新着IT情報 ウェブサイト内検索

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

メール配信希望者はお問い合わせ・ご意見から申し込めます

「定期リポート」と「注目ニュース」が配信されます。

サイトマップ

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////  

 

 

 

世界が分かる、日本が分かる

 新着IT情報

-- 概要 -- 

サイトマップ

 


 日の丸大連合が描く「国産デジタル通貨」の正体 ■仮想通貨

-  解説:本当は怖いオミクロン、私たちが予防に努める6つの理由(ロイター映像ニュース) ■コロナウィルス

-  自動運転の主戦場は「物流」に、ウェイモがJBハントと提携 CASE

-  “AI”“ドローンも活用! 農林水産省が推進する「スマート農業」とは? IT一般

- 「サイエンスは暗記物ではない」ノーベル賞物理学者、真鍋博士の教育論 ■日本論

-  北京五輪には自前のスマホを持ち込むな、米加が選手に警告 ■中国

日本にいながら米開催のコンサートに参加できたり「そもそもメタバースとは?」 米で報道が本格化 ■メタバース

- 「ジョブズにはできなかった」アップルCEOティム・クックの“天才的な経営手腕”を関係者が語る  ■番外

-  コラム:「メタバース」の時代は来るのか? 他

- 安全情報:技術立国に暗雲 米国の苦渋の選択  

- 講演会開催:「今後の日本の安全保障とその課題」 講師 河野克俊(自衛隊前統合幕僚長)

- 講演会開催:「経済産業省の主要指標から振り返る~2021年第四半期(10-12月期)我が国の産業活動と足下の製造業、

   第三次産業の動向~」(竹永祥久(経済産業省大臣官房調査統計グループ経済解析室 室長))

- 動画映像:猫 パンプキンと、親友のネズミ バットマン【ナショジオ】(ナショナル ジオグラフィック)

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

 

--  新着リスト  --

新聞・TV等の「一般メディア」からでは

得られない最新情報

    -- 最新ニュース記事 --

2022/01/26

-  IIFES 2022が本日開幕、三菱電機、オムロン、富士電機などがリアル出展を見合わせ DX

三菱電機 IIFES2022 特設ウェブサイト オープン! ≪モノづくり総合版 Special≫ DX

-  メタバース世界が注目 ネット会議にアバターが出席? ■メタバース

自動運転の最新の世界動向について解説!日本・海外メーカーの現状は? CASE

2022/01/24

-  iPhoneアプリの怪しい挙動も一目瞭然? iOS 15の新機能「Appプライバシーレポート」の活用法 ■スマートフォン

日の丸大連合が描く「国産デジタル通貨」の正体 ■仮想通貨

2022/01/23

-  マイクロソフトのアクティビジョン買収は、なぜメタにとって好都合か ■メタバース

- 「ジョブズにはできなかった」アップルCEOティム・クックの“天才的な経営手腕”を関係者が語る  ■番外

-  自動運転、2022年に上場可能性があるベンチャー7選 CASE

-  米国の空を混乱させた「5G騒動」は、なぜ起きた? その原因と経緯を整理した【外電】 ■5G

- 「プレステの父」久多良木氏がメタバースに懐疑的な理由 ■メタバース

-  FRBが中銀デジタル通貨創設の是非巡る討議資料を公表-意見公募へ ■仮想通貨

-  日本にいながら米開催のコンサートに参加できたり「そもそもメタバースとは?」 米で報道が本格化 ■メタバース

2022/01/21

CESで見た「メタバース」の最前線!(2022121日)

*遠隔操作ロボットにレーザー光、人の技も 災害に備えインフラを守る(朝日新聞デジタル:動画)

2022/01/20

-  中国ゼロコロナ政策が窮地、初期の成功「あだ」に ■中国

-Windows 11」、セットアップ終了後にまずやっておきたい6つのこと  IT一般

-  超伝導に「ライバル出現」シリコン半導体で量子コンピューター素子の作製成功 ■量子コンピュータ

2022/01/19

-  米通信2社、5G新サービスを一部延期 航空便への影響配慮 ■5G

-  自動運転の主戦場は「物流」に、ウェイモがJBハントと提携 CASE

-  日本は技術大国でいられるのか 米国の特許登録トップ20に日本企業は3社のみ ■日本論

-  北京五輪には自前のスマホを持ち込むな、米加が選手に警告 ■中国

-  2021年の地球は「気温が下がった」が、これは決していいニュースではない ■環境

2022/01/17

-  相次ぐ事故を経てもイーロン・マスクが「レーダーなし」の自動運転を頑なに目指す理由   CASE

-  フェイスブックに「最大の危機」をもたらした内部告発 用意周到に準備されていた ■番外

 

 

  ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

-- 読者からの最新投稿 --

2022/01/25

-  コラム:「メタバース」の時代は来るのか?

