学問。(社会サービス科学コンサルタント 漆原清吉様

                             email:  seiuru@kankyo-sp.com )

 

内容は社会サービス科学を参照

 

改めての原発問題への一提言 2021/03/07  

森氏の辞任の本質的な要因は女性蔑視発言では無く論理能力の欠陥である 2021/02/16

再び緊急事態宣言発令に強く想う  2021/01/10

デジタル庁創設に想う  2021/01/01

飛沫感染と湿度との関係及び、 除菌施策に対する公共水道消毒指針の再考の必要性 2020/07/08

新型コロナは「ジョイ」「ママレモン」でも除去できる 経産省が有効な界面活性剤を公開への声 2020/05/24

緊急一提言  (演繹法・優先順位論) 2020/05/06

日本で医療崩壊は起きるのか? 欧米の事例とデータに基づき緊急提言への声  2020/04/22

緊急提言・・・隔離ホテル等の循環空調は停止し、部屋は窓を開け自然換気にすべし  2020/04/19

今、直ぐにでも出来る事、すべき事はマスクの市場への供給である  2020/04/12

マスク問題を考える 2020/04/07

30万円給付に思う 2020/04/07

 内容は社会サービス科学を参照

 

  ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

-- 読者からの情報提供 -- 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

内容は読者からの情報提供を参照

 

2021/05/26       

匿名希望(MH)様から:【新型コロナワクチン接種6か国調査】 国を挙げたワクチン接種への取組こそが接種促進の鍵

 2021/04/13

匿名希望(YH)様から:「脱炭素」への異論の根拠を示す情報 へのコメント  

2021/04/09

匿名希望(KO)様から:「脱炭素」への異論の根拠を示す情報  

2021/04/05

匿名希望(TY)様から:衛星インターネット網・スターリンク:  情報通信審議会 情報通信技術分科会

2021/03/21

匿名希望(NK)様から:私がお勧めしたい本:橘木俊詔著 「日本の構造 50の統計データで読む国のかたち」

2021/03/17

匿名希望(MS)様から私がお勧めしたい本:長沼伸一郎著「現代経済学の直観的方法」その2

2021/01/27

匿名希望(MS)様から:私がお勧めしたい本:長沼伸一郎著「現代経済学の直観的方法」

2020/09/01

外村孝史氏から:

 国立研究開発法人情報通信研究機構 (NICT) の 多言語音声翻訳技術を活用した民間の製品・サービス事例

2020/04/04

米国在住の読者(H氏)から:BCGワクチンがコロナウイルスに有効かもしれない」その3

2020/04/03

米国在住の読者(H氏)から:COVID-19 の情報と予防「ジョンズホプキンスの論文」より

2020/04/02

米国在住の読者(H氏)から:BCGワクチンがコロナウイルスに有効かもしれない」その2 

2020/04/01

米国在住の読者(H氏)から:BCGワクチンがコロナウイルスに有効かもしれない」その1

 2020/03/27

米国在住の読者(N氏)から:世界のコロナウィルスの状況が一目で把握できます

「Coronavirus COVID-19 Global Cases by the Center for Systems Science and Engineering (CSSE) 」

 2020/03/18

山下鐵五郎様より:

スペインでの外出禁止令下の遠隔授業」

 2020/03/08

読者K.O.様より:

中学数学からはじめる相対性理論 Youtubeより、質疑応答を含む大変分かりやすい講義形式、2時間

2020/01/13

読者M.H様.より:

令和元年版 情報通信白書の概要解説総務省 総合通信基盤局 事業政策課 市場評価企画官

 

  内容は読者からの情報提供を参照

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

-- 読者からの声 --

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

内容は読者からの声を参照

 

