////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

--  講演会開催  --

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

各分野のセミナー案内

日本の実際の「動向把握」に最適

 

 

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

                        提供:             

///////////////////////////////////////////////////////////////////////

外村孝史(とむら)  E-mail  k_tomura@mtf.biglobe.ne.jp 

・特定非営利活動法人 ICAS(イカス) ChatGPT、音声会話ロボット

105-0004 東京都港区新橋3-16-12 横山ビル6F

TEL03-3432-5859 FAX3-3432-5869

・クリスタルメソッド株式会社 生成AI、音声認識応用技術

102-0073 東京都千代田区九段北4-1-14 TLビル3F TEL03-6265-4755 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

提供善行雑学大学

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

ーー 最新セミナー一覧 ーー

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

■「生体認証(静脈認証)システムが拓く未来」

  2024 年6月21日(金) 株式会社モフィリア会長(元ソニー社長室長) 天貝 佐登史

■ 第二回「AIと真実の境界~ディープフェイク技術の進化と社会への影響~」

 2024年5月30日(木) 講師 廣瀬 敦(㈱ハルファ 代表取締役)他

「第七回 ChatGPTの登録から使い方の実践まで~実機を使った学習勉強会~」

 2024年5月30日(木) 講師 外村 孝史(ゆらぎ研究会、主宰)他

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

新着IT情報 第九回 情報・意見交換会開催2024  6  21日( 金 )14:00 – 16:00  ) 

 

1テーマ:生体認証(静脈認証)システムが拓く未来 

   講師 株式会社 モフィリア会長 天貝 佐登史(あまがい さとし)氏

     元ソニー社長室長が語る、静脈認証の革新とモフィリアの挑戦

    ~アイボなどのAIロボティクスの事業化も踏まえ、未来を切り拓くイノベーションを徹底解説~

 

.概要生体認証(静脈認証)システムが拓く未来

 

 「静脈認証」は、他の生体認証技術と比較して特定の利点を 持ち、ソニー内での事業化活動を経てスピンアウトした企 業、「モフィリア」によって商業化されました。

 「モフィリア」は、 世界のセキュリティ事情や東京大学病院への納入実績など、 これまでの成果とその背景についても説明します。

 また、 組織としての特徴と直面している課題、新型コロナウイル ス感染症の流行後の世界で取り組んでいる開発テーマにつ いても触れ、Q&Aセッションと動画デモを通じてさらに深 い理解をしていただきます。

 

 ■ こんな方にオススメ:

  • 生体認証技術、特に静脈認証技術に興味がある方
  • 最新のセキュリティソリューションを探している方
  • 未来を切り拓く革新技術について知りたい方
  • アイボなどのAIロボティクス開発秘話に興味がある方
  • 起業や事業化について学びたい方

3.日時:2024 6 月 21日  ( 金 ) 14:00 – 16:00  (13:30 開場) 

4.場所: 港区生涯学習センターばるーん 305学習室(定員 50名)

       JR新橋駅下車烏森口徒歩3

  所在地:港区新橋三丁目163号 電話:03-3431-1606

 5.寄付:¥1,000(NPO法人 あっとほーむ)当日会場でお願いいたします。

 6参加申し込み:

 (1)お名前  (2)お勤め先 (3)ご連絡先(メール、電話)を記入して

外村(k_tomura@mtf.biglobe.ne.jp )、または、鈴木(6j929@dance.plala.or.jp) へ

 

7.講師プロフィール: 天貝 佐登史(あまがい さとし)氏

天貝 佐登史氏(株式会社モフィリア 取締役 ファウンダー 会長)

1979年、ソニー株式会社に入社。アイボの事業化を成功に導いた立役者として知られ、ソニー退職後は静脈認証技術を持つ株式会社モフィリアを創業。現在も同社を牽引し、革新的な生体認証技術の開発と事業化に尽力している。又「AIロボティクス」などでは世界的にグローバルな活躍も。

 