2022/01/10

- 安全情報:米国の苦渋の選択

2021/12/27

- 安全情報:技術立国に暗雲  

2021/12/25

- 安全情報:危機が炙り出す社会の不条理  Social Absurdities Revealed by The Crisis

2021/12/16

-  コラム:「AI」と「倫理問題」

2021/11/23

- 安全情報:読書の秋へのお誘い

2021/11/13

-  コラム:バズワードとしての「メタバース」と「DX」  

2021/11/10

読者からの情報提供:1918年の「スペイン風邪」はどう「収束」したのか:新型コロナの波と比較する

2021/11/05

- 安全情報:JR西福知山線脱線事故の真実

2021/11/01

-  コラム:進む「半導体」の内製化  

2021/10/25

- 安全情報:KHI製地下鉄車両が脱線

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

 

--「講演会開催」-- 

日本の実際の「動向把握」に最適

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

                        提供:外村孝史氏                            

 

 ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

株式会社 DUALホールディングス & 音声会話ロボット「ピコちゃん」開発センター

140-0001 東京都品川区北品川1-8-11 Daiwa品川Northビル8

TEL03-5843-4018 (代表)FAX03-5843-4123

外村孝史  メール k_tomura@mtf.biglobe.ne.jp

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

詳細は「講演会開催」を参照下さい。

 

「ウィズコロナ・アフターコロナを見据えた首都東京の都市開発」

 2022年03月03日(木) 講師 市川 宏雄(明治大学名誉教授)

「経済産業省の主要指標から振り返る~2021年第四半期(10-12月期)我が国の産業活動と足下の製造業、

   第三次産業の動向~」

  2022年02月21日(月) 講師  竹永祥久(経済産業省大臣官房調査統計グループ経済解析室 室長)

「ポストコロナとVR

  2022年02月03日(木) 講師 廣瀬 通孝(東京大学名誉教授)

「今後の日本の安全保障とその課題」

  2022年02月18日(金) 講師 河野克俊(自衛隊前統合幕僚長)

「知って防ごう!詐欺の手口と悪の囁き」

 2022年02月24日(木) 講師 田 文明(ジャーナリスト・ルポライター)

「事例から知る、新事業の進め方」

  2022年02月16日(水) 講師 佐川博樹(中小企業診断士)

「中小企業でもできる!カーボンニュートラル経営と省エネ施策活用」

  2022年02月22日(火) 講師 一井里映(環境省 関東地方環境事務所 脱炭素チーム統括環境保全企画官)

「スモールビジネスはYouTube活用でコロナ禍を乗り越えろ」

  2022年02月24日(木) 講師 酒井勇貴(合同会社クレイジーコンサルティング 代表社員/中小企業診断士)

「2022年の内外情勢を読む」

  2022年02月03日(木) 講師 吉崎 達彦(㈱双日総合研究所 チーフエコノミスト)

「激動の内外情勢~これからの日本経済の展望~」 

    2022年03月01日(火) 講師 吉崎 達彦(双日総合研究所 チーフエコノミスト)

「フューチャー・デザイン2022」

  2022年01月29日(土)・30日(日)日本学術会議経済学委員会・環境学委員会合同フューチャー・デザイン

「カーボンニュートラルへの変革で企業に求められる課題と技術革新」

  2022年03月03日(木) 講師 柏木孝夫(東京工業大学 特命教授・名誉教授)

「”何故できないのか?”から寄り添い、本当にやりたいことに気づこう!

