////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

 

--  講演会開催  --

日本の実際の「動向把握」に最適

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

                        提供:外村孝史氏              

///////////////////////////////////////////////////////////////////////

株式会社 DUALホールディングス & 不動産管理会社向け「空室管理WEB

140-0001 東京都品川区北品川1-8-11 Daiwa品川Northビル8

TEL03-5843-4018 (代表)FAX03-5843-4123

特定非営利法人ICAS(イカス) & 音声会話ロボット「ピコちゃん」開発センター

〒東京都港区新橋3-16-2(横山ビル6階)

 TEL03-3432-5859 (代表)FAX03-3432-5869

外村孝史  メール k_tomura@mtf.biglobe.ne.jp

/////////////////////////////////////////////////////////////////////// 

 

提供善行雑学大学

  

 

ーー 最新セミナー一覧 ーー

  

 

 

「自然災害を取り巻く環境の変化~防災科学の果たす役割~」

 2022年10月22日(土) 主催 日本学術会議 防災減災学術連携委員会

■「歴史総合をめぐって~歴史総合の教科書と授業を検討する~」 

 2022年10月29日(土) 主催 日本学術会議史学委員会、同中高大歴史教育に関する分科会

「21世紀前半に発生が確実視される国難級災害を乗り越えるためのレジリエンス確保のあり方」

 2022年10月22日(土) 主催 日本学術会議土木工学・建築委員会 IRDR 分科会

「日本の社会・産業をリードする化学系博士人材とは

 ~産学で取り組む博士人材育成と、これから博士を目指す学生への期待~」

 2022年11月05日(土) 主催 日本学術会議化学委員会、化学委員会化学企画分科会

地域の課題解決を地球環境課題への挑戦に結びつける超学際研究」

    2022年10月09日(日) 主催 日本学術会議

「高齢者や障害者の生活を支える新しい技術」

  2022年11月26日(土) 講師 星 善光(東京都立産業技術高等専門学校 准教授)

「明日から実践できる新規顧客開拓の成功原則」

  2022年11月02日(水) 講師  酒井 勇貴(合同会社クレイジーコンサルティング、中小企業診断士)

「激震が走る国際秩序と日本の進路」

  2022年10月24日(月) 講師 谷内正太郎(富士通フューチャースタディーズセンター理事長)

「介助車いす体験とものづくり」

  2022年11月19日(土) 講師  田村 恵万(東京都立産業技術高等専門学校 教授)

「おいしさの科学~その構造と異議~」

  2022年1119日(土) 講師 山野 善正((一社) おいしさの科学研究所 理事長、名誉教授)

「ウクライナ戦争後の世界経済」

 2022年10月19日(水) 講師 竹森俊平(三菱UFJリサーチ&コンサルティング㈱ 理事長)

「地域の課題解決を地球環境課題への挑戦に結びつける超学際研究」

  2022年10月09日(日) モデレータ 大手 信人(日本学術会議連携会員、京都大学教授)

「若手研究者をとりまく評価~調査結果報告と論点整理~」

  2022年10月06日(木)主催 日本学術会議若手アカデミー、若手アカデミー地域活性化に向けた社会連携分科会

「加速するエネルギー転換と脱炭素に向かう世界と日本~再生可能エネルギー100%達成に向けて~」

  2022年10月22日(土) 講師 深井賢一(一般社団法人ソーシャルプロダクツ普及推進協会 事務局長)

「歴史総合をめぐって~”歴史総合”の教科書と授業を検討する~」

 2022年10月29日(土) 主催 日本学術会議史学委員会

挑戦し続ける起業家のリアルと思考に学ぼう」

 2022年10月05日(水) 講師 岸 洋路(ハドラスホールディングス㈱ 取締役)

「宗教・暴力・戦争(紛争)~歴史から見る現在~」

 2022年10月08日()  主催 明治学院大学

「イタリアオペラの風を感じて~現役オペラ歌手・ピアニストによるレクチャー コンサート~」

 2022年10月29日(土) 主催 港ユネスコ協会  無料

「脱炭素時代の住宅におけるグレートリセット」

  2022年11月21日(月) 主催 一般財団法人 住総研

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

自然災害を取り巻く環境が変化しています。時代とともに、災害の要因だけでなく、

災害を受ける社会も急激に変わっています。地球温暖化、地形の改変、計画性のない都

市のスプロール化、生物多様性の喪失、森林の荒廃など、多くの変化が顕れています。

「人新世」という概念が、地質学会などで検討されています。人類の活動は飛躍的に

拡大し、一人当たりの環境負荷は増大し、爆発的に増加した人口との相乗効果により、

地球の環境は改変されています。

COP26 など地球温暖化に関する国際的な枠組みが本格的に議論されている現在、この

ような大きな時代認識を踏まえて、自然災害を取り巻く環境の変化と、その対応を議論

するのは意義あることと考えます。近年、環境の変化もあり、自然災害と感染症との複合

災害、線状降水帯の頻発化、熱海の盛土崩落による土石流、トンガの火山噴火と津波、

日本の海底火山の噴火と軽石の漂流など、新たな多様なハザード(危機)と災害が出現

ています。また、新たに検討されている日本海溝・千島海溝周辺型地震では、寒冷で平坦

で人口密度の低い土地における津波・地震対策が課題になっています。

防災に関わる学協会は出現した多様なハザードへの備えという重大な課題に直面してい

ます。自然災害を取り巻く環境が変化する中で、防災科学が果たすべき役割に焦点を当て

て、広く意見交換をしたいと思います。

 

「自然災害を取り巻く環境の変化~防災科学の果たす役割~」

 

1.日時 2022年10月22日(土)16:30~18:00

2.開催方式 Zoomウェビナーによるオンライン開催

3.参加費 無料(定員1000名(オンライン))

4.プログラム(詳細https://www.scj.go.jp/ja/event/2022/330-s-1022.html

 < 基調講演 >

  テーマ 「人類の活動による環境変化と災害の多様化」

   講師 米田雅子(日本学術会議第三部会員、防災減災学術連携委員会委員長)

 < 講演 「自然災害を取り巻く環境の変化と防災科学の果たす役割」に関する発表 >

  テーマ1 「線状降水帯~その実態と予測精度向上にむけた学官連携~」

   講師 安田珠幾(日本気象学会)

  テーマ2 「気候変動や森林荒廃に伴う土砂災害の被害軽減に向けて」

   講師 小杉賢一朗(砂防学会) 

  テーマ3 「流域治水に資するレジリエントな建築環境の構築」

   講師 長谷川兼一(日本建築学会)

  テーマ4 「農業・農村の強靱化に貢献する農村防災技術」

   講師 後藤高広(農業農村工学会)

  テーマ5 「だれもが参加しやすい避難訓練」

   講師 矢守克也(日本自然災害学会) 

