////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

--  講演会開催  --

日本の実際の「動向把握」に最適

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

                        提供:外村孝史氏                            

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

株式会社 幸洋コーポレーション&株式会社DUALホールディングス

104-0031 東京都中央区京橋2-8-1 八重洲中央ビル8F 京橋サロン

TEL03-6263-0932  TEL03-6263-0934

外村孝史  メール k_tomura@mtf.biglobe.ne.jp

////////////////////////////////////////////////////////////////////// 

 

 

「現代日本の住まいと暮らし~”あこがれ”と現実のはざまで~」

  2021年11月24日(水) 主催 一般財団法人 住総研

「コロナ禍における人間の尊厳~危機に向き合って~」

  2021年12月05日(日) 主催 日本学術会議哲学委員会

「変わる”移動”の価値と未来のまち・暮らし~MaaS、鉄道から空飛ぶクルマまで~」 

      2021年11月11日(木) 主催 日本電気株式会社

「ビジネス課題をチャンスに変えるヒントとは?~ 4代目を迎えた現在、世代で変わる常識と企業の体質 ~」

   2021年10月26日(火) 主催 東京商工会議所 杉並支部

「台湾有事の時代をどう生き抜くか~中国の台頭と日・米・豪・印連合~」

  2021年10月26日(火) 講師 手嶋 龍一(外交ジャーナリスト・作家) 共催 東京商工会議所 台東支部

「加速するDX時代、プライバシーに配慮したイノベーションを進めていくためには」

   2021年10月21日(木) 共催 経済産業省・総務省・一般社団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC

「コロナ後の経営で注目したい“3つの数字”~”会計の世界史”の視点から~」

   2021年10月19日(火) 主催 中央区、中央区工業団体連合会、中央区商店街連合会

「我が国の産業生産性をいかにして向上させるか」

   2021年10月16日(土) 主催  NPO 法人 科学技術者フォーラム

「若手スタッフの成長促進とシニアスタッフの活性化」

   2021年11月01日(月) 主催 東京商工会議所 江東支部

「混沌(カオス)を生きるデジタルは”ちょうどいい道具”になれるのか~個人データと自己の関係~」

   2021年10月10日(日) 主催 JST社会技術研究開発センター

「激甚化する水害に、企業はどう対応する?」

   2021年10月05日(火) 主催 ㈱エス・ピー・ネットワーク

「教育データの利活用の動向と社会への展開」

   2021年10月17日(日) 主催 日本学術会議情報学委員会・心理学・教育学委員会合同 教育データ利活用分科会

「オープンイノベーションを通じた新規事業開発の可能性と始め方」

   2021年10月15日(金) 主催 東京商工会議所 中小企業部

「生命の謎を探る”ハイテクな顕微鏡たち”」

   2021年10月09日(土) 2021年10月16日(土) 主催 大学共同利用機関法人/高エネルギー加速器研究機構

「コロナ禍での売上アップのための”アイデアの見つけ方”」

   2021年10月15日(金)  主催 東京商工会議所 荒川支部

「アフターコロナを見すえた都心ビル・テナントの未来」

   2021年10月13日(水)  主催 東京商工会議所 文京支部建設・不動産分科会 

「変わりゆく海に臨む社会変革~海洋マイクロプラスチック問題を巡って~」

       2021年10月23日()    主催 (公財)日仏会館、日仏海洋学会

「デジタル技術が切り開く新しいサイエンス~データ活用で医療・社会が変わる~」

   2021年10月04(月)    共同主催 慶應義塾大学先端科学技術研究センター・電子情報通信学会

「店舗付住宅・再興」

   2021年10月29日(金)  主催 一般財団法人 住総研

 「令和3年改正電子帳簿保存法活用のポイント」

   2021年11月30日(火) 主催 東京商工会議所 板橋支部

 「”歴史総合”の教科書をどう作ったか」

   2021年10月30日(土) 主催 日本学術会議史学委員会・同中高大歴史教育に関する分科会、日本歴史学協会

「中小企業だから出来る!~身の丈DX・身の丈IoT/AI事例~」

   2021年10月18日(月) 主催 東京商工会議所 台東支部

「住居領域における専門教育と資格教育のあり方」

   2021年11月20日(土) 主催 日本学術会議 健康・生活科学委員会 家政学分科会

「女性を活かす組織を創る~ボスの知らない女性の特性~」

   2021年11月25日(木)  主催 東京商工会議所大田支部

WithコロナAfterコロナを生き抜く! 経営戦略再構築」

   2021年10月05日(火)  主催 東京商工会議所 千代田支部

「渋沢栄一の"論語と算盤"で未来を拓く~ポスト・コロナの持続可能な社会と企業経営~」

   2021年10月12日(火)  主催 東京商工会議所 大田支部

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

   ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

第1回のシンポジウムでは住まいや暮らしにおける、過去と現在のさまざまな「あこがれ」

を抽出し、それがどのようにして「流行」となったのか、現在にどう生かされているかを探

った。それを受け第2回は、社会的な提案を持ってつくられている嗜好性の高い「住まい」と

「暮らし」に注目し、それがどうすれば「あこがれ」の住まいと暮らしになるのかを考える

第一部では、社会的提案を持ってつくられているが、大衆の「あこがれ」にはなっていない

過去の事例(建築家の作品)と現代の事例(環境共生住宅やZEHなど)をとりあげ、同時に、

提案側(建築家)の視点と住まい手側(社会)の視点の双方から、「あこがれ」への展開を考

える。第二部では、嗜好性の高いものから流行へと変化した事例として、日本における茶室を

とりあげる。また、嗜好性の高いものが実現する過程を「仮想現実~現実」という社会現象の

なかから見直す。その上で、嗜好性の高いものが大衆化していくためのブレイクスルーの要因

や背景を再考する。パネルディスカッションでは、将来の「あこがれ」の暮らしの住まい像に

ついて、アフター・コロナの住まいや暮らしの実像とともに議論したい。

 

「現代日本の住まいと暮らし~”あこがれ”と現実のはざまで~」

 

1.日時 2021年11月24日(水)13:30~17:00

2.会場 (リアル)建築会館ホール

(住所)港区芝5-26-20

(電車)都営浅草線・三田線三田駅A3出口徒歩2分/JR 田町駅三田口(西口)徒歩3分

   (オンライン)Zoom

3.参加費 無料(会場参加60人/オンライン参加100人)

4.プログラム(詳細http://www.jusoken.or.jp/symposium/jusokensympo_57.html

 < 講演 >

  テーマ1 「アシタノイエ」

講師 小泉雅生(東京都立大学 教授/小泉アトリエ)

テーマ2 「住人の住居史」

講師 伏見唯(㈱伏見編集室 代表取締役)

テーマ3 「侘数寄の茶室は“あこがれ”から始まった」

講師 桐浴邦夫(京都建築専門学校 副校長”)

テーマ4 「高次元に拡張する“くらし”」

講師 豊田啓介(noiz/gluon/東京大学生産技術研究所特任教授)

< 討論 >

 テーマ 「現代日本の住まいと暮らし~”あこがれ”と現実のはざまで~」 

 パネリスト      

・小泉雅生(東京都立大学 教授/小泉アトリエ)

・伏見唯(㈱伏見編集室 代表取締役)

・桐浴邦夫(京都建築専門学校 副校長”)

・豊田啓介(noiz/gluon/東京大学生産技術研究所特任教授)パネリスト       小泉雅生(前掲)

5.参加申し込み方法 下記URLより申し込みください。

      http://www.jusoken.or.jp/symposium/sympo57_form.html

      (*オンライン参加をご希望の方へは開催日の数日前に当日の参加方法についての案内メールします)

6.問い合わせ先 一般財団法人 住総研

     e-mail sympo@jusoken.or.jp 、TEL 03-3275-3078FAX 03-3275-3079

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

 

主催 一般財団法人 住総研

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

   ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

コロナ禍においては医療の逼迫した状態のなか、患者、医療者、市民の一人ひとりが

必ずしも人としての尊厳を守られているとは言えない状況が現出している。

さらに死者について人間らしい死とその弔いも守られることのない事例が生じている

しかし緊急事態だからやむを得ないのだろうか。本来「人間の尊厳」は、むしろ危機

においてこそ守られるべき価値ではないのか哲学、宗教研究、法学、医学の専門知

と臨床の知見を集結し議論を深めたい。

 