~免疫マップを使って自身を深く理解しやりたいことの一歩を踏み出す~」

第一回 2022年02月25日(金) 講師 小笠原 祐司(中小機構中小企業アドバイザー)

「世界的な異常気象の今後は?~50年カーボンニュートラルに向けて~」

 2022年02月06日(日) 講師 広松猛(工学博士、一級建築士)

「将来のエネルギー科学技術に向けたパワーレーザーと高エネルギー密度科学の役割と展望」

 2022年02月03日(木) 講師 野田 進 (日本学術会議連携会員、京都大学大学院工学研究科教授) 他

「今、中小企業経営者が押さえるべきサイバーリスクの実態と対策」

 2022年02月10日(木) 講師 警視庁 サイバーセキュリティ対策本部

「コロナ禍を共に生きる~感染症をめぐる国際政治のジレンマ、科学的なアジェンダと政治的なアジェンダの交錯~」

 2022年02月06日(日) 山田高敬(日本学術会議連携会員、名古屋大学環境学研究科教授)

「2022年実施の厚生年金保険法の改正について 、現在の内容とどこが変わるのか?」

 2022年02月18日(金) 講師 茅根 真由美(特定社会保険労務士)

「”70年代住宅”との向き合い方」

  2022年03月15日(火) 講師 志岐祐一(㈱日東設計事務所)他

コロナ社会と日本経済の行方」

  2022年02月03日(木) 講師 渋谷和宏(経済ジャーナリスト)

"良いモノを作れば売れる"とは限らない!?売るための仕掛けづくりの基本」

  2022年01月28日(金) 講師 石田美帆(中小企業診断士)

withコロナ、afterコロナの働き方と経営改革」

  2022年02月09日(水) 講師 牛窪恵(世代・トレンド評論家)

「どうなる?これからのエネルギー」

  2022年02月04日(金) 講師 金田武司(㈱ユニバーサルエネルギー研究所 代表取締役、工学博士)

「自動車における生産革新とモノづくりの将来~次の10年に向けて~」

  2022年02月03日(木) 講師 南部俊和(日産自動車㈱総合研究所 先端材料・プロセス研究所 )

「村田製作所の製造現場におけるIoT化と改善につながるデータ活用事例」

  2022年02月04日(金) 講師 郷間真治(㈱村田製作所 IOT事業推進部  シニアマネージャー)

「コロナ禍を共に生きる~新型コロナウイルス感染症の最前線~」

  2022年02月05日(土) 主催 日本学術会議、公益社団法人日本薬学会、一般社団法人日本医学会連合

「貴金属相場から見る世界経済の行方!」 

     2022年02月21日(月) 講師 豊島 逸夫(豊島&アソシエイツ 代表)

「人類が初めて見たブラックホールの姿」

 2022年02月26日(土) 講師 本間 希樹(国立天文台 水沢VLBI観測所 所長/教授、理学博士)

「ニューノーマル時代におけるスマートシティ推進と共創」

  2022年01月31日(月) 講師 嶋田 大輝(総務省 情報流通行政局 地域通信振興課 課長補佐)他

「グローバル化が進む中での産業日本語~様々な日本語使用者間のコミュニケーション~」

 2022年2月22日(火) 主催 高度言語情報融合フォーラム、一般財団法人日本特許情報機構

「いま”戦争”を考える~社会学・社会福祉学の視座から~」

 2022年01月29日(土) 主催 日本学術会議社会学委員会、社会学系コンソーシアム

「グローバル化が進む中での産業日本語~様々な日本語使用者間のコミュニケーション~」

 2022年2月22日(火) 主催 高度言語情報融合フォーラム、一般財団法人日本特許情報機構

新春経済特別講演会「withコロナ、afterコロナの働き方と経営改革」

  2022年02月09日(水) 講師 牛窪恵(世代・トレンド評論家)

 「日本経済の課題と今後の展望」のご案内

  2022年02月17日(木) 講師 寺島実郎(一般財団法人日本総合研究所会長/多摩大学学長)

 「ウィズコロナ下の世界・日本経済の最新動向と今後の展望」

  2022年02月25日(金) 講師 真壁 昭夫(法政大学大学院政策創造研究科教授)

 「2022年4月法改正前に学ぶ“男性育休”義務化と企業の対応策」

  2022年02月10日(木)講師 天野妙(合同会社Respect each other代表、みらい子育て全国ネットワーク代表)

 「2022年日本経済の見通し~アフターコロナを見据えて~」

  2022年02月14日(月) 講師 永濱利廣(㈱第一生命経済研究所 経済調査部 首席エコノミスト)

