////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

 

--  講演会開催  --

日本の実際の「動向把握」に最適

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

                        提供:外村孝史氏                            

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

株式会社 DUALホールディングス & 音声会話ロボット「ピコちゃん」開発センター

140-0001 東京都品川区北品川1-8-11 Daiwa品川Northビル8

TEL03-5843-4018 (代表)FAX03-5843-4123

外村孝史  メール k_tomura@mtf.biglobe.ne.jp

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 

 

--- 目次 ---

 

「激変する環境に対応して、企業を変革するリーダーの武器~実践版トヨタ式ビジネス変革の流儀~」 

    2021年12月15日(水) 講師 吉本清志(一般社団法人ビジネスマネジメント改革協会 副理事長)

「女性活躍推進が経営を変えていく~女性も男性もいきいき働ける会社へ」

  2021年12月14日(火) 講師 伊藤裕子(㈱小宮商店 管理統括本部部長) 主催(公益財団法人)東京都中小企業振興公社

SDGsで強くなる!中小企業のためのSDGs経営」

  2021年12月22日(水) 講師 松本 洋一(SDGパートナーズ有限会社 シニア・コンサルタント)

「スマート社会の実現に向けたセンシング技術」

  2021年12月10日(金)  講師 李 ひよん(芝浦工業大学 工学部 情報通信工学科 助教)他

「”デジタル変革”への向き合い方~企業がデジタル活用で成果を創出するには~」

  2021年12月06日(月)~  講師 森川 博之(東京大学 大学院工学系研究科 教授)

「改正高年齢者雇用安定法の概要と留意点」

 2021年12月07日(火) 講師 徳留 正一郎(キャリア未来社労士事務所 代表、特定社会保険労務士)

「最新脳科学による感性の可視化への挑戦」

 2021年12月08日(水) 講師 吉田 秀俊(感性イノベーション研究推進機構長)他

「アメリカの今、そして日本の未来」

  2021年12月10日(金) 講師 あえば浩明(一般社団法人JCU議長/代表理事) 主催 国家ビジョン研究会

「先端工学を融合させた医工連携技術」

  2021年12月20日(講師 村垣善浩(東京女子医科大学大学院  医学研究科  先端工学外科学分野 教授)

中小企業向け!丸わかりDX~DXを理解し、テレワーク時代のDXを実践する!~」

  2021年12月08日(水) 講師 杉山 岳文( 中小企業診断士、合同会社産業経営研究所 代表)

「事業承継で見かける落とし穴~承継時・承継後のトラブルを回避するために気をつけるべき法律問題~」 

    2021年12月09日(木) 講師 関 義之(関&パートナーズ法律事務所 代表弁護士・中小企業診断士)

「コロナ感染症下における会社を守る健康管理~ウィズコロナで生き残るために~」

  2021年12月16日(木) 講師 関谷 剛(内科医師)

「スマート社会の実現に向けたセンシング技術」

 2021年12月10日(金) 講師  李 ひよん(芝浦工業大学 工学部 情報通信工学科 助教)他

SDGsに向けた大学の取り組み」

 2021年12月25日(土)講師 髙村 ゆかり(日本学術会議第一部会員・副会長、東京大学未来ビジョン研究センター教授)