  関連情報:モフィリアとパースジャパン、指の静脈認証で施錠・解錠する引き出しを開発

      ~ 本引き出しを搭載した床頭台を東京大学医学部附属病院へ納入 ~

 

 

主催:新着IT情報 ( 6j929@dance.plala.or.jp)

後援:ゆらぎ研究会 ( k_tomura@mtf.biglobe.ne.jp) 

 

ダウンロード
生体認証(静脈認証)システムが拓く未来
「生体認証(静脈認証)システムが拓く未来」天貝氏 2024.6. NO.3 (0
PDFファイル 476.5 KB

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

AIアバターやディープフェイク技術が急速に進化し、私たちのデジタルコミュニケーションを根底から

変えています。これらの技術は、個人のアイデンティティの表現方法を革新し、メディアの真実性を問い

直すことで、社会や文化に深い影響を与えています。前回のセミナーでは、技術の進歩により生じるプラ

イバシーの懸念、情報の信頼性、そして倫理的な問題について、より詳細に議論する必要があることが確

認されました。本セミナーでは、AIアバターがもたらす新しい表現の自由とディープフェイクによる課題

を掘り下げます。また、偽情報対策としての技術開発や、それに伴う法的、倫理的な観点からの対応策に

ついても討議します。私たちは、技術の持つ可能性を最大限に活かし、そのリスクを管理する方法を共に

模索し、持続可能なデジタル社会の構築に貢献したいと考えています。

今回のセミナーが、生成AI技術のさらなる理解と、これに伴う社会的影響に対する意識の向上に繋がる

ことを期待しています。皆様の積極的な参加と貴重な意見交換をお待ちしております。

 

第二回「AIと真実の境界~ディープフェイク技術の進化と社会への影響~」

 

1.日時 2024年5月30日(金)14:00~16:00(13:50~入室可能)

2.開催方式 オンライン(ZOOM

3.参加費 無料

4.プログラム

 < 講演 >

  テーマ1 「生成AIによるDESIGNの破壊と創造」

   講師 廣瀬 敦(㈱ハルファ 代表取締役)

   内容 生成AIによる画像や動画制作は誰もが容易に可能となり、クリエイティブのあり方が大きく変化して

しまいました。「デザインの民主化」によって今後、クリエイターやアーティスト、デザイナーには

どんなアビリティが求められるのか。実際に画像を生成しながら解説します。

講師プロフィール AIアーティスト、クリエイティブディレクター、社会課題解決デザイナー。テレビ朝日

報道ステーション等の制作に約20 年携わった後にクリエイティブディレクターとして独立。2022

から生成AIによるアートの制作を開始。202310月にはAI のみで描いた作品を展示する個展「AI

と人間の調和-HALFA展」を茨城県筑西市で開催。同年にはインドのアッサム州でもAIの作品を展示。

  テーマ2 「テキスト生成AIによるプラジアリズム(盗用・盗作)とハルシネーション(誤生成)」

講師 新岡優子(ビジネスファシリテーション・サービス代表)

内容 テキスト生成AIによる盗用と誤生成のリスクについて、具体的な実例と最新の研究成果を交えて解説

します。また、講演者の著書「ChatGPTで経営支援〜強い組織の築き方〜」(日経BP社)の中で、お

よそ20万字をChatGPTと書き上げた経験を踏まえ、実際の応用例や防止策についても紹介します。

講師プロフィール ITエンジニア、プロジェクトマネージャー、ITコンサルタント、組織開発コンサルタン

トとしての経験を活かし、昨年、AI顧問(AI adviser)サービスを開始。

  テーマ3 「一般社団法人AIリーガルテクノロジー機構について」

   講師 入鹿山 剛堂(一般社団法人AIリーガルテクノロジー機構 理事長) 