「コロナ禍における人間の尊厳~危機に向き合って~」

 

1.日時 2021年12月05日(日)13:30~17:00

2.開催方式 オンライン開催

3.参加費 無料(定員300人)

4.プログラム(詳細https://www.scj.go.jp/ja/event/2021/314-s-1205.html

 < 報告 > 

   テーマ1 「コロナ・パンデミックと人間の尊厳の問題」

    報告 加藤 泰史(日本学術会議連携会員、椙山女学園大学教授、一橋大学名誉教授)

テーマ2 「コロナ禍における“治療”へのアクセス~尊厳・人権枠組はどのような役割を果たしうるのか~」

報告 建石 真公子(日本学術会議連携会員、法政大学法学部教授)

テーマ3 「危機に瀕する人間の尊厳~臨床の現場から~」

報告 齊尾 武郎(医師、フジ虎ノ門整形外科病院)

テーマ4 「コロナ禍で障害のある人と家族が体験していること」

報告 児玉 真美(フリーライター、一般社団法人日本ケアラー連盟代表理事)

 < コメント >

・美馬 達哉(立命館大学先端総合学術研究科教授)

・岡田 真水(兵庫県立大学名誉教授、日蓮宗僧侶)

< ディスカッション >

  テーマ 「コロナ禍における人間の尊厳~危機に向き合って~」

  パネリスト(予定)

・加藤 泰史(日本学術会議連携会員、椙山女学園大学教授、一橋大学名誉教授)

・建石 真公子(日本学術会議連携会員、法政大学法学部教授)

・齊尾 武郎(医師、フジ虎ノ門整形外科病院)

・児玉 真美(フリーライター、一般社団法人日本ケアラー連盟代表理事)

・美馬 達哉(立命館大学先端総合学術研究科教授)

・岡田 真水(兵庫県立大学名誉教授、日蓮宗僧侶)

5.参加申し込み方法 下記URLより申し込みください。

      https://www.scj.go.jp/ja/event/2021/link/314-s-1205_link_1.html

6.問い合わせ先 日本宗教研究諸学会連合事務局、アドレス:jfssr20084@gmail.com

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

主催 日本学術会議哲学委員会

 

共催 日本哲学系諸学会連合、日本宗教研究諸学会連合

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

   ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

新型コロナウイルスは、私たちの暮らしやまちに大きな影響をもたらしました。

度重なる外出や移動制限、自粛要請などに伴い、まちはかつての賑わいを失い、

多くの店舗や産業が打撃を受けています。コロナ禍でリモートワークが普及した事

で、人流シフトによる都心からの流出と地方回帰も始まりました。

こうした中、注目が集まっているのが次世代モビリティです。新たなデジタル技術

を活用しながら、人の移動とモノの移動の流れを最適にコントロールし、モビリティ

とまちが融合する新たな暮らしをどうやって紡ぎ出していけばよいのでしょうか。

本イベントでは、MaaS、鉄道からドローン、空飛ぶクルマにいたるまで幅広い分野

のセッションを用意。企業の取り組みや各分野の第一人者が「まちと暮らし」の未来

について、最前線の情報をお届けします。

 

「変わる”移動”の価値と未来のまち・暮らし~MaaS、鉄道から空飛ぶクルマまで~」

 

1.日時 2021年11月11日(木)14:00~18:00

2.開催方式 ウェブセミナーによるライブ中継

3.参加費 無料(定員2000名)

4.プログラム(詳細

https://wisdom.nec.com/ja/event/seminer/20211111/index.html?cid=NSC202109seminar-nmlmag-239&elq_mid=5465&elq_cid=408105&elq_cpid=2587

< 講演 >

  テーマ1 「オープンイノベーションによる新たな顧客価値創出への挑戦~モビリティ変革コンソーシアムの取組み~」

  講師 入江 洋(東日本旅客鉄道㈱ 技術イノベーション推進本部 データストラテジー部門 次長)

  内容 JR東日本では、新たな顧客価値創出を目指し、様々な組織・企業の方々と連携して実証実験を

おこなっています。その一環として、2017年よりモビリティ変革コンソーシアムを主催し

ており、オープンイノベーションによるモビリティ変革の実現に向けて、約140の団体様と

共に活動しています。今回は、本コンソーシアムにおける新たな顧客価値創出への挑戦につい

てご紹介いたします。

  テーマ2 「MaaSの未来 〜モビリティとこれからの新しい暮らし方・働き方〜」

  講師 今井 武(一般社団法人うごく街 代表理事 自動車技術会フェロー 筑波大学非常勤講師)

  内容 100年に一度といわれている自動車・モビリティ領域の大変革の今、MaaSの未来と暮らしを

提言する。車両データからいつもは便利な道路交通情報を配信し、もしもの時には災害エリア

の道路情報を公開し被災地支援に役立つフェーズフリーな業界初の通信型カーナビの開発・事

業をホンダで統括してきた今井が、クルマ社会のDXにおけるデータ活用の原点と、Well-Being

で新しい働き方や暮らし方を目指した『うごく街』の取り組みも交えて解説をする。

  テーマ3 「空飛ぶクルマ最新事情~日本の有力ベンチャー達~」

  講師 小池 良次(Aerial Innovation LLC 最高経営責任者)

  講師 福澤 知浩(㈱SkyDrive 代表取締役CEO

  講師 中井 佑(テトラ・アビエーション㈱ 代表取締役) 

  内容 米国で有名なオシュコシュ航空ショーで今年、日本の次世代航空機ベンチャー「テトラ・アビエ

ーション」がデビューした。一方、機体開発で先行するSkyDriveも着々と国内で飛行実験を続け

ていて、先日、大阪府・大阪市との協定を発表し、2025年の大阪・関西万博を皮切りに事業化

を発表した。今回は日本を代表する次世代航空機ベンチャーの2社を招き、現状と日本における課

題へ、北米ドローン・コンサルタント 小池良次氏が迫る。

  テーマ4 「BVLOSを見据えた米ドローン業界の現状」

  講師 小池 良次(Aerial Innovation LLC 最高経営責任者)

  内容 米国では公安関係やユーティリティー業界を中心にBVLOS(目視外飛行)の活用が広がっている。また、

FAA(連邦航空局)はBVLOSの規制緩和を狙い諮問委員会(BVLOS ARC)も設立した。また、FAAは大手

通信事業者Verizon社と4G LTEの長期実証計画も開始している。今回は目視外飛行で重要なリスク評

価手法SORAの紹介も含め、米国のBVLOS動向を解説したい。

5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込みください。

     https://eform.nec.com/cgi-bin/ci/seminar/211111wisdom

(*視聴方法に関するご案内は、セミナー1週間前頃より順次、ご登録メールアドレスにご送付させて

いただきます)

6.問い合わせ先 NEC MIS本部 wisdom事務局

https://wisdom.nec.com/ja/event/seminer/20211111/index.html?cid=NSC202109seminar-nmlmag-239&elq_mid=5465&elq_cid=408105&elq_cpid=2587

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

 

主催 主催 日本電気株式会社

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

   ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

新宿伊勢丹をはじめ高級百貨店の食品フロアに出店する事業者の若き4代目社長

が語る、鮮魚ビジネスの変革への挑戦録。赤字続きの事業を4年で黒字化させるの

みならず、市場開拓、売り場改革、IT化など次々に新たな取り組みに挑戦し、水産

流通の問題点を明らかにし、鮮魚ビジネスの未来を描きます。

コロナ禍において自社の変革が求められるいま、変革の先駆者からそのヒントを

学びます

 

「ビジネス課題をチャンスに変えるヒントとは?~ 4代目を迎えた現在、世代で変わる常識と企業の体質 ~」

 

1.日時 2021年10月26日(火)14:30~16:30

2.開催方式 オンラインセミナー(Zoomライブ配信)

3.参加費 無料(定員50名)

4.プログラム(詳細https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-107856.html

 < 講演 >

  テーマ 「ビジネス課題をチャンスに変えるヒントとは?~4代目を迎えた現在、世代で変わる常識と企業の体質~」

  講師 織茂 信尋(東信水産㈱ 代表取締役)

  内容(1)東信水産の歴史と世代交代

(2)コロナ禍で起きた経営と顧客の変化

(3)東信水産70年から100年へ向けて

5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込みください。

     https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-107856.html

6.問い合わせ先 東京商工会議所 杉並支部

TEL: 03 -3220 -1211FAX: 03 -3220 -1210E-mail:suginami@tokyo-cci.or.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

 

主催 東京商工会議所 杉並支部

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

   ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

台東区しんきん協議会・台東区・台東区産業振興事業団及び東京商工会議所

台東支部では本年度、手嶋龍一氏を講師としてお招きし、恒例の特別講演会を

下記要領にて開催いたします。日・中・米・豪・印の複雑なインテリジェンス

を検証し、日本の外交・安全保障への影響及び、日本経済のゆくえや今後の方

向性についてご高話いただきます。是非、奮ってご参加ください!