「生命科学分野におけるジェンダー・ダイバーシティ~大学・企業・学協会におけるダイバーシティ推進に向けた取り組み~」

 2021年12月19日(日) 主催 日本学術会議第二部生命科学ジェンダー・ダイバーシティ分科会

「科学的知見の創出に資する可視化 ~人間を識り活かす総合知をもたらす”視考”~」

 2021年12月13日(月) 主催 日本学術会議総合工学委員会 科学的知見の創出に資する可視化分科会

「プラスチックのガバナンス~感染症制御のための衛生環境管理と資源循環~」

 2021年12月23日(木) 主催 日本学術会議環境学委員会・健康・生活科学委員会合同環境リスク分科会

「コロナ禍での感覚器障害のリスク」

 2022年01月25日(火) 講師 森 恵莉(東京慈恵会医科大学耳鼻咽喉科学教室講師)他

With/Afterコロナ時代におけるケアの課題と新たな取り組み~子育てをしながら働き、

   働きながら暮らすための地域共生社会~」

  2021年12月11日(土) 主催 日本学術会議 共催 一般社団法人日本看護系学会協議会

ELSIを踏まえた自動運転の社会実装~自動運転の社会実装と次世代モビリティによる社会デザイン~」

  2021年12月13日(月) 企画 課題別委員会「自動運転の社会実装と次世代モビリティによる社会デザイン検討委員会」

「地域による新型コロナウイルス感染拡大防止対策の取組」

  2021年12月17日(金) 講師 鈴木 孝二(山梨県 県民生活部 グリーン・ゾーン推進課 課長)

「アフターコロナに対する経営者の取組」

 2021年12月10日(金) 講師 森田直行(㈱NTMC代表取締役)

怒らない技術~コロナ禍でこそ活用したいアンガーマネジメント~」

 2021年12月15日(水) 講師 嶋津 良智 (リーダーズアカデミー学長、一般社団法人日本リーダーズ学会代表理事)

「骨はホルモンを分泌して健康長寿に役立つ~若返り物質“オステオカルシン”の働き~」

 2022年01月15日(土) 講師 平田 雅人(福岡歯科大学客員教授・九州大学名誉教授、歯学博士)

「カスハラは客じゃない!~理不尽なクレーマーへの対応法~」

 2021年12月07日(火) 講師 山田 泰造(財教育アシスト 代表)

「働き方改革の概要と親事業者の”しわ寄せ”防止」

 2021年12月17日(金) 講師 三浦 修(社会保険労務士法人みらいパートナーズ 代表社員)

 「インボイス制度って何?実務上の影響は?~中小・小規模事業者のためのインボイス制度~」

 2021年12月13日(月) 主催 東京商工会議所世田谷支部

 「地球と生命をつなぐ高度な化学物質ネットワーク~天然物化学再考~」

  2021年12月08日(水) 主催 日本学術会議 農学委員会・農芸化学分科会

 「新事業創出・起業を支える知的財産戦略~“ひらめき”を成功に導く羅針盤 ~」

  2021年12月08日(水) 主催 東京都・公益財団法人東京都中小企業振興公社 

 「汚染水海洋放出とデブリ取出、空冷化の意味と原発事故再考~小型モジュール炉の特徴と再稼働問題~」

  2021年12月04日(土) 主催 科学技術者フォーラム

 「新時代の顧客づくりに大切な”好き”であること~ものづくりブランド“ファクトリエ”は、なぜコロナ禍でも愛されるのか~」

 2021年12月10日(金) 共催 東京実業連合会、東京問屋連盟他

 「地球環境変動と人間活動~地球規模の環境変化にどう対応したらよいか~」

  2021年12月05日(日) 主催 日本学術会議 共催 地球惑星科学委員会地球人間圏分科会

 「コロナ禍における人間の尊厳~危機に向き合って~」

  2021年12月05日(日) 主催 日本学術会議哲学委員会

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

日本最強の仕事の仕方、と言われる「トヨタ流生産方式」私たちの社団法人では、

このトヨタ流の仕事術に学び、国内外の異業種で鍛え上げ、ホワイトカラー分野の

縦横に活用できるよう発展させた「実践版トヨタ式ビジネス改革の流儀」の普及を

目指します。この流儀における考え方や手法は、全て私たちの経営活動や実践の中

で検証してきたものです。今回のセミナーを通してビジネスリーダーにとっての有

効性と即効性とを実感してみてください。

 

「激変する環境に対応して、企業を変革するリーダーの武器~実践版トヨタ式ビジネス変革の流儀~」

 

1.日時 2021年12月15日(水)14:00~18:00

2.会場 戸板女子短期大学講堂「戸板ホール」

  (住所)港区芝2丁目21-17

  (電車)三田線芝公園駅徒歩1分

  (地図)https://shingakunet.com/gakko/SC000761/map/13782/

3.参加費 ご招待(名刺2枚持参ください)