5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込みください。

     https://www.scj.go.jp/ja/event/2022/330-s-1022.html

6.問い合わせ先 一般社団法人 防災学術連携体

TEL:03-3830-0188Mail: officejanet-dr.com

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

(第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー一覧をご覧いただけます)

 

    主催 日本学術会議 防災減災学術連携委員会

 

共催 (一社)防災学術連携体

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

このシンポジウムシリーズでは過去5回にわたって「歴史総合」について

各方面から検討してきたが、令和4年4月から実際に「歴史総合」の授業が

始まり、教科書が使用されている。そして、教科書は市販もされ、多くの人

が見られるようになった。これらを受けて、どのような教科書が出来上がっ

たか、学習指導要領とその解説の趣旨はどのように実現されたかなどを検討

する。さらに、授業で使う教科書とは何か、授業ではどのように利用される

のか、歴史用語の暗記中心の歴史教育から大きく脱皮した新学習指導要領の

下で、「歴史総合」では、教科書はどのように位置付けられるか、教科書と授

業の関係を検討する。

 

「歴史総合をめぐって~歴史総合の教科書と授業を検討する~」

 

1.日時 2022年10月29日(土)13:30~17:30

2.開催方式 オンライン開催

3.参加費 無料(定員300名)

4.プログラム(詳細https://www.scj.go.jp/ja/event/2022/328-s-1029.html

 < 報告 >

  テーマ1 「“歴史総合”のめざすもの~教科書の検討から~」

   講師 黒川みどり(静岡大学教育学部教授)

  テーマ2 「“歴史総合”の教科書分析と~年間の授業づくり~」

   講師 若杉 温(千葉県立幕張総合高校教諭)

  テーマ3 「歴史教育実践と教科書」

   講師 坂井 俊樹(日本学術会議連携会員、開智国際大学教育学部教授、東京学芸大学名誉教授)

 < パネルディスカッション >

  テーマ 「歴史総合をめぐって~歴史総合の教科書と授業を検討する~」

  パネリスト

   ・黒川みどり(静岡大学教育学部教授)

   ・若杉 温(千葉県立幕張総合高校教諭)

   ・坂井 俊樹(日本学術会議連携会員、開智国際大学教育学部教授、東京学芸大学名誉教授)

5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込みください。

6.問い合わせ先 wakao.masakir.hit-u.ac.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

(第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー一覧をご覧いただけます)

 

   主催 日本学術会議史学委員会、同中高大歴史教育に関する分科会

 

共催 日本歴史学協会

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

南海トラフ地震、首都直下地震など21世紀前半に発生が確実視される超巨大災害

が切迫している。また、全国的に甚大な水害の発生の危険性が高まっており、経済・

社会活動が集中する首都圏では深刻である。こうした国難級リスクを乗り越えるため、

残された時間の中で何を準備して、発災後はどのように対応すべきかであろうか。

学術、行政、民間、メディアの見地から、国難災害を乗り越える俯瞰的な戦略と実

行可能な具体的方策について討議する。

 

「21世紀前半に発生が確実視される国難級災害を乗り越えるためのレジリエンス確保のあり方」

 

1.日時 2022年10月22日(土)14:30~16:00

2.開催方式 ハイブリッド方式(会場リアル+WEB(ZOOM)オンライン)

    (リアル会場)兵庫県神戸市 JICA 関西2F ブリーフィング室 セッションシアター

(オンライン)ZOOM

3.参加費 無料(定員100名(リアル)、定員なし(オンライン))

4.プログラム(詳細https://www.scj.go.jp/ja/event/2022/330-s-1022-2.html

< 基調講演 国難災害とは >

 テーマ 「21世紀に国難災害がもたらす課題の全体像」

講師 河田 惠昭 (ひょうご震災記念 21 世紀研究機構 人と防災未来センター センター長)

 < 講演 国難災害を乗り越える3つのヒント >

  テーマ1 「津波シェルタータスカル8」

   講師 水野 茂 (㈱ミズノマリン 代表取締役)

  テーマ2 「伝えることで解決できること~残された課題解決のために~」

   講師 大牟田 智佐子 (毎日放送 報道情報局 部次長)

  テーマ3 「大阪北部地震の経験から・あらゆる主体に基づく防災のあり方」

講師 多田 明世 (元大阪府茨木市 危機管理課長、よんなな防災会女子部 管理者)

 < 提言 >

テーマ 「国難級災害を乗り越えるためのレジリエンス確保のあり方」

 < 総合討論 >

  司会 川崎 昭如 (日本学術会議連携会員、東京大学教授、未来ビジョン研究センター)

5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込みください。

https://www.scj.go.jp/ja/event/2022/330-s-1022-2.html

6.問い合わせ先 防災減災連携研究ハブ事務局(国立研究開発法人防災科学技術研究所)

info-jho*bosai.go.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

(第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー一覧をご覧いただけます)

 

   主催 日本学術会議土木工学・建築委員会 IRDR 分科会

 

共催 防災減災連携研究ハブ(JHoP) 

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

長年の課題である博士進学者減少・博士人材育成問題への取り組みの一環として、

特に化学系博士・企業に焦点を当て、企業が有能な博士人材を積極的に採用している

こと、結果として博士人材が企業で活躍できていることを学生に伝えることで、学生

の博士進学の背中を押すとともに、求められる博士人材像を明示し、博士課程で企業

・社会で活躍でき価値を認められるような人材育成を支援する。

 

「日本の社会・産業をリードする化学系博士人材とは

~産学で取り組む博士人材育成と、これから博士を目指す学生への期待~」

 

1.日時 2022年11月05日(土)10:00~17:00

2.開催方式 ハイブリッド方式(会場リアル+WEB(ZOOM)オンライン)

    (リアル会場)日本学術会議講堂

      住所 東東京都港区六本木7-22-34

      電車 東京メトロ千代田線「乃木坂」駅5出口

      地図 https://www.scj.go.jp/ja/other/info.html

    (オンライン)ZOOM

3.参加費 無料(定員250名(リアル)、1000名(オンライン)

4.プログラム(詳細https://www.scj.go.jp/ja/event/2022/327-s-1105.html

 < 基調講演 >

  テーマ 「企業で活躍する博士人材」

   講師 平井 良典(AGC㈱代表取締役 社長執行役員CEO

 < 講演 >

  テーマ1 「学生から見た博士課程進学」

   講師 西村 君平 (東北大学大学院理学研究科特任講師)

  テーマ2 「企業が博士に期待すること

~研究者とは異なる目線から見た博士のポテンシャルとパワー~」

   講師 垣本 昌久(三菱ケミカルグループ㈱経営企画部長)

  テーマ3 「企業が博士人材を求める理由と期待

~住友化学の採用&入社後キャリアパスの実際を例として~」

   講師 住田 佳代(住友化学㈱理事・バイオサイエンス研究所長)

