新着IT情報 ウェブサイト内検索

 

 近年、ITは従来の情報システムだけでなくあらゆる産業分野や家庭でも利用・導入されるようになってきました。最近のクラウド、AI、IoT等の普及によって一層加速しています。 それらの動きは自動車産業の動き(CASE:  Connected - つながる車(コネクテッドカー); Autonomous - 自動運転、自動運転車; Shared - カーシェアリング、ライドシェア; Electric - 電気自動車)、工場の自動化AIによる医療診断、家庭でのスマートスピーカーディジタル通貨(仮想通貨)等を見ても明らかです。  

 このような状況下で、世界・日本の動きの実態を正しく理解できるようにするための「新着IT情報」をお伝えします。皆様の日頃の活動の中でお役に立てれば幸いです。

 

  なお、昨今の暗いニュース(新型コロナウィルス)が続く中、心和む動画映像も提供してます。

 

 本情報はリアルタイムでメールでもお届けしてます。希望者はお問い合わせ・ご意見から申し込めます。  

 発信者  

 


--  新着リスト  --

 

新型コロナ最新情報(朝日新聞)

 

2020/07/07

-  数年後に古典コンピュータを超える量子コンピュータ、IBMは事業化に舵を切る ■量子コンピュータ

2020/07/05

-  ポルシェ、自動運転の無人輸送ロボット企業を買収 CASE

コロナ禍で危機に瀕する製造業、復興のカギを握る「スマートファクトリー」の実現 IoT

-【大前研一のニュース時評】制度設計甘い「中小企業支援策」 コロナで日本の行政の「IT化」という盲点が明らかに ■日本論

- 「今機械学習に必要なのはデータマネジメント」5つの秘訣を実例つきで紹介 ■人工知能

-  何が「電子政府」だ? 日本政府のITはなぜこうもダメダメなのか ■日本論

-  ソラコムのIoT回線サービスが200万契約突破、eSIMに加えLPWAの採用も拡大 IoT

-  保険業界がAI戦略をとるべき理由…10年で約42兆円のコスト削減も可能に【レポート】 ■人工知能

-  クラウドをめぐる10の誤解 ■クラウド

2020/07/04

-  いま知っておくべき「IoTとは?」を分かりやすく解説!誰かに話したくなる豆知識も IoT

  AWSが航空宇宙と人工衛星の専門部門を立ち上げ、元空軍少将がリーダーに  ■特別記事

-  新型コロナが細胞に生やす不気味な触手の正体は ■コロナウイルス

2020/07/03

-   グーグルの「らしさ」は、いまも保たれている:スンダー・ピチャイが語るグーグルの現在とこれから(後編)■特別記事

-  孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに ■番外

2020/07/02

-  5Gで先行”中国が次に狙う米国の牙城「クラウド」 ■中国

-  フェイスブックに対する広告ボイコットが止まらない ■特別記事

2020/07/01

-  Google、恥ずかしくないスマートグラスのNorthを買収 「Focal 2.0」は出ない ■アンビエントコンピューティング

「中南米はコロナ対策維持を 10月までに死者4倍の約50万人も」WHO幹部 ■コロナウイルス

-  スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まっていた ■コロナウィルス

2020/06/30

-  今秋公開の「iOS 14」で、あなたのiPhoneを進化させる10の新機能 ■スマートフォン

 

 

 

  外村孝史(とむら こうし)氏 の「メールマガジンの講演会案内」より。 詳細は「講演会開催」を参照下さい。

 