4.プログラム(詳細 添付)

 < 記念セミナー 講演1 >

  テーマ 「最重要課題に集中して目標を達成していくリーダーの手法」

  講師 吉本清志(一般社団法人ビジネスマネジメント改革協会 副理事長)

 < 学内ツアー >

  戸板女子短期大学(学内)

 < 記念セミナー 講演2 >

  テーマ 「トヨタウェイとトヨタにおけるビジネスマネジメント」

  講師 竹馬理一郎(一般社団法人ビジネスマネジメント改革協会 理事長)

5.参加申し込み方法 下記事項を記入の上、メール bonheur.ky@gmail.com (吉本清志)

      へ申し込みください。

  1. お名前、②所属、③連絡先(電話、メール)

6.問い合わせ先 一般社団法人ビジネスマネジメント改革協会 吉本清志

      携帯 090-9310-7822、メール bonheur.ky@gmail.com)

 

― 一般社団法人ビジネスマネジメント改革協会入会のご案内 ―

一般社団法人ビジネスマネジメント改革協会は、実践版トヨタ式ビジネス改革の流儀を学び応用することにより、社員が成長と組織力を強化し、会員間で連携協力し合うことを通じて、会員企業と日本経済の持続可能な発展に寄与することを目的とする協会です。

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

     (第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー一覧をご覧いただけます)

 

 

      主催 一般社団法人ビジネスマネジメント改革協会

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

令和2年度「東京都女性活躍推進大賞」を受賞した㈱小宮商店の取組事例をご紹介

します。受賞に至るまでの道のりや、職人育成、技術継承への取り組み、ブランディ

ング強化や売上拡大等、女性活躍推進がビジネスにもたらした変革の様子を伺ってい

きます。

 

「女性活躍推進が経営を変えていく~女性も男性もいきいき働ける会社へ」

 

1.日時 2021年12月14日(火)13:30~16:30

2.開催方法 Zoomを利用したオンライン開催

3.参加費 無料

4.プログラム(詳細https://www.tokyo-kosha.or.jp/topics/2112/0003.html

 < 第一部 講演 >

テーマ 「女性活躍推進が経営を変えていく~女性も男性もいきいき働ける会社へ~」

講師 伊藤裕子(㈱小宮商店 管理統括本部部長)

内容(1)令和2年度「東京都女性活躍推進大賞」受賞までの道のり

  (2)モデルケース従業員の誕生

  (3)職人育成、技術承継への取り組み

  (4)波及効果~ブランディング強化、業績向上

 < 第一部 トークセッション >

テーマ 「具体的な取組方法や推進のポイント」

講師 歌田弘子(東京都中小企業振興公社 東京人材マネージャー、女性活躍推進アドバイザー)

 < 第二部 講演 >

  テーマ 「人が輝く組織と経営のヒント~人財マネジメントハンドブック活用~」

  講師 吉岡早苗(東京都中小企業振興公社 人材ナビゲータ)

  内容 人材の活用や育成、組織活性化のポイントについて公社がまとめているハンドブックが

リニューアルしました。未来に向かって人が輝き続ける経営とは?その実践方法につい

てお話します。

5.参加申し込み方法 下記URLより申し込みください。

https://www.tokyo-kosha.or.jp/sme/mailRequest?requestKind=0

6.問い合わせ先 東京都中小企業振興公社 企業人材支援課 人材確保育成担当

TEL03-3251-7904E-mailsangyo-jinzai@tokyo-kosha.or.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

     (第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー一覧をご覧いただけます)

 

 

      主催 (公益財団法人)東京都中小企業振興公社

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

SDGs」という言葉はよく聞くけれど、いまひとつ経営との繋がりのイメージが湧きにくい。

そのような方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。本セミナーでは、SDGs経営に関心

を持つ都内中小企業者の方を対象として、中小企業の「持続可能性」と「収益性」をキーワー

ドに、SDGsSDGs経営の基礎知識をお伝えします。また、中小企業にとっての「SDGs」に取組

むメリットや、SDGs経営の進め方、「SDGs」を経営改善ツールとして活用する方法等についても

学んでいただくことができます。ぜひ、この機会にご参加ください!