  テーマ4 「博士たちは今~化学出身の新聞記者が考える問題点~」

   講師 杉森 純(読売新聞東京本社調査研究本部主任研究員)

  テーマ5 「博士人材のイメージとリアル~博士・企業ごとに異なる現実~」

   講師 吉原 拓也(北海道大学大学院教育推進機構先端人材育成センター長・教授)

 < パネルディスカッション >

  テーマ 「日本の社会・産業をリードする化学系博士人材とは

~産学で取り組む博士人材育成と、これから博士を目指す学生への期待~」

  モデレータ 関根千津

  パネリスト

   ・平井 良典(AGC㈱代表取締役 社長執行役員CEO

   ・西村 君平 (東北大学大学院理学研究科特任講師)

   ・垣本 昌久(三菱ケミカルグループ㈱経営企画部長)

   ・住田 佳代(住友化学㈱理事・バイオサイエンス研究所長)

   ・杉森 純(読売新聞東京本社調査研究本部主任研究員)

   ・吉原 拓也(北海道大学大学院教育推進機構先端人材育成センター長・教授)

5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込みください。

   https://www.scj.go.jp/ja/event/2022/327-s-1105.html

6.問合せ先 Chemhakase22.gakujutsugmail.com

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

(第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー一覧をご覧いただけます)

 

   主催 日本学術会議化学委員会、化学委員会化学企画分科会

 

協賛 公益社団法人化学工学会、公益社団法人高分子学会

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

地球規模課題の解決には、学術界、産業界、行政、市民団体などの多様な

ステークホルダーとの協働が不可欠であり、協働企画、協働生産、協働発信

を行うトランスディシプリナリー研究(超学際研究)の推進が求められるが、

その本質は、各地域での課題解決の取組に宿っている。

 本フォーラムでは、地域の課題解決に取り組んでいる国内外の実践的な超

学際研究の好事例を紹介し、それをいかに地球規模課題の解決に資する超学

際研究に結び付け、研究の推進や成果創出の加速に結び付けていけるのかに

ついて議論する。また、当該研究分野の将来の発展に向けて研究評価の在り

方や人材育成についても意見交換を行う。

 

地域の課題解決を地球環境課題への挑戦に結びつける超学際研究」

 

.日時 2022年10月09日(日)13:30~16:15

..開催方式 ハイブリッド方式(会場リアル+WEB(ZOOM)オンライン)

    (リアル会場)日本学術会議講堂

      住所 東東京都港区六本木7-22-34

      電車 東京メトロ千代田線「乃木坂」駅5出口

      地図 https://www.scj.go.jp/ja/other/info.html

    (オンライン)ZOO

.参加費 無料

.プログラム(詳細https://www.scj.go.jp/ja/event/2022/327-s-1009.html

< パネルディスカッション1 >

テーマ 「地域の課題解決へ向けた超学際研究」

モデレータ 大手 信人(日本学術会議連携会員、京都大学教授)

「講 演」

  テーマ1 「課題解決を目指す超学際研究の取り組み方」

 講師 北川 尚美(日本学術会議第三部会員、東北大学教授)

テーマ2 「貧困地域における感染症撲滅とユニバーサルヘルスカバレッジ」

講師 國井 修(公益社団法人グローバルヘルス技術振興基金(GHIT FundCEO

< パネルディスカッション2 >

テーマ 「地球規模課題の解決に向けた超学際研究は果たして可能か

モデレータ 江守 正多(日本学術会議連携会員、東京大学教授、国立環境研究所上級主席研究員)

「講 演」

テーマ1 「若手研究者は超学際研究で国際都市課題にどう取り組むのか」

講師 小野 悠(日本学術会議連携会員、豊橋技術科学大学大学院准教授)

テーマ2 「超学際研究推進のための効果的な研究評価システムの構築」

講師 谷口 真人(日本学術会議連携会員、総合地球環境学研究所副所長・教授)

 < まとめと今後の展望 >

  大手 信人(日本学術会議連携会員、京都大学教授)

.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込みください。

    https://www.scj.go.jp/ja/event/2022/327-s-1009.html

.問い合わせ先 日本学術会議事務局企画課学術フォーラム担当

    電話:03-3403-6295

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

(第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー一覧をご覧いただけます)

***「メルマガ79号~マツモトコウキの経営119番~」 (添付)提供 松本光輝氏

 

   主催 日本学術会議

 

後援 Future Earth国際事務局日本ハブ、フューチャー・アース日本委員会

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

高齢者や障害者に関連する研究や開発の現状を網羅的に解説し、問題点や展望

についての理解を深めます。また、超高齢社会を迎える日本における生活支援工

学の重要課題と展望についても学びます。工学技術が高齢者や障害者の支援にど

のように生かせるかについて例題を用いて参加者も含めて議論します。機器だけ

でなくサービスや制度についても学びます。

 

「高齢者や障害者の生活を支える新しい技術」

 

1.日時 2022年11月26日(土)18:00~20:00

2.会場 東京都立産業技術高等専門学校 荒川キャンパス

   (住所)荒川区南千住8-17-

   (電車)JR常磐線・東京メトロ日比谷線・つくばエクスプレス「南千住駅」徒歩約15分

   (地図)https://www.metro-cit.ac.jp/information/access.html

3.参加費 800円(定員20名)

4.プログラム(詳細 https://www.metro-cit.ac.jp/topics/open_c_3070_00004.html

 < 講義&体験事例 >

  テーマ 「高齢者や障害者の生活を支える新しい技術」

  講師 星 善光(東京都立産業技術高等専門学校 准教授)

5.参加申し込み方法 下記YRLより申し込みください。

https://www.metro-cit.ac.jp/topics/open_c_3070_00004.html

6.問い合わせ先 高専荒川キャンパス管理課 オープンカレッジ担当

   TEL03 ( 3801 ) 0145 FAX03 ( 3801 ) 9898

 E-mail: aoffice@metro-cit.ac.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

(第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー一覧をご覧いただけます)

 

 

   主催 東京都立産業技術高等専門学校 

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

スモールビジネスの経営における最大のリスクは“売上の一社依存

です。売上を分散化させて安定した強い経営基盤を築き、更なる業績

拡大を実現する上で、新たな取引先の開拓、即ち“新規顧客開拓”は

避けては通れません。本研修では、ネームバリューがないスモールビ

ジネスでも実践可能な実新規開拓技法(営業技法)を余すことなくお

伝えします。“待ちの開拓”ではなく、“仕掛けて獲る”という攻めの

新規開拓のノウハウをぜひ手にしてください。

 

「明日から実践できる新規顧客開拓の成功原則」

 

1.日時 2022年11月02日(水)10:00~17:00

2.開催方式 インターネット回線を通じたオンライン形式(Zoomを利用)

3.参加費 8,000円(定員20名)

4.プログラム(詳細https://www.tokyo-kosha.or.jp/topics/2211/0001.html

 < 講演 >

  テーマ 「明日から実践できる新規顧客開拓の成功原則」

  講師  酒井 勇貴(合同会社クレイジーコンサルティング、中小企業診断士)

  内容(1)“新規顧客開拓”とは“数×率”を最大化する科学である。

(2)まずはマーケティングとセールス(営業)の関係性を理解せよ!