 

「台湾有事の時代をどう生き抜くか~中国の台頭と日・米・豪・印連合~」

 

1.日時 2021年10月26日(火)14:00~15:30

2.開催方式 オンライン(Zoomを使用)

3.参加費 無料(定員100名)

4.プログラム(詳細https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-108847.html

 < 講演 >

  テーマ 「台湾有事の時代をどう生き抜くか~中国の台頭と日・米・豪・印連合~」

  講師 手嶋 龍一(外交ジャーナリスト・作家)

  内容 手嶋龍一氏を講師としてお招きし、日・中・米・豪・印の複雑なインテリジェンスを

検証し、日本の外交・安全保障への影響及び、日本経済のゆくえや今後の方向性につ

いてご高話いただきます。

5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込みください。

     https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-108847.html

     (*参加お申込みの方には、開催前日までにメールにてログイン用のURLをお送りい

たします。)

6.問い合わせ先 東京商工会議所 台東支部

TEL: 03 -3842 -5031FAX: 03 -3843 -1206E-mail:taito@tokyo-cci.or.jp

 

     ***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

 

     共催 東京商工会議所 台東支部

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

   ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

社会全体のデジタルトランスフォーメーション(DX)が進む中、イノベーションの

創出による社会課題の解決とともに、プライバシー保護への要請も高まっています。

今後、企業にとってプライバシーに関わる問題に能動的に取り組むことは、コスト

ではなく、商品やサービスの品質向上のためであり、経営戦略として捉えることで、

消費者からの信頼の獲得につながり、企業価値向上につながると考えられます。

そうした背景の下、経済産業省・総務省・JIPDECは、2021年度経済産業省・総

省・JIPDEC共催で「プライバシーガバナンスセミナー」を開催しました。第1回・第

2回については、参加者数延べ4,000名近くと多くの方に御参加頂き、大変好評を

頂く結果となりました。

本セミナーでは、本ガイドブック策定の背景や本ガイドブックの概要を解説するとと

もに、第1回・第2回セミナーを振り返りながら、プライバシーに配慮したイノベーシ

ョンを進めていくためにはどうすれば良いかという視点でディスカッションを行います。

 

「加速するDX時代、プライバシーに配慮したイノベーションを進めていくためには」

 

1.日時 2021年10月21日(木)14:00~15:00

2.開催方式 ウェビナー 

3.参加費 無料

4.プログラム(詳細https://www.meti.go.jp/press/2021/09/20210922001/20210922001.html

 < 講演 >

  テーマ 「DX時代における企業のプライバシーガバナンスガイドブック」のご紹介

  講師 小松原 康弘(経済産業省 商務情報政策局 情報経済課・課長補佐)

 < パネルディスカッション >

  テーマ 「プライバシーに配慮したイノベーションを進めていくためには」

  パネラー

   ・佐藤 一郎(国立情報学研究所 情報社会相関研究系・教授、博士(工学))

・クロサカ タツヤ(㈱企 代表取締役) 

・林 達也(LocationMind㈱ 取締役・㈱パロンゴ 取締役兼CTO

・古谷 由紀子(公益社団法人日本消費生活アドバイザー・コンサルタント)

5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込みい下さい。

      https://www.meti.go.jp/press/2021/09/20210922001/20210922001.html

6.問い合わせ先 経済産業省 商務情報政策局 情報経済課長 須賀

電話:03-3501-1511(内線39613)、03-3501-0397(直通)

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

      共催 経済産業省・総務省・一般社団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC

 

後援 個人情報保護委員会

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

   ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

コロナが終わって「元に戻る」ことと「戻らない」こと。我々はこれからどんな経営を

行えばいいのか? 本セミナーでは、日本・海外でヒット中の「会計の世界史」著者から

数枚の名画とともに、「これから注目すべき3つの数字」についてお話しいただきます

 

「コロナ後の経営で注目したい“3つの数字”~”会計の世界史”の視点から~」

 

1.日時 2021年10月19日(火)14:00~16:00

2.開催方式 オンライン(Zoomを使用)

3.参加費 無料(定員30名)

4.プログラム(詳細https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-107632.html

 < 講演 >

  テーマ 「コロナ後の経営で注目したい”3つの数字”~”会計の世界史”の視点から~」

  講師 田中 靖浩(作家 ・ 公認会計士)

  内容① 中世ペスト騒ぎの後に生まれた銀行と簿記とルネサンス

② 仏革命後に誕生したフレンチブランドに見習いたい「粗利」

③ 英産業革命の鉄道会社の「自己資本比率」

④ 米で生まれた原価計算と「予算」の役立ち等

5.参加申し込み方法 下記URLより申し込みください。

      https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-107632.html

      (*お申込いただいた方に、ご参加に必要なURLおよびパスワード等を開催前日

までに、メールでお送りします。

6.問い合わせ先 東京商工会議所 中央支部

TEL: 03 -3538 -1811FAX: 03 -3538 -1815E-mail:chuo@tokyo-cci.or.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

 

主催 中央区、中央区工業団体連合会、中央区商店街連合会

 

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

   ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  

演者は日立製作所、サムスン電子さらに鴻海精密工業においてディスプレイの製品差別化、

生産技術イノベーションで生産力の限界突破に取り組みました。特にサムソン電子において

は故李健熙会長から全幅の信頼を寄せられ、誰もが驚く快挙を成し遂げました。

 これらのイノベーションを強力に支援してきた立場から、一人負けしているような日本の

産業競争力低下の原因、負の材料そして如何にしたら復活できるか、イノベーションの原動

力を導く方策をお聞きします。ご興味やご関心のある方、新規事業化を考えていらっしゃる

皆様、是非ご参加ください。

 

「我が国の産業生産性をいかにして向上させるか」

 

1.日時 2021年10月16日(土)14:00~16:50

2.開催方式 ZOOMオンライン

3.参加費 一般2000円(事前にPeatixWEBチケット)でお支払いください。)

4.プログラム(詳細ttps://stf.or.jp/top/images/music/m397.pdf

 < 講演 >

  テーマ 「我が国の産業生産性をいかにして向上させるか」

講師 太田 隆司(FPD技術コンサルタント

5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込みください。

      https://peatix.com/event/2875899/

6.問い合わせ先  NPO 法人 科学技術者フォーラム 後藤 幸子

E-mail: sgotoh@jcom.home.ne.jpMobile: 090-7241-3113

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

 

主催  NPO 法人 科学技術者フォーラム  

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

   ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

コロナ禍においても「人手不足」は多くの企業の課題であり、事業の競争力を強化し、

企業を発展させていく上で益々重要なものです。本セミナーでは、今いるスタッフの育成

や活躍を支援していくために、どのようにして若手スタッフの成長をサポートしていくべ

きか、シニアスタッフの能力を最大限に引き出すために必要なことなどについて、実際に

多くの中小企業に対して人材育成等の支援を行っている専門家がレクチャーします。

 

「若手スタッフの成長促進とシニアスタッフの活性化」

 

1.日時 2021年11月01日(月)14:00~16:00

2.開催方式 オンラインセミナー(Zoomライブ配信)

3.参加費 無料

4.プログラム(詳細https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-107766.html

< 講演 >

 テーマ 「若手スタッフの成長促進とシニアスタッフの活性化」

 講師 臼井一博(ビジネスコンサルティングうすい 中小企業診断士・社会保険労務士)

内容(1)若手スタッフの成長を効果的にサポートする!