 

SDGsで強くなる!中小企業のためのSDGs経営」

 

1.日時 2021年12月22日(水)14:00~16:00

2.開催方式 オンライン開催(ライブ配信・録画配信)

3.参加費 無料(定員80名)

4.プログラム(詳細https://www.tokyo-kosha.or.jp/topics/2112/0007.html

 < 講演 >

  テーマ 「SDGsで強くなる!中小企業のためのSDGs経営」

  講師 松本 洋一(SDGパートナーズ有限会社 シニア・コンサルタント)

  内容(1)SDGsSDGs 経営

    (2)中小企業にとってのメリット

    (3)SDGs 経営の取り組み方

    (4)中小企業がぶつかりやすい課題点とヒント

 < ミニワーク >

  テーマ 「“自社と SDGs の繋がり”に気づくためのミニワーク」

講師 松本 洋一(同上)

内容(1)講師によるフィードバック

  (2)事例紹介

5.参加申し込み方法 下記URLより申し込みください。

     https://www.tokyo-kosha.or.jp/sme/application?formNo=0000000760

6.問い合わせ先 (公財)東京都中小企業振興公社 事業戦略部 経営戦略課 担当:須賀・多賀

TEL03-5822-7232

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

    (第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー一覧をご覧いただけます)

 

     主催 (公財)東京都中小企業振興公社

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

港区では、区内大学と連携し、大学が保有する技術と区内中小企業のニーズを

 マッチングするために、セミナー及び交流会を開催します。

 本セミナーでは、センシングに関する最先端の研究情報をテーマとし、セミナ

ーを開催します。終了後には、大学研究者との情報交換・産学連携のきっかけづ

くりを目的とした交流会を開催します。

 

「スマート社会の実現に向けたセンシング技術」

 

1.日時 2021年12月10日(金)14:30~17:00 

2.開催方式 オンラインセミナー(Zoom

3.参加費 無料

4.プログラム

 < 講演 >

  テーマ1 「神経をもった社会インフラの実現を目指して」

   講師 李 ひよん(芝浦工業大学 工学部 情報通信工学科 助教)

  テーマ2 「においセンシングとその応用」

    講師 齋藤 敦史(芝浦工業大学 工学部 情報通信工学科 准教授)

 < 質疑応答・交流会 >

5.参加申し込み方法 下記のURLより申し込みください。

    https://forms.gle/hxyBGbY92DCNYw6k9

    (*申込期限2021年12月9日(木)17:00)

6.問合せ先 港区産業・地域振興支援部 産業振興課 経営相談担当

    TEL: 03 -3578-2562

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

    (第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー一覧をご覧いただけます)

 

 

      主催 港区、芝浦工業大学

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

新型コロナウイルスの感染拡大により社会・世界観の変化が生じ、産業・事業・社会構造

までも変革するデジタルシフトが加速しつつあり、企業も経営戦略の中にデジタルを取り入

れ新たな価値の創出に繋げていく必要があります。本講演では、デジタル変革の時代におけ

る企業のデジタル活用への向き合い方について、「土俵にあがる」「気づきに繋がる多様性」

「パイを広げる」といった視点をご紹介します。

 

「”デジタル変革”への向き合い方~企業がデジタル活用で成果を創出するには~」

 

1.日時 2021年12月06日(月)~2021年12月27日(月)

2.開催方式 オンライン講演会(YouTube動画配信、動画時間約50分)

3.参加費 無料(会員限定)

4.プログラム(詳細https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-109081.html

 < 講演 >

  テーマ 「”デジタル変革”への向き合い方~企業がデジタル活用で成果を創出するには~」

  講師 森川 博之(東京大学 大学院工学系研究科 教授)

5.参加申し込み方法 下記URLより申し込みください。

https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-109081.html

(*セミナー申込者にはセミナー動画閲覧用URLYouTube限定公開)をメール配信します。

6.問い合わせ先 東京商工会議所 中小企業部

TEL: 03 -3283 -7624E-mail:seisansei@tokyo-cci.or.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

