////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

  

--  講演会開催  --

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

各分野のセミナー案内

日本の実際の「動向把握」に最適

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

                        提供:外村孝史氏              

///////////////////////////////////////////////////////////////////////

株式会社 DUALホールディングス https://dual-hd.co.jp/business/

事業内容 ①ライフラインConcierge®、②空室通電DX、③ EVインフラ事業

140-0001 東京都品川区北品川1-8-11 Daiwa品川Northビル8

TEL03-5843-4018 (代表)FAX03-5843-4123

特定非営利法人ICAS(イカス)&音声会話ロボット「ピコちゃん」開発センター

〒東京都港区新橋3-16-2(横山ビル6階)

TEL03-3432-5859 (代表)FAX03-3432-5869

外村孝史  メール k_tomura@mtf.biglobe.ne.jp

/////////////////////////////////////////////////////////////////////// 

 

提供善行雑学大学

  

ーー 最新セミナー一覧 ーー

  

 

「東京都障害者差別解消シンポジウム」

 2023年03月10日(金)~03月24日(金) 講師 東京都

「製造業DX~新時代への挑戦」

 2023年02月15日(水)・16日(木) 講師 奈良 寿(横河電機代表取締役社長)他

「ハラール認証入門講座」

 2023年02月21日(火) 講師 神部 綾(㈱矢野経済研究所 ハラール事業推進室 シニアコンサルタント)

「中小企業のためのDXのはじめ方」

 2023年02月22日(水) 講師 原 裕淳(M&ITコンサルティング研究所 代表、中小企業診断士/技術士)

Beyond 5G時代に向けた新ビジネス戦略セミナー~世界が目指す6Gのユースケース最新動向~」

 2023年02月22日(水) 主催 Beyond 5G新経営戦略センター

「ゲノム編集技術の民主化により人々の暮らしを豊かに」

 2023年2月25日(土) 講師 竹澤 愼一郎(㈱セツロテック代表取締役、農学博士)

令和4年度「外国企業と都内中小企業とのマッチング商談会」

 2023年03月10日(金) 主催 東京都

「その施策!顧客のニーズに響いてますか?~顧客ニーズに響くレコメンド施策を事例と共に解説~」

  2023年03月01日(水) 講師 坂居 広行(awoo JapanContent Manager)他

「自動翻訳シンポジウム~アフターコロナを見据えた今後のAIを活用した多言語翻訳技術の役割について~」

 2023年02月16日(木) 主催 総務省、グローバルコミュニケーション開発推進協議会

「動脈硬化と血管の大切さ」

 2023年03月25日(土) 講師 廣渡祐史(埼玉県立大学 保健医療福祉学部 教授、工学博士)

「認知症予防DX~いつでもどこでも認知症予防~」

     2023年2月10日(金)~2月20日(月) 講師 田部井 賢一(東京都立産業技術大学院大学 助教)

「持続的かつレジリエントな道筋への移行」

 2023年02月15日(水) 講師 三村 信男(茨城大学地球・地域環境共創機構特命教授)他

「子ども政策の総合化を考える~”乳幼児の学びの保障”幼児教育と小学校教育の接続の観点から~」

 2023年02月23日(木・祝) 主催 日本学術会議心理学・教育学委員会乳幼児発達・保育分科会

「子育て支援の継続性を高めるために~新たな視点の提案~」

 2023年02月24日(金) 講師 新澤拓治(社会福祉法人雲柱社 子育て支援コーディネーター)他

「水害対策と建築分野の取組み」

 2023年03月08日(水) 主催 日本学術会議 気候変動と国土分科会

「新たな局面を迎えた車載用リチウムイオン電池」

  2023年02月21日(火) 講師 東 哲也(㈱産業タイムズ社 電子デバイス産業新聞 記者)

「日本経済の将来と弁護士の役割」

 2023年2月15日(水) 主催 日本弁護士連合会 

DXの進め方 ~中小企業がDXを始めるための基本~」

 2023年02月15日(水) 公益在団法人 東京都中小企業振興公社

Web3.0時代のオープンイノベーション

  ~様々な視点からみる新時代のWeb3.0とビジネスのこれから~」

 2023年02月15日(水) 講師 舘林俊平(KDDI㈱ BI推進部長 兼 Web3事業推進室)他

「ウィズコロナ時代の新しい働き方~新しい働き方を生産性向上につなげるには~」

  2023年02月20日(月) 講師 滝澤美帆(学習院大学 経済学部 教授)

日本経済の現状と今後の見通し」

  203年02月15日(水)  講師 辛坊正記(経済評論家)

Muse細胞がリードする医療変革と健康長寿社会の実現」

  2023年03月03日(金講師 出澤真理(東北大学大学院医学研究科 細胞組織学分野 教授)

「事業承継をきっかけに経営革新をどう実現するのか」

  2023年03月14日(火) 講師 井上 善海(法政大学大学院 政策創造研究科 教授)

「未来を創る技術が集結~未来をつくるシード・アーリーの技術系スタートアップ~」

  2023年02月16日(木)主催 アントレプレナーパートナーズ 共催 日本能率協会  後援  経済産業省関東経済産業局

「理論応用力学シンポジウム~力学の深化に向けて~」

  2023年03月10日(金) 主催 日本学術会議機械工学委員会・総合工学委員会・土木工学分科会

「数理・データサイエンス・ 時代における統計科学の教育及び研究について」

  2023年02月17日(金) 主催 日本学術会議数理科学委員会数理統計学分科会 

「逆風を追い風に~予測不能な時代を乗り切るための経営戦略~」

    2023年02月27日(月)~3月24日(金) 講師 黒川  光博(㈱虎屋 代表取締役会長)

「未来を拓く構想と行動~明治の起業家たちに学ぶ”渋沢栄一”と”岩崎弥太郎”~」

  2023年02月08日(水) 講師 加来耕三(歴史家・作家)

「これだけは知っておきたい!~電帳法・インボイス制度~」

 2023年02月09日(木) 講師 古川 忠彦(アルパーコンサルティング㈱)

「生産性向上を実現するロボットシステムの導入のポイント~FA・ロボットSIerの活用が近道~」

 2023年02月21日(火) 講師 田村 恵一(東京都中小企業振興公社、専門アドバイザー(産業用ロボット))

IT・デジタル技術の最新動向」

  2023年02月20日(月) 講師 桑津 浩太郎(㈱野村総合研究所 研究理事)

「ゲノム編集技術の民主化により人々の暮らしを豊かに」

  2023年025日(土) 講師 竹澤 愼一郎(㈱セツロテック  代表取締役、農学博士)

「アフターコロナを見据えた今後のAIを活用した多言語翻訳技術の役割について

  ~自動翻訳で世界はつながる~」

 2023年02月16日(木)主催 総務省、情報通信研究機構及びグローバルコミュニケーション開発推進協議会

「生産性向上を実現するロボットシステムの導入のポイント

  ~FA・ロボットSIerの活用が近道~」

  2023年02月21日(火)  主催 公益財団法人東京都中小企業振興公社

「人工知能時代の言語コミュニケーション」

  2023年02月09日(木) 主催 高度言語情報融合フォーラム、一般財団法人日本特許情報機構

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

東京都では、共生社会の実現を目的として、東京都障害者への理解促進及び

差別解消の推進に関する条例を施行し、民間事業者に対し合理的配慮の提供を

義務化しています。このたび、障害者差別解消について民間事業者および都民

の皆様にご理解いただき、差別解消への取組を一層推進していくため、障害者

差別解消に係る法令説明や障害者への合理的配慮に取り組む企業による好事例

などの紹介を行います。

 

「東京都障害者差別解消シンポジウム」

 

1.日時(動画配信期間) 2023年03月10日(金)10時~03月24日(金)17時

2.開催方式 動画配信

3.参加費 無料(手話・字幕あり)

4.プログラム(詳細https://public.bwg.co.jp/tokyo-sabetsukaisho

< 第一部 はじめに(東京都) >

 テーマ 「障害者差別解消に係る法令説明」

講師 東京都

内容(1)東京都手話言語条例について

(2)情報保障について

 < 第二部 東京都“心のバリアフリー”好事例企業報告会 >

  テーマ 「各事業者の好事例の紹介」

  講師 各事業者

 < 終わりに(東京都) >

  テーマ 「都の普及啓発物の紹介等」

  説明 東京都

5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込みください。

     https://public.bwg.co.jp/tokyo-sabetsukaisho

(*事前にお申込みいただいた方には、動画配信日の7 日前までに、セミナー専用

の視聴サイトURLをお知らせします。お申込みの際にご登録いただいたメールア

ドレスあてに、お知らせメールをお送りします。)

6.問い合わせ先 ㈱ブレインワークス メディアビジネスプロデュース部

連絡先:03-5759-5066

 

     ***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

(第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー一覧をご覧いただけます)

      

 

     主催 東京都

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

新型コロナウイルス感染症、ロシアによるウクライナ侵攻、米・中ロ対立など

地政学的リスク、資源高、インフレ、円安リスク、ここ数年の経済・経営環境は

目まぐるしく動いています。それに加え、脱炭素、サステナビリティ対応など新

たな挑戦もしていかなくてはなりません。一方で、国内の労働力不足やこれまで

日本の製造業を支えてきた技術の伝承問題など、日本特有の課題もあります。

こうした課題を打開する手段としてDXへの期待が膨らんでいます。しかし、DX

で成果を上げていくのは簡単ではありません。DXを推進していくには、単なるデ

ジタル技術の導入ととらえるのではなく、経営トップから現場まで一丸となって取

り組む必要があります。

そこで、日経BPでは、「経営課題解決シンポジウムPREMIUM / 製造業DX ~新時

代への挑戦」を開催し、DX先進企業の経営トップやIT/ コンサルティング企業、

専門家、有識者の講演を通じて、ビジョンや戦略、組織風土、推進体制、人材育成/

リスキリングなど、様々な観点から製造業DXの本質に迫り、どうすれば成果を上げ

て日本の製造業が飛躍していけるのかをお伝えしていきたいと思います。

 

「製造業DX~新時代への挑戦」

      

1.日時 (第一日目)2023年02月15日(水)13:30~16:20

(第二日目)2023年02月16日(木)13:30~16:55

2.開催方式 オンライン配信セミナー

3.参加費 無料

4.プログラム(詳細https://project.nikkeibp.co.jp/event/nb23021516/

ー (第一日目)2023年02月15日(水)13:30~16:20 ー

 < 基調講演 >

  テーマ 「DXが拓く新時代の製造業」

   講師 奈良 寿(横河電機代表取締役社長)

 < 講演 >

  テーマ1 「持続的に変革を起こすDX人材育成と組織作り〜“デジタルネイティブな組織”にするためには〜」

   講師 吉原 弘峰(STANDARD 執行役員 Chief Marketing Officer

テーマ2 「製造業DXにおける鍵データと意思決定をつなぐAnalytics

講師 池本 洋信(SAS Institute Japanソリューション統括本部 部長)

テーマ3 「単純かつ有効なアプローチ~品質改善における3つの“壁”とその解決法~」 

講師 島田 隆太朗(スタディスト営業部 フィールドセールス 副部長)

 < 特別講演 >

  テーマ 「企業間競争の三層構造~新局面を迎えた製造業の国際競争を生き抜くために~」

   講師 岩尾 俊兵(慶應義塾大学商学部 准教授 博士(経営学)

 ー (第二日目)2023年02月16日(木)13:30~16:55 ー

 < 基調講演 >

  テーマ 「ものづくり現場のDXによる働き方変革~デジタルツールの標準化と使いこなしによるデータ駆動な働き方~」

   講師 森田 雅則(リコーデジタルプロダクツビジネスユニット経営戦略本部 室長)

 < 講演 >

  テーマ1 「データ改革が未来の扉を開く~DX/BI 導入で儲かる会社になる?~」

   講師 山下 進一(ドーモソリューションコンサルティングディレクター)

講師 井上 充治(日本サニパック代表取締役社長)

テーマ2 「DX時代の価値創造マネジメント~デジタル思考を獲得する組織~」

講師 橘 知志(アビームコンサルティング執行役員 ビジネスユニット DXIセクター長)