(3)誰もが売り込まれたくない!でも“○○”はしたい!まずは人間心理を理解せよ!

(4)売り込まずに新規開拓を成功させる質問テクニックとは?

(5)“成果をつくり込む”ための営業マネジメント技法とは?

(6)失注先・失注案件すらも売上に変える営業テクニックとは?

5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込みください。

     https://www.tokyo-kosha.or.jp/topics/2211/0001.html

6.問い合わせ先 公益財団法人東京都中小企業振興公社 企業人材支援課

TEL03-3251-7904FAX03-3251-7909

E-mailkigyo-kensyu@tokyo-kosha.or.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

(第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー一覧をご覧いただけます)

 

 

主催 公益財団法人東京都中小企業振興公社

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

その後、ウクライナ侵攻及び米中対立など地政学的なリスクの顕在化に

より不確実性が高まっていることを踏まえ、「国際安全保障局長」や「外務

事務次官」を歴任された谷内正太郎氏(富士通フューチャースタディーズセ

ンター理事長)を講師に招き、昨今の国際情勢を踏まえて、これからの日本

がすべきことについて解説していただきます。ぜひ、ご参加ください。

 

「激震が走る国際秩序と日本の進路」

 

1.日時 2022年10月24日(月)14:00~15:30

2.開催方式  ハイブリッド(会場リアル)+ オンライン(ZOOMライブ配信)

(リアル会場)東京商工会議所 東京ホール カンファレンスルーム 5階

      住所 千代田区丸の内3--(丸の内二重橋ビル 5階)

電車 東京メトロ千代田線「二重橋前〈丸の内〉」駅直結(B5出口)

      地図 https://www.tokyo-cci.or.jp/about/map/

    (オンライン)ZOOM

4.プログラム(詳細http://msg.tokyo-cci.or.jp/mail/u/l?p=H67PYhIIeFbt08HgY

 < 講演 >

  テーマ 「激震が走る国際秩序と日本の進路」

   講師 谷内正太郎(富士通フューチャースタディーズセンター理事長)

5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込みください。

      http://msg.tokyo-cci.or.jp/mail/u/l?p=H67PYhIIeFbt08HgY

6.問い合わせ先 東京商工会議所 国際部

     03-3283-7604、 kokusai@tokyo-cci.or.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

(第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー一覧をご覧いただけます)

 

 

主催 東京商工会議所

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

高齢者人口は増加の一途をたどる一方です。本講座では介護の現場で最も使われ

ている介助車いすを題材とします。実際にさまざまなコースを車椅子で走行し、介

助者および搭乗者の立場からの体験をまとめディスカッションを行います。車いす

の介助者ならびに搭乗者の立場に立った車いす設計の際に有効となる内容について、

ディスカッションを通して明らかにしていきます。介助車いすに関する最近の研究

事例についても紹介します。

 

「介助車いす体験とものづくり」

 

1.日時 2022年11月19日(土)13:00~16:30

2.会場 東京都立産業技術高等専門学校 荒川キャンパス

   (住所)荒川区南千住8-17-

   (電車)JR常磐線・東京メトロ日比谷線・つくばエクスプレス「南千住駅」徒歩約15分

   (地図)https://www.metro-cit.ac.jp/information/access.html

3.参加費 2,100円(定員10名)

..プログラム(詳細https://www.metro-cit.ac.jp/community/open_index.html

 < 講義&体験事例 >

  テーマ 「介助車いす体験とものづくり」

  講師  田村 恵万(東京都立産業技術高等専門学校 教授)

講師  冨田 宏貴(同 准教授)

5.参加申し込み方法 下記YRLより申し込みください。

https://www.metro-cit.ac.jp/topics/open_c_3066_00010.html

6.問い合わせ先 高専荒川キャンパス管理課 オープンカレッジ担当

     TEL03 ( 3801 ) 0145 FAX03 ( 3801 ) 9898

 E-mail: aoffice@metro-cit.ac.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

(第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー一覧をご覧いただけます)

 

     主催 東京都立産業技術高等専門学校

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

食は生の原点である。人間の三大欲望である、食欲、性欲、睡眠欲のうち、食欲が

最後まで残るという。また高齢者に対して衣食住の重要性についてアンケートすると、

食が最重要であると回答される。食品の品質の3要素(栄養、安全、おいしさ)のう

ち、最後の決め手は「おいしさ」である。おいしさは、化学的要素(味、匂い)と物

理的要素(テクスチャー:食感、外観・色、温度、音)からなる。それぞれの知覚シ

ステムを概観し、具体例を挙げて、評価法(客観的:機器による、主観的:官能検査)

について解説する。時間が許せば、外国への食材の輸出促進を目指した外国人の嗜好

性調査について紹介する。

 

「おいしさの科学~その構造と異議~」

 

1.日時 2022年1119日(土)13:30~16:15

2.開催方式 (ハイブリッド開催) 会場(リアル)+ WEBZOOMオンライン)

   (リアル会場)品川区立中小企業センター 2F中講習室

     住所 品川区西品川1-28-3

     電車 東急大井町線・下神明駅徒歩2

     地図 https://stf.or.jp/top/images/file/m476.pdf

   (オンライン)ZOOM 

3.参加費 一般 2000円

4.プログラム(詳細https://stf.or.jp/top/infodetail.php?SN=703&page=1&cate=cate01

 < 講演 >

  テーマ 「おいしさの科学~その構造と異議~」

  講師 山野 善正((一社) おいしさの科学研究所 理事長、名誉教授)

5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込みください。

     https://stf.or.jp/top/infodetail.php?SN=703&page=1&cate=cate01

..問い合わせ先 科学技術者フォーラム 11月度セミナー担当 太田 哲夫

     futotetsu@gmail.com,   080-5883-3000

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

(第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー一覧をご覧いただけます)

 

    主催 科学技術者フォーラム

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ロシアがウクライナに侵攻して以降、国際的な緊張が高まっています。

その影響は政治・社会面のみならず経済面にも大きな影響を及ぼし、

新型コロナウイルスから回復傾向にあった各国の経済成長も鈍化しています。

 今回は三菱UFJリサーチ&コンサルティング㈱の竹森俊平氏をお招きし、

後の世界経済の動向についてい話しいただきます。是非、多くの皆様にご

参加いただきたく、ご案内申し上げます。

 