    ・中長期的な成長イメージ

・認知的徒弟性理論   

    ・経験学習、モチベーションアップ等

  (2)シニアスタッフの能力を最大限に引き出す!

    ・シニアスタッフの活躍の阻害要因

・モチベーションアップの施策

・年上部下との接し方等中長期的な成長イメージ

・認知的徒弟性理論、経験学習、モチベーションアップ等

5.参加申し込み方法 下記URLより申し込みください。

       https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-107766.html

      (*参加申し込まれた方には、開催前日までに、ZoomIDPW」等を送付いたします。)

6.問い合わせ先 東京商工会議所 江東支部

TEL: 03 -3699 -6111FAX: 03 -3699 -5511E-mail:koto@tokyo-cci.or.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

 

主催 東京商工会議所 江東支部 

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

   ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Covid-19がもたらしたパンデミックは、給付金の支払いから感染者追跡アプリ、ワクチン

接種管理など、日本のデジタル化の遅れを露呈しました。2020年に発表された電子政府ラ

ンキングでも前回2018年の10位から14位に後退しています。今年9月に発足したデジ

タル庁はこうした遅れを取り戻し、行政のみならず社会全体のデジタルトランスフォーメーシ

ョンを進め、誰ひとり取り残さない人にやさしいデジタル化を進めることも期待されています。

一方、デジタルテクノロジーは、日々SNSやあらゆるネット上のサービス上で個人データが蓄

積・分析・拡散され、個々のユーザーのネット履歴が即座に広告やECサイトへの誘導に活用さ

れたり、人の注目ばかりを引きつける情報が横行する注意経済(アテンション・エコノミー)が

増加したりするなど、デジタル空間における個人の尊厳や自律が危ういものになっています。

そうした人々の警戒心が今後のデジタル化を阻む要因にもなっているのも事実です。またSNS

やゲームアプリ依存、ネット上の言論空間で起きる炎上や分断、誹謗中傷の問題など、デジタル

と付き合う上での課題は山積みともいえます。それでは、デジタルテクノロジーとのより良い付

き合い方とは何なのでしょうか? 前半のトークセッション、後半では個人データを用いたワー

クショップを通じて、人間とデジタルとの「ちょうどいい関係」を探ります

 

「混沌(カオス)を生きるデジタルは”ちょうどいい道具”になれるのか~個人データと自己の関係~」

 

1.日時 2021年10月10日(日)14:00~18:00

2.開催方式 オンライン開催

3.参加費 無料(定員500名)

4.プログラム(詳細https://www.jst.go.jp/ristex/hite/topics/466.html 

 < トークセッション >

テーマ 「デジタルは“ちょうどいい道具”になれるのか?〜現代のコンヴィヴィアリティをめぐって~」

登壇者

・緒方壽人(Takram デザインエンジニア)

・唐沢かおり(東京大学 大学院人文社会系研究科 教授)

・砂原秀樹(慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 教授)

・七丈直弘(一橋大学 経営管理研究科 教授)

ファシリテーター

塚田有那(編集者/キュレーター)

 < ワークショップ >

テーマ 「デジタルペルソナから“ちょうどいい道具とは何か?”を考える」

<導入講演>

講師 國領二郎(慶應義塾大学総合政策学部 教授)

登壇者

・(前半)「デジタル情報を自分の手に取り戻す体験をする」

       柴崎亮介(東京大学 空間情報科学研究センター 教授)

・(後半)「自分のデジタルペルソナを体験する」

       橋田浩一(東京大学大学院情報理工学系研究科 教授)

ファシリテーター

・庄司昌彦(武蔵大学社会学部 教授/国際大学GLOCOM 主幹研究員)

・塚田有那(編集者・キュレーター)

5.参加申し込み方法 下記URLから申し込みください。

https://www.jst.go.jp/ristex/hite/topics/466.html 

6.問い合わせ先

JST社会技術研究開発センター「人と情報のエコシステム」領域事務局

Tel03-5214-0133 Fax03-5214-0140E-mailr-ecosystem@jst.go.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

     主催 JST社会技術研究開発センター

 

協力 アカデミーヒルズ共同

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

   ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

近年、毎年のように大規模な水害が発生し、今後この傾向はさらに強くなるといわれています。

激甚化する水害に、企業はどのように対策を講じる必要があるのでしょうか

㈱エス・ピー・ネットワークのBCPに精通したコンサルタントが、皆様の悩みに回答しながら

企業の水害対策について考察していきます。オンラインカフェ形式ですので、他社のBCP担当者と

の意見交換も可能です。BCP Cafeとは、BCP策定やその周知・訓練などBCPや防災に関係するお悩

みをお持ちのご担当者様の質問にお答えする、SPクラブ会員限定のオンライン勉強会です。

 

「激甚化する水害に、企業はどう対応する?」

 

1.日時 2021年10月05日(火)10:00~11:00

2.開催方式 ZOOM(オンライン)

3.参加費 無料(限定5社10名)

4.プログラム(詳細https://www.sp-network.co.jp/limited/seminar/211005-spn-live.html

 < 講演 >

  テーマ 「激甚化する水害に、企業はどう対応する?」

   講師 西尾 晋(㈱エス・ピー・ネットワーク 総合研究部 主席研究員)

   講師 大越 聡(㈱エス・ピー・ネットワーク 総合研究部 専門研究員)

   講師 荻原 毅(㈱リコー リスクマネジメント・リーガルセンター、顧問)

5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込みください。

      https://www.sp-network.co.jp/limited/seminar/211005-spn-live.html

6.問い合わせ先 ㈱エス・ピー・ネットワーク TEL03-6891-5557

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

 

主催 ㈱エス・ピー・ネットワーク 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

   ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

日本学術会議から「教育のデジタル化を踏まえた学習データの利活用に関する提言」

が2020年9月末に公開された。本シンポジウムでは、本提言の啓発活動を行うと

ともに、教育データの収集と分析(ラーニングアナリティクス)に関する政策関係者

並びに研究者を招き、教育データの利活用における課題や今後の方向性について議論

する。

 

「教育データの利活用の動向と社会への展開」

 

1.日時 2021年10月17日(日)13:00~17:00

2.開催方式 オンライン開催

3.参加費 無料

4.プログラム(詳細http://www.scj.go.jp/ja/event/2021/315-s-1017.html

 < 基調講演 >

  テーマ 「教育データの利活用の動向と社会への展開」

   講師 美濃 導彦(日本学術会議第三部会員、教育データ利活用分科会委員長)

   講師 浅野 大介(経済産業省商務・サービスグループ サービス政策課長)

   講師 桐生 崇(文部科学省大臣官房文部科学戦略官・総合教育政策局教育DX推進室長)

   講師 白水 始(国立教育政策研究所 総括研究官)

   講師 吉田 文(早稲田大学教育・総合科学学術院 教授)

 < 研究事例紹介 >

テーマ 「先端的な教育データの利活用の研究を紹介」

紹介 福本 巧(神戸大学大学院医学研究科 教授)

紹介 隅谷 孝洋(広島大学情報メディア教育研究センター 教授)

紹介 桑名 良幸(京都教育大学付属桃山小学校 副校長)

紹介 埼玉県教育委員会(内諾済、発表者調整中)

 < パネル討論 >

テーマ 「教育データの利活用の将来について考える」

パネリスト

・江村 克己(日本学術会議連携会員、日本電気株式会社NECフェロー)

・中山 迅(日本学術会議連携会員、宮崎大学大学院教育学研究科教授)

・前田 香織(日本学術会議連携会員、広島市立大学大学院情報科学研究科教授)

・宮地 充子(日本学術会議第三部会員、大阪大学大学院工学研究科教授)

 < 全体討論 >

  モデレータ

柴山 悦哉(日本学術会議第三部会員、教育データ利活用分科会幹事)

5.参加申し込み方法 下記URLより申し込みください。

      http://www.scj.go.jp/ja/event/2021/315-s-1017.html

6.問い合わせ先 日本学術会議 電話番号 03-3403-3793(代表)