テーマ3 「すべての企業がメディア化する〜ビジネスにインパクトをもたらすメディア志向コミュニケーション〜」

講師 三瓶 寛一(ブライトコーブストラテジックアカウント営業部 シニアディレクター)

 < 特別講演 >

  テーマ1 「2023年 日本経済の展望」

   講師 伊藤 元重(東京大学名誉教授)

  テーマ2 「“サステナブル”と“レジリエンス”で加速する日本の製造業DX、210社と現場33000人

への調査から見えた現状と課題」

   講師 三好 敏(日経BP 総合研究所上席研究員)

5.参加申し込み方法 下記URLより手順に従って申し込みください。

     https://project.nikkeibp.co.jp/event/nb23021516/

6.問い合わせ先 日経BP読者サービスセンターセミナー係

 

     ***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

(第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー一覧をご覧いただけます)

      

     主催 日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ、日経クロステック

後援 日本科学技術連盟 

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ハラール認証は「海外市場」で求められる品質保証の一つです。世界の全人口の約24%

中でも今後も経済成長が期待される東南アジアでは、全人口の40%を占めるインドネシア

においてハラール認証義務化の法律が2019年10月に施行され、ハラール対応が必須

なっています。 例えば、インドネシアに食品、加工食品、食品原料等を輸出する日本企業

は、2024年10月までにハラール認証を取得することが義務化されます。

本研修では東南アジア市場の有望性や、輸出拡大のために重要なハラール認証について、

最新情報をふまえて解説します。「自社の事業においてハラール認証が必要かどうか」を検

討する上で、必要な知識や考え方を習得します。

「研修の特色」

世界65カ国2万社以上の企業に認証実績があるMUIのハラール研修機関IHATECと共同

で研修を実施している矢野経済研究所により、ハラール認証の最新情報を学ぶことができま

す。「中小企業にもハラール認証は必要?」「宗教が関係していて理解できそうにない」「ど

この認証機関が適切なのか?」といった疑問にお応えします。ハラール認証を「どのように

検討し準備を進めたらよいか」といった実務が学べます。

 

「ハラール認証入門講座」

 

1.日時 2023年02月21日(火)15:00~17:00

2.開催方式 オンライン

3.参加費 3,000円(定員30名)

4.プログラム(詳細https://www.smrj.go.jp/institute/online_training/course/mpjnpl00000067oy.html

 < 講演 >

  テーマ 「ハラール認証入門」

  講師 神部 綾(㈱矢野経済研究所 ハラール事業推進室 シニアコンサルタント)

  講師  マルリンダ(同 コンサルタント)

  内容(1)東南アジア市場動向の分析

(2)ハラールの基礎知識

(3)インドネシアのハラール認証に関する最新情報の提供

5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従い申し込みください。

https://www.smrj.go.jp/institute/online_training/course/mpjnpl00000067oy.html

6.問い合わせ 独立行政法人中小企業基盤整備機構 人材支援部 担当: 記野

Tel: 03-5470-1636Mail: webee-events@smrj.go.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

(第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー一覧をご覧いただけます)

      

 

      主催 独立行政法人 中小企業基盤整備機構

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2018年に経済産業省が、DXの定義を発表して4年が経過しました。その間、

DX推進のためのセミナーや支援策も多数実施されていますが、中小企業の現場で

は、DXの取組みは遅れています。当セミナーでは、一般的なDXのはじめ方ではな

く、支援現場から得られたDXのはじめ方について解説いたします。

また、成果事例も紹介しながら、DXに向けての第一歩を解説いたします。

 

「中小企業のためのDXのはじめ方」

 

1.日時 2023年02月22日(水)14:00~16:20

2.排滓方式 Zoomを利用したオンライン開催

3.参加費 無料(定員40名)

4.プログラム(詳細https://www.ccjc-net.or.jp/contents_detail.php?co=new&frmId=3375

< 講演 >

 テーマ 「中小企業のためのDXのはじめ方」

   講師 原 裕淳(M&ITコンサルティング研究所 代表、中小企業診断士/技術士)

5.参加申し込み方法 下記URLより手順に従って申し込みください。

6.問い合わせ先 公益財団法人 千葉県産業振興センター経営支援部チャレンジ企業支援センター

電話: 043-299-2907 

 

 

        ***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

(第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー一覧をご覧いただけます)

      

 

        主催 (公財)千葉県産業振興センター

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

今回のセミナーでは、6Gに向けた世界の研究開発をリードする北米のNext G Alliance

で活躍されているJohn Macias氏、欧州のHexa-Xで活躍され、2023年1月から開始さ

れたHexa-XIIにも携わられている、Bahare Masood Khorsandi氏をお招きし、現在検討さ

れているGのユースケースや新たなビジネスチャンス、6Gに向けた標準化戦略等をテー

マにセミナーを開催します。講演では、Next G Alliance及びHexa-Xにおける

 ・6Gに向けた方向性、知財・標準化の取組の最新動向

 ・6G時代におけるユースケースや新たなビジネスチャンス、サービスシナリオ

等について、ご講演いただきます。またBahare氏からはHexa-XIIについても触れていただ

けます。パネルディスカッションでは、各講演内容を踏まえ、Gが世界にもたらす変化や

社会実装に向けた課題、産学官連携のあり方、6Gに向けた標準化戦略、知的財産権との関

係といった観点から、その取組や見通しなどについて議論を行います。

また、会場からの質問も受け付けます。モデレーターは、BeyondG推進コンソーシアム

国際委員会委員長など情報通信分野を中心に広く要職を務められる、東京大学・中尾彰宏教

授にお務めいただきます。

 

Beyond 5G時代に向けた新ビジネス戦略セミナー

~世界が目指す6Gのユースケース最新動向~」

 

1.日時 2023年02月22日(水)17:00~19:00

2.開催方式 オンライン

3.参加費 無料(日本語・英語同時通訳)

4.プログラム(詳細https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin04_02000142.html

 < 講演 >

  テーマ1 「Next G Allianceにおける6Gに向けたユースケース最新動向」

   講師 John MaciasNext G Alliance,ATIS, Applications Working Group Vice Chair

  テーマ2 「Hexa-Xにおける6Gに向けたユースケース最新動向」

講師 Bahare Masood KhorsandiHexa-X, Work Package 1 Lead

 < パネルディスカッション >

テーマ 「世界が目指す6Gのユースケース最新動向」

  モデレーター

中尾 彰宏(東京大学 大学院工学系研究科 教授・次世代サイバーインフラ連携研究機構長)

  パネリスト

John MaciasNext G Alliance,ATIS, Applications Working Group Vice Chair

Bahare Masood KhorsandiHexa-X, Work Package 1 Lead

5.参加申込み方法 下記URLの手順に従って申し込みください。

https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin04_02000142.html

6.問い合わせ先 総務省 国際戦略局 通信規格課 標準化戦略室

    担当 太田課長補佐、茂村係長、荷見官

    電話 03-5253-5762 E-mail b5gnbsc-sec_atmark_ml.soumu.go.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

(第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー一覧をご覧いただけます)

      

    主催 Beyond 5G新経営戦略センター

 

    共催 Beyond 5G推進コンソーシアム 企画・戦略委員会

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

遺伝子(DNA)内の塩基配列の特定部分を狙って入れ替えることができる

「ゲノム編集 」技術により品種改良された機能性アミノ酸(GABA)高含有

トマトや高成長トラフグなどへの関心が高まり、ゲノム編集は医療など付加

価値の高い新しい事業展開が可能な基盤技術として大いに期待されています。

2 月度 STF セミナーは、そのゲノム編集技術に特化した徳島大学発バイ

オベンチャー株式会社セツロテックの竹澤代表取締役からゲノム編集の仕組

みや遺伝子組換えとの違い、事業展開活動などについて伺います。

 

「ゲノム編集技術の民主化により人々の暮らしを豊かに」

 

1.日 時  2023年2月25日(土)14:00~16:45(開場 1300

2.開催方式 (ハイブリッド開催) 会場(リアル)+ WEBZOOMオンライン)

   (リアル会場)品川区立総合区民会館(きゅりあん)4F 第1特別講習室

     住所 東京都品川区東大井5-18-1

     電車 JR 京浜東北線「大井町駅 」東口前

     地図 https://www.shinagawa-culture.or.jp/curian/access.html

   (オンライン)ZOOM 

3.参加費 一般2000円

4.プログラム(詳細https://stf.or.jp/top/images/file/m530.pdf

 < 講演 >

  テーマ 「ゲノム編集技術の民主化により人々の暮らしを豊かに」

  講師 竹澤 愼一郎(㈱セツロテック代表取締役、農学博士)

5.参加申し込み方法 事前に下記URLからお申込みください。

     https://peatix.com/event/3451261/

6.問い合わせ先 科学技術者フォーラム(STF)太田哲夫

E-mail: futotetsu@gmail.com、Mobile: 080-5883-3000

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

(第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー

 

 

主催 科学技術者フォーラム(STF

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

東京都は、東京の国際競争力を向上させ、更なる成長へと導くため、アジア地域の

業務統括拠点や研究開発拠点のより一層の集積を目指し、平成 25 年度から、東京

の中心部に設けたアジアヘッドクォーター特区内への外国企業誘致に取り組んできま

した。このたび、都内中小企業がこれら外国企業と連携することによって新たなビジ

ネスチャンスを獲得することを目指すビジネス商談会を開催いたしますので、是非、

ご参加ください。

 

令和4年度「外国企業と都内中小企業とのマッチング商談会」

 

1.日時 2023年03月10日(金)14:00~17:15

    (商談会は日本語で開催、必要に応じて、通訳がつきます。

2.開催方式 オンライン(アクセス方法等はお申し込み頂いた方にご案内)

3.参加費 無料

4.プログラム(詳細https://fc-sme-matching.jp/

5.対象企業 都内に進出している外国企業との連携・協業を希望する都内中小企業

     ※ただし、自社サービスの営業のみを希望する企業は除く。

     ※商談会は事前マッチング制のため、マッチングが成立した方のみご参加頂けます。

参加する外国企業の情報は、下記「参加外国企業」よりご確認いただけます。

6.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込みください。

https://fc-sme-matching.jp/

7.申込み期限 2023年02月28日(火曜日)17時まで

8.「参加外国企業」

(1)JSecurity社  

・ホームページ https://www.jsecurity.co.jp/

  ・企業/商品紹介 JSecurityは、25年以上に渡って企業や個人の情報を守り続けている

情報セキュリティソリューション開発企業Jiranグループの日本支社です。

グループ全体では、グローバルで50,000社以上に情報セキュリティソリュ

ーションを提供しており、多くのお客様から信頼と高い評価を頂いております。

・商談希望先 標的型メール(フィッシングメール)対策として、迅速に、訓練メールを

社員に対して送ってみたい企業様、今までのセキュリティに加えて、ランサム

ウェア対策を強化したい企業様、セキュリティ商材を強化したいパートナー企

業様

(2)OVOMIND社 

・ホームページ http://www.ovomind.com/

  ・企業・商品紹介 あらゆるウエアラブル機器から、エンド・ユーザーの感情をリアルタ

イムで、独自「リアルタイム感情推定システム」を用いて測定可能。機械学習と

アルゴリズム解析をAPIクラウドサービスを駆使し、エンド・ユーザーの感情を

定量化(スコア)、企業の顧客満足度向上させるサービスに活用。独自ウエアラ

ブル機器の提供も可能。

・商談希望先 業種:ゲーム、ヘルスケア、セキュリティー業界、取引・連携ニーズ:技

術統合のための弊社のSDKの提供及び収益共有

3)Symphony Communication Services, LLC.  