「ウクライナ戦争後の世界経済」

 

1.日時 2022年10月19日(水)10:30~12:00

2.開催方式 ハイブリッド方式(会場リアル+WEB(ZOOM)オンライン)

    (リアル会場)東商ホール&カンファレンスルーム5階「RoomA1A2

      住所 東京都千代田区丸の内3-2-2

      電車 東京メトロ千代田線「二重橋前〈丸の内〉」駅直結(B5出口)

      地図 https://tokyo-marunouchi.jp/ja/access_ja

    (オンライン)ZOO2.開催方式 Zoomによるオンライン開催

3.参加費 無料(定員30名・リアル会場、オンライン制限なし)

4.プログラム(詳細https://myevent.tokyo-cci.or.jp/detail.php?event_kanri_id=200687

 < 講演 >

  テーマ 「ウクライナ戦争後の世界経済」

  講師 竹森俊平(三菱UFJリサーチ&コンサルティング㈱ 理事長)

5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込みください。

     https://myevent.tokyo-cci.or.jp/detail.php?event_kanri_id=200687

6.問い合わせ先 東京商工会議所 小野寺・小野・張替

TEL:03-3283-7724、chusho@tokyo-cci.or.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

(第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー一覧をご覧いただけます)

 

 

           主催 東京商工会議所

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

地球規模課題の解決には、学術界、産業界、行政、市民団体などの多様な

ステークホルダーとの協働が不可欠であり、協働企画、協働生産、協働発信

を行うトランスディシプリナリー研究(超学際研究)の推進が求められるが、

その本質は、各地域での課題解決の取組に宿っている。

 本フォーラムでは、地域の課題解決に取り組んでいる国内外の実践的な超

学際研究の好事例を紹介し、それをいかに地球規模課題の解決に資する超学

際研究に結び付け、研究の推進や成果創出の加速に結び付けていけるのかに

ついて議論する。また、当該研究分野の将来の発展に向けて研究評価の在り

方や人材育成についても意見交換を行う。

 

「地域の課題解決を地球環境課題への挑戦に結びつける超学際研究」

 

1.日時 2022年10月09日(日)13:30~16:15

2.開催方式 ハイブリッド方式(会場リアル+WEB(ZOOM)オンライン)

    (リアル会場)日本学術会議講堂

      住所 東東京都港区六本木7-22-34

      電車 東京メトロ千代田線「乃木坂」駅5出口

      地図 https://www.scj.go.jp/ja/other/info.html

    (オンライン)ZOO

3.参加費 無料

4.プログラム(詳細https://www.scj.go.jp/ja/event/2022/327-s-1009.html

 < パネルディスカッション1 地域の課題解決へ向けた超学際研究 >

  モデレータ 大手 信人(日本学術会議連携会員、京都大学教授)

講演1 「課題解決を目指す超学際研究の取り組み方」

講師 北川 尚美(日本学術会議第三部会員、東北大学教授)

講演2 「貧困地域における感染症撲滅とユニバーサルヘルスカバレッジ」

講師 國井 修(公益社団法人グローバルヘルス技術振興基金)

 < パネルディスカッション2 地球規模課題の解決に向けた超学際研究は果たして可能か >

  モデレータ 江守 正多(日本学術会議連携会員、東京大学教授、国立環境研究所上級主席研究員)

講演1 「若手研究者は超学際研究で国際都市課題にどう取り組むのか」

講師 小野 悠(日本学術会議連携会員、豊橋技術科学大学大学院准教授)

講演2 「超学際研究推進のための効果的な研究評価システムの構築」

講師 谷口 真人(日本学術会議連携会員、総合地球環境学研究所副所長・教授)

 < まとめと今後の展望 >

  講師 大手 信人(日本学術会議連携会員、京都大学教授)

5.参加申し込み方法 下記URLの手順にしたがって申し込みください。

     https://form.cao.go.jp/scj/opinion-0110.html

6.問い合わせ先 日本学術会議事務局企画課学術フォーラム担当

 電話:03-3403-6295

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

(第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー一覧をご覧いただけます)

 

 

           主催 日本学術会議

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

世界的な競争、評価をめぐる問題、キャリアパスに関する課題など、

若手研究者をめぐる研究・知識生産の環境は多くの課題を抱えていま

す。安定的な活動基盤の獲得のために、時にチャレンジングな研究の

回避、あるいは評価指標を過度に気にした活動などの弊害が指摘され、

知識生産の可能性を損ねていくことが危惧されています。

日本学術会議若手アカデミーでは、2022年6月から7月にかけ

て「若手研究者をとりまく評価に関する意識調査」(Webアンケート)

を実施し、全国の多くの若手研究者から回答を得ました。

本シンポジウムでは意識調査の結果を報告するとともに、若手研究

者をめぐる評価のあり方について幅広い視点から議論し、知識生産を

めぐるより良いエコシステムの形成に向けた論点整理を行います。

 

「若手研究者をとりまく評価~調査結果報告と論点整理~」

 

1.日時 2022年10月06日(木)13:00~15:30

2.開催方式 オンライン開催

3.参加費 無料(定員1000人)

4.プログラム(詳細 https://www.scj.go.jp/ja/event/2022/330-s-1006.html

< 報告 >

テーマ 「“若手研究者をとりまく評価に関する意識調査”結果報告」

報告 標葉 隆馬(日本学術会議特任連携会員、大阪大学社会技術共創研究センター准教授)

< パネルディスカッション >

 テーマ 「若手研究者をとりまく評価~調査結果報告と論点整理~」

 コーディネーター

岸村 顕広(日本学術会議連携会員、九州大学分子システム科学センター准教授)

近藤 康久(日本学術会議連携会員、大学共同利用機関法人人間文化研究機構総合地球環境学研究所准教授)

パネリスト

 テーマ1 「経営学からみる若手研究者評価」

  講師 服部 泰宏(神戸大学大学院経営学研究科准教授)

テーマ2 「研究環境からみる若手研究者評価」

講師 江端 新吾(東京工業大学戦略的経営オフィス教授、内閣府政策統括官(上席科学技術政策フェロー)

テーマ3 「ライフプラン・キャリアパスからみる若手研究者評価」

講師 加藤 千尋(日本学術会議連携会員、若手アカデミー会員、弘前大学農学生命科学部准教授)

テーマ4「産官学人材流動からみる若手研究者評価」

講師 塚本 直樹(富士フイルム㈱技術マネージャー)

テーマ5 「国際からみる若手研究者評価」

講師 新福 洋子(日本学術会議連携会員、広島大学副学長)

講師 小野 悠(日本学術会議連携会員、豊橋技術科学大学大学院工学研究科准教授)

講師 標葉 隆馬(日本学術会議特任連携会員、大阪大学社会技術共創研究センター准教授)