 「消費税はこう変わるインボイス制度の”超”入門講座」

  2022年02月16日(水) 講師 佐藤一義(税理士/中小企業診断士)

「将来のエネルギー科学技術に向けたパワーレーザーと高エネルギー密度科学の役割と展望」

 2022年02月03日(木) 主催 日本学術会議総合工学委員会エネルギーと科学技術に関する分科会

「ポストコロナ時代における製造業の展望」

 2022年02月09日(水) 講師 森 雅彦(DMG森精機㈱ 代表取締役社長兼グループCEO

新春経済講演会「コロナ社会と日本経済の行方」

  2022年02月03日(木) 講師 渋谷和宏(経済ジャーナリスト)

「新製品開発による新事業創出~新たな事業で市場を切り拓く~」

 2022年03月01日(火) 講師 中沢 節(中小企業診断士、事業化実践道場 プロジェクトマネージャー )

 

詳細は「講演会開催」を参照下さい。

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

--   安全情報   --

「航空安全」のエキスパートが「トップダウン思考」により様々な

「社会問題」を考察・点検

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 内容は安全情報を参照

 

 本情報に関する連絡先: ㈱ヒューファクソリューションズ 

  URL: http://www.hufac.co.jp  

E-mail: info@hufac.co.jp

 

 ヒューファク安全情報:米国の苦渋の選択   2022-01-10  New!!

 ヒューファク安全情報:技術立国に暗雲   2021-12-27  New!!

 ヒューファク安全情報:危機が炙り出す社会の不条理  Social Absurdities Revealed by The Crisis 2021-12-25  New!!

 ヒューファク安全情報:読書の秋へのお誘い  2021-11-23  

 ヒューファク安全情報:JR西福知山線脱線事故の真実  2021-11-05  

 ヒューファク安全情報:KHI製地下鉄車両が脱線  2021-10-25  

 ヒューファク安全情報:高性能電池の正体  2021-10-06  

 ヒューファク安全情報:ANA羽田沖事故の真実  2021-09-18  

 ヒューファク安全情報:読者からのコメント  2021-09-12  

 ヒューファク安全情報:トヨタ自動運転車が人身事故   2021-09-01  

 ヒューファク安全情報:コロナ禍からの脱却➁   2021-08-25  

 ヒューファク安全情報:コロナ禍からの脱却①   2021-08-15  

 ヒューファク安全情報:御巣鷹山事故の真実   2021-08-12  

 ヒューファク安全情報:欧州北西部で洪水   2021-07-27  

 ヒューファク安全情報:的を射たご質問   2021-07-23  

 ヒューファク安全情報:熱海で土砂崩れ   2021-07-20  

 ヒューファク安全情報:新幹線運転士が離席   2021-07-08  

 ヒューファク安全情報:世界二大富豪の確執   2021-06-18  

 ヒューファク安全情報:プリウス運転者が証言   2021-05-14  

 ヒューファク安全情報:読者のご質問   2021-05-06  

 ヒューファク安全情報:テスラEVが死亡事故   2021-04-29  

 ヒューファク安全情報:CO2消化設備が誤作動   2021-04-20   

 ヒューファク安全情報:737MAX問題の総括   2021-04-14 

 ヒューファク安全情報:インドネシア航空機が墜落 ➁   2021-04-06   

 ヒューファク安全情報:PW4077付き777が運航停止  2021-02-27   

 ヒューファク安全情報:経済と安全の両立 ③  2021-02-02

 ヒューファク安全情報:経済と安全の両立 ➁  2021-01-29

 ヒューファク安全情報:インドネシア航空機が墜落    2021-01-12

 

内容は安全情報を参照

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

  

 

 --   動画映像   --

感動を与える映像

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

       --  最近の傑作10選(2022/01/21)  -- 

 2022/02/19

*猫 パンプキンと、親友のネズミ バットマン【ナショジオ】(ナショナル ジオグラフィック)

2022/02/19

*保護施設で活躍する猫 パンプキン【ナショジオ】(ナショナル ジオグラフィック)

2022/02/19

*銀世界の森で、エゾリス「もぐもぐタイム」 札幌(朝日新聞デジタル)

2022/02/17

*世界中でも話題になった羊 ペットと牧羊犬 ダイスの友情【ナショジオ】(ナショナル ジオグラフィック)