  ・ホームページ https://symphony.com/ja/

  ・企業/商品紹介 国内(メガバンク3行、大手証券会社、信託銀行、運用会社等)、国外

金融機関で導入されているセキュリティ対策万全のコラボレーションネットワーク

/プラットフォームを提供。社外/社内と繋がり在宅勤務やリモートオフィス、ビデ

オ会議やモバイルなど様々な環境下で働く方たちの現在の厳しい状況で早急に求め

られる一人一人の業務に合った「新しい働き方」の実現をサポート。

  ・商談希望先 •運用会社、•中小証券会社、•地銀/信金

(4)Saffe社 

・ホームページ https://www.saffe.jp/

  ・企業/商品紹介 AIを活用した顔認証・生体検知技術を入退管理等セキュリティーやeKYC

決済など様々な利用シーンで提供。機器非依存のため、既存システム・デバイス向

けにアプリケーションをカスタマイズすることで顔認証を簡単・時短・低コストで

導入可能。

  ・商談希望先 ・業種:決済事業者(ジム、ホテル、学校法人等)、eKYC(金融機関等)、セ

キュリティー(不動産・オフィス等)の企業。・取引・連携ニーズ:顔認証を用いた

製品の共同開発をして事例を作り販売する企業。

(5)Graphen

  ・ホームページhttps://www.graphen.ai/jp/

・企業/商品紹介 完全な脳機能を模倣する独自の次世代AIソリューションを

提供します。高度なAIプラットフォームArdi上で構築した、あらゆる

業界に適用可能な金融AI・医療AI(創薬、ゲノム疾患分析)・保守・

修理診断AI・エネルギー管理AI・サイバーセキュリティAI、アバター

アシスタントAI、高度会話型サービスロボイットなどの高度なソリュー

ションを提供します。

・商談希望先 金融機関システム向けにビジネス実績を持つSIer、もしくは製薬

企業開発部門と連携を持つ企業

(6)Urbanbase

・ホームページ https://developer.urbanbase.com/

  ・企業/商品紹介 図面画像の2D-> 3D変換(AutoSketch / AI) – 当社独自・唯一

無二な技術3D家具・家電シミュレータ(Studio SaaS / VR) – 高品質な

3Dシミュレータ空間解析・商品リコメンドARAR/AI) – 空間解析・商

品リコメンドAI搭載のARサービス

・商談希望先 ・ご導入検討企業様:不動産関連企業様、家具・家電などのイン

テリア関連企業様等、・セールスパートナー様(再販/取次):DX推進

等のコンサル企業様、広告代理店様、WEB制作会社様等、・その他、弊社

サービスにビジネスチャンスを感じていただける企業

(7)Mind & Idea Fly

・ホームページ https://www.makerar.com/ja/

・企業/商品紹介 XRビルダーのノーコードプラットフォーム(プログラム言語習

得不要)であるMAKARは画像のドラッグアンドドロップにより短時間でAR

/ VRモバイルアプリケーションを作成。高コスト、ハイテク、および長期

の開発スケジュール課題を解決。

・商談希望先 ・STEAM教育関係者、AR/VR/MR/XRマーケター

(8)Infuse Location

・ホームページ https://infuse-location.com/

  ・企業/商品紹介 屋内やGPSシグナルの届かない場所における、人や資産の位置情

報取得のためのソフトウェアベース・プラットフォームを提供。

・商談希望先 ・不動産やスマートシティー、ショッピングモール、屋内イベント

会場などに関係する企業

(9)Dorabot

・ホームページ https://www.dorabot.com/

  ・企業/商品紹介 先端AIとロボットを使った自動化倉庫のソリューションを提供。

倉庫のワークフローと全体効率を改善して、省力化と運用コストの低減を

実現。仕分け、倉庫内搬送、荷積み作業をロボットが行う倉庫管理システ

ム、倉庫制御システムのソフトウェアをロボットのハードウェアと統合し

て提供。

・商談希望先 ・効率性と生産性を高めるために、新しいテクノロジーの導入を検討

している物流・製造企業・ロボティクス・ソリューションを提供するために

提携できる不動産デベロッパー、・弊社製品を日本での代理店として販売で

きる商社

(10)Soft Space Sdn Bhd

・ホームページ https://www.softspace.com.my/

  ・企業/商品紹介 2012年にマレーシアクアラルンプールで創業し、世界各国の金融機

関に決済ソリューションを提供しているFintech企業です。クラウドEMVのプ

ラットフォームをコア技術として、幅広い決済ソリューションを展開しています。

主力製品である「Fasstap」は、市販のデバイスを使ったクレジットカード決済、

暗証番号入力が可能なソフトウェアであり、東南アジアの大手銀行、オーストラ

リアのバス会社、日本の決済ネットワークやZettle(PayPal子会社)等多くの企業

で採用されています。

  ・商談希望先 ・POSベンダー等、対面決済が必要な加盟店との関わりの多い業種

(11)VVDN テクノロジーズ

・ホームページ https://www.vvdntech.com/ja-jp

・企業・商品紹介 グローバルで 1 万人以上の専門技術者 、多くの最新鋭工場・実験ラボ

施設を持ち、急成長しているインドのオフショア企業。ネットワーク、 5G 、車載、

カメラ、 AI/ 機械学習、モバイルアプリ、セキュリティ、データセンター関連等の

最新技術のソフトウェア・クラウドサービスの開発・運用からハードウェア・ PCB

基板の設計、開発、試作、量産( OEMODM )までを低コストで提供します。

・商談希望先 ・モノ作りのアイデアを持っているが、設計や製造の人材不足、コストで困

っている企業、・最新の自動車システムや5G通信の機器やソリューションに参入し

たいが人材不足の企業、・ITやクラウドの運用や、開発において人材不足で困って

いる企業

(12)Strobes Security Inc.

・ホームページ https://www.strobes.co/

  ・企業/商品紹介 既存の様々な脆弱性検知ツールやペネトレーションテスト(疑似ハッキン

グ)、 DevSecOps (ソフトウェア開発プロセス中のセキュリティ管理)と簡単に連

携することによって、企業の総合的なビジネスリスクを自動分析・管理するサイバ

ーセキュリティプラットフォーム(クラウド・オンプレミス両方)を提供。

・商談希望先 ・個々のインフラ部分でなく企業全般のIT/ネットワーク脆弱性管理・リスク

防止を検討している企業、ソフトウェアやクラウド開発を行っていて、プログラム作

成中でも脆弱性管理を入れ込みたい企業、・ペネットレーションテスト(疑似外部攻

撃)を自動化したい企業

8.問い合わせ先 ㈱ブレインワークス 近藤誠二

電話:03-5759-5066  携帯:080-3246-4201Emailseiji.kondoh@bwgnet.com

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

(第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー一覧をご覧いただけます)

 

 

主催 東京都

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

データ活用・分析サービスを展開するブレインパッドと、AIサジェストプラット

フォームを展開するawoo Japanの両社より、機械的なレコメンドではなく、顧客

ニーズ(趣向性・潜在欲求・購買欲求時)に響くレコメンド施策を “顧客データ

活用”と“商品データ活用 の2種類の事例と共に解説します。

 

「その施策!顧客のニーズに響いてますか?

~顧客ニーズに響くレコメンド施策を事例と共に解説~」

 

1.日時 2023年03月01日(水)16:00~16:45

2.開催方式 オンライン((Zoom webinar)

3.参加費 無料

4.プログラム

 < 講演 >

  テーマ 「その施策!顧客のニーズに響いてますか?

~顧客ニーズに響くレコメンド施策を事例と共に解説~」

  講師 坂居 広行(awoo JapanContent Manager

  講師 小堺 秀真(㈱ブレインパッドマーケティング本部)

  内容(1)会社紹介/製品・サービス紹介

(2)機械的なレコメンド技術の限界

(3)顧客ニーズに響くレコメンド① 顧客データ活用篇

(4)顧客ニーズに響くレコメンド② 商品データ活用篇

(5)まとめ 〜商品レコメンド施策成功のヒント〜

受講効果(1)効果の出るレコメンド施策の設計方法

(2)顧客データを活用したレコメンド施策事例と効果

(3)商品データを活用したレコメンド施策事例と効果

(4)ECサイトの回遊率・CV率改善の重要ポイント

(5)ユーザーニーズに合ったレコメンドの出し分け方

 < 事例紹介 >

  ・ピーチ・ジョン(下着アパレル)

・スカパー(エンタメ)

・ゆこゆこ(旅行)

・ロクシタンジャポン(コスメ)

・4°C(ジュエリー)

5.参加申し込み方法 下記事項を記入のメール 「event@brainpad.co.jp

(ブレインパッドイベント事務局あて)へ申し込みください。

*セミナー前日に、オンラインセミナー参加用のURLをお送りいたします

6.問い合わせ先 event@brainpad.co.jp

 

     ***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

(第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー一覧をご覧いただけます)

      

 

     主催 ㈱ブレインパッド

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

総務省・NICT等の主催による自動翻訳に関するシンポジウム「第6回 自動翻訳

シンポジウム ~アフターコロナを見据えた今後のAIを活用した多言語翻訳技術の

役割について~」を2月16日(木)に「品川 ザ・グランドホール」にてリアル開

催します。講演および24者様による展示もあります。

 どなたでも無料でご参加いただけるシンポジウムです。皆さまお誘い合せの上、多

数の方のご参加をお待ちしております。

 

「自動翻訳シンポジウム~

アフターコロナを見据えた今後のAIを活用した多言語翻訳技術の役割について~」

 

1.日時 2023年02月16日(木)13:00~16:40

   (講演会13:30~16:00、展示会13:00~16:40)

2.会場 品川 ザ・グランドホール(品川グランドセントラルタワー3階)

   (住所)港区港南2164 品川グランドセントラルタワー3

   (電車)JR品川駅から5分

(地図)https://tg-hall.com/wordpress/wp-content/uploads/2019/12/narrow-area-map.pdf

3.参加費 無料(定員300名)

プログラム(詳細https://jido-hon-yaku.nict.go.jp/event/230216/

< 基調講演 >

テーマ 「インバウンド観光の最近の動向・今後の見通し、多言語翻訳技術に期待すること」

  講師 中山 理映子(日本政府観光局(JNTO) 理事)

 < 講演 >

  テーマ 「同時通訳を支える翻訳バンク」

  講師 隅田 英一郎(国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT) フェロー)

< パネルディスカッション >

 テーマ 「アフターコロナを見据えた今後のAIを活用した多言語翻訳技術の役割について」

  モデレーター

   内山 将夫(国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT) 上席研究員)

  パネリスト

   ・中山 理映子(日本政府観光局(JNTO) 理事)       

   ・松田 憲幸(ポケトーク㈱ 代表取締役社長 兼 CEO

  ・伊藤 毅(名古屋市役所観光文化交流局 参事)    

< 出展者(24者/予定)

総務省委託・多言語翻訳技術高度化推進コンソーシアム、

㈱海外通信・放送・郵便事業支援機構(JICT)、

IP DREAMWovn Technologies㈱、エヌ・アイ・ティー㈱、

NTTドコモ、㈱川村インターナショナル、コニカミノルタ㈱、

SoundUD推進コンソーシアム、㈱CMCエクスマニコム、ジョルダン㈱、

東芝デジタルソリューションズ㈱、㈱十印、凸版印刷㈱、日本特許翻訳㈱、

パナソニック コネクト㈱、Fairy Devices㈱、富士通Japan㈱、

BRICK's、フリットジャパン㈱、ポケトーク㈱、マインドワード㈱、

㈱みらい翻訳、ライオンブリッジジャパン㈱

5.参加申込方法 下記の自動翻訳シンポジウムウェブサイトより申し込みください。

    https://jido-hon-yaku.nict.go.jp/

6.問い合わせ先 国立研究開発法人情報通信研究機構 

グローバルコミュニケーション開発推進協議会 事務局

Phone: 042-327-7340E-mail: gcp-info@ml.nict.go.jp

 

 ***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

(第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー一覧をご覧いただけます)

    

  

 

   主催 総務省、グローバルコミュニケーション開発推進協議会

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

血管は臓器・組織・神経に酸素や栄養を運びます。その全長は約90,000 kmとても長く、その

ため最大の臓器とも呼ばれることがあります。血管は年齢と共に老化します血管を大事にして

生活することは健康に生きて行くためにとても大事です。糖尿病は動脈硬化を進展させ、多くの

合併症を引き起こす代表的な疾患ですが、その動脈硬化の進展メカニズムが明らかとなってきて

います。本講演は、最近報告された知見や自身の研究も紹介しながら話を進めたいと思います。

 

「動脈硬化と血管の大切さ」

 