内容 (一社)AIリーガルテクノロジー機構発足の経緯とその活動内容について

講師プロフィール 一般社団法人 IoTリサーチ&デザイン 理事、NPO法人 日本メタデータ協議会 理事長

.参加方法 参加は無料で、何方でも参加できます。下記のアドレスから登録してください。

          https://forms.gle/QbeEm4t9rgS9GhHS9

6.問い合わせ先 NPO法人ICAS 外村孝史 携帯 090-527-6098

         メール k_tomura@mtf.biglobe.ne.jp

 

 

              主催 一般社団法人AIリーガルテクノロジー機構

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

ChatGPTの「登録から使い方(初心者向け)、応用(実務者向け)まで」を実際の機材(パソコン、スマ

ートフォン、タブレット)を使用しながら学ぶ勉強会を開催します。

 勉強会の前半では、特にChatGPTの登録方法について詳しく説明し、登録までしてもらいます。後半では

ChatGPTのプロンプトの書き方、そして応用事例詳細についてご案内いたします。特に初めてChatGPT

使う方は、その登録の仕方を個別対応します。プロンプトについては書き方、そして応用につて詳しく説明

しプロンプトの事例をわかり訳すく説明します。すでにChatGPTをお使いの方でChatGPTを使い込んでない

方は「課題」を持参頂ければ、個別に指導します。

 なお、会社、個人で解決したいテーマ、あるいは、ChatGPTが「こんなことできるのかな」等があれば、

事前に提示いただければ、ヒントを提示し、当日参加の折、一緒にプロンプトを書けるようにしたいと思い

ます。ChatGPT未登録のかたは13:30までに入場ください。

 

「第七回 ChatGPTの登録から使い方の実践まで~実機を使った学習勉強会~」

 

1.日時 2024年5月30日(木)14:00~16:00

2.会場 「ばるーん」305学習室 

   (住所)港区新橋三丁目163

   (電車)JR新橋駅下車烏森口徒歩3

(地図)https://www.city.minato.tokyo.jp/shisetsu/toshokan/shogaigakushu/01.html

3.参加募集 20名(事前予約)

4.寄付 1000円(NPO法人 あっとほーむ)

5.プログラム

  (1)「ChatGPTの登録方法・・・パソコン、スマホ、タブレット」

     ・持参の機材に登録(個別対応)

     ・ChatGPT-3.5ChatGPT-4.0へのグレードアップ方法     

  (2)「ChatGPT概要」 

     ・ChatGPTの基本

ChatGPTの会話術

     ・ChatGPTの基本の文章作成術

     ・ChatGPTのビジネスで使えるプロンプト

     ・ChatGPT-4(有償バージョン)の新しい機能

  (3)「ChatGPT応用事例」

  (4)「生成AIの最新情報」

  (5)「ChatGPTの画像」(画像・動画)

  (6「質疑応答」

6.参加申込方法 下記事項を記入の上、外村( k_tomura@mtf.biglobe.ne.jp )まで

     申し込みください。

     ①お名前、②所属、③連絡先(携帯)、④課題(お持ちであれば・・・)

7.講師

(1)外村 孝史(ゆらぎ研究会、主宰)・・・・・・・・ChatGPT、応用事例、生成AI最新情報他

(2)菅野 律子(パソコン工房ログイン、代表)・・・・スマホ、パソコン、タブレット登録、ChatGPT-4.0グレードアップ

(3)塩崎 博巳(㈱資産工学研究所、執行役員)・・・・ChatGPT操作、画像デモ、ドキュメント他

(4)知久信義(NPO法人 ICAS 常任理事)・・・・事務局

8.持参機材 スマホ(または、パソコン、タブレット)

       なお、機材は十分充電して参加ください。(*スマホは必須になります。)

9.問い合わせ先 外村孝史 携帯 090-5207-6098、メール k_tomura@mtf.biglobe.ne.jp 

 

   主催 ゆらぎ研究会

   後援 パソコン工房ログイン 

 

ダウンロード
第七回ChatGPT学習勉強会
ChatGPT 外村さん 2024.5.30 NO.1 (003).pdf
PDFファイル 300.3 KB

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 

 

 ―――――――――――――

    トップに戻る 

―――――――――――――