「シチズンサイエンス・当事者研究が拓く次世代の科学~新しい世界線の開拓~」

   2020年07月25日(土)  主催 日本学術会議若手アカデミー   (Web ビデオ会議

「文学と感染症~”ペスト”と”離の島”をめぐって~

  2020年07月28日(火)  主催 (公財)日仏会館  (Web ビデオ会議

「アジアの人材市場、アンダー・コロナの現地事情~中国・タイ・ベトナムの現地専門家によるLIVEセミナー~」

   2020年07月08日(水) 主催 東京商工会議所  (Web ビデオ会議

 「壁を超える―ジェンダーがつなぐ未来へ」

   令和2831日(月)   主催 日本学術会議科学者委員会男女共同参画分科会

「人生100年の羅針盤」

  2020年07月05日(日)  共催 日本経済新聞社販売局/デジタル事業デジタル編成ユニット (Web ビデオ会議

AI・ロボットによる検査自動化はここまで来た」

   2020年07月15日(水)  主催 (公財)東京都中小企業振興公社   (Web ビデオ会議

「再生可能エネルギーの主力電源化と地方創生」

   2020年08月08日(土)  主催  科学技術者フォーラム

「コロナ後の半導体/製造装置市場の展望」 

  2020年07月22日(水)  主催  (一社)日本電子デバイス産業協会

「メディアが促す人と科学の調和」

   2020年07月16日(木) 主催:日本学術会議

 

 

-- 読者からの声 --

 

■「新型コロナは「ジョイ」「ママレモン」でも除去できる 経産省が有効な界面活性剤を公開」への声  2020/05/24

■「日本で医療崩壊は起きるのか? 」への声 (「オヤジの一分」の会 漆原 様より) 2020/04/22

■今年3月に始まった「5G」無線通信サービスへの声(匿名希望様より) 2020/03/21

■記事「掃除ロボット」への声( Katsuyoshi様より)2020/02/23

記事:「気候変動は最大の「ビジネスチャンス」、急ぐべきは発想の転換」(環境)への声(石原聖司様より) 2020/01/23

コラム:「企業・組織のトップにITスキルは必要か」への声(石原聖司様より) 2020/01/23

コラム:「スマートホーム」から「アンビエントコンピューティング」への声 ( Katsuyoshi様より)2020/01/18

コラム:「ディジタル人民元」への声(石原聖司様より)  2019/12/06

「通信に関する記事への声」(山下鐵五郎様より) 2019/12/2

 ■「半導体に関する記事への声」(石原聖司様より) 2019/11/28

コラム:「アンビエント・コンピューティング」への声(石原聖司様より) 2019/10/20

 コラム:「ディジタル化とアナログ技術」への声(細川泰秀様より) 2019/09/18

 「コラム:ディジタル化とアナログ技術」への声(石原聖司様より) 2019/09/18

 GEも見落としたIoT成功の条件」への声(古寺雅弘様より) 2019/08/30

 

  詳細は読者からの声を参照。 

 

 

-- 読者からの特別寄稿 --

 

記事(05/09掲載)「NECがコロナワクチンの設計情報をAIで解析」に対する解説 (2020/05/09  米国在住匿名希望様)

緊急一提言  (演繹法・優先順位論)  (2020/05/06 KSP漆原様)

■日本は何故「コロナウイルス感染拡大」が続いているのか  (2020/4/29 国内在住H氏) 

■「慶応病院の発表:一般患者の6%がコロナウィルス感染」について 2020/4/25  井上隆史様)

緊急提言・・・隔離ホテル等の循環空調は停止し、部屋は窓を開け自然換気にすべし  (2020/04/19  KSP漆原様)

■今、直ぐにでも出来る事、すべき事はマスクの市場への供給である  (2020/04/12 オヤジの一分の会様)

■30万円給付に思う  (2020/04/07 オヤジの一分の会様)

■マスク問題を考える  (2020/04/07 オヤジの一分の会様)

■指数関数的増加率(コロナウィルス) (2020/03/29 米国在住匿名希望様)

日本が「失われた30年」(2019/11/26  松田順様)

 無線通信のセキュリティ(2019/11/19  山下鐵五郎様)

 

  詳細は読者からの特別寄稿を参照。

 

 

--- コラム ---

コラムに対するご意見をお寄せください。ご意見はお問合せ・ご意見から。

 

 

コラム:「日本(日本政府)のIT化・ディジタル化」の問題 (2020/07/05)

 

 

 今回のコロナ対策の中で「日本(日本政府)のIT化・ディジタル化」の基本的欠陥が露呈してしまった(下記1)。中央政府と地方自治体を含めた統合された全体システムとして概念設計やアーキテクチャー設計に問題があったようにも思える。