1.日時 2023年03月25日(土)14:00~16:45

2.開催方式 ハイブリッド方式(会場リアル+WEB(ZOOM)オンライン)

(リアル会場)品川区立総合区民会館(きゅりあん)4F第1特別講習室

      住所 品川区東大井5丁目18-1

      電車 JR京浜東北線 大井町駅東口前

      地図 https://loco.yahoo.co.jp/place/g-eu3RvwRdReA//?utm_source=dd_spot&sc_e=sydd_spt_slo_p_ttl&lsbe=1

    (オンライン)ZOOM

3.参加費 一般2000円

4.プログラム(詳細https://stf.or.jp/top/images/file/m536.pdf

< 講演 >

テーマ 「動脈硬化と血管の大切さ」

講師 廣渡祐史(埼玉県立大学 保健医療福祉学部 教授、工学博士) 

5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込みください。

     https://stf.or.jp/top/images/file/m536.pdf

6.い合わせ先 科学技術者フォーラム 3月度セミナー担当 太田 哲夫

E-mail: futotetsu@gmail.comMobile: 080-5883-3000

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

(第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー一覧をご覧いただけます)

 

 

    主催 科学技術者フォーラム

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

認知症は、脳の病気や障害など様々な原因により、認知機能が低下し、日常生活

全般に支障が出てくる状態をいいます。日本における65歳以上の認知症の人の数

は約600万人(2020年現在)と推計され、2025年には約700万人(高

齢者の約5人に1人)が認知症になると予測されており、日本では認知症に向けた

取組が今後ますます重要になります。例えば、認知症のように普段の生活に支障を

きたすほどではありませんが、記憶などの能力が低下し、正常とも認知症ともいえ

ない状態のことを「軽度認知障害(MCI: Mild Cognitive Impairment」と言います。

MCIの方の約半数は5年以内に認知症に移行するといわれています。MCIの方のう

ち、すべてが認知症になるわけではありませんが、この段階から運動などの予防的

活動を開始することで、認知症の進行を遅らせることが期待されています。

一方、ビジネスや教育分野のみならず、医療介護分野においても、IT化やデジタ

ル化とともに対象への作用の内容、質、価値などを変えるような行為、いわゆるDX

(デジタルトランスフォーメーション)が盛り上がりつつあります。

本講座では、認知症の概要、認知症予防の方法とその科学的根拠をお話しすると

ともに、現在研究を行なっている、いつでもどこでも、そして一人一人個別に合わ

せた認知症予防DXの可能性についてお話しします。

 

 「認知症予防DX~いつでもどこでも認知症予防~」

 

1.日時 2023年2月10日(金)15:00~2月20日(月)12:00(配信期間)

2.開催方式 Web開催(オンデマンド配信)

3.参加費 無料

4.プログラム

 < 講演 >

  テーマ 「認知症予防DX~いつでもどこでも認知症予防~」

  講師 田部井 賢一(東京都立産業技術大学院大学 助教)

5.参加申し込み方法 下記URLより申し込み下さい。

     https://aiit.doorkeeper.jp/events/146630

6.問い合わせ先 東京都立産業技術大学院大学 管理部管理課OPI企画運営係

     E-mailopi@aiit.ac.jp Tel03-3472-7833

 

     ***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

(第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー一覧をご覧いただけます)

     ***「ヒューファク安全情報」“R西が寒波で立ち往生”(添付) 提供 佐久間秀武氏

  

 

     共催 東京都立産業技術大学院大学/品川区

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

環境・開発と防災・減災という、学術的背景も国際協調の議論の経緯も異なる

この2つの分野の統合的な推進が今こそ求められています

この会議では、つくば学園都市の国立環境研究所と防災科学技術研究所を中心

とする学術分野と、関東地区の行政、民間企業、市民組織が協力して、持続的か

つレジリエントな道筋への移行について議論します。

 

「持続的かつレジリエントな道筋への移行」

 

1.日時 2023年02月15日(水)13:30~16:00

2.開催方式 ハイブリッド方式(会場リアル+Zoomウェビナーオンライン)

     (リアル会場)国立研究開発法人 防災科学技術研究所 研究交流棟 和達記念ホール

       住所 茨城県つくば市天王台3-1

       電車 つくばエクスプレス「つくば駅」から、つくバス北部シャトル「筑波山口」行き

「花畑(防災科学技術研究所)」下車徒歩3

     (オンライン)Zoomウェビナーによるオンライン配信

3.参加費 無料(定員リアル70名、オンライン500名)

4.プログラム(詳細 https://www.scj.go.jp/ja/event/2023/333-s-0215.html

 < 基調講演 >

テーマ 「気候変動への対応と持続可能でレジリエントな社会」

講師 三村 信男(茨城大学地球・地域環境共創機構特命教授)

 < 話題提供 >

テーマ1 「環境・開発(市民活動)」

講師 島田 幸子(関東地方ESD活動支援センター)

テーマ2 「防災・減災(市民活動)

講師 澤野 次郎(災害救援ボランティア推進委員会委員長)

テーマ3 環境・開発(行政の取組)

講師 向後 昌弘(佐倉市企画政策部長)

テーマ4 「防災・減災行政の取組)」

講師 藤光 智香(つくば市政策イノベーション部長)

テーマ5 「環境・開発(民間企業の取組)」

講師 安部 大介(株式会社ウェザーニューズ常務執行役員)

テーマ6 「防災・減災(民間企業の取組)」

講師 相澤 益男(日本防災産業会議会長)

テーマ7 環境・開発(学術分野の取組)」

講師 日下 博幸(筑波大学計算科学研究センター教授)

テーマ8 「防災・減災(学術分野の取組)」

講師 岩波 越(防災科学技術研究所研究主監)

< パネルディスカッション >

 テーマ 「持続的かつレジリエントな道筋への移行」

モデレータ

小池 俊雄(日本学術会議第三部会員、東京大学名誉教授、政策研究大学院大学連携教授)

  パネリスト

   ・三村 信男(茨城大学地球・地域環境共創機構特命教授)

   ・島田 幸子(関東地方ESD活動支援センター)

   ・澤野 次郎(災害救援ボランティア推進委員会委員長)

   ・向後 昌弘(佐倉市企画政策部長)

   ・藤光 智香(つくば市政策イノベーション部長)

   ・安部 大介(株式会社ウェザーニューズ常務執行役員)

   ・相澤 益男(日本防災産業会議会長)

   ・日下 博幸(筑波大学計算科学研究センター教授)

・岩波 越(防災科学技術研究所研究主監)

5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込みください。

    https://www.scj.go.jp/ja/event/2023/333-s-0215.html

6.問い合わせ先 日本学術会議 03-3403-3793(代表)

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

(第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー一覧をご覧いただけます)

 

    主催 日本学術会議

 

共催 国立研究開発法人 防災科学技術研究所

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

幼保小接続は、子ども政策の総合化の議論において、看過された課題であった。結果的

には実現しなかったが、幼保の管轄は、義務教育とは切り離され、内閣府の外局であるこ

ども家庭庁に一元化することが目指されていた。しかし近年の、世界的な幼児教育改革の

動向においては、乳幼児の学ぶ権利の保障という観点から、乳幼児期から一貫して教育系

の省庁が管轄する制度が主流となっている。すなわち、日本の政策の議論において看過さ

れているのは、乳幼児の学びの保障という観点だといえよう。本シンポジウムでは、海外

の幼保小接続の動向を踏まえた上で、乳幼児の学びの保障というアイデアに基づいて幼保

小接続のあり方を議論する。

 

「子ども政策の総合化を考える~”乳幼児の学びの保障”幼児教育と小学校教育の接続の観点から~」

 

1.日時 2023年02月23日(木・祝)13:00~16:00

2.開催方式 オンライン開催

3.参加費 無料(定員      1,000人)

4.プログラム(詳細https://www.scj.go.jp/ja/event/2023/333-s-0223.html

 < 報告 >

  テーマ1 「幼保一元化のグローバルな動向」

   講師 門田 理世(西南学院大学人間科学部教授)

  テーマ2 「幼保小接続の現在~探究でつなぐ~」

   講師 秋田 喜代美(日本学術会議連携会員(特任)、学習院大学文学部教授)

< 指定討論 >

 ・大桃 敏行(日本学術会議連携会員、学習院女子大学国際文化交流学部教授)

・中坪 史典(日本学術会議連携会員、広島大学大学院人間社会科学研究科教授)

・西岡 加名恵(日本学術会議連携会員、京都大学大学院教育学研究科教授)

5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込みください。

    https://www.scj.go.jp/ja/event/2023/333-s-0223.html

6.問い合わせ先 日本学術会議 電話番号 03-3403-3793

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

(第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー一覧をご覧いただけます)

 

    主催 日本学術会議心理学・教育学委員会乳幼児発達・保育分科会

 

共催 東京大学

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

これまで様々な子育て支援が行われているが、子どもを育てる親のストレスは

軽減することはなく、虐待や少子化等の問題は依然として深刻である。

 支援の対象が要支援家庭に偏っていること、すべての家庭を対象に実施される

乳児家庭全戸訪問は生後4か月までと期限が限られていること等にみられるよう

に、日本のこれまでの子育て支援は子育て中のすべての家庭のウェルビーイング

を視野に入れたものになっていない。また、多くの人にとって学校教育終了後に

子育てに関する教育をうける機会も限定的である。本シンポジウムでは、より良

い子育て環境の実現のために、包摂的で継続性のある子育て支援という新しい視

点の導入を、子育て支援、小児看護学、家庭科教育、児童学の専門家とともに議

する。

 

「子育て支援の継続性を高めるために~新たな視点の提案~」

 

1.日時 2023年02月24日(金)13:30~16:40

2.開催方式 ハイブリッド方式(会場リアル+WEB(ZOOM)オンライン)

     (リアル会場)日本学術会議講堂

       住所 東東京都港区六本木7-22-34

       電車 東京メトロ千代田線「乃木坂」駅5出口

       地図 https://www.scj.go.jp/ja/other/info.html

     (オンライン)オンライン配信

3.参加費 無料

4.プログラム(詳細https://www.scj.go.jp/ja/event/2023/336-s-0224.html

< 講演 >

テーマ1 「子育て支援事業の最前線からみえるもの~繋がりとぬくもりの不足~」

講師 新澤拓治(社会福祉法人雲柱社 子育て支援コーディネーター)

テーマ2 「子育て期の家族のウェルビーイング予防的子育て支援の重要性」

講師 浅野みどり(日本学術会議連携会員、名古屋大学大学院医学系研究科総合保健学専攻教授)

テーマ3 「すべての人が子育て力をもつために生涯教育からの提案」

講師 工藤由貴子(日本学術会議連携会員、和洋女子大学 総合研究機構家庭科教育研究所特別研究員)

テーマ4 「子どもの育ちに還元される子育て支援」

講師 田代和美(和洋女子大学人文学部教授)

 < 全体討議 >

5.参加申し込みの方法 下記URLの手順に従って申し込みください。「 

    https://www.scj.go.jp/ja/event/2023/336-s-0224.html

6.問い合わせ先 共立女子大学家政学部 守隨 香

E-mail: kshuzui@kyoritsuwu.ac.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

(第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー一覧をご覧いただけます)

 

    主催 日本学術会議健康・生活科学委員会家政学分科会

 

後援 日本生命科学アカデミー

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

日本学術会議土木工学・建築学委員会気候変動と国土分科会では、気候変動の影響を

受けて激甚化する水災害に対応した新たな「流域治水」による防災・減災対策(適応策)