「東京五輪には「もう1年延期」の選択肢しか残っていないといえる理由」への声   (松田順 様より)2021/02/01

「都市部の自動運転の実現へ! 強化学習による自動運転の最新手法」への声 (辻秀一様より)2020/11/08 

新型コロナは「ジョイ」「ママレモン」でも除去できる 経産省が有効な界面活性剤を公開」への声  2020/05/24

「日本で医療崩壊は起きるのか? 」への声 (「オヤジの一分」の会 漆原 様より) 2020/04/22

今年3月に始まった「5G」無線通信サービスへの声(匿名希望様より) 2020/03/21

記事「掃除ロボット」への声( Katsuyoshi様より)2020/02/23

記事:「気候変動は最大の「ビジネスチャンス」、急ぐべきは発想の転換」(環境)への声(石原聖司様より) 2020/01/23

コラム:「企業・組織のトップにITスキルは必要か」への声(石原聖司様より) 2020/01/23

コラム:「スマートホーム」から「アンビエントコンピューティング」への声 ( Katsuyoshi様より)2020/01/18

コラム:「ディジタル人民元」への声(石原聖司様より)  2019/12/06

「通信に関する記事への声」(山下鐵五郎様より) 2019/12/2

「半導体に関する記事への声」(石原聖司様より) 2019/11/28

コラム:「アンビエント・コンピューティング」への声(石原聖司様より) 2019/10/20

コラム:「ディジタル化とアナログ技術」への声(細川泰秀様より) 2019/09/18

「コラム:ディジタル化とアナログ技術」への声(石原聖司様より) 2019/09/18

GEも見落としたIoT成功の条件」への声(古寺雅弘様より) 2019/08/30

 

  内容は読者からの声を参照

 

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

-- 読者からの特別寄稿 --

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

内容は読者からの特別寄稿を参照

 

■ ROEでみる財務戦略 (2021/03/10 元外資系投資銀行 シニア・アナリスト 目﨑美和子様)

 「そのロボット犬は自ら学習し、どれだけ倒されても起き上がる方法を身につける」に対するコメント 

     2021/01/21 辻秀一様)

 Android TV (2020/11/10 Katsuyoshi 様)

「戦闘機を制御する”軍事AI”が米軍のパイロットに圧勝、そのポテンシャルの高さが意味すること」に対するコメント

  (2020/09/23  辻秀一様)

ようやくコロナウィルスに関するまともな議論がでてきた  (2020/07/29 外村孝史様)

記事(05/09掲載)「NECがコロナワクチンの設計情報をAIで解析」に対する解説 (2020/05/09  米国在住匿名希望様)

緊急一提言  (演繹法・優先順位論)  (2020/05/06 KSP漆原様)

日本は何故「コロナウイルス感染拡大」が続いているのか  (2020/4/29 国内在住H氏) 

「慶応病院の発表:一般患者の6%がコロナウィルス感染」について 2020/4/25  井上隆史様)

緊急提言・・・隔離ホテル等の循環空調は停止し、部屋は窓を開け自然換気にすべし  (2020/04/19  KSP漆原様)

今、直ぐにでも出来る事、すべき事はマスクの市場への供給である  (2020/04/12 オヤジの一分の会様)

30万円給付に思う  (2020/04/07 オヤジの一分の会様)

マスク問題を考える  (2020/04/07 オヤジの一分の会様)

指数関数的増加率(コロナウィルス) (2020/03/29 米国在住匿名希望様)

日本が「失われた30年」(2019/11/26  松田順様)

無線通信のセキュリティ(2019/11/19  山下鐵五郎様)

 

  内容は読者からの特別寄稿を参照

 

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

--- コラム ---

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コラムに対するご意見をお寄せください。ご意見はお問合せ・ご意見から。 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

「コロナウィルス・ワクチン」接種を申し込んでみたら・・・? その4 New!!

(2021/05/31) 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

 5月初旬に筆者が住んでいる市から高齢者向け「接種券」を受け取り、今回ようやく予約できましたので、いままでの経過や分かった事を紹介します。皆様の今後の参考になれば幸いです。あくまでも筆者が住んでます市の場合ですが、日本の中では略同じ状態かと思います。

 

1.接種方法

 

 接種方法は4つあります。現在「大規模接種」「集団接種」「個別(医療機関)接種」「町医者での接種」の4つの方法がある。筆者は今回「町医者での接種」(7月と8月)と「大規模接種」(6月と7月)での予約ができた。接種後どちらかをキャンセル予定。

 

 「大規模接種」:市の一か所に、毎日数千人以上の接種枠が用意されていると推定される。比較的接種枠に余裕がある

 「集団接種」:区ごとに複数の接種会場が設けられている。市全体で二十数か所の接種枠数は毎週一万人程度? 予約は

        容易でない?

 「個別(医療機関)接種」:区ごとに複数の医療機関があり、市全体では二十数か所の医療機関。接種枠数は多くなく

              予約は難しい?

 「町医者での接種」:接種できる「町医者」は現在限定されているが、徐々に拡大されると推測。一部の「町医者」の

           リストは市のウェブサイトで公表されている。接種対象者が原則かかりつけの患者。中には無条件

           で接種 を受け付けてくれる「町医者」もある。

2.接種予約

  

 「大規模接種」「集団接種」「個別(医療機関)接種」は全て市の「予約システム」で申し込む。「町医者での接種」は

「町医者」が直接受け付けてくれる。

 

 「予約システム」ではまず「接種場所」を「場所名」か「区」を入力して検索すると選択リストが出るのでここから始めると良い。

 筆者がコンタクトした「町医者」での実感やメディアの報道をみると「町医者」での予約・接種が一番評判が良い?