      (第四次産業革命の基幹テーマ(AI,ビッグデータ他)&最新セミナー一覧をご覧いただけます)

 

 

      主催 東京商工会議所 情報通信部会

 

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2021年4月に改正高年齢者雇用安定法が施工され、70歳までの就業

確保措置が努力義務となりました。本改正で求められるのは、70歳まで労

働者を雇用することではなく、70歳まで働ける制度を作って運用すること

です。今回の改正で求められる就業確保措置とは具体的に何をしなければな

らないのかを解説します。

 

「改正高年齢者雇用安定法の概要と留意点」

 

1.日時 2021年12月07日(火)14:00~16:00

2.開催方式 オンラインセミナー(Zoomライブ配信)

3.参加費 無料(定員30名)

4.プログラム(詳細https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-109109.html

 < 講演 >

  テーマ 「改正高年齢者雇用安定法の概要と留意点についてセミナー」

  講師 徳留 正一郎(キャリア未来社労士事務所 代表、特定社会保険労務士)

  内容①高年齢者就業確保措置の内容

    ②高年齢者就業確保措置の留意点

    ③創業支援等措置

    ④その他の改正点

    ⑤高年齢雇用企業の具体的な取り組み事例

5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込みください。

    https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-109109.html

(*参加お申込みの方には、12月6日()までに、Zoomミーティングの

参加方法をメールでご連絡します。)

6.問い合わせ先 東京商工会議所 新宿支部

TEL: 03 -3345 -3290FAX: 03 -3345 -3251E-mail:shinjuku@tokyo-cci.or.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

 

      主催 東京商工会議所新宿支部

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「精神的価値が成長する感性イノベーション拠点(感性COI拠点)」は、2013年、

文部科学省による「革新的イノベーション創出プログラム(COI STREAM)」に採択され、

これまであいまいに捉えられてきた感性の研究、可視化と社会実装に取り組んできまし

た。成果の中でも特に実装レベルの約20の感性可視化・評価ツールをとりまとめ、組

合せ活用することで感性を可視化・評価し、多様なニーズに応えるというコンセプトの

「統合解析パッケージ」を構築しています。これらは、心と体の健康、心豊かな社会、

暮らしの満足を高めるなど、社会、暮らしやモノづくりなど多くの場面で活用されてい

くことでしょう。「感性を測定してモノづくりに活かし、精神的価値を向上させる」とい

う発想から始まった感性COI拠点は、「感性を測定して、誰もが幸せに暮らせるウェルビ

ーイング社会を実現する」という新たなビジョンを描けるところまで進展しました。

 

「最新脳科学による感性の可視化への挑戦」

 

1.日時 2021年12月08日(水)13:00~16:30

2.開催方式 Zoomウェビナー

3.参加費 無料

4.プログラム(詳細https://kansei-dx.jp/symposium/

 < 講演 >

  テーマ1 「感性COI9年間の歩みと全体像」

   講師 吉田 秀俊(感性イノベーション研究推進機構長)

  テーマ2 「感性の心理学・脳科学的理解とその社会応用~新しい感性科学に向けて~」

   講師 笹岡 貴史(広島大学 脳・こころ・感性科学研究センター 准教授)

  テーマ3 「感性メーターの開発とその応用」

   講師 町澤 まろ(広島大学 脳・こころ・感性科学研究センター 特任准教)

テーマ4 「社会実装の取り組み概要」

講師 西川 一男(島大学 学術・社会連携室 特任教授)

テーマ5 「感性メカニズムの応用に基づく床暖房の感性価値創造に向けて~広島ガスの取り組み紹介~」

講師 島尾 晶裕(広島ガス㈱ 技術研究所 研究員)

テーマ6 「感性メーターを用いた感性フィードバック制御の社会実装に向けて」

講師 田中 精一(コベルコ建機㈱ 企画本部新事業推進部 新事業企画グループ長)

講師 木下 拓矢(広島大学大学院 先進理工系科学研究科 助教)