のために不可欠となる知見や科学・技術について審議している。流域治水を効果的に進

めるためには、地形特性による影響や気候変動によって年々変化していく豪雨発生状況

を踏まえて浸水リスクの態様を把握し、土地利用の規制・誘導等も視野に入れつつ、建

築物等における水害対策と、治水インフラ整備との調和・連携を図っていくことが重要

である。即ち建築物の立地環境に応じた対策の整備を、治水インフラと建築物側とで連

携して進めていく必要がある。両者の連携のために、河川氾濫等による洪水のハザード

に関して共通の認識を持ち、水害に関するハザード情報が地域の建築物の対策に活かさ

れ、逆に地域の建築物や諸施設の現状や将来の方向性を踏まえた治水インフラの整備や

土地利用の計画を進めることが肝要である。気候変動と国土分科会では「流域治水に資

する建築物の耐水設計検討小委員会」を設置し、建築物に関する過去の水害や対策事例、

活用可能な洪水情報を整理した上で、建築物の水害対策の考え方を検討してきた。建築

物や地域の水害対策に適用可能な、河川氾濫等による浸水等のハザード情報のあり方と

その活用、および必要な活動などの具体的な内容についても、建築(・地域計画)分野

と土木分野の技術者が共同で検討することとしている。本シンポジウムでは、本小委員

会にて検討されてきた内容のうち、建築物の水害対策に焦点を当て、今後の具体的な防

災・減災につながる活動に向けて、内容を深めるための議論を行う。

なお、本シンポジウムは、関連する建築・土木・都市計画分野などの専門家に広く参

加を呼びかけ、開催する。

 

「水害対策と建築分野の取組み」

 

1.日時 2023年03月08日(水)13:00~17:00

2.開催方式 オンライン開催

3.参加費 無料

4.プログラム(詳細https://www.scj.go.jp/ja/event/2023/333-s-0308.html

< 講演 >

テーマ1 「流域治水と建築物の耐水対策への期待」

講師 望月 常好(日本学術会議連携会員、公益社団法人日本河川協会監事)

テーマ2 「河川氾濫と建築物の被害」

講師 二瓶 泰雄(東京理科大学理工学部教授)

テーマ3 「建築物の水害対策の課題」

講師 木内 望(国立研究開発法人建築研究所主席研究監)

テーマ4 「建築環境面から見た建築物の水害対策」

講師 長谷川 兼一(秋田県立大学システム科学技術学部教授)

テーマ5 「建築物の耐水設計に対する取組み(提案)」

講師 田村 和夫(日本学術会議連携会員、建築都市耐震研究所代表)

テーマ6 「土木学会・日本建築学会TFチームにおける取組み」

講師 立川 康人(京都大学教授、土木学会・日本建築学会TF災害WG委員長)

 < 各分野からの意見 >

  意見1 「建築構造分野の視点から」

   発言 楠 浩一(東京大学教授)

  意見2 「建築環境分野の視点から」

   発言 秋元 孝之(芝浦工業大学教授)

  意見3 「建築計画分野の視点から」

   発言 清家 剛(東京大学教授)

  意見4 「都市計画分野の視点から」

   発言 野澤 千絵(明治大学教授)

  意見5 「水害リスクマネジメントの視点から」

   発言 大原 美保(日本学術会議連携会員、国立研究開発法人土木研究所 主任研究員)

  意見6 「復旧・復興の視点から」

   発言 荒川 尚美(日経クロステック/日経アーキテクチュア記者)

 < 総合討論 >

  司会 久田 嘉章(土木学会・日本建築学会TF災害WG副委員長、工学院大学建築学部教授)

5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込みください。

     https://www.scj.go.jp/ja/event/2023/333-s-0308.html

6.問合せ先 田村和夫 tamkaz.kento@ninus.ocn.ne.jp 

       

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

(第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー一覧をご覧いただけます)

                 

     主催 日本学術会議 気候変動と国土分科会

共催 一般社団法人 日本建築学会、公益社団法人 土木学会

 

後援 一般社団法人 防災学術連携体

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

NEDIAでは、アクションセミナー委員会で、会員様向けに、タイムリー、かつ役立つ

業界情報を提供し、会員様の価値向上を図るべく、革新的なアクションセミナーを企画

し開催をしています。第33回は、電子デバイス産業新聞 記者の東 哲也氏を講師に

お迎えし、「新たな局面を迎えた車載用リチウムイオン電池(LiB)」と題してご講演い

ただきます。2050年のカーボンニュートラル達成を目標に、世界各国で今後ガソリ

ン車からxEV(電動車)へのシフトが進められようとしていますが、これが牽引車とな

って、車載リチウムイオン電池の需要も大きく拡大することが確実視され、電池メーカ

ーが世界各地で大規模な投資を行う計画を進めています。そんな中、2022年は米バ

イデン政権が法案化した「インフレ抑制法」により、新たな局面を迎えています。

本セミナーでは、電子デバイス産業新聞において電池担当記者として活躍中の東氏が、

車載用LiBの投資計画を俯瞰するとともに、課題や問題点などを探っていきます。

 新型コロナウイルス感染を防止するための対策も講じた上で開催いたします。ぜひ多く

の会員様にご参加頂けることを心よりお待ち致しております。

 

「新たな局面を迎えた車載用リチウムイオン電池」

 

1.日時 2023年02月21日(火)17:00~18:30

2.会場 学士会館203室

(住所)千代田区神田錦町3-28

(電車)神保町駅 出口A9から徒歩1分

(地図)

3.参加費 一般3000円

4.プログラム

< 講演 >

テーマ 「新たな局面を迎えた車載用リチウムイオン電池(LiB)」

講師 東 哲也(㈱産業タイムズ社 電子デバイス産業新聞 記者)

内容 世界的な電動車シフトを受けて車載用LiBへの大規模投資が止まらない。

2022年は米バイデン政権が法案化した「インフレ抑制法」により新

たな局面を迎えた。車載用LiBの投資計画を俯瞰するとともに、課題や

問題点などを探る。

5.参加申し込み方法 下記事項を記入の上、申し込みください。

  1. 会社・団体名、②部署ご役職、③氏名、④連絡先、⑤会員確認(NEDIA会員・非会員)

6.問い合わせ先 (一社)日本電子デバイス産業協会(NEDIA)事務局

TEL03-5823-4465 FAX03-5823-4475E-mail  info@nedia.or.jp  

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

(第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー一覧をご覧いただけます)

 

 

     主催 (一社)日本電子デバイス産業協会(NEDIA) 

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「日弁連中小企業国際業務支援弁護士紹介制度」の開始から2022年5月で10周年

を迎えたことを機に、これまでの活動を振り返り、日本経済の今後のために弁護士に期待

されていることは何かを検討します。

特に、国際取引に関する制度的仕組みの中に、リーガル・リスクを組み込ませること(

embedded legal risks in the international transaction)を目標とし、弁護士によるリ

ーガル・リスク回避の役割の理解を深めます。どなたでもご参加いただけますので、多数

の皆様のご参加をお待ちしております。

 

「日本経済の将来と弁護士の役割」

 

.日時 2023年2月15日(水)10:00~13:00

.開催方法 Zoomウェビナーによるオンライン開催

.参加費 無料(定員500名)

.プログラム(詳細https://www.nichibenren.or.jp/event/year/2023/230215.html

 < 基調報告 >

  テーマ1 「弁護士紹介事業10周年の振返りと案件500の分析」

   講師 金山 卓晴(弁護士、中小企業の国際業務の法的支援に関するWG副座長)

  テーマ2 「国際取引におけるリーガル・リスク回避と弁護士の役割」

   講師 森脇 章(弁護士、同WG委員)

  テーマ3 「最近の動向~拠点に縛られない取組~」

   講師 杉村 洋維(弁護士、同WG幹事)

 < パネルディスカッション >

  テーマ1 「国際取引における弁護士の役割と機能」

  パネリスト

・淵邊 善彦(弁護士、同WG座長)

・森脇 章(弁護士、同WG委員)

   ・石川 雅啓(独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ))

   ・清水 力(東京商工会議所、中小企業相談センター 主席調査役)

  コーディネーター

池内 稚利(弁護士、同WG副座長)

  テーマ2 「国際取引におけるリーガル・リスク・ヘッジへの対応と地域との連携の在り方」

  パネリスト

・新田 裕子(弁護士、同WG副座長)

・杉村 洋維(弁護士、同WG幹事)

・新井 剛史(独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ))

   ・清水 力(東京商工会議所 中小企業相談センター 主席調査役)

  コーディネーター

八木 俊則(弁護士、同WG委員)

.参加申し込み方法 下記URLより申し込みください。

      https://form.qooker.jp/Q/auto/ja/10kinenmo/kokusai/

.問い合わせ先 日本弁護士連合会企画部国際課

TEL:03-3580-9741 、international@nichibenren.or.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

(第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー一覧をご覧いただけます)

 

 

      主催 日本弁護士連合会 

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

自社のDX推進について検討している、自分の手でDX計画をつくりたい、

DXの基本を知っている社内人材を育成したいという方は是非参加ください。

 

DXの進め方 ~中小企業がDXを始めるための基本~」

 

1.日時(第一日目)2023年02月15日(水)13:30~17:00

(第二日目)2023年02月17日(金)同上

(第三日目)2023年02月22日(水)同上

(第四日目)2023年02月24日(金)同上

2.開催方式 オンライン

3.参加費 無料(20社(1社2名まで)、うち1名は全4日間への参加必須)

4.プログラム(詳細https://iot-robot.jp/seminar/hr-seminar-20230215/

 ー 2023年02月15日(水) 13:30~17:00 ー

 < 基礎講座 >

内容(1)DX概論

(2)DXまでのステップ

  講師 杉山 純一(一般社団法人Reboot

ー 2023年02月17日(金) 13:30~17:00 ー

< 技術講座 >

 内容(1)各種ツールの紹介

(2)事例としてのoffice365活用からみるDXステップ

        (インフラ整備 → アプリ活用 → RPA

(3)グループウエアによるDX初級編(例としてteams利用)

  講師 杉山 純一(一般社団法人Reboot

ー 2023年02月22日(水) 13:30~17:00 ー

< 応用講座 >

内容 講師の対応事例をもとにアプリ活用からRPAまでの実践

講師 杉山 純一(一般社団法人Reboot

ー 2023年02月24日(金) 13:30~17:00 ー

 < 合同研究会 >

内容(1)DX化のステップをふんだ模擬体験/自社課題の深堀と自動化可能な箇所を見つける

  (2)振り返り、まとめ

講師 杉山 純一(一般社団法人Reboot

5.参加申込方法 下記URLの手順に従って申し込みください。

     https://iot-robot.jp/seminar/hr-seminar-20230215/

     *2月3日(金)17:00、若しくは 定員に達し次第(先着順)

6.問い合わせ先 (運営受託先)株式会社エスアイ総合研究所

    TEL: 03-6277-6318 、E-maildigi_jinzai@sisken.co.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

(第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー一覧をご覧いただけます)

 

      公益在団法人 東京都中小企業振興公社

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Web.3.0」はブロックチェーンを基盤とした新しいインターネットの概念であり、

次世代型のインターネットとして注目されています。本イベントでは、Web3.0 の基礎

知識や税制における注意点をおさえつつ、Web3.0 ビジネスの価値や協業事例・オープ

ンイノベーションの可能性を探っていきます。会場参加・オンライン参加が可能なハイ

ブリット開催。講演終了後は交流会を通じて、港区から共創の輪を広げてください。

 

Web3.0時代のオープンイノベーション

~様々な視点からみる新時代のWeb3.0とビジネスのこれから~」

 

.日時 2023年02月15日(水)13:30~17:00

.開催方式 ハイブリッド方式(会場リアル+WEB(ZOOM)オンライン)

  (リアル会場)港区立産業振興センター内 札の辻スクエア11階 ホール小

    住所 港区芝5丁目364

    電車 JR田町駅三田口(西口)から徒歩4分

    地図 https://minato-sansin.com/function/

(オンライン)オンライン

.参加費 無料(定員100名(リアル)、300名(オンライン))

.プログラム(詳細https://minato-sansin.com/event/web3_open_innovation/

 < 第一部 講演 >

  テーマ1 「Web3.0の基礎概要と課題」

講師 保木 健次(あずさ監査法人)

テーマ2 「Web3.0時代に向けたオープンイノベーションの取り組み」

講師 舘林俊平(KDDI㈱ BI推進部長 兼 Web3事業推進室)

テーマ3 「ブロックチェーン技術を利用した現在のユースケースについて」

講師 加藤清紀(㈱fav 代表取締役)

 < 第二部 パネルディスカッション >

  テーマ 「先駆するスタートアップが語る!Web3.0領域で活躍したい人のための”輪になる”トーク」

モデレーター

加藤清紀(㈱fav 代表取締役)