2022/02/17

*牧羊犬 ダイスと、羊のペットの友情【ナショジオ】(ナショナル ジオグラフィック)

2022/02/17

*障害がある猫 タンブリーナを引き取りに往復7200kmの旅に出たシャロンさん【ナショジオ】

2022/01/17

*まるで子供のような存在、猫 タンブリーナ【ナショジオ】(ナショナル ジオグラフィック)

2022/01/16

*今では町の人気者、車椅子の猫 タンブリーナ【ナショジオ】(ナショナル ジオグラフィック)

2022/01/16

*大嫌いな注射も犬 リロが一緒なら安心!親子から親友のような関係へ【ナショジオ】(ナショナル ジオグラフィック)

2022/01/16

*シベリアンハスキー リロの影響?!まるで犬のように育つ保護猫 ロージー【ナショジオ】

 

   その他多数の「映像作品」を提供

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

--  社会サービス科学  -- 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

社会サービス科学とは

 

社会の営みをリアルに捉えなければ本来の社会サ ービス(広義)の提供は困難であり、捉える為に は社会活動上の重要な言葉である「真実と事実の 違い」「問題と課題の違い」等の分析から始まる 又、行動には絶対的に正しいと判断する事は困難 であり結果、優先順位論、比較論で決定をせざる を得ないとする実践論理を追求する学問。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

社会サービス科学コンサルタント 漆原清吉様 

                             email:  seiuru@kankyo-sp.com

 内容は社会サービス科学を参照

 

改めての原発問題への一提言 2021/03/07  

森氏の辞任の本質的な要因は女性蔑視発言では無く論理能力の欠陥である 2021/02/16

再び緊急事態宣言発令に強く想う  2021/01/10

デジタル庁創設に想う  2021/01/01

飛沫感染と湿度との関係及び、 除菌施策に対する公共水道消毒指針の再考の必要性 2020/07/08

新型コロナは「ジョイ」「ママレモン」でも除去できる 経産省が有効な界面活性剤を公開への声 2020/05/24

緊急一提言  (演繹法・優先順位論) 2020/05/06

日本で医療崩壊は起きるのか? 欧米の事例とデータに基づき緊急提言への声  2020/04/22

緊急提言・・・隔離ホテル等の循環空調は停止し、部屋は窓を開け自然換気にすべし  2020/04/19

今、直ぐにでも出来る事、すべき事はマスクの市場への供給である  2020/04/12

マスク問題を考える 2020/04/07

30万円給付に思う 2020/04/07

 内容は社会サービス科学を参照

 

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

コラムに対するご意見をお寄せください。ご意見はお問合せ・ご意見から。 

 /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

「メタバース」の時代は来るのか?  

(2022/01/25) 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

 本情報の読者の中で「メタバース」に関して関心を持つ人が多いので、今まで紹介して来た記事を概観してみたいと思います。「メタバース」とは、コンピュータやコンピュータネットワークの中に構築された現実世界とは異なる3次元の仮想空間やそのサービス とも定義できます。

 

 それでは、「仮想空間」の中でどんな事ができるのだろうか? 記事1.によると自分の「分身(アバター)」を作り「仮想空間」での会議やコンサート等に参加したり、買い物も楽しめる。例えば洋服の買い物では「分身」に試着等して確認することもできる。

 「メタバース」内での買い物は、NFT(非代替性トークン)というブロックチェーンの新しい技術」によって実現される(記事2.) 

 

 「メタバース」が世界的に注目されだしたのは、昨年(2021年)秋の「フェイスブック改めメタ」社の社運を賭けた「メタバース」への取組宣言から始まる(記事3.)。

 

 又、世界最大のソフトウェア会社マイクロソフト(MS)社も続いている。MS社のZoom対抗の遠隔会議システム「Teams」の「メタバース」版が今年リリース予定である。 さらには「メタバース」時代到来に向け、大手ゲーム会社アクティビジョンを史上最大級の8兆円で買収する事を決めている。

 

 その他半導体メーカーのNVIDIAやクオルコム社等も「メタバース」への取組を始めている。「メタバース」用システム「ARグラス(レンズ)」が近々アップルやグーグルから発表されるとも言われてる。

 

 日本での取組も紹介されている(記事5.)。

 

 とは言え、一方では「メタバース」に対して懐疑的見方もある(例えば、記事6.)。

 

記事1.