  

3.予約システム

 

(1)今の予約システムは入力された情報のチェックが甘い。筆者の場合も、二重予約できてしまった。接種後どちらか

 キャンセル予定ではある。キャンセルされない事による廃棄ワクチンという事態もあり得る。

 

(2)今日の予約では前回と比較してシステムの待ち時間が少し短くなっていた。コンピューティング・パワーが増強され

  ている?

 

(3)コンタクトセンターの方やメディアの報道から推測される事は、各自治体が個別にシステムを発注して構築したよう

 に思える。急ごしらえの印象、ので操作上の改善点も多く見受けられる。

 

4.ワクチン接種の今後

 

 メディアの報道などをみると、ワクチン確保の目途はついたようではあるが、人材や体制(医者・看護師等)の問題とシステム(予約・管理)の問題もあり、一気に加速する事にはならないかもしれない。

 

5.今後のワクチン接種システムへの提案

 

 今後は危機管理のためのシステムとして、迅速に対応できるシステムを用意しておく必要がある。

 

(1)「ディジタル庁」が「統一的に管理するDB」上にシステムを構築する。

(2)今回のパンデミックや災害等にいつでも発動できるような「汎用的なひな型」を用意しておく。

(3)危機管理のための「情報インフラ」を用意しておく。

 

  現在考えられる「情報インフラ」はAWS、Azure、GCP等の「クラウド」利用である。残念ながらこのようなクラウド

 は国産には存在しないため。

  「クラウド」の「仮想マシン(VM)」あるいは「コンテナ」使えば、ダイナミックにコンピューティング・リソースを

 変動できるからである。

以上

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

「コロナウィルス・ワクチン」接種を申し込んでみたら・・・? その3 New!!

(2021/05/23) 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 本日、ある事をきっかけに偶然日本の「コロナウィルス・ワクチン」接種で起こっている問題の要因の一つが分かった。

筆者の推測も入るが。結論から言えば米国や英国等ではパンデミックが起こる前から国として危機管理のための体制やインフラが事前に整備されていたからだと考えられる。

 

 筆者は本情報発信他のため種々のシステム・ソフトを利用しているが、安全サイドからこれらのメーカーと有償のサポート契約を結んでいる。今日、本情報発信の為ある有償メールソフトで突然問題がおこり、そこで直ぐにサポートセンターに電話した(結果は私の誤操作によるものだった)。

 

 以前から、他のサポートセンターも含めて電話がすぐ繋がり親切に問題解決へ導いてくれるので感心していた。そこで本日のやり取りの後、サポートセンターのヘッドと思われる方に現在の「コロナウィルス・ワクチン」接種に関する電話が繋がらない事等を引き合いに出し「御社は何故すぐ電話もすぐ繋がり対応も迅速なのか」と聞いてみた。

 「今回のサポートとは切り離し、非公式な話」という前提で、下記の点を教えてもらった。

 

(1)今の日本の一時的な予約システムと違い、事前に数百人(数値は説明内容からの推測)の体制とインフラを恒常的に

 用意している。この点が今の日本の予約システムとは違うと強調していた。

 

(2)説明してくれた方(女性)の息子さんは米国に勤務していて「米国ではコンビニとか近くのところですぐワクチン接

 種の予約ができる」と説明してくれた。

 

 これらの説明を聞くと、米国や英国で多くの非常時に備えた人員体制・インフラ等が整備されているのだろうと推測された。日本の場合こうした危機管理に対してどのような整備がなされていたのだろうか? もしできていなければ今後のため早急な改善を望む。

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

「コロナウィルス・ワクチン」接種を申し込んでみたら・・・? その2 New!!

(2021/05/22) 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 前回(2021/05/17)の「コラム」で「コロナウィルス・ワクチン」接種の事を投稿し、実体験に基づいて予約センターへの電話がつながりにくい事や、インターネット予約の難しさを述べたら、下記情報をある読者から教えて頂いた。横浜市の中区で「コロナウィルス・ワクチン」接種の予約を受け付けてくれる医療機関のリスト」である。

 

 中区は私が住んでいる区ではないが、リストにある医療機関に問い合わせてやっと仮予約でき、8月に「ワクチン」の接種ができる見込みがついた。その過程で判明した事を皆様にお伝えし、参考にしていただければと思います。

 