  パネリスト

・紫竹佑騎(合同会社暗号屋 代表社員)

・明渡隼人(㈱Pictoria 代表取締役)

Chris Dai(㈱UniCask Co-founder

 < 交流会 >

.参加申し込み方法 下記URLより申し込みください。

    会場参加:https://coubic.com/campus/794039

オンライン参加:https://coubic.com/campus/774874

.問い合わせ先 港区立産業振興センター 総合受付 TEL.03-6435-0601

 

     ***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

(第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー一覧をご覧いただけます)

     ***「ヒューファク安全情報」“中国が民間航空機を開発”(添付) 提供 佐久間秀武氏

  

 

     主催 港区立産業振興センター 

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「働き方」改革により、働き方の見直しが進められています。また、コロナ禍

において働き方が変化している側面があります。日本の活力を維持・向上させる

ためには、潜在成長力を、すなわち中小企業の生産性向上が重要な課題になって

おります。今回は、中小企業の現状から、今後の課題について実証研究・実証分

析・生産性分析を専門とする学習院大学経済学部の滝澤美帆教授の話を伺います。

 

「ウィズコロナ時代の新しい働き方~新しい働き方を生産性向上につなげるには~」

 

1.日時 2023年02月20日(月)14:00~15:00

2.開催方式 オンライン

3.参加費 無料(定員50名)

4.プログラム(詳細https://myevent.tokyo-cci.or.jp/detail.php?event_kanri_id=201538

 < 講演 >

  テーマ 「ウィズコロナ時代の新しい働き方~新しい働き方を生産性向上につなげるには~」

  講師 滝澤美帆(学習院大学 経済学部 教授)

5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込みください。

    https://myevent.tokyo-cci.or.jp/detail.php?event_kanri_id=201538

6.問い合わせ先 東京商工会議所 渋谷支部

    03-3406-8141 、shibuya@tokyo-cci.or.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

(第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー一覧をご覧いただけます)

 

 

    主催 東京商工会議所 渋谷支部 

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

世界の状況が刻々と変化する中、日本もその変化に大きく影響を受けています。

日本経済の現況はどんな状況なのか。また、コロナによる閉塞感が漂う中、今後

の日本経済の動向・見通しについて解説していただきます。

 

日本経済の現状と今後の見通し」

 

1.日時 203年02月15日(水)13:30~14:40

2.開催方式 ハイブリッド方式(会場リアル+YoutubePeatix埋め込み))

  (リアル会場)浅草ビューホテル

    住所 台東区西浅草3-17-1

    電車 つくばエクスプレス「浅草駅」より徒歩1

    地図 https://www.viewhotels.co.jp/asakusa/map/access.html

  (オンライン)オンライン配信式

3.参加費 無料(定員100名)

4.プログラム(詳細https://myevent.tokyo-cci.or.jp/detail.php?event_kanri_id=201111

< 講演 >

 テーマ 「日本経済の現状と今後の見通し」

 講師 辛坊正記(経済評論家)

5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込みください。

    https://myevent.tokyo-cci.or.jp/detail.php?event_kanri_id=201111

6.問い合わせ先 東京商工会議所 足立支部

    03-3881-9200 、adachi@tokyo-cci.or.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

(第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー一覧をご覧いただけます)

 

 

    主催 東京商工会議所 足立支部

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

この度、下記により第15回TEPIA講演会を開催いたします。今回はコロナ感染症

対策の観点から参加者数を限定して開催いたします。そのため、参加希望多数の場合

は第2会場にて映像でのご視聴となる場合がございます。あらかじめご了承ください

ますようお願い申し上げます。また、今回は3年振りの開催となることから、この間、

会員の皆様にもご異動等があったかと思いますので会員の名簿をアップデートしたい

と思います。そこで今後もTEPIA講演会の会員の継続を希望されるかどうかのご意向

をお伺いいたします。お手数ですが、今回の講演会参加を希望されない方および今後

の会員継続を希望されない方も今回、必ずご返信くださいますようお願い申し上げま

返信がいただけない場合は、会員の継続を希望されないご意向と判断し、今後は

ご案内を控えさせていただきますので、何卒ご理解賜りますよう願い申し上げます

  

Muse細胞がリードする医療変革と健康長寿社会の実現」

 

1.日時 2023年03月03日(金) 13:30~15:00

2.会場 高度技術社会推進協会 4階 TEPIA ホール及び第2会場(映像視聴)

   (住所)東京都港区北青山2-8-44

   (電車)東京メトロ銀座線 外苑前駅3番出口から徒歩4分

   (地図)https://www.tepia.jp/access

3.参加費    無料

4.プログラム

 < 講演 >

  テーマ 「Muse細胞がリードする医療変革と健康長寿社会の実現」

  講師 出澤真理(東北大学大学院医学研究科 細胞組織学分野 教授)

  内容 Muse細胞は体内に備わる総合メンテナンス会社のような修復幹細胞で、

骨髄から血液を通じて全身の臓器に配給され、傷害された細胞や死んだ

細胞に置き換わって様々な臓器の機能修復をする多様性幹細胞です。

2010年に世界で初めて発見され、「再生医療」分野で大きな注目を

集めています。HLA適合検査や免疫抑制剤投与を必要とせず、ドナー

Muse細胞をそのまま点滴投与するだけで治療が可能で、元々体内にある

ため腫瘍化のリスクも極めて低いとされる患者に優しい低侵襲医療です。

従来完全な回復が難しいとされてきた脳梗塞による重度の後遺症にも効

果が見られるとの治験結果もあり、それ以外にも急性心筋梗塞、脊椎損

傷、筋委縮性側索硬化症(ALS)などへの治験が実施されるなど、再生

医療分野での新しい治療法として大変期待されています。

本講演では、Muse細胞が描く新しい医療について東北大学大学院医学系

研究科の出澤真理教授に分かり易くご講演いただきます。        

5.参加申し込みと会員継続 出欠のご返事は、2023年01月31日(火)まで

    に、下記の通り、会員継続の有無、所属先、役職、氏名をご記入の上、メ

ールで当方(lecture@tepia.jp)にご返答下さい。

(1)第15回TEPIA講演会(3月3日)に 出席 / 欠席  します。

   (2)会員継続希望の有無【               

(3)所属先(貴社名/貴団体名等)【                

(4)ご役職                   

(5)ご芳名                     

   (6)登録アドレスをご変更されたい方はご記入ください。

変更を希望する メールアドレス【           】

6.問い合わせ先 高度技術社会推進協会 https://www.tepia.jp/inquiry

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

(第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー一覧をご覧いただけます)

 

 

   主催 一般在団法人 高度技術社会推進協会

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

事業承継をきっかけに経営革新を成功するために経営者や後継者がどのような

取り組みを行うべきかについて、中小企業の経営革新に詳しい講師から学んでい

ただきます。また、後継者として経営者を支援しながら新たなことにチャレンジ

している「経営後継者研修」の卒業生にご自身の経験について披露していただき

今後の参考にしていただきます。

 

「事業承継をきっかけに経営革新をどう実現するのか」

 

.日時 2023年03月14日(火)13:30~16:00

.開催方式 ハイブリッド方式(会場リアル+オンライン)

  (リアル会場)中小企業大学校東京校

    住所 東京都東大和市桜が丘2-137-5

    電車 西武拝島線 東大和市駅から徒歩約10

    地図 https://www.smrj.go.jp/institute/tokyo/access/index.html

  (オンライン)オンライン配信

.開催方式 中小企業大学校東京校(東京都東大和市桜が丘2-137-5

.参加費

.プログラム(詳細https://www.smrj.go.jp/institute/tokyo/training/sme/succession/seminer/mpjnpl0000002o4o.html

 < 基調講演 >

  テーマ 「事業承継を切っ掛けに経営革新をどう実現するか」

   講師 井上 善海(法政大学大学院 政策創造研究科 教授)

 < 事例講演 >

  テーマ 「後継者としての経営革新の実践」

   講師 伊藤 祐輝(㈱カネコ小兵製陶所 専務取締役)

 < 経営後継者研修概要説明 >

 < 経営後継者研修東京校施設見学会 >

.参加申し込み方法 下記URLより申し込みください。

https://www.smrj.go.jp/institute/tokyo/training/sme/succession/seminer/mpjnpl0000002o4o.html

.問い合わせ先 中小企業大学校 東京校 企業研修課

     042-565-1207 to-kenshu@smrj.go.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

(第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー一覧をご覧いただけます)

 

 

     主催 独立行政法人中小企業基盤機構

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

国内最大級の技術系スタートアップの支援組織TEPが主催し「技術をビジネス

のコアコンピタンスとした事業でグローバルな成長が期待される技術系スタート

アップ」にフォーカスを当てた J-TECH STARTUP SUMMIT を開催します。

イベントでは、J-TECH STARTUP 2022に認定された6社の公開プレゼンや認

定証授与のほか、Takeoff Pointの石川洋人様をゲストに迎えたパネルディスカッ

ションを予定しています。技術をコアとしたスタートアップ企業の皆様はもちろん

のこと、これらスタートアップとの協業を求める企業の皆様、未来を変えていく技

術や事業にご関心のある方は、是非ご参加下さい。

 

「未来を創る技術が集結~未来をつくるシード・アーリーの技術系スタートアップ~」

 

1.日時 2023年02月16日(木)13:30~17:00

2.開催方式 ハイブリッド方式(会場リアル+YoutubePeatix埋め込み))

  (リアル会場)浅草橋ヒューリックホール

    住所 台東区浅草橋1-22-16ヒューリック浅草橋ビル2HULIC HALL

    電車 JR総武線「浅草橋駅(西口)」より徒歩1

    地図 https://hulic-hall.com/access/

  (オンライン)YoutubePeatix埋め込み)

3.参加費 無料

4.プログラム(詳細https://www.tepweb.jp/event/jtech2022/

 < 講演 >

  テーマ 「未来を創る技術が集結」

  講師 石川洋人(Takeoff Point 執行役 社長)

 < パネルディスカッション >

  テーマ 「未来を創る技術が集結~未来をつくるシード・アーリーの技術系スタートアップ~」

  パネラー

   ・石川洋人(Takeoff Point 執行役 社長)

・岡田直己(㈱fcuro 代表取締役CEO

・宮本悦子(㈱FuturedMe 代表取締役CEO

・國土晋吾(一般社団法人TXアントレプレナーパートナーズ 代表理事)

モデレーター>

松田将寿(Transformation Consulting合同会社 CEO Management Consultant

5.参加申し込み方法 下記URLより申し込みください。

    https://www.tepweb.jp/event/jtech2022/

6.問合せ先 https://www.tepweb.jp/contact/

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

(第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー一覧をご覧いただけます)

 

    主催 一般社団法人TXアントレプレナーパートナーズ

共催 一般社団法人日本能率協会

         後援  経済産業省関東経済産業局主催

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

古典力学は、機械工学におけるいわゆる4力学(機械力学・材料力学・流体力学・熱力学)

のように、学問分野ごとに確立された基盤学問のように捉えられがちである。

しかし、力学が対象とする問題の多様化にともない、様々な学問分野にまたがる未解決の

力学の問題が顕在化してきている。これら諸課題に取り組むためには、既存の基盤学問領域

の枠にとらわれない広範囲な学問分野との融合が必要である。本シンポジウムは今回が8回

目となるが、上記を背景に、古典力学研究の裾野を広げうる先端的研究に関する最新動向を

俯瞰すると同時に、古典力学を基盤とする研究者が異分野と協働して新たに開拓すべき次世

代力学研究を展望・討論を重ねてきた。今回は、講演会の前半は、カーボンニュートラルを

キーワードに、この分野で活躍している研究者の方々にご講演を頂く。後半は、IUTAM・国

際連携小委員会のメンバーで、日本で活躍する外国人研究者による講演を予定している。

 

「理論応用力学シンポジウム~力学の深化に向けて~」

 

1.日時 2023年03月10日(金)13:00~17:00

2.開催方式 ハイブリッド方式(会場リアル+WEB(ZOOM)オンライン)