日本にいながら米開催のコンサートに参加できたり「そもそもメタバースとは?」 米で報道が本格化

記事2.

メタバースが「デジタル創作物」のマーケットを作りだそうとしている

記事3.

*フェイスブック、「メタバース」実現へ欧州で1万人雇用

「メタヴァース企業」になるというザッカーバーグの野望と、陣取り合戦からの脱却という課題

記事4.

MicrosoftTeamsを“メタバース”に拡張、2D/3Dアバターで会議に参加できる「Mesh for Teams」を2022年順次投入

マイクロソフトのアクティビジョン買収は、なぜメタにとって好都合か

記事5.

凸版印刷、最先端IT企業に大変貌を遂げていたメタバースを主要事業へ

記事6.

*「プレステの父」久多良木氏がメタバースに懐疑的な理由

 

参照:メタバース

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

「AI」と「倫理問題」  

(2021/12/16) 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

  日本の国内でも「AI」の「倫理」原則を策定する動きが出ている(記事1.)。三菱電機、NEC、日立、KDDI等である 

 

    背景にあるのは、「顔認証」による人種差別、「AIチャットボット」の暴言や暴走等である(記事2.)。

 

 特に深刻な問題は「AI」を搭載した「無人殺人兵器」の出現である(記事3.)。「無人殺人兵器」は核兵器以上のむごたらしさをもたらすとも言われてる(記事4.)。

 

 「AI」に対する規制の動きは最初「EU」から始まった(記事5.)。現在、米国においても「AI」の「倫理問題」は国家レベルでの取組として扱われている。

 

 「AI」の「倫理問題」は微妙で難しい側面もあり、時にはグーグルでの経営とAI倫理研究者との対立のような問題も引き起こす(記事6.)。

 

記事1.

三菱電機、AI活用へ倫理原則を策定

 

記事2.

*「暴言を吐くAI」「差別するAI」なぜ生まれるのか? AIの暴走を防ぐ「責任あるAI」と「AI倫理」

 

記事3.

リビアで「自律型AI兵器、ついにヒトを攻撃」の衝撃!!

殺傷能力のあるドローンをAI操作する日がやってくる

記事4.

AI兵器vs AI兵器の戦争は人知を超える(キッシンジャー&エリック・シュミット)

 

記事5.

欧州が提案した「AI規制」の流れは、世界へと波及する可能性がある

 

記事6.

グーグルのAI倫理研究者は、なぜ解雇されたのか? 「問題の論文」が浮き彫りにしたこと

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

バズワードとしての「メタバース」と「DX」  

(2021/11/13) 

 /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 「メタバース」は新たな「バズワード」になろうとしてます。今最も声高に叫んでいるのが「フェイスブック」改め「メタ」です。背景にGoogleAppleに対抗するプラットフォーマとしての地位を目指しているとも言われてます。

 

 一方「メタバース」の中核技術が「AR」ですが、Googleは数年前「AR」を使ったGoogleレンズを製品化したが、

先進過ぎて事業化には成功しなかった。

 

 又日本を見ると「DX」という言葉が「バズワード」となって氾濫してる。よく考えると「DX」の中身は約20年前から日本政府が進めて成功しなかった「デイジタル化/IT化」の延長に過ぎない。

 

 デイジタル庁を設置し、「DX」という新たな言葉を使って、再挑戦しているかのように思える。

 

参考:

メタバースを声高にうたわなくてもGoogleは静かに進む

 

参照:

 「DX」

 「デイジタル庁」

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

進む「半導体」の内製化  

(2021/11/01) 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

  iPhone, iPad, Apple Watch, Mac等の半導体部品の内製化を進めてきたアップルは、「半導体企業」と呼ばれるまでになっている(記事1)。

 

 この傾向は躍進を続ける他の企業(グーグルやテスラ等)にもみられる(記事2)。グーグルは得意とする「AI」を内蔵した半導体を利用した最新鋭の「スマートフォン」を市場に出し注目を浴びている。

 また、「次世代自動車(CASE)」で他社を圧倒してるテスラは、半導体や燃料電池などの自動車部品を内製化し、既存の自動車メーカーを脅かす脅威ともなっている。

 