5.参加申し込み方法 下記URLより申し込み下さい。

https://www.scj.go.jp/ja/event/2022/link/330-s-1006_link_1.html

6.問い合わせ先 小野 悠(豊橋技術科学大学)

E-mail: ono.haruka.ac@tut.jp 

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

(第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー一覧をご覧いただけます)

 

 

    主催 日本学術会議若手アカデミー、若手アカデミー地域活性化に向けた社会連携分科会

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

過去10年で太陽光発電のコストは9割低下しました。安価な自然エネルギーの

世界的な普及が脱炭素化を加速させています。また、今年に入ってからのロシアの

ウクライナ侵攻は、エネルギー自立の重要性を改めて認識させ、各国のエネルギー

政策に大きな影響を与えています。現在、主要各国は自然エネルギーを中心とした

エネルギー転換をより加速させ、2030年代には電力の脱炭素化をを目指してい

ます。一方で、日本のエネルギー自給率は他国に比べて著しく低いままで、昨年発

表された「第6次エネルギー基本計画」で定められた2030年の新しいエネルギ

ー目標も化石燃料の利用が中心です。本セミナーでは、日本のエネルギー転換を推

進し自然エネルギーを中心としたエネルギー利用にむけた諸課題についてお話しま

す。ロシアのウクライナ侵攻を受けた各国のエネルギー政策の現状や、日本の自然

エネルギー動向を紹介するとともに、企業や自治体、NGOをはじめとする市民の役

割と連携について、ご参加の皆さんと一緒に考えてみたいと思います。

 

「加速するエネルギー転換と脱炭素に向かう世界と日本~再生可能エネルギー100%達成に向けて~」

 

1.日時 2022年10月22日(土)13:30~16:15

2.開催方式 ハイブリッド方式(会場リアル+WEB(ZOOM)オンライン)

   (リアル会場)品川区立中小企業センター2F 中講習室

    住所 東京都品川区西品川1-28-3

    電車 東急大井町線・下神明駅徒歩2/JR 京浜東北線・大井町駅徒歩15

    地図 https://stf.or.jp/top/images/file/m476.pdf

   (オンライン)ZOOM

3.参加費 一般2,000円

4.プログラム(詳細https://peatix.com/event/3351857

 < 講演 >

  テーマ 「加速するエネルギー転換と脱炭素に向かう世界と日本~再生可能エネルギー100%達成に向けて~」

  講師 大林 ミカ(公益財団法人 自然エネルギー財団 事業局長)

5.参加申し込み方法 下記URLより申し込みください。

     https://peatix.com/event/3351857

     (*事前に「Peatix(WEBチケット)」※でお支払いください。)

6.問い合わせ先 科学技術者フォーラム(STF) 角野 章之 

sumino@gate01.com,   090-4668-8931

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

(第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー一覧をご覧いただけます)

 

    主催 科学技術者フォーラムセミナー

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

このシンポジウムシリーズでは過去5回にわたって「歴史総合」について

各方面から検討してきたが、令和4年4月から実際に「歴史総合」の授業が

始まり、教科書が使用されている。そして、教科書は市販もされ、多くの人

が見られるようになった。これらを受けて、どのような教科書が出来上がっ

たか、学習指導要領とその解説の趣旨はどのように実現されたかなどを検討

する。さらに、授業で使う教科書とは何か、授業ではどのように利用される

のか、歴史用語の暗記中心の歴史教育から大きく脱皮した新学習指導要領の

下で「歴史総合」では、教科書はどのように位置付けられるか、教科書と授

業の関係を検討する。

 

「歴史総合をめぐって~”歴史総合”の教科書と授業を検討する~」

 

1.日時 2022年10月29日(土)13:30~17:30

2.開催方式 オンライン開催

3.参加費 無料(定員300名)

4.プログラム(詳細https://www.scj.go.jp/ja/event/2022/328-s-1029.html

< 報告 >

テーマ1 「“歴史総合”のめざすものー教科書の検討から」

報告 黒川みどり(静岡大学教育学部教授)

テーマ2 「“歴史総合”の教科書分析と一年間の授業づくり」

報告 若杉 温(千葉県立幕張総合高校教諭)

テーマ3 「歴史教育実践と教科書」

報告 坂井 俊樹(日本学術会議連携会員、開智国際大学教育学部教授)

< パネルディスカッション >

 テーマ 「歴史総合をめぐって~”歴史総合”の教科書と授業を検討する~」

 パネリスト

  ・黒川みどり(静岡大学教育学部教授)

・若杉 温(千葉県立幕張総合高校教諭)

・坂井 俊樹(日本学術会議連携会員、開智国際大学教育学部教授)

5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込み下さい・

   https://www.scj.go.jp/ja/event/2022/328-s-1029.html

6.問い合わせ先 日本学術会議 メールアドレス:wakao.masaki@r.hit-u.ac.jp

   

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

(第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー一覧をご覧いただけます)

***「ヒューファク安全情報_22-09-04_読者からのコメント」(添付)提供 佐久間秀武氏 

 

主催 日本学術会議史学委員会

 

共催 日本歴史学協会

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

日本の開業率は、諸外国と比較して低く、その要因のひとつとして、「失敗への恐れ」

があります。また、日本は世界と比較して再チャレンジの機会が得づらい環境・風土が

あり、起業意欲を失わせていました。今回のテーマである、”挑戦し続ける起業家”は許

容範囲内でリスクを取ってチャレンジし、失敗してもそこから学びという果実を得て、

次のチャレンジの糧としている方々です。なかなか一歩を踏み出せない者にとっては、

そのリアルや思考がとても気になるところ。国もいま、そのようなチャレンジを支援し

ています。今回は、過去の起業経験を活かし活躍されている岸さんをゲストとしてお迎

えし、これまでの起業経験や、廃業と再チャレンジについて「資金調達の難しさはあっ

た?」「心理的な障壁や燃え尽きはなかった?」「支援策は活用した?」など、色々お伺

いしていきます。また今回のファシリテーターかつ支援者である洞口先生に、再挑戦す

る起業家への支援制度についてもいくつかお話頂きます。

一度事業を立ち上げた経験がある方、起業をキャリア選択の手段として考えている方

など、是非ご参加頂き、質問もして頂き、自身のライフプラン・キャリアプラン構築の

新たな視点を得て頂ければと思います。ファシリテーターは、Youtubeで登録者10.

万人のほらっちチャンネルを運営している洞口先生です。ご参加をお待ちしております!