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

***「ヒューファク安全情報」“ANA羽田沖事故の真実”(添付) 提供 佐久間秀武氏

 

 

主催 日本学術会議情報学委員会・心理学・教育学委員会合同 教育データ利活用分科会

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

   ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

既存の発想や取り組みを越えたイノベーション創出にあたって、社内のリソースだけ

ではなく、社外の知識やアイデア、販路などを活用する「オープンイノベーション」は

有効な手段です。本講演会では、日本最大級のオープンイノベーションプラットフォー

ムAUBAを運営するeiicon company の中村代表より、オープンイノベーションの可能

性や取り組み方、パートナー探しにおけるポイントについて解説します。

 また、新規事業開発に取り組みたいが、やり方がわからない、今のやり方に対する限界

を感じている(なかなか新規事業が成果につながらない、社外のアイデアや販路を活用し

たい)、新規事業開発に取り組み始めたが、なかなか成果につながらない、オープンイノベ

ーションに興味はあるが、どのようなものか分からないどのように取り組めばよいか分か

らないなどの悩みをお持ちの方にお役に立つ内容になっています。

 

「オープンイノベーションを通じた新規事業開発の可能性と始め方」

 

1.日時 2021年10月15日(金)16:00~17:15

2.開催方式 オンライン講演会(Zoomライブ配信)

3.参加費 無料(会員限定)

4.プログラム(詳細https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-107685.html

 < 講演 >

  テーマ 「オープンイノベーションを通じた新規事業開発の可能性と始め方」

  講師 中村 亜由子(eiicon company 代表/founder

  内容(1)イノベーションの重要性

    (2)オープンイノベーションで何が実現できるのか?オープンイノベーションの可能性とは

    (3)多くの企業が直面する課題と乗り越え方・考え方

    (4)様々なオープンイノベーションの形と具体的な始め方

    (5)中小企業の共創事例から見る成功(成果創出)のポイント 

5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込みください。

https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-107685.html

(*参加お申込の方に、講演会前日までに、ZoomミーティングのURLをメール送信)

6.問い合わせ先 東京商工会議所 中小企業部

TEL: 03 -3283 -7724FAX: 03 -3283 -7235E-mail:chusho@tokyo-cci.or.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

 

主催 東京商工会議所 中小企業部

 

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

   ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

 大学共同利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構(KEK)公開講座は、高エネルギ

ー加速器研究機構の研究で蓄積された知見や加速器科学について一般の方に広く紹介し、

興味や関心を持っていただくことを目的に春・秋に開催しているものです。2021年は

KEKが50周年を迎えたことを記念し、今年は特別なテーマで4回の講演を実施します。

 

「生命の謎を探る”ハイテクな顕微鏡たち”」

 

1.日時 第三回 2021年10月09日(土)13:30~14:30

     第四回 2021年10月16日(土)13:30~14:30

2.開催方式 Zoomウェビナー(オンライン)

3.参加費 無料(定員300名、中学生以上)

4.プログラム(詳細https://www.kek.jp/ja/notice/202109101424/

― 第三回 2021年10月09日(土)13:30~14:30 ―

 < 講演 >

  テーマ 「生命の謎を探る”ハイテクな顕微鏡たち”」

  講師  千田俊哉(KEK物質構造科学研究所 教授)

  内容 KEKは放射光実験施設・フォトンファクトリーを擁し、そこから得られる

強力なX線を使って呼吸、光合成、免疫など、重要な生物機能の原子レベ

ルでの仕組みの解明に大きく貢献してきました。近年では、極微の生物構

造探索に革命を起こしたクライオ電子顕微鏡がKEKに導入され、大きく研

究を進展させています。講演では、これらの大きな変革の中心に位置する

構造生物学分野とKEKの関わり、その将来を概説します。

― 第四回 2021年10月16日(土)13:30~14:30 ―

 < 講演 >

  テーマ 「KEK加速器50年の歩み~研究分野と加速器の共進化~」

  講師 鎌田進(KEK名誉教授)

  内容 今年50周年を迎えたKEKで現在稼働している加速器は「陽子加速器施設」、

「光源加速器」そして「電子・陽電子コライダー」と大きく3群に分類で

きます。それぞれの加速器群では、ビーム作りから始まり、複数の加速器

を組み合わせ加速が進行しますが、最終段の加速器は全て強収束シンクロ

トロンという原理に基づいた加速器です。

5.参加申し込み方法 下記URLより申し込みください。

     https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScM9B9pnYfWzPzE3MMKmiDpIalT5YdxmXARYJEiweKN-2_NsQ/viewform

6.問合せ先 KEK広報室

電話 029-864-5113、メール kouza@kek.jp、https://www.kek.jp/ja/notice/202109101424/

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

主催 大学共同利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

   ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

新型コロナウイルスの影響の長期化により、今までのままではどうにもならない、何とか

しなければいけない。多くの経営者が頭を抱えて悩んでおられます。そこで、現状を打開す

べく考えている経営者の皆様のために、本セミナーではいかに今までと異なる視点・観点で

アイデアを見出していくかということをテーマに解説いたします。是非、奮ってご参加くだ

さい。

 

「コロナ禍での売上アップのための”アイデアの見つけ方”」

 

1.日時 2021年10月15日(金)14:00~16:00

2.開催方式 Zoom開催(オンライン)

3.参加費 無料(定員60名)

4.プログラム(詳細https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-107631.html

 < 講演 >

  テーマ 「コロナ禍での売上アップのための”アイデアの見つけ方”」

  講師 髙田 稔(一番化戦略研究所㈱ 代表取締役)

  内容(1)ビジネスを展開する上での“考え方のフレームワーク”とは

    (2)業界1位のヒントは他業界にあり

    (3)自社の強みは、“隠れた資産”を発掘することとは

    (4)“アイデアの見つけ方”の重要な10のポイントとは

5.参加申し込み方法 下記URLより申し込みください。

     https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-107631.html

     (*開催3日前までに「ZOOMミーティングID(接続テスト含む)」「パスコード」

      「講義資料」を電子メールにて送付致します。)

6.問合せ先 東京商工会議所 荒川支部 

TEL: 03 -3803 -0538FAX: 03 -3802 -2729

E-mail:arakawa@tokyo-cci.or.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

 

主催 東京商工会議所 荒川支部

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

   ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

コロナ禍よりテレワークの定着化が進み、オフィスの縮小やテナント退去等を考える企業も

出現しています。都内ビルの空洞化、不動産投資計画の遅滞・混乱等、建設・不動産業界全体

にその影響は及んでいます。本セミナーではコロナ禍の影響を現状分析するとともに、アフタ

ーコロナを見すえた都心ビル・テナントの未来、建設・不動産市場の動向についてマクロ的視

点で分かり易く解説していきます。

 

「アフターコロナを見すえた都心ビル・テナントの未来」

 

1.日時 2021年10月13日(水)14:00~16:00

2.開催方式 オンラインセミナー(Zoomライブ配信)

3.参加費 無料(定員60名)

4.プログラム(詳細https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-107765.html

 < 講演 >5  テーマ 「アフターコロナを見すえた都心ビル・テナントの未来」

  講師 佐久間 誠(㈱ニッセイ基礎研究所 金融研究部 准主任研究員)

  内容 ①新型コロナによる不動産市場・不動産市況の動向

      ~賃貸オフィス成約データに基づく東京都心部オフィス市場動向

②第5波懸念の高まり、人の移動制限強化による不動産市場への影響

③アフターコロナ・ポストコロナの経済と不動産投資 など

5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込みください。

     https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-107765.html

6.問合せ先 東京商工会議所 文京支部

TEL: 03 -3811 -2683FAX: 03 -3811 -2820E-mail:bunkyo@tokyo-cci.or.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

 

主催 東京商工会議所 文京支部建設・不動産分科会 

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

   ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

世界の海洋には、プラスチック廃棄物が毎年8百万トン流入しています。それらは、分解されず

砕片化してマイクロプラスチックス(MPs)となり、海水中に溶存する有害な有機化学物質を吸着し

ます。これらの化学成分は、MPs を摂食した生物の体内に吸収され(MPs そのものは排出されて

も、吸着していた化学成分が吸収されて体内に蓄積します)、さらに食物連鎖を通じて魚介類に濃

縮、蓄積され、それを食べた人体にも取り込まれると考えられ、海洋生態系だけでなく人間の健康

への悪影響も危惧されています。

そこで、海洋における MPs 問題を手がかりとして、その歴史、現状の比較、日仏での市民による

対策や活動、どのように社会を変えなければならないかを、シンポジウム参加者の方々とともに議

します。

 