 

 こうした大規模かつ重要な「IT化・ディジタル化」を進めるためには推進するリーダ(IT担当大臣等)にはそれなりの人材が必要である。ところが驚くことに、前のIT担当大臣は「PC」の利用経験もなく、現IT担当大臣は日本のディジタル化を進める上で最大の障害の一つと考えられる「ハンコ文化」を保存・維持する会の会長でもあった(下記2)。

 

 台湾のコロナ対策でのディジタル化で大成功をおさめ世界的にも有名になっている台湾のIT担当大臣は、シリコンバレーでも活躍した経験を持つ若手のITの天才で、各省庁の担当も含め横断的に全体を実務面からも陣頭指揮をとっている(下記3)。

 

  どうも日本政府の「ディジタル化・IT化」の進め方をみると、言葉のカッコ良さなどは気にするが、こうした実務的な重要な側面に対する配慮が足りないのではとも思える。数年前から経済産業省は「DX(ディジタルトランスフォーメーション)」という言葉で日本の「ディジタル化・IT化」を進めている。これに対するコメント記事も以前に出されていた(下記4)。

 

何が「電子政府」だ? 日本政府のITはなぜこうもダメダメなのか (1)

【大前研一のニュース時評】制度設計甘い「中小企業支援策」 コロナで日本の行政の「IT化」という盲点が明らかに(2)

台湾のコロナ対策から学ぶ企業デジタル化のコツ(3)

「デジタルトランスフォーメーション」は組織を思考停止させる呪いの言葉(4)

  日本企業のデジタルトランスフォーメーションDX)はなぜ、うまくいかないのか。マイクロソフトグーグルでエンジニアとして活躍し、現在は複数の企業で技術顧問を務める及川卓也氏が、流行だけで終わらせない、真の変革(トランスフォーメーション)の進め方について、近著『ソフトウェア・ファースト あらゆるビジネスを一変させる最強戦略』(日経BP刊)の内容も交えて解説する。

 日本でもデジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組む企業は増えていますが、実行、実現に至っていないところが多いのはなぜでしょうか。私はその理由を、DXというオブラートに包まれたきれいな言葉だけが一人歩きしているせいではないかと考えています。例えば、「DX推進室」といった名前の組織を社内に立ち上げただけで、何かをやり遂げたような気になってしまっている人が意外と少なくありません。(ダイアモンドオンライン)

 

コラム:「生体認証」 (2020/06/19)

 

 最近の「生体認証」の話題としてはApple Watchの「生体認証」や日本でも出入国管理で利用されだしている「顔認証」等が思い浮かぶ。

 特に「顔認証」が急速に広まりだしたが、誤認捜査や人種差別等にもつながるとして米国では大きな問題にもなっている。こんな事もあり「生体認証」といえば「顔認証」かなくらいしか考えていなかった。

 

 ところが最近ある読者の紹介で日本の有力な「生体認証(静脈認証)」ベンチャー企業の存在を教えてもらい、その中で様々な生体認証技術がありこれらの技術を使い分けあるいは組み合わせて利用するのが良いとご教示頂いた(「主要生体認証技術の比較;静脈認証の優位性」)

 

 他の複数の読者の方の話でも、「静脈認証」も含めた「生体認証」はこれからのビジネス展開でも有力な市場分野であるという意見であった。

 

参照:

*米国で広まる顔認証システムの利用と、動き始めた市民たち

米国の警察が使う「アマゾンの顔認識技術」、その利用の一時停止は大きな転換点になるか

顔誤認は冤罪が怖い! IBMに続きAmazon、マイクロソフトも捜査利用停止宣言

 

主要生体認証技術の比較;静脈認証の優位性株式会社モフィリア資料より)