 

「”挑戦し続ける起業家”のリアルと思考に学ぼう」

 

1.日時 2022年10月05日(水)19:00~20:30

2.開催方式 オンライン

3.参加費 無料(定員20名)

4.プログラム(詳細https://tips.smrj.go.jp/events/20221005-the-reality-and-thoughts-of-an-entrepreneur/

 < ゲストトーク >

  テーマ 「”挑戦し続ける起業家”のリアルと思考に学ぼう」

  講師 岸 洋路(ハドラスホールディングス㈱ 取締役)

 < ゲストとファシリテータとの対談 >

  テーマ 「起業家への支援制度」

  ゲスト 岸 洋路ハドラスホールディングス㈱ 取締役)

  ファシリテータ 洞口 智行(㈱EXPLODIA代表取締役 /中小企業基盤整備機構 起業支援アドバイザー)

5.参加申し込み方法 下記URLより申し込みください。

https://reg31.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=mine-tanel-91bea960e21925e05508a5acfb501126&S_mstNo=S0000000620

6.問い合わせ先 経営支援部 人材支援グループ TIP*S担当

電話:03-6212-1840、メール:info-tips@smrj.go.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

(第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー一覧をご覧いただけます)

 

    主催 TIP* 

 

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

諸地域において現在生じている紛争、あるいは現在にまで刻印を残している

歴史上の紛争を、<宗教と暴力>との関連という観点からとらえ直します。

地域ごとの、そして地域を超えた錯綜した政治的・社会的・文化的状況を生み

出した歴史的経緯の分析に踏み込み、歴史的背景から現在の紛争を解読してい

きます。

 

「宗教・暴力・戦争(紛争)~歴史から見る現在~」

 

1.日時 2022年10月08日()10:00~17:15

2.会場 明治学院大学白金校舎

   (住所)東京都港区白金台1-2-37

   (電車)都営地下鉄三田線白金高輪駅2番出口徒歩約7分

   (地図)https://www.meijigakuin.ac.jp/access/

3.参加費 1500円(定員100名)

4.プログラム(詳細https://www.meijigakuin.ac.jp/extension/pamphlet/yokohama_2022.pdf

< 第一部 発題 >

テーマ 「パネリスト5名による各トピックに関しての特定の発題」

パネリスト

 ・島薗 進(東京大学名誉教授/宗教学・日本宗教史)

・塩尻 和子(筑波大学名誉教授/イスラーム研究)

・黒川 知文(愛知教育大学名誉教授/ロシア宗教史・ユダヤ史)

Alexander Vesey(明治学院大学国際学部准教授/日本仏教社会史)

・渡辺 祐子(明治学院大学教養教育センター教授/中国近代キリスト教史)

 < 第二部 パネルディスカッション

テーマ 「各発題者同士での質疑応答と討議」

司会 久保田 浩(明治学院大学国際学部教授/近代ヨーロッパ宗教史)

パネリスト

 ・島薗 進(東京大学名誉教授/宗教学・日本宗教史)

・塩尻 和子(筑波大学名誉教授/イスラーム研究)

・黒川 知文(愛知教育大学名誉教授/ロシア宗教史・ユダヤ史)

Alexander Vesey(明治学院大学国際学部准教授/日本仏教社会史)

・渡辺 祐子(明治学院大学教養教育センター教授/中国近代キリスト教史)

 < 第三部 意見交換会 >

テーマ 「参加者も含めた意見交換会および質疑応答」

5.参加申し込み方法 申込手順はE-mailの件名に、「2022年度明治学院

大学公開講座申込み」とご入力のうえ、次の事項を明記してお申し込

みください。

  1. 氏名(フリガナ)、②年代、③住所(郵便番号)、④電話番号 

⑤メールアドレス

    申込期間 2022年8月23日()~10月3日()正午

申込先ykoukai@mguad.meijigakuin.ac.jp

6.問合せ先 明治学院大学 総合企画室社会連携課

MAIL: skoukai@mguad.meijigakuin.ac.jp

TEL: 03-5421-5247

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

(第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー一覧をご覧いただけます)

 

 

   主催 明治学院大学

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

イタリアオペラを中心に、オペラ誕生の歴史から楽しみ方まで。オペラ鑑賞入門

の方、愛好家の方をはじめ、様々な視点からお楽しみいただけるよう、現役オペラ

歌手とピアニストによる実演を交えたレクチャーコンサート形式でお送りいたします。

 

「イタリアオペラの風を感じて~現役オペラ歌手・ピアニストによるレクチャー コンサート~」

 

1.日時 2022年10月29日(土)14:00~16:00

2.会場 リーブラホール

    (住所)東京都港区芝浦1-16-1 みなとパーク芝浦1F

(電車)JR「田町駅」東口(芝浦口) 徒歩5

(地図)https://www.minatolibra.jp/access/

3.参加費 無料(定員60名、定員を上回った場合は抽選) 

4.プログラム(詳細https://minato-unesco.jp/blog/schedule/post-4735/

 < 出演・講師 >

  渡辺 大(オペラ・テノール)

  渡辺裕里子(ピアノ)

5.参加申し込み方法 下記URLよりお申し込みください。

    https://minato-unesco.jp/contact/application-form/

(申し込み期間9月1日(木)~1014日(金))

6.問い合わせ先 港ユネスコ協会 Tel03-3434-2300

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

(第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー一覧をご覧いただけます)

***「メルマガ75号~マツモトコウキの経営119番~」 (添付)提供 松本光輝氏

 

    主催 港ユネスコ協会

    共催 港区教育委員会   

 

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 

 

住まいという生活の場=〈私〉と、公共の空間や制度=〈公〉の中間にあらわれる領域は、

〈共〉と呼ばれます。本特集では、この〈共〉的な領域に焦点を合わせます。その際に手が

かりとするのは「コモンズ」の概念です。I・イリイチは、住まいがホーム(家のしきいの

内側)とコモンズ(しきいの外にある共同の空間)の双方から構成されていると指摘したう

えで、近代のハウジングが、そのことを忘れてコモンズの破壊に加担してきたと批判しまし

た。いかにコモンズを組み込むかは、現代の住空間の計画にとって、避けて通ることのでき

ない課題となっています。社会科学の分野では、コモンズというテーマは、自然資源の管理

の分析にはじまり、しだいに対象を拡張してきました。近年では、具体的なもの(場所、空

間、知識、情報、アイディアなど)を介した柔軟な共同性が、コモンズの名のもとに論じら

れています。コモンズが、人とものとの関係にもともと備わった性質ではなく、コモン化(

commoning)というダイナミックな実践を通じて生成するという見方を提示したのは、都市地

理学者のD・ハーヴェイです。この考察に触発された都市コモンズ論では、住まいとその運営

形態が重要なテーマとして浮上しています。この特集では、コモンズと住まいの接点を多方面

から探りいまだ掘りつくされていないコモンズ概念のポテンシャルを引き出せればと思います

 

「コモンズと住まい」

 

.日時 2022年10月21日(金)14:00~17:00

.開催方式 ZOOMによるオンライン開催

.参加費 無料(定員100名)