    (リアル会場)日本学術会議講堂

      住所 東東京都港区六本木7-22-34

      電車 東京メトロ千代田線「乃木坂」駅5出口

      地図 https://www.scj.go.jp/ja/other/info.html

    (オンライン)オンライン配信

3.参加費 無料

4.プログラム(詳細https://www.scj.go.jp/ja/event/2023/336-s-0310.html

 < 招待講演 >

テーマ1 「カーボンニュートラルに向けたアンモニア発電技術開発の現況」

講師 藤森 俊郎(株式会社IHI 技監)

テーマ2 「分子シミュレーションを活用した環境負荷の小さい冷媒開発」

講師 近藤 智恵子(日本学術会議連携会員、長崎大学大学院工学研究科教授)

 < IUTAM・国際連携小委員会企画 >

 < 講演 >

  テーマ1 「“Fully automatized optimization of ring-opening reactions in lactones via 2-step machine learning

  講師 Prof Pierluigi Cesana (Kyushu University)

  テーマ2 「“How ocean freak waves are generated in the lab”」

  講師 Prof Amin Chabchoub (Kyoto University)

  テーマ3 「“Mechanics of flexible materials; from foods and toys to soft-robotics”」

  講師 Prof Tomohiko Sano (Keio University)

5.参加申し込み方法 下記URLより申し込みください。

     https://www.scj.go.jp/ja/event/2023/336-s-0310.html

6.問い合わせ先 高木周(東京大学教授)e-mailtakagi@mech.t.u-tokyo.ac.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

(第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー

 

 

     主催 日本学術会議機械工学委員会・総合工学委員会・土木工学分科会

 

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

本格的なデータの時代を迎えて、特に日本で関連の研究人材および高度専門職人材

が不足している中で、コンピュータサイエンス・数理科学・統計科学を融合した数理

・データサイエンス・AI 教育の体系化が構築されつつある。本シンポジウムでは、

統計科学の観点から、教育および研究に関する現状と課題、国際動向、展望を多様な

角度から議論し、社会発信の場とする。

 

「数理・データサイエンス・ 時代における統計科学の教育及び研究について」

 

1.日時 2023年02月17日(金)13:30~15:30

2.開催方式 ハイブリッド方式(会場リアル+WEB(ZOOM)オンライン)

     (リアル会場)日本学術会議講堂

       住所 東東京都港区六本木7-22-34

     電車 東京メトロ千代田線「乃木坂」駅5出口

     地図 https://www.scj.go.jp/ja/other/info.html

   (オンライン)オンライン配信

3.参加費 無料

4.プログラム(詳細https://www.scj.go.jp/ja/event/2023/336-s-0217.html

 < 講演 >

  テーマ1 「機械学習分野における研究・人材育成の動向と課題」

   講師 杉山 将(理化学研究所 革新知能統合研究センター センター長、東京大学教授)

  テーマ2 「国際および国内産業界における統計的手法を活用した問題解決手法・シックスシグマ

Six Sigma)の現状~統計プロフェッショナル育成と国際認証に関する課題と展望を踏まえて~」

講師 石山 一雄(ISO TC69 統計的方法の応用/SC7シックスシグマ日本代表委員)

 < 総合討論 >

  テーマ 「数理・データサイエンス・ 時代における 統計科学の教育及び研究について」

  司会 

青嶋 誠(日本学術会議連携会員、筑波大学数理物質系教授)

パネラー

・石山 一雄(ISO TC69 統計的方法の応用 /SC7シックスシグマ日本代表委員)

・戸谷 圭子(日本学術会議連携会員、明治大学専門職大学院グローバルビジネス研究科教授)

・中谷 多哉子(放送大学情報コース教授)

・竹村 彰通(日本学術会議連携会員、滋賀大学長)

5.参加申し込み方法 下記URLより申し込みください。

     https://www.scj.go.jp/ja/event/2023/336-s-0217.html

6.問い合わせ先 渡辺美智子(立正大学教授)e-mailmwata@ris.ac.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

(第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー

 

主催 日本学術会議数理科学委員会数理統計学分科会

 

共催 統計関連学会連合、特定非営利活動法人横断型基幹科学技術研究団体連合

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

大切なのは今、老舗にあって老舗にあらず、室町時代後期から続く老舗企業のあくなき

挑戦。老舗和菓子屋でありながら、時代の変化に対応し、海外出店や、和と洋の垣根を超

えた新しい菓子を提案するTORAYA CAFÉ(現TORAYA AN STAND)をオープンする等、挑戦を

続けている虎屋。今日に至るまでの歩みや出来事、2020年のご子息への事業承継の経

験等を、代表取締役会長 黒川光博氏に福島敦子氏との対談形式で語って戴きます。

 

「逆風を追い風に~予測不能な時代を乗り切るための経営戦略~」

 

.日時 2023年02月27日(月)~3月24日(金)

.開催方式 YouTubeを使用した動画の録画配信

.参加費 無料(定員500名)

.プログラム(詳細https://www.tokyo-kosha.or.jp/support/shien/shonin/forum.html

 < 基調講演 >

  テーマ 「逆風を追い風に~予測不能な時代を乗り切るための経営戦略~」

  講師 黒川  光博(㈱虎屋 代表取締役会長)

 < 対談 >

  黒川 光博(㈱虎屋 代表取締役会長)

  福島 敦子(ジャーナリスト)

 < 実践セミナー >

  テーマ1 「今からでも遅くない!SNSを活用した商店の魅力発信」

    講師  野中 栄一(㈱ナーツ 代表取締役 ITコーディネータ)

  テーマ2 「省エネルギーで経営力アップ!すぐに始められる商店の省エネ対策」

  講師  田村 健人(ピコットエナジー㈱ 代表取締)

テーマ3 「始まったらどう変わる?インボイス制度の概要と商店が準備するべきポイント」

   講師  根津 信.之(税理士法人 林総合事務所 税理士・中小企業診断士・AFP

.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込み下さい。

https://www.tokyo-kosha.or.jp/support/shien/shonin/forum.html

.問い合わせ先 (公財)東京都中小企業振興公社 事業戦略部 経営戦略課

電話:03-5822-7237、 メール:shonin@tokyo-kosha.or.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

(第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー一覧をご覧いただけます)

 

 

       主催 (公財)東京都中小企業振興公社

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

東商初代会頭・渋沢栄一の精神を振り返り、これからの経済社会の在り方

を考える機会とする渋沢セミナー、今年度2回目を開催いたします。

今回は渋沢と同時代に生きた経済人をり上げながら、新たな時代の企業経

営を目指して、現状の危機を突破するためのヒントを先人の対応から学びた

と思います。ぜひ、ご参加ください。

 

「未来を拓く構想と行動~明治の起業家たちに学ぶ”渋沢栄一”と”岩崎弥太郎”~」

 

1.日時 2023年02月08日(水)13:30~15:00

2.開催方式  ハイブリッド(会場リアル)+ オンライン(ZOOMライブ配信)

(リアル会場)東京商工会議所 渋沢ホール

      住所 千代田区丸の内3--(丸の内二重橋ビル 5階)

電車 東京メトロ千代田線「二重橋前〈丸の内〉」駅直結(B5出口)

      地図 https://www.tokyo-cci.or.jp/about/map/

    (オンライン)ZOOM

3.参加費 無料(定員150名、会員限定)

4.プログラム(詳細http://msg.tokyo-cci.or.jp/mail/u/l?p=91j_YSRf8TOWqsMIY

 < 講演 >

  テーマ 「未来を拓く構想と行動~明治の起業家たちに学ぶ”渋沢栄一”と”岩崎弥太郎”~」

  講師 加来耕三(歴史家・作家) 

5.参加申し込み方法 下記URLより申し込みください。

     (リアル)http://msg.tokyo-cci.or.jp/mail/u/l?p=91j_YSRf8TOWqsMIY

     (オンライン)http://msg.tokyo-cci.or.jp/mail/u/l?p=pwivMXQPoWPG-qVYY

6.問い合わせ 経済資料センター 葛生・渡邊 

03-3283-7690 gallery@tokyo-cci/or.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

(第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー一覧をご覧いただけます)

 

 

       主催 東京商工会議所

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

改正電子帳簿保存法(以下、電帳法)が2022年1月から(2年間の猶予期間)、

適格請求書等保存方式(以下、インボイス制度)が2023年10月から施行され

ますが、「ウチみたいな小規模に関係ない」と思っていたら危険です。

電帳法については、猶予期間が過ぎても対応できていない場合は事業活動の費用

が認められず高額な追徴課税を受ける恐れがあります。また、インボイス制度にお

いては取引先からの求めに対応できない場合、取引を避けられるリスクが危惧され

ます。そこで、本セミナーでは、電帳法及びインボイス制度に関する検討すべき事

項や対応する場合のポイント、システム導入の流れ等についてご説明いたします。

 

「これだけは知っておきたい!~電帳法・インボイス制度~」

 

1.日時 2023年02月09日(木)14:00~16:00

2.開催方法 オンライン開催(Zoom開催)

3.参加費 無料(定員100名)

4.プログラム(詳細https://www.tokyo-kosha.or.jp/topics/2301/0006.html

 < 講演 >

  テーマ 「これだけは知っておきたい!~電帳法・インボイス制度~」

  講師 古川 忠彦(アルパーコンサルティング㈱)

  内容(1)電帳法について

・法改正による影響と対応のポイント

・3種類の保存方法(電子帳簿等保存 / スキャナ保存 / 電子取引データ保存)の要件、JIMA認証等

(2)インボイス制度について

・売手側と買手側から見た影響と留意点

・登録申請手続きと社内経理業務の見直し

(3)システム導入のポイントと中小企業支援施策等の活用

5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込みください。

     https://www.tokyo-kosha.or.jp/topics/2301/0006.html

6.問い合わせ先 公益財団法人 東京都中小企業振興公社

城東支社 産業セミナー担当 田中、TEL03-5680-4631

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

(第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー一覧をご覧いただけます)

 

 

      主催 公益財団法人 東京都中小企業振興公社

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

中小企業が自社の業務にロボットを適用していくためには?具体的なロボット製品

や導入コスト、導入効果等について、SIerから見たロボット導入の成功例/失敗例を

交えながら、中小企業で役に立つロボット導入にフォーカスしたセミナーです。

皆様のご参加をお待ちしております。

 

「生産性向上を実現するロボットシステムの導入のポイント~FA・ロボットSIerの活用が近道~」

 

1.日時 2023年02月21日(火)14:00~16:00

2.会場 公益財団法人東京都中小企業振興公社1階 大会議室

3.参加費 無料(定員20名、先着)

4.プログラム(詳細https://iot-robot.jp/seminar/digital-20230221/

< 講演 >

テーマ1 「産業用ロボットの導入に関する概要説明」

講師 田村 恵一(東京都中小企業振興公社、専門アドバイザー(産業用ロボット))

テーマ2 「自社に適したロボット導入とは?~SIerの導入事例から学ぶ~」

講師 髙丸 正(髙丸工業㈱ 代表取締役)

   講師 永井 伸幸(㈱バイナス 取締役)

 < パネルディスカッション >

  テーマ 「生産性向上を実現するロボットシステムの導入のポイント~FA・ロボットSIerの活用が近道~」

モデレータ

田村 恵一(東京都中小企業振興公社、専門アドバイザー(産業用ロボット))

パネリスト

・髙丸 正(髙丸工業㈱ 代表取締役)

・永井 伸幸(㈱バイナス 取締役)

・参加者も交えて

5.参加申し込み方法 下記URLより申し込みください。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdIlGa5E_

5EHgfNloRmWKx0TvgMuRCWjQBthjd_DGkA2hsS3A/viewform

(*新型コロナウイルスの感染拡大等によっては、開催方法を変更させていただく場合があります。)

6.問い合わせ先 公益財団法人東京都中小企業振興公社 総合支援部 総合支援課

TEL: 03-3251-7917、 E-mailiot@tokyo-kosha.or.jp

    

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

(第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー一覧をご覧いただけます)

 

 

      公益財団法人東京都中小企業振興公社

 