テーマ7 「注意を可視化する」

講師 吉田 正俊(北海道大学 人間知・脳・AI研究教育センター特任准教授)

テーマ8 「顔の表情認識システムの開発とその応用」

講師 岡嶋 克典(横浜国立大学 環境情報研究院 教授・YNU「感性脳情報科学」研究拠点長)

テーマ9 「顔感性カメラ~可視光・不可視光を用いた感性関連生体情報の非接触計測~」

講師 川人 祥二(静岡大学電子工学研究所 教授)

テーマ10 「光と音の感性研究への活用」

講師 山本 清二(浜松医科大学 理事(教育・産学連携担当)・副学長)

5.参加申し込み方法 下記URLより申し込みきください。

      https://kansei-dx.jp/symposium/register/

6.問い合わせ先 https://kansei-dx.jp/contact/

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

 

      主催 感性イノベーション研究推進機構

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

先のアメリカ大統領選挙ではトランプ氏は残念ながら当選できませんで

したが、来年の中間選挙は共和党の優勢がささやかれています。今回はア

メリカ共和党と太いパイプを持つ一般社団法人JCU代表理事・議長である、

あえば浩明氏をお迎えしてご講演を頂きます。内容としては以下のような

お話になります。

  1. バイデン政権になってからの政権の状況、およびアメリカ全体の政治

状況の分析

  1. 中間選挙へ向けてのアメリカ国民の民意の流れはどうなりそうか
  2. アメリカが分断されているというが、その真相は如何に
  3. 「トランプ氏抜きでのトランプ政治への回帰」というような動きがあ

るようだが実際の真相は如何に

  1. アメリカの現状と共和党が何を考えているのか
  2. 日本はどう動けばいいのか

などについて勉強し今後の政策に生かしていきたいと思っています。

 

「アメリカの今、そして日本の未来」

 

1.日時 2021年12月10日(金)14:00~16:30

2.会場 衆議院第一議員会館第3会議室

   (住所)千代田区永田町一丁目71

   (電車)「国会議事堂前」 丸ノ内線、千代田線 1 番出口 徒歩 3 分

   (地図)https://roudou-bengodan.org/wpRB/wp-content/uploads/2017/03/bcff068bfead9a2e3ad57f9b2ab04498.pdf

3.参加費 無料(会員)

4.プログラム(詳細 添付)

 < 講演 >

  テーマ 「アメリカの今、そして日本の未来」

  講師 あえば浩明(一般社団法人JCU議長/代表理事)

5.参加申し込み方法 お名前、連絡先を記入の上、メール inouejuk@crux.ocn.ne.jp (井上)

     まで、申し込みください。

※)本会議は基本、各分科会委員の先生及び会員の方を対象としたクローズドなものですが、

ご友人で関心のある方のご参加も可能です。

※)申し込み締切日:令和3年12月4日(土)

※)当日、議員会館入り口にて「入館証」を発行する必要がありますので、事前の申し込みが

必要です。ご参加を希望される場合には、このメールの返信にてお願い致します。

6.問い合わせ先 国家ビジョン研究会  事務局次長  井上和明

     Tel/Fax03-3750-1264、携帯:090-4383-6370

     Emailinouejuk@crux.ocn.ne.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

 

       主催 国家ビジョン研究会

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

今回のセミナーでは、先端工学を融合させた医工連携技術をテーマとし、最新の

テクノロジーを盛り込んだ医療技術を紹介いたします。東京⼥⼦医科学院医

学研究科教授の村垣善浩には、よりい安全性が要求される脳腫瘍外科⼿術にお

いて、リスク回避による安全性の向上と治療効果の定量予測により、患者の術後の

QOL向上を指す「AI Surgeryを実現するスマート治療室SCOTについてお話いた

だきます。また、慶應義塾学理工学部教授の則尚に、週3回の通院と毎回

4時間の床上安静を強いられる工透析に対し、マイクロ流路とナノ多膜をい、

この負担を週1回程度に減らす、「患者QOLを劇的に改善するインプラント工腎臓

」について、三鷹光器株式会社取締役の中村勝之には、「プロジェクションマッピ

ング技