• 指紋: 犯罪捜査で100年以上の使用実績。 摩耗や偽造の問題。 乾燥や濡れにも弱い

• 虹彩: 高い他人排除精度。 本人の健康状況の変化で認証されないことも。 偽造可能

• 顔: 違和感少ない。眼鏡や顔の表情、加齢による変化などによって認識率が低下する。 また、一卵性双生児の場合に両者を同一人物と認識する可能性がある。 無断で登録され監視されることに心理的嫌悪感も。 偽造可能

 DNA: 最も確実で究極的な生体認証の手段だが、体液等のサンプルの提出を必要とし、 現時点においては瞬時に相手を見極める装置は困難(最短で90分)。 最近までは、先端機器でも一卵性双生児を識別できなかった

 

• 静脈: 近赤外光を照射して得られる静脈パターンを用いる技術で、 外から見えず、血液が流れてないと機能しないこともあり 成りすましが非常に困難 精度高く、経年変化少なく、手の表面の状態に影響されにくい

 

 

コラム:「ポスト・コロナ」の世界 その2 (2020/06/01)

 

  「ポスト・コロナ」の世界  (2020/05/05) の続編である。

 

 マイクロソフトの創業者のビル・ゲイツは、2015年に既に感染症によるパンデミックを予測・警鐘を発していた。そのビル・ゲイツが「ポスト・コロナ」の世界を予測している。過去の「世界恐慌」や「世界大戦」の後に起こったような社会的な大変革が起こると予測している(1)。

 

 既に医療分野ではその兆候が始まっている(2)(3)(4)。特にAR技術を使った手術支援システムは注目される。AR技術は色々な分野で使われだしているが、ARの本格的実業務への適用ともいえる。今の日本の医療分野での岩盤規制の撤廃へとつながるとも考えられる。

 

 今の全体主義国家の監視国家まではいかないが、緩やかな監視システムが自由主義国家でも使われだそうとしている(5)(6)。アップルとグーグルから提供されている「濃厚接触通知アプリ」APIは日本でも採用されているようである。

 

*新型コロナウィルス終息後に起こる「希望」をビル・ゲイツが語る・・・(1)

アフター・コロナは巨大IT企業に新たな勝ち組!? 専門家「医療分野は破壊的な変革期」・・・(2) 

大前研一「アフターコロナは遠隔診療を新常識にせよ」・・・(3)

世界中の患者にリモートで最良の手術を:あるスタートアップが手がけたAR手術支援システムの実力・・・(4)

アップルとグーグル、新型コロナ「濃厚接触通知アプリ」APIを正式提供・・・(5)

これからの時代、監視技術は「新型コロナウイルス対策」の名の下にオフィスに浸透していく・・・(6)

 

 

コラム:「コロナ不況」で今後の「自動運転車」はどうなるか (2020/05/22)

 

 人工知能(AI)の代表的適用事例の一つとして挙げられるのが「CASE」時代の一翼を担う「自動運転車」である。この「自動運転車」に対する見方が「コロナ不況」によって大きく変化した(例:下記記事1)。実際に米国やドイツの自動車メーカーにも自動運転車については大きな逆風が吹いているとも言われている。

 

 このため今後のCASEへの流れは世界的にも大きく減速だろうとみていた。特に日本を代表するトヨタは以前からCASEへ社運をかけて取り組んでいたのでトヨタの動きも注視していた。今年のCES 2020でもトヨタはCASEへの取り組みを大々的に世界に発信し、最近ではNTTの通信基盤を利用するため両社合わせて4千億円をかけて提携するとも発表していた。

 

 ところがトヨタは昨年度の決算発表では意外にもCASEへの取り組みだけは従来通り継続するとトヨタ社長自ら発表した(下記記事2)。二年前にCASEへの取り組みを社長自ら発表している。この苦境の中、日本を代表する経営者だけあると思えた。将来トヨタの大英断と言われるかもしれない。逆に反対の事も当然あり得るが。

 

 こんな中、従来から秘密裏に開発されていると言われていた「アップルカー」に関する記事が又出た(下記記事3)。「アップルカー」開発は公式には発表されていないが衆目の一致する事である。この不況の中「アップルカー」の開発中止が発表されるかもしれないと最近内心思っていた中で予想外であった。事実かどうかわからないが一年で二兆円の投資とは驚きである。