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

新型コロナウイルスの感染拡大により、企業規模に問わず、IT導入や活用、テレワーク

デジタル対応が急速に加速しました。一方で、新たな時代の潮流に対応するためその活用

方法が課題になっています。2023年以降、コロナ禍を機に急激に変化した社会構造や

生活様式を反映しながらIT・デジタル分野がどのように進展していくか、働き方、無人店

舗、脱炭素といった視点から展望を解説します。

 

   IT・デジタル技術の最新動向」

 

1.日時 2023年02月20日(月)13:30~14:30

2.開催方式 ハイブリッド方式(会場リアル+WEB(ZOOM)オンライン)

    (リアル会場)アートホテル日暮里 ラングウッド

      住所 荒川区東日暮里5-50-5

      電車 JR「日暮里」南改札口 徒歩1

      地図 https://art-nippori-lungwood.com/access/

    (オンライン)ZOOM

3.参加費 無料(定員150名)

4.プログラム(詳細https://myevent.tokyo-cci.or.jp/detail.php?event_kanri_id=201360

 < 講演 >

  テーマ 「IT・デジタル技術の最新動向」

  講師 桑津 浩太郎(㈱野村総合研究所 研究理事)

5.参加申し込み方法 下記URLより申し込みください。

https://myevent.tokyo-cci.or.jp/detail.php?event_kanri_id=201360

6.問い合わせ先 東京商工会議所 荒川支部 中條

03-3803-0538 arakawa@tokyo-cci.or.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

(第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー一覧をご覧いただけます)

 

 

       主催 東京商工会議所 荒川支部 

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

遺伝子(DNA)内の塩基配列の特定部分を狙って入れ替えること

ができる「ゲノム編集」技術によって品種改良された機能性アミ

ノ酸(GABA)高含有トマトや高成長トラフグなどへの関心が高まり、

ゲノム編集は医療など付加価値の高い新しい事業展開が可能な基盤

技術として大いに期待されています。2月度STFセミナーは、ゲノ

ム編集技術に特化した徳島大学発バイオベンチャー企業、株式会社

セツロテックの竹澤代表取締役からゲノム編集の仕組みや遺伝子組

換えとの違い、事業展開活動などについて伺います。

 ご興味・関心のある方は、是非ご参加ください。

 

「ゲノム編集技術の民主化により人々の暮らしを豊かに」

 

1.日時 2023年025日(土)14:00~16:45

2.開催方式 ハイブリッド方式(リアル+WEBZOOMオンライン))

    (リアル会場)品川区立総合区民会館(きゅりあん)4F第1特別講習室

      住所 東京都品川区東大井5丁目18-1

      電車 JR京浜東北線「大井町駅東口前

      地図 https://ambase.info/gym2/tokyo/shinagawakuminkaikan.html

    (オンライン)オンライン配信

3.参加費 一般2000円

4.プログラム(詳細https://stf.or.jp/top/images/file/m530.pdf

 < 講演 >

  テーマ 「ゲノム編集技術の民主化により人々の暮らしを豊かに」

  講師 竹澤 愼一郎(㈱セツロテック  代表取締役、農学博士)

5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込みください。

https://stf.or.jp/top/images/file/m530.pdf

6.問合せ先 科学技術者フォーラム(STF)2月度セミナー担当  太田 哲夫

E-mail: futotetsu@gmail.comMobile: 080-5883-3000

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

(第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー

 

 

主催 科学技術者フォーラム

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

総務省では、国立研究開発法人情報通信研究機構及びグローバルコミュニケーション

開発推進協議会と連携し、世界の「言葉の壁」をなくし、グローバルで自由な交流を実

現するため、多言語翻訳技術の研究開発と社会実装に取り組んでいます

 今般、外国人の新規入国制限の見直し等により訪日・在留外国人の増加が見込まれる

中、技術水準の向上と実用化が進む多言語翻訳技術について広く発信していくため、「第

6回 自動翻訳シンポジウム ~アフターコロナを見据えた今後のAIを活用した多言語翻

訳技術の役割について~自動翻訳で世界はつながる~」を開催します。

 

「アフターコロナを見据えた今後のAIを活用した多言語翻訳技術の役割について

~自動翻訳で世界はつながる~」

 

1.日時 2023年02月16日(木)13:30~16:00

    (最新の同時通訳・自動翻訳システムの展示会を併せて実施)

2.会場 品川 ザ・グランドホール

(住所)東京都港区港南2164 品川グランドセントラルタワー3階

(電車)JR品川駅徒歩約5分

(地図)https://tg-hall.com/access/

3.参加費 無料(定員700名)

4.プログラム(詳細https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin03_02000361.html

< 基調講演 >

 テーマ 「インバウンド観光の最近の動向・今後の見通し、多言語翻訳技術に期待すること」

  講師 中山 理映子(日本政府観光局(JNTO)理事)

< 講演 >

 テーマ 「同時通訳を支える翻訳バンク」

  講師 隅田 英一郎(国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)フェロー)  

< パネルディスカッション >

 テーマ 「アフターコロナを見据えた今後のAIを活用した多言語翻訳技術の役割について」

  モデレーター

   内山 将夫(国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)上席研究員) 

  パネリスト

   ・中山 理映子(日本政府観光局(JNTO)理事)

   ・松田 憲幸(ポケトーク㈱ 代表取締役社長 兼 CEO

   ・伊藤 毅(名古屋市役所観光文化交流局 参事)

5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込みください。

   https://jido-hon-yaku.nict.go.jp/

6.問い合わせ先 自動翻訳シンポジウム事務局(株式会社アルファネット内)

   電話:03-6228-4191E-mailtagengo_atmark_alfanet.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

(第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー

 

 

主催 総務省、国立研究開発法人情報通信研究機構及びグローバルコミュニケーション開発推進協議会

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

中小企業が自社の業務にロボットを適用していくためには?具体的なロボット

製品や導入コスト、導入効果等について、SIerから見たロボット導入の成功例/

失敗例を交えながら、中小企業で役に立つロボット導入にフォーカスしたセミナ

ーです。皆様のご参加をお待ちしております。

 

「生産性向上を実現するロボットシステムの導入のポイント

FA・ロボットSIerの活用が近道~」

 

1.日時 2023年02月21日(火)14:00~16:00

2.会場 東京都中小企業振興公社本社1階 大会議室

   (住所)東京都千代田区神田佐久間町1-9 

   (電車)JR「秋葉原駅」中央改札口徒歩1

   (地図)https://iot-robot.jp/access/

3.参加費 無料(定員20社)

4.プログラム(詳細https://iot-robot.jp/seminar/digital-20230221/

 < 講演 >

  テーマ1 「産業用ロボットの導入に関する概要説明」

   講師 田村 恵一(東京都中小企業振興公社、専門アドバイザー(産業用ロボット))

  テーマ2 「自社に適したロボット導入とは? ~SIerの導入事例から学ぶ~」

   講師 髙丸 正(髙丸工業㈱ 代表取締役)

講師 永井 伸幸(㈱バイナス 取締役)

 < パネルディスカッション >

  テーマ 「生産性向上を実現するロボットシステムの導入のポイント~FA・ロボットSIerの活用が近道~」

  モデレータ

田村 恵一(東京都中小企業振興公社、専門アドバイザー(産業用ロボット))

パネリスト

・髙丸 正(髙丸工業㈱ 代表取締役)

・永井 伸幸(㈱バイナス 取締役)

・(参加者も交えて)

5.参加申し込み方法 以下URLよりお申込みいただけます。(「Google」の登録フォームに飛びます)

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdIlGa5E_

5EHgfNloRmWKx0TvgMuRCWjQBthjd_DGkA2hsS3A/viewform

6.問い合わせ先 公益財団法人東京都中小企業振興公社 総合支援部 総合支援課

TEL: 03-3251-7917E-mailiot@tokyo-kosha.or.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

(第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー

 

 

主催 公益財団法人東京都中小企業振興公社

 

 

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

産業日本語研究会では、産業・科学技術情報の発信力強化や知的

生産性の向上を通じて、わが国産業界全体の国際競争力強化に資す

るような、人間が理解しやすく機械が処理しやすい日本語(「産業

日本語」)のあり方を研究しています。

この「産業日本語」の研究は、明瞭な日本語文の作成、高品質な

翻訳文の作成コスト低減などにつながるものです。

新型コロナウイルス感染症の影響により、テレワークを始めとする

リモート化やデジタル化の流れが一気に加速しています。このような

面と向かって情報を伝えることが困難な状況では、言語を用いて正確

に情報を伝達し理解するコミュニケーションの重要性がより高まって

います。また、人工知能技術の進歩により多言語での情報伝達や文章

のデータ処理が飛躍的に発展しており、これらの技術をコミュニケー

ションに活用することなども進展しています。

このような背景のもと、今回のシンポジウムでは、「人工知能時代

の言語コミュニケーション」をテーマとし、リモート化やデジタル化

の流れが加速する中で、言語を用いた正確な情報の伝達や人工知能の

技術を利用したコミュニケーションのあり方など、産業日本語の未来

を考える上での最新の知見やトピックスを広くご紹介いただきます。

本シンポジウムが、産業日本語の更なる普及につながり、我が国産

業に大いに貢献できる機会になることを期待しております。産業界、

学術界などからの、多くの皆さまのシンポジウムへのご参加をお待ち

しております。

 

「人工知能時代の言語コミュニケーション」

 

1.日時 2023年02月09日(木)13:00~17:50

2.開催方法 オンライン配信

3.参加費 無料

4.プログラム(詳細https://www.tech-jpn.jp/symposium/symposium-14/

 < 第一部 招待講演 >

  テーマ1 「文章書くのに国語辞典は要るのか」

   講師 飯間 浩明(国語辞典編纂者)

  テーマ2 「的確に伝えるための語彙力とは」

   講師 今井 むつみ(慶応義塾大学 環境情報学部 教授)

  テーマ3 「コーパスを活用した言語コミュニケーション研究」

   講師 小磯 花絵(国立国語研究所 研究系 教授)

 < 第二部 産業日本語研究会・活動報告 >

  報告 「分科会活動報告及び特許ライティングマニュアル紹介」

(1)産業日本語研究会・ライティング分科会活動(佐野 洋)

(2)産業日本語研究会・文書作成支援分科会活動(橋田 浩一)

(3)産業日本語研究会・特許文書分科会活動(谷川 英和)

(4)特許ライティングマニュアルの紹介(塩澤 如正)

 < 第三部 パネルディスカッション >

  テーマ 「人工知能時代の言語コミュニケーション」

  モデレータ

   井佐原 均(産業日本語研究会世話人会代表) 

  パネリスト講演

   テーマ1 「音声翻訳機を使うための日本語」

    講師 岩田 一成(聖心女子大学 現代教養学部 日本語日本文学科 教授)

   テーマ2 「機械翻訳を使った英語コミュニケーション、あるいは英語学習のためのMT活用」

講師 山田 優(立教大学 異文化コミュニケーション学部/研究科 教授)

テーマ3 「自然言語生成における内容の制御」

    講師 岡崎 直観(東京工業大学 情報理工学院 教授)

.参加申し込み方法 下記URLより申し込みください。

     https://www.tech-jpn.jp/symposium/symposium-14/

.問い合わせ先 SCATフォーラム事務局 (一財)テレコム先端技術研究支援センター 淺原

     Email: scat-forum@scat.or.jp, Tel: 03-3351-8166

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

(第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー

 

主催 高度言語情報融合フォーラム、一般財団法人日本特許情報機構

 

後援 総務省、文部科学省、経済産業省、特許庁他

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 

 

以上は「外村孝史」氏(下記)のメールマガジンより

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////

株式会社 DUALホールディングス https://dual-hd.co.jp/business/

事業内容 ①ライフラインConcierge®、②空室通電DX、③ EVインフラ事業

140-0001 東京都品川区北品川1-8-11 Daiwa品川Northビル8

TEL03-5843-4018 (代表)FAX03-5843-4123

特定非営利法人ICAS(イカス)&音声会話ロボット「ピコちゃん」開発センター

〒東京都港区新橋3-16-2(横山ビル6階)

TEL03-3432-5859 (代表)FAX03-3432-5869

外村孝史 メール k_tomura@mtf.biglobe.ne.jp

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////// 

 

 ―――――――――――――

    トップに戻る 

―――――――――――――