.プログラム(詳細http://www.jusoken.or.jp/symposium/sumaisympo.html

 < 主旨解説 >

テーマ 「コモンズの住まいとの接点」

講師 祐成保志(東京大学大学院 准教授)

 < 講演 >

  テーマ1 「コモンズを育むアクティビティ-建築計画の視点から」 

講師 篠原聡子(日本女子大学 教授/同大学学長)

  テーマ2 「コモンズとしてのハウジングオーソリティ-非営利組織による社会サービス」

講師 前山総一郎(福山市立大学 教授)

  テーマ3 「建築家の解体とコモンズの再生~commoningにおける建築家の役割~」

   講師 松村淳(関西学院大学 准教授)

.参加申し込み方法 下記URLより申し込みください。

    http://www.jusoken.or.jp/symposium/sumaisympo_form.html

.問い合わせ先 一般財団法人 住総研

e-mail sumairon@jusoken.or.jp  TEL03-3275-3078FAX03-3275-3079

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

(第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー一覧をご覧いただけます)

 

企画 祐成 保志(東京大学大学院 准教授/すまいろん編集委員会委員)

 

主催 一般財団法人 住総研所

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 

 

人類の活動によって生じる温室効果ガスの増加による気候変動が、世界に深刻な災害を

引き起こしている現在、地球環境への負荷提言が喫緊の課題となっている。

日本政府が掲げた2030年度までにCO2を46%削減(2013年度比)するという

宣言の中で、家庭部門は66%の削減を求められている事を、国民一人ひとりが現実に喫

緊の課題として受け止めているのであろうか?あと8年しかない今まさに行動のグレート

リセットが求められている。現在、2050年カーボンニュートラルの実現に向けた政府

の方針に沿った具体的な対策として、住宅の省エネルギー基準への適合を2025年まで

に義務化すること、2030年度以降新築される住宅のZEH基準の水準の省エネルギー性

能を確保すること、2030年において新築戸建て住宅の6割に太陽光発電設備が設置さ

れることを目指すこと、等が議論されている。我々は地球環境問題と感染症によるパンデ

ミックという相互に関係はあるが性格の異なる大きな問題に直面している。これを千載一

遇のチャンスとして、あらゆる仕組みの見直しができるかどうかが問われている。ニュー

ノーマルに適合した住宅ストック確保を実現するため、住宅を取り巻く状況の現状分析と

課題抽出を行い、脱炭素時代の住宅におけるグレートリセットの方法について様々な観点

から議論したい。

 

「脱炭素時代の住宅におけるグレートリセット」

 

1.日時 2022年11月21日(月)13:10~17:00

2.開催方式 ハイブリッド(会場リアル)+ オンライン(zoomウェビナー)同時開催)

(リアル会場)建築会館 ホール

住所 港区芝5-26-20

電車 都営浅草線・三田線三田駅A3出口/JR田町駅三田口(西口)徒歩3

      地図 https://www.aij.or.jp/map.html

    (オンライン)(Zoom

3.参加費 無料(定員リアル会場 60名、オンライン 200名)

4.プログラム(詳細http://www.jusoken.or.jp/symposium/jusokensympo_59.html

 < 講演 >

テーマ1 「家庭部門におけるCO2 排出の実態と更なる削減に向けた取組み」

講師 鶴崎 敬大(住環境計画研究所 研究所長)

テーマ2 「教育と情報提供を通じた住まい手の行動変容」

講師 高口 洋人(早稲田大学理工学術院 教授)

テーマ3 「住宅の木造化・木質化による吸収源対策」

講師 腰原 幹雄(東京大学生産技術研究所 教授)

テーマ4 「自然とつながるデライトフルな建築による環境負荷削減」

講師 川島 範久(建築家/明治大学専任講師)

 < パネルディスカッション >

  司会

秋元 孝之(芝浦工業大学 教授)

パネリスト

 ・鶴崎 敬大(住環境計画研究所 研究所長)

 ・高口 洋人(早稲田大学理工学術院 教授)

・腰原 幹雄(東京大学生産技術研究所 教授)

・川島 範久(建築家/明治大学専任講師)

5.参加申し込み方法 下記URLより申し込みください。

    http://www.jusoken.or.jp/symposium/sympo59_form.html

6.問い合わせ先 一般財団法人 住総研 住総研シンポジウム事務局

sympo@jusoken.or.jp、TEL:03-3275-3078/FAX:03-3275-3079

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

(第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー一覧をご覧いただけます)

 

           主催 一般財団法人 住総研

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 

 

“稼ぐAI”とは”利益につながるAI(人工知能)“のことです。これからは技術面に強

い専門家とは別に、仕事上の課題からどこでどのように人工知能を活用していくかという

課題解決型の視点が重要になってきます。当講座では中小企業の活用事例を紹介するとと

もに導入の実践ステップを学び、講義後半のグループワークでは、自社での活用事例を考

えます。

 

「中小企業の為のAI活用講座~稼ぐAI実践ステップ~」

 

1.日時 2022年10月19日(水)14:00~16:30

2.開催方式 ハイブリッド方式(会場リアル+WEB(ZOOM)オンライン)

(リアル会場)港区立産業振興センター10F 研修室2 

      住所 港区芝5丁目364

      電車 JR田町駅三田口(西口)から徒歩4

      地図 https://minato-sansin.com/function/

    (オンライン)ZOOM2開催方式

3.参加費 無料(定員30名、リアル会場)

4.プログラム(詳細https://minato-sansin.com/ (*HP受付開始予定日9月20日から)鈴木

 < 講演 >

  テーマ 「中小企業の為のAI活用講座~稼ぐAI実践ステップ~」

  講師 中西崇文(武蔵野大学データサイエンス学部 準教授)

5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込み下さい。

      https://minato-sansin.com/

     (*ホームページ受付開始予定日9月20日(火)先着順)

6.問い合わせ先 港区立産業振興センター 

     ミナト・キャンパス・リログループ みなと業務担当

     03-6435-0601(9:00~17:00)

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

(第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー一覧をご覧いただけます)

 

      主催 港区立産業振興センター

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 

 

以上は「外村孝史」氏(下記)のメールマガジンより

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////

株式会社 DUALホールディングス & 不動産管理会社向け「空室管理WEB

140-0001 東京都品川区北品川1-8-11 Daiwa品川Northビル8

TEL03-5843-4018 (代表)FAX03-5843-4123

特定非営利法人ICAS(イカス) & 音声会話ロボット「ピコちゃん」開発センター

〒東京都港区新橋3-16-2(横山ビル6階)

TEL03-3432-5859 (代表)FAX03-3432-5869

外村孝史  メール k_tomura@mtf.biglobe.ne.jp

/////////////////////////////////////////////////////////////////////// 

 ―――――――――――――

    トップに戻る 

―――――――――――――