(1)殆どの医療機関での予約対象者は「かかりつけ」となっている方に限定している。予約申込者が多いため。

(2)極めて限定された医療機関でのみ無条件で予約を受け付けてくれる事が分かった。私も今回その医療機関で仮予約が 

   でき接種できる見込みがついた。

(3)「医療機関のリスト」の中には予約が殺到し既に予約受け付けを停止してしまった医療機関もある。

(4)私以外に予約できた方では、スムースに予約できた方もおれば、医療機関への電話もつながりにくく、何度か足を運

   んでやっと予約できた方もいる。

 

 今回「コロナウィルス・ワクチン」接種の日本の混乱状態の一端を垣間見た感じである。このような中で「東京オリンピック」開催が強行されようとしている。以前から強い疑念を抱いていたが今回の体験からその疑念が一層深まった。

 

 もし横浜市に住んでいる方で「コロナウィルス・ワクチン」接種を強く希望される方がいましたら、私が予約できた医療機関や体験談などを詳しくお伝えします。弊方まで直接連絡下さい。

 

*横浜市の医療機関で予約 

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

「コロナウィルス・ワクチン」接種を申し込んでみたら・・・? New!!

(2021/05/17)  

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

 筆者は日本有数の大都市に住んでいる。先日その市役所から高齢者向け「ワクチン接種」券が届いたので、早速インターネットで申し込んでみた。電話は全くつながらないので。指定の日時の時間帯に。その時間帯では事前に八万人の予約枠があると聞いていたので直ぐ予約できるだろうと考えていた。

 

 ところがである、ログイン後一時間半たっても処理が終わらず応答が全くない。しびれをきらし再びログインしたら認証エラー。エラーの説明も何も無い。慌てて開発されたシステム(ソフト)という印象だ。

 

 以前から何故日本では「ワクチン接種」が遅れているのかと思っていた。当初は下記(記事1.)にあるように、日本のワクチン開発・獲得競争に敗れたためかと思っていた。その後「自治体」からの通知が来ないとか、予約電話も殆どつながらないと聞くと「ワクチン接種」システムに何か問題はないのだろうかと思っていたところ、今回インターネットで申し込んでやはりと思うようになった。

 

 この辺の説明は政府から一切ないし、メディアでもあまり報道してない。「ワクチン接種」は国家プロジェクトともいえるものだから、当然「予約システム」や「管理システム」等は中央政府が統括するのかと思っていたら、自治体に丸投げされた感じ。

 

 慌てた「自治体」は急いでシステム(ソフト)つくり、身近にある軽量サーバーで「予約システム」サービスを始めたのでこのような結果になってしまったのではないだろうかと勝手な想像が浮かぶ。中央政府が「国民の一括DB」を保有し情報管理ができていれば今回のようなシステムは比較的容易かつ短期に開発できたはず。

 

 又これを巨大コンピューティング・パワーを持つ「クラウド」で稼働させれば、今回のようなシステムが止まるような性能上の問題も出ないのではないだろうか? 「マイナンバー」をベースとする「国民の一括DB」を保有する「デジタル庁」が早期に立ち上がれば今後に期待はできる(記事2.)。

 

 但し、システム開発側からの「マイナンバー」のメリットだけでは、国民から支持は得られないので、国民から見た「マイナンバー」の利便性を実現するという大きな課題は残されている。

 

記事1.

なぜ日本のワクチン接種は遅々として進まないのか

 

記事2.

 デジタル改革関連法成立で日本は本当に変わるのか

 

 参照:デジタル庁

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

「コロナウィルス対策」と「危機管理」 

(2021/05/12)  

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

 筆者は主に「IT」に関わる業務に従事してきたが、その中で「情報セキュリティ」対策の審査機関(国際認証組織)で審査業務を二年程経験した事がある。ここでの審査範囲は広範であるが、セキュリティ対策の中で「危機管理」が適切かも重要な判定要素となる。当然「コロナウィルス対策」の中でも「危機管理」が適切かどうかも問われるはずである。

 

 「危機管理」で重要な事は常に最悪ケースも想定しながら、常に思い切った手で、先手先手と危機に対応していく事である。最悪の危機管理は、先を見ず中途半端な手で後手に回ってしまう事である。今までの日本の「コロナウィルス対策」は残念ながら十分な「危機管理」に基づく「コロナウィルス対策」だったとは言い難い。

 

 未知のウィルスであった事もあり、試行錯誤で対策を実施してきたため、やもう得ない点はあるかもしれないが、「コロナウィルス」に対する危機感が甘すぎたこと、経済との両立を重視しすぎ対策が中途半端になってしまったためではないかと思う。逆により大きな経済的損失を招いてしまっている。