「変わりゆく海に臨む社会変革~海洋マイクロプラスチック問題を巡って~」

 

.日時 2021年10月23日() 15:00~18:40

.開催方式 オンライン(Zoom

.参加費 無料(日本語、フランス語(同時通訳付き))

.プログラム(詳細https://fmfj-20211023.peatix.com/

 < 講演 >

   テーマ1 「プラスチックの海」

    講師 フランソワ・ガルガニ(フランス国立海洋開発研究所)

   テーマ2 「行方不明のプラスチックを追う」

    講師 藤倉克則(海洋研究開発機構)

   テーマ3 「Tara Jambio マイクロプラスチック共同調査:科学、教育、アートと共有」

    講師 シルヴァン・アゴスティーニ(筑波大学下田臨海実験センター)

   テーマ4 「海洋マイクロプラスチック汚染に対する戦い~市民活動から基準設定まで~」

講師 クリスティーナ・バロー(Surfrider Foundation Europe

テーマ5 「瀬戸内海の海洋ごみ問題の解決に向けての取り組み~問題の“自分事”化に向けての実践~」

講師 山陽学園中学校・高等学校地歴部:井上貴司(顧問)、生徒2

テーマ6 「海洋で分解するプラスチックの開発と将来展望」

講師 岩田忠久(東京大学、日仏工業技術会会長)

 < 総合討論 >

   テーマ  「変わりゆく海に臨む社会変革~海洋マイクロプラスチック問題を巡って~」

   司会

山﨑満(日仏会館、国際基督教大学)

   パネラー

・フランソワ・ガルガニ(フランス国立海洋開発研究所)

・藤倉克則(海洋研究開発機構)

・シルヴァン・アゴスティーニ(筑波大学下田臨海実験センター)

・クリスティーナ・バロー(Surfrider Foundation Europe

・岩田忠久(東京大学、日仏工業技術会会長)

.参加申し込み方法

・本シンポジウムはWeb会議システム「Zoom」のウェビナー機能を使用して開催します。

・ウェビナーのリンクは、1022()17時頃にPeatixのイベント視聴ページで公開するほか

(イベント視聴ページへのアクセス方法はこちら)、Peatixのメッセージ機能でもお伝えいたし

ます。10月22日()17時頃以降にお申し込みいただいた方は、イベント視聴ページに掲載

されるリンクをご確認ください。

・開催当日は、14時45分からご入場いただけます。

.問い合わせ先 公益財団法人日仏会館

tel: 03-5424-1141 fax: 03-5424-1200bjmfj@mfjtokyo.or.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

主催 (公財)日仏会館、日仏海洋学会

共催 日仏工業技術会

 

後援 仏日海洋学会、(公社)日本水産学会、(一社)水産海洋学会、日本海洋学会

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

   ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

デジタル技術の急速な発展を享受する形で、データを活用したサイエンスが脚光を集

めています。その大きなアプリケーションとして、医療や社会生活でのブレークスルー

は、今まで解決しなかった環境を大きく変えようとしています。

本シンポジウムは、医学、理工学のデータサイエンスの第一人者による実際のデータ

の活用事例やその限界に加え、経済、法律といった専門家を交え、データの活用による

新しい経済システムやビジネス、一方、法律上の課題と言った光と影を見ながら、未来

を考える会です。また、特別基調講演として、慶應義塾大学教授・内閣参謀参与(デジ

タル政策分野担当)村井純教授が登壇いたします。

 

「デジタル技術が切り開く新しいサイエンス~データ活用で医療・社会が変わる~」

 

1.日時 2021年10月04(月)15:00~180

2.開催方式 Zoomウエビナー、EventInシステム)

3.参加費 無料

4.プログラム

 < シンポジウム 第一部 >

   テーマ1 「メディカル・データサイエンスを基盤とした新たな医療の創出~人工知能から拡張知能へ~」

    講師 桜田一洋(慶應義塾大学医学部)

   テーマ2 「脳機能を拡張するブレイン・マシン・インターフェース技術の未来」

    講師 牛場潤一(慶應義塾大学理工学部)

   テーマ3 「個人データ保護法制の背景思想と日本の立ち位置」

    講師 山本龍彦(慶應義塾大学法科大学院)

   テーマ4 「ビッグデータによる経済状況の理解とEBPM(証拠に基づく政策立案)に向けて」

    講師 星野崇宏(慶應義塾大学経済学部)

 < シンポジウム第二部 >

  ― 特別基調講演 ―

   テーマ 「デジタル社会の創生」

    講師 村井純(慶應義塾大学教授・内閣参謀参与(デジタル政策分野担当))  

  ― パネル討論会 ―

   テーマ 「デジタル技術が切り開く新しいサイエンス~データ活用で医療・社会が変わる~」

  司会

榊原康文(慶應義塾大学理工学部)

   パネリスト

    ・村井純(慶應義塾大学教授・内閣参謀参与(デジタル政策分野担当))  

・桜田一洋(慶應義塾大学医学部)

・山本龍彦(慶應義塾大学法科大学院)

・星野崇宏(慶應義塾大学経済学部)

・牛場潤一(慶應義塾大学理工学部)

 < シンポジウム第三部 >

  ― インタラクティブセッション ―(※こちらはEventIN

   登壇者、講演者に対する個別質問、議論、関係研究室によるポスター

   セッション等のインタラクティブなイベントです。限定100名を予定

   しています。参加希望の場合は、チェック欄にチェックをお願いします。

   個別アクセスURLを事前にお送りいたします。

5.参加申し込み方法 下記URLより申し込みください。

https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_XLfQDJImRjmukPt5AWMKvQ

(*当日の参加URLZoomEventInアクセスURL)をメールで送付)

6.問合せ先 慶應義塾先端科学技術研究センター(KLL<kllliaison@info.keio.ac.jp>

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

 

共同主催 慶應義塾大学先端科学技術研究センター・電子情報通信学会

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

   ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

コンビニ,ドラッグストア,郊外のモール,ネットショッピングなど小売業を取り巻く変化が,高齢化

の進む地方都市の商店街や,郊外団地の商店を苦境に立たせ,空き店舗を生んでいる

しかし,自宅から歩ける距離にある店舗は外出先として貴重で,また,店主との顔の見える関係が育む,

つながり,コミュニケーション,見守りは,地域に住み続けるうえでの潤いとして欠かせない。かつての

店舗付き住宅が果たしてきた,住まいや地域に寄り添う役割を,新しい就業形態や価値観にふさわしいか

たちで,どのように再構築するべきか。魅力や活力のある豊かな地域を実現するために,現代における住

まいや住宅地に身近な店舗の在り方を考えてみたい。

 

「店舗付住宅・再興」

 

1.日時 2021年10月29日(金)14:00~17:00

2.開催方法 Zoomによるオンライン開催

3.参加費 無料(定員60名)

4.プログラム(詳細http://www.jusoken.or.jp/symposium/sumaisympo.html

 < 趣旨解説 > 

解説 三浦研(京都大学)

 < 講演 >

テーマ1 「職住一体の実験としての商店街」 

講師 新雅史(流通科学大学)

テーマ2 「住宅地計画における店舗の位置づけ」

講師 大月敏雄(東京大学)

テーマ3 「なりわい暮らし」

講師 大島芳彦(ブルースタジオ)

テーマ4 「暮らしと商いの不動産」

講師 小山隆輝(丸順不動産)

5.参加申し込み方法 下記URLより申し込みください。

http://www.jusoken.or.jp/symposium/sumaisympo.html

6.問合せ先 一般財団法人 住総研

TEL03-3275-3078FAX03-3275-3079sumairon@jusoken.or.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

主催 一般財団法人 住総研

 