 これらの半導体の内製化の流れは、アップルのスティーブ・ジョブズの時代にまで遡る(記事3)。Macなどのパソコンが主要な製品であった時代は他の企業同様に半導体部品は他企業から調達されていた。

 

 常に究極の製品を追求するスティーブ・ジョブズはiPhoneやApple Watchになると、他からの半導体部品導入では満足できず、自社での半導体の内製化に舵をきった。当時は有能な半導体技術者の他からの引き抜きまでやっている。

 

  こうした流れは今後一層拡大していくとも予想される。

 

記事1

半導体企業となったアップルのキーパーソンが語る開発の舞台裏と、見えてきた「次なる戦略」

 

記事2

 

独自チップ「Tensor」を新搭載した「Pixel 6」がもたらすAI体験

*トヨタが半導体不足で減産する一方、テスラが生産台数を大きく伸ばした理由

 

記事3

アップルが到達した「半導体企業」としてのかたちと、現実になったスティーブ・ジョブズの野望

独自チップに移行したアップルは、「PCの未来」の主導権を握ろうとしている

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

進化を続ける「スマートホーム」  

(2021/10/10) 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 2021年05月03日のコラムで「スマートホームの動向」と題して「スマートホーム」について述べた。この中では筆者は2014年の「スマートスピーカー」の出現が「スマートホーム」の本格的幕開けだとする考えを述べた。

 

 今後の「スマートホーム」の市場予測等をみると、今後も「スマートホーム」の大きな市場拡大が期待できる

記事1)。

 

 この市場拡大を裏付けるかのように新たな技術が投入され始めている(記事2,3)。

 

 当初の「スマートホーム」はインターネットで接続された家庭内機器を、遠隔から音声(AI)アシスタントで操作したり、家庭内の情報化を進める事が狙いであった。

 これらをさらに、家庭内「ロボット」や「ドローン」を使って「家の見守り」や「家庭用警備」にまでに進化させようとしている。

 

記事1:

スマートホームテクノロジー市場は、2021-2027年の予測期間中に19.5%CAGRで成長するだろう

 

記事2:

アマゾンがロボットを作る理由と各国スマートホーム事情

 

記事3:

アマゾンの家庭用警備ドローンは、プライヴァシーに関する疑念を払拭できるのか

 

参照:スマートホーム

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

新たな「宇宙時代」への幕開け  

(2021/10/03) 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  

 最近、新たな「宇宙時代」への幕開けを象徴する出来事が起こっている。

一つは、無数の衛星をつなぐ「宇宙インターネット」の実用化が一部始まった事(記事1)。二つ目は「民間企業だけによる宇宙旅行」が実現された事(記事2)、三つ目は「火星探査」への準備が進められている事(記事3)である。

 これらは「新たな宇宙産業」の始まりとも言われる。

 

 「宇宙インターネット」の狙いは、全世界でブロードバンドが使えるという利点を活かし、まだブロードバンドはおろか、インターネットにもつなげられない地域の人々に利用してもらうことである。

 

 「民間企業だけによる宇宙旅行」実現は、新たな産業の始まりを告げる号砲となっている。

 

 現在準備が進められている「火星探査」は一時的な居住だけでなく、将来火星の地下に眠る氷・水を活用したり、

火星の大気にある炭素を酸素に変えたり、火星に雨を降らせ生物が生存できる環境を目指すなど火星を人類の第二の生存場所にしようとする事も視野に入れた壮大な計画でもある。

 

記事1(マイナビニュース):

いよいよ私たちの手に! 無数の衛星がつなぐ「宇宙インターネット」の現状

 

記事2(WIRED):

スペースXのミッション「Inspiration4」は、宇宙旅行には終わらない:その成功が象徴する新たな宇宙時代の幕開け

スペースXによる初の「民間人だけの宇宙旅行」の成功は、新たな産業の始まりを告げる号砲となる

 

記事3(ナショジオ):

*火星に到着したら、どうやって資源を手に入れるか【ナショジオ】(ナショナル ジオグラフィック)

*火星を芽吹かせるヒントは温暖化か?【ナショジオ】(ナショナル ジオグラフィック)

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 以前のコラムもコラムから見られます。

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

新着IT情報 ウェブサイト内検索

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

アクセスカウンタ(2021/03/12より)