 また、「危機管理」のトップであるはずの方から「仮定の事には答えられません」というような言葉を聞くと、「コロナウィルス」に対してどれほどの危機意識をもっているのかとも疑ってしまう。

 

 今世界・日本における「コロナウィルス・パンデミック」が吹き荒れる中、世界中から選手・役員を集めた「東京オリンピック」が開催されようとしている。ここではしっかりした「危機管理」に基づく「コロナウィルス対策」が求められているはず。

 

 今まで「緊急事態宣言」が発せられるたびに、「専門家の意見を聞いて総合的に判断」という言葉が繰り返されてきた。「パンデミック」が収まらない中、「東京オリンピック」を進めるためには冷静に立ち返り「専門家の意見を聞いて国民にも理解できる根拠を示せる総合的判断」が必要ではないだろうか?

 

以上

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

「スマートホーム」の動向 

(2021/05/03)  

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 最近、「スマートホーム」に関する話題が多い。ウィキペディアの定義によると「スマートホームとは、IoTやAIなどの技術を駆使して、住む人にとってより安全・安心で快適な暮らしを実現する住宅のこと。スマートロックや家電コントローラーなどをホームゲートウェイで管理して提供される。」とある。

 

 筆者は「スマートホーム」の本格的幕開けは、2014年にアマゾンが最初に出した「スマートスピーカー」の製品である「Amazon  Echo」ではないかと思う。その後しばらくしてグーグルやアップルが次々と「スマートスピーカー」の製品を出した。

 

 アマゾンは当初から「スマートスピーカー」の音声インターフェースである「音声(AI)アシスタンス」を他メーカーの家電や家庭内機器のインターフェースに採用してもらうよう活発に動いていた。同時に車内のインターフェースとしても。当初から誰の目にも「スマートスピーカー」を「スマートホーム」の中核的製品として位置づけていた事はあきらかであった。

 

 同じ頃、グーグルは「スマートホーム」メーカーとして有名だった「Nest」社を買収していた。その後「Nest」社はグーグル本体に統合され、グーグルは本格的に「スマートホーム」事業に取り組みだした。

 その後(2019年)グーグルは次世代「スマートホーム」ともいえる「アンビエントコンピューティング」の構想を発表しそのための製品も投入しだした。

 下記記事(記事1.)から、最新のグーグルの「スマートホーム」への取組が分かる。

 

 「スマートホーム」業界では激しい開発競争が繰り広げられる中で、規格の標準化も進められている(記事2.

 

記事1.

Google Nest Hubレビュー、目玉の「睡眠計測」を試してみた結果

記事2.

AppleGoogleAmazonがスマートホーム規格の標準化プロジェクト「CHIPS」を始動

 

 参照:スマートホーム

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

社会インフラとしてのAI 

(2021/04/28)  

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  

 2000年代初頭に始まった「第三次AIブーム」は、1950年代からあった人間の脳の処理を模擬した「ニューラルネットワーク」に深層学習を取り入れた三人の研究者の成果によってもたらされた(記事1)。

 

 一昨年位からやや過剰ともいえた現象は治まったが、「第三次AIブーム」を通し、AIの研究開発はより深化・拡大し社会のあらゆる分野に浸透したといっても過言でもない。「第三次AIブーム」の中で大きな存在感を示したのがGAFA等の米国IT企業である。

 「AI」の適用・応用分野は多岐にわたる――自動運転車、街中の監視カメラ、入試の合否判定、企業の採用活動や人事評価、金融機関の与信システム、裁判の判決、等々。

 

 一方で、米国を追う中国は国策として「AI」に対して重点施策として取り組んでおり、米国に迫る勢いである。ここで支えているのが、中国から米国に留学した大量の研究者達だと言われている。

 こうした事態を踏まえ、危機感を感じた米国バイデン政権は「AI」を含む「インフラ」に対して従来にない大型投資を発表した(記事2)。

 

 又、「社会インフラ」としての「AI」の暴走を抑えるためEUは「AI規制」の検討を始めており、これは世界に広がるだろうと言われている(記事3)。

 

記事1.

「チューリング賞」が贈られるAI研究の先駆者たちは、“時代遅れ”の研究に固執した異端児だった

記事2.

最先端分野にGDP2%投資 中国に対抗、AIや量子コンピューター バイデン米政権

 記事3.

欧州が提案した「AI規制」の流れは、世界へと波及する可能性がある

 

 参照:人工知能

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 以前のコラムもコラムから見られます。

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

新着IT情報 ウェブサイト内検索

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

アクセスカウンタ(2021/03/12より)