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

   ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

演者は日立製作所、サムスン電子さらに鴻海精密工業においてディスプレイの製品差別化、

産技術イノベーションで生産力の限界突破に取り組みました。

 これらのイノベーションを強力に支援してきた立場から、一人負けしているような日本の

産業競争力低下の原因、負の材料そして如何にしたら復活できるか、イノベーションの

原動力を導く方策をお聞きします。ご興味やご関心のある方、新規事業化を考えていらっし

ゃる皆様、是非ご参加ください。

 

「我が国の産業生産性をいかにして向上させるか」

 

1.日時 2021年10月16日(土)14:00~16:50

2.開催形式 ■ 開催方式:ZOOMオンライン

3.参加費 一般2000円

事前にPeatixWEBチケット)でお支払いください。

https://stf.or.jp/top/images/music/m381.pdf

4.プログラム(詳細https://stf.or.jp/top/images/music/m397.pdf

 < 講演 >

  テーマ 「我が国の産業生産性をいかにして向上させるか」

  講師 太田 隆司(FPD(Flat Panel Display) 技術コンサルタント)

5.参加申し込み方法 下記URLの手順により申し込み下さい。

https://peatix.com/event/2875899/

6.問合せ先 科学技術者フォーラム 後藤 幸子

E-mail: sgotoh@jcom.home.ne.jpMobile: 090-7241-3113

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

 

主催 科学技術者フォーラム

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

   ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

令和3年税制改正により、令和4年1月から帳簿書類の電子データでの保存、

スキャナ保存の要件が緩和され制度が活用しやすくなりました。リモートワーク

、デジタル庁の設立など、デジタルトランスフォーメーション(DX)がますま

す推進される中、中小企業においても書面電子化による経理業務の効率化が必要

となっています。電子帳簿保存とは?まずは何から始めたら良いか?など知りた

い情報を解説させていただきます

 

「令和3年改正電子帳簿保存法活用のポイント」

 

.日時 2021年11月30日(火)14:00〜16:00

.会場 東京商工会議所 板橋支部

(住所)板橋区板橋3-9-7 板橋センタービル8F

(電車)都営三田線 板橋区役所前駅下車 A1出口徒歩1分

(地図)https://www.tokyo-cci.or.jp/itabashi/map/

.参加費 無料(定員30名)

.プログラム(詳細https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-107752.html

 < 講演 >

  テーマ 「令和3年改正電子帳簿保存法活用のポイント」

  講師 田尻 重暁(税理士法人田尻会計 税理士)

  内容(1)電子帳簿保存とは?

(2)帳簿書類の電磁的記録による保存

(3)スキャナ保存

(4)電子データによる保存

(5)DX経理の導入方法、事例など

.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込みください。

     https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-107752.html

.問合せ窓口 東京商工会議所 板橋支部

TEL: 03 -3964 -1711 、FAX: 03 -3964 -3434

E-mail:itabashi@tokyo-cci.or.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

 

主催 東京商工会議所 板橋支部

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

   ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

日本学術会議史学委員会と日本歴史学協会は2016年以来、「歴史総合」に

関してシンポジウムを開催してきた。2016年12月の中教審答申で「歴

史総合」の設置が答申され、2018年3月に必修科目「歴史総合」と選択

科目「日本史探究」・「世界史探究」の学習指導要領が告示された。

「歴史総合」は、2020年度に教科書検定が行われ、2021年度に教

科書採択も実施された。そして「歴史総合」の授業が2022年4月から始

まる。このような状況を受けて、2021年の歴史教育シンポジウムでは、

研究分野が日本史の方、外国史の方、高等学校で世界史の授業を担当されて

いる方に報告を依頼した。「歴史総合」の教科書も完成したことを受けて、

歴史総合」をどう構想したかを再検討してみたい。

 

「”歴史総合”の教科書をどう作ったか」

 

1.日時 2021年10月30日(土)13:30~17:30

2.開催方式 オンライン開催

3.参加費 無料(定員300名)

4.プログラム(詳細http://www.scj.go.jp/ja/event/2021/315-s-1030.html

 < 趣旨説明 >

  説明 君島 和彦(東京学芸大学名誉教授、日本学術会議連携会員)

 < 報告 >

  テーマ1 「歴史的実践としての“歴史総合”のために」

   報告 成田 龍一(日本女子大学名誉教授)

  テーマ2 「“歴史総合”の構想と教育現場をつなぐもの」

   報告 川手 圭一(東京学芸大学副学長)

  テーマ3 「“歴史総合”でできること、為すべきこと~高校現場で考える~」

   報告 廣川 みどり(千葉県立袖ケ浦高等学校教諭)

5.参加申し込み方法 下記URLより申し込みください。

     http://www.scj.go.jp/ja/event/2021/link/315-s-1030_link_1.html

6.問い合わせ先 wakao.masaki@r.hit-u.ac.jp 

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

主催 日本学術会議史学委員会・同中高大歴史教育に関する分科会、日本歴史学協会

          後援 高大連携歴史教育研究会

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

コロナ禍を契機に、企業にとって、DX(デジタルトランスフォーメーション)は待ったなしの

課題になっています。また、人口減少に起因する人出不足や採用難もあり、様々な業種で業務効

率化・生産性向上が求められています。本セミナーでは、企業の業務効率化・生産性向上に活か

すためのIoT(モノのインターネット)/AI(人工知能)の活用事例、活用策について、専門家

が解説・説明します。

 

「中小企業だから出来る!~身の丈DX・身の丈IoT/AI事例~」

 

1.日時 2021年10月18日(月)14:00~16:00

2.開催方式 オンライン(Zoomを使用)

3.参加費 無料(定員50名)

4.プログラム(詳細https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-107694.html

 < 講演 >

  テーマ 「中小企業だから出来る!~身の丈DX・身の丈IoT/AI事例~」

  講師 大川 真史(ウイングアーク1st㈱、データのじかん 主筆)

  内容(1)DXとは何か。デジタル化は何を変革するのか。

    (2)製造業を中心とした中小企業のIoT/AI活用事例のご紹介

    (3)中小企業でのIoT/AI導入の考え方、進め方、進め方

5.参加申し込み方法 下記URLより申し込みください。

    https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-107694.html

    (*参加お申込みの方には、開催前日までにメールにてログイン用のURLをお送りいたします。)

6.問合せ先 東京商工会議所 台東支部

TEL: 03 -3842 -5031FAX: 03 -3843 -1206E-mail:taito@tokyo-cci.or.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

 

主催 東京商工会議所 台東支部

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

健康・生活科学委員会 家政学分科会(22期)は、平成25年5月に「大学教育

の分野別質保証のための教育課程編成上の参照基準―家政学分野―」を公表しました。

そこでは家政学の定義、役割、家政学を学ぶ学生が目指すべき基本的要素に加えて、

家政学を学修して取得できる資格についても触れられています。すなわち、家政学を

構成する一領域として「住まうことに関する領域(住居領域)」が定義され、住居領域

を深めることにより取得できる資格として建築士があげられています。

 そこで、同家政学分科会(24期)では家政学部・生活科学部等で住居系学科を持つ

大学の多くが取得できる資格とした「建築士」(一級、二級、木造)の資格教育と専門

教育についての調査結果に基づいて、表題の提言を令和2年7月27日に発出しました。

提言の項目立てを以下に示します。

 (1)QOL(生活の質)の視点からの住居領域での教育のあり方

 (2)資格教育に捉われない住居領域での専門教育の構築

 (3)住居領域の専門教育を担う人材育成

 本シンポジウムは、提言において住居領域に関連する学科・専攻を有する教育機関を

対象として行った専門教育への提案について、関係者に内容を理解していただき意見交

換を行うことを目的として実施します。具体的には、提言骨子についての説明の後、建

築及び住居領域に関わる教育・研究・実務を担ってきた方々に、従来からの視点に基づ

く住居領域での教育のあり方、資格教育と専門教育との関係、さらに住居領域の教育を

担う人材育成について意見を交わしていただき、今後の方向性を探る機会としたいと思

います。

 

「住居領域における専門教育と資格教育のあり方」

 

1.日時 2021年11月20日(土)13:30~15:50

2.開催方式 オンライン開催

3.参加費 無料(定員100名)

4.プログラム(詳細http://www.scj.go.jp/ja/event/2021/313-s-1120.html

 < 提言の内容について >

  説明 宮野 道雄(日本学術会議連携会員、大阪市立大学特任教授)