 

 CASEに関しては凄まじい動きが世界で展開されているのは事実だろう。

 

*コロナ禍が吹き飛ばした「自動運転」実現への道のり・・・(1)

*【速報】自動運転車を検証するWoven City「やり抜く」 トヨタ決算発表で強調・・・(2)

*アップルカー()、将来テスラと競合?2020年だけで研究開発に2兆円投資の噂・・・(3)

 

  参考:「CASE」

 

コラム:「コロナウィルス」とAI  (2020/05/16)

 

  現在のAI(人工知能)の第三次ブームのきっかけとなったのが、人間の脳を模したニューラルネットによる「ディープラーニング(深層学習)」の実用化が成功したためである。この誕生秘話が下記(1)で述べられている。

 

 当初AIは画像認識や音声認識等への適用から始まったが、その後適用分野は急速に広がり今ではあらゆる分野に広がっていると言っても過言ではない。身近な製品・システムでは「スマートスピーカー」「ロボット」「自動運転車」「医療診断」等であろう。

 数年前グーグルが翻訳ソフトに「ディープランニング」を利用することによって翻訳品質が格段に向上したと発表されたので筆者も試してみたらその翻訳品質の高さに驚いた事を覚えている。

 

 当時からAIは創薬などの医薬品開発にも利用されているという報道もあったが、最近はコロナ危機下でのワクチン・治療薬開発にAIが大きな役割を果たしている。下記(2)(3)。

 下記(4)の「読者からの特別寄稿」の中でも解説されている。

 

誕生秘話!「ディープラーニング」を成功に導いた「信じつづける」力  -- (1)

NECがコロナワクチンの設計情報をAIで解析  -- (2)

*人工知能が、新型コロナウイルスの有望な治療薬を見つけ出す -- (3)

 読者からの特別寄稿:「NECがコロナワクチンの設計情報をAIで解析」に対する解説  -- (4)

 

 

 コラム:「ポスト・コロナ」の世界 (2020/05/05)

 

  本日(5月5日)の「朝日新聞」に「GDP 33%減」「世界恐慌以来の衝撃」とあった。今の世界・日本の状況を考えれば予測される事態かもしれない。我々はそれなりの覚悟が必要かもしれない。

 

 しかしながら幸いにも欧米や米国で起こっているような悲惨なウィルス感染(死亡者などの多数の重篤患者数)までには至っていない。まだ仮説ではあるが「日本のBCG効果」が出ているのかもしれない。又、米国在住の読者(H氏)の情報では日本のHLA型(ヒト白血球抗原 HLAHuman Leucocyte Antigenが良い意味で影響している可能性もあるという見方もあるようだ。

 

 今後の「ポスト・コロナ」を考えるうえで、下記「ポスト・コロナの世界経済はこうなる--著名エコノミスト9人が語る」が参考になると思い、再度紹介しました。今後の議論の参考になれば幸いです。

 

 HLA型(ヒト白血球抗原 HLAHuman Leucocyte Antigen

HLA型はいわば白血球の血液型で、骨髄移植や臓器移植の際、ドナーとの適合度を照合する型です。A座、B座、C座、DR座という4座(8抗原)の区分の組み合わせで数万通りあるようです。(ウイキぺデイア)

 

ポスト・コロナの世界経済はこうなる──著名エコノミスト9人が語る

  「グローバル化と経済自立、そのバランスが焦点に」「戦争のような意識が大変革を可能にする」

 「内向き化」をあおる政治家に注意せよ 「グローバル化の棺に釘が打ち込まれる」

 「コロナ前の病弊がさらに悪化する」 「協調行動を取りやすい中銀の役割が増す」

 「リスク回避すれば景気停滞は悪化する」 「失われた雇用の多くは二度と戻らない」

 「グローバル化の中心はアメリカから中国に」 (Newsweek)

 

 以前のコラムもコラムから見られます。

 

 

新着IT情報 ウェブサイト内検索

2019/6/28からのアクセスカウンタ(訪問者数)