 < 全体討議 >

  テーマ 「住居領域における専門教育と資格教育のあり方」

コーディネーター 宮野 道雄(日本学術会議連携会員、大阪市立大学特任教授)

パネラー

・田辺 新一(日本学術会議第三部会員、早稲田大学創造理工学部教授)

・平田 京子(日本女子大学家政学部教授)

・室崎 千重(奈良女子大学生活環境学部准教授)

・鍋島 美奈子(大阪市立大学工学部教授)

・河崎 由美子(積水ハウス株式会社執行役員住生活研究所所長)

5.参加申し込み方法 下記URLから申し込みください。

    http://www.scj.go.jp/ja/event/2021/link/313-s-1120_link_1.html

6.問合せ先 宮野 道雄(大阪市立大学)E-mail: miyano@osaka-cu.ac.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

主催 日本学術会議 健康・生活科学委員会 家政学分科会

 

後援 日本生命科学アカデミー

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

能力があるにもかかわらず、女性が管理職に手をあげない、主張しない、そして気

が付くといつもサポート役に回っているのはなぜなのでしょう。素晴らしい実績があ

っても「自信がない」女性が多いのはなぜなのでしょう。

本セミナーでは、女性の特性と特徴を理解し、女性がさらに能力を発揮するために、

どのような工夫が必要なのか、女性の背中を押すコミュニケーションはどうしたら良

いのかを考えていただきます。こんな方にお勧め

・自社の女性活躍推進を進めたいと考えていらっしゃる方

女性部下の理解を深めたい

自信が持てず実力が発揮できないと感じている女性

 

「女性を活かす組織を創る~ボスの知らない女性の特性~」

 

1.日時 2021年11月25日(木)14:00~16:00

2.開催方式 Zoomオンライン開催

3.参加費 無料(定員50名)

4.プログラム(詳細https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-107669.html

 < 講演 >

  テーマ 「女性を活かす組織を創る~ボスの知らない女性の特性~」

  講師 川邊彌生(合同会社オモテナシズム 代表・ビジネスコーチ)

  内容(1)女性の特性と抱える課題を理解できます

(2)多様性を活かすためのヒントが得られます

(3)女性を活かす組織を作るヒントが得られます

5.参加申し込み方法 下記URLの手順にしたがって申し込みください。

     https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-107669.html

     *参加に必要な URL およびパスワード等は、開催前日までにメールにてお送ります。

6.問い合せ先 東京商工会議所 大田支部

TEL: 03 -3734 -1621FAX: 03 -3731 -9801E-mail:ota@tokyo-cci.or.jp


***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

 

主催 東京商工会議所大田支部

 

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

新型コロナウイルス感染症の影響はいつまで続くか不透明な状況であり、あらゆる

業種において、従来型の事業展開やビジネスモデルの見直しが必要となっています。

本セミナーでは、リアルとオンラインを駆使した販売戦略を中心に、新たな時代に

生まれるビジネスモデルについての検討や「事業再構築補助金」の活用法など、感染

症禍を生き抜くヒントについて具体的な事例やアイディアを交えながらお伝えします

 

WithコロナAfterコロナを生き抜く! 経営戦略再構築」

 

1.日時 2021年10月05日(火)14:00~16:00

2.開催方式 オンライン(Zoomライブ配信)

3.参加費 無料

4.プログラム(詳細https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-107670.html

 < 講演 >

  テーマ 「WithコロナAfterコロナを生き抜く! 経営戦略再構築」

  講師 渋谷 雄大(ジャイロ総合コンサルティング㈱ 代表取締役、中小企業診断士)

5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込みください。

https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-107670.html

       *本セミナーは【Zoom】を用いたWEB配信となります。ご参加に必要な

URLおよびパスワード等は、開催前日までにメールにてお送りいたします。

6.問合せ先 東京商工会議所 千代田支部

TEL: 03 -5275 -7286FAX: 03 -5275 -7287E-mail:chiyoda@tokyo-cci.or.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

 

主催 東京商工会議所 千代田支部

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

   ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

およそ500の会社、600の社会公共事業の設立に関与し、「日本資本主義の父」

と呼ばれている渋沢栄一は「論語と算盤」を提唱した。道徳と経済が合致すべきとい

う100年以上前の思想であるが、ポストコロナで持続可能な経済社会が求められる

今こそ、活用すべき行動指針ではかなろうか。2024年を目途に発行される新一万

円札の肖像画として採用されることになり、現在大河ドラマでも話題の渋沢栄一は、

「民の繁栄が、国の繁栄につながる」という想いのもと、1878年に東京商工会議

所を創立し、初代会頭を務めた。渋沢栄一の玄孫(5代目の孫)にあたる渋澤健先生

から、よりよい明日を常に目指した渋沢栄一の精神、豊かな社会を促す企業経営につ

いてご講演頂く。

 

「渋沢栄一の"論語と算盤"で未来を拓く~ポスト・コロナの持続可能な社会と企業経営~」

 

1.日時 2021年10月12日(火)15:30~17:00

2.会場 大田区産業プラザ(PIO)2階 小展示ホール

(住所)大田区南蒲田1-20-20 大田区産業プラザ2F

(電車)京急蒲田駅 東口から徒歩5分 JR蒲田駅 徒歩13分

(地図)https://www.pio-ota.net/access/

3.参加費 無料(定員100名)

4.プログラム(詳細https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-107613.html

 < 講演 >

  テーマ 「渋沢栄一の"論語と算盤"で未来を拓く~ポスト・コロナの持続可能な社会と企業経営~」

  講師 渋澤 健(シブサワ・アンド・カンパニー㈱ 代表取締役、コモンズ投信㈱取締役会長)

5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込みください。

     https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-107613.html

*オンラインでの参加をご希望の方は、別途メールにてZOOM開催案内をご連絡いたします。

6.問合せ先 東京商工会議所 大田支部

TEL: 03 -3734 -1621FAX: 03 -3731 -9801E-mail:ota@tokyo-cci.or.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

 

主催 東京商工会議所 大田支部

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

   ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  

高齢者・障碍者の生活を支える様々な介護機器を紹介すると共に、今後実用化が

期待される高齢者・障碍者支援技術についても紹介します。

 また、支援技術開発の基礎知識として高齢者・障碍者の基本的な身体特性につい

て学びます。主な内容は、様々な介護支援機器、高齢者の心理特性と支援技術、高

齢者・障碍者の視覚・聴覚特性と支援技術、これからの高齢者・障碍者支援技術等

です。今年度より、全2回の講座となりました。

 

「高齢者・障碍者の生活を支える新しい技術」

 

1.日時(第一回目)2021年09月18日(土)18:00~20:00

   (第二回目)2-21年10月16日(土)18:00~20:00

2.会場 東京都立大学 秋葉原サテライトキャンパス

   (住所)千代田区外神田1-18-13  秋葉原ダイビル12

(地図)https://www.tmu.ac.jp/university/campus_guide/access.html

3.参加費 800円(定員30名、受講者が決定しましたら振込用紙をお送り、事前にお振込みをお願いいたします。)

4.プログラム(詳細https://www.metro-cit.ac.jp/community/open_index.html

 < 講演 >

  テーマ 「高齢者・障碍者の生活を支える新しい技術」

  講師 星 善光(本校准教授)

5.参加申し込み方法 下記URLより申し込みください。

    https://www.metro-cit.ac.jp/topics/open_c_3066_00003.html

6.問合せ先 高専荒川キャンパス管理課 オープンカレッジ担当

    TEL03 ( 3801 ) 0145 FAX03 ( 3801 ) 9898

    E-mail: aoffice@metro-cit.ac.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

 

主催 東京都立産業技術高等専門学校

 

 

 

 

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

 

以上は「外村孝史」氏(下記)のメールマガジンより

 

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

株式会社 幸洋コーポレーション&株式会社DUALホールディングス

104-0031 東京都中央区京橋2-8-1 八重洲中央ビル8F 京橋サロン

TEL03-6263-0932  TEL03-6263-0934

外村孝史  メール k_tomura@mtf.biglobe.ne.jp

//////////////////////////////////////////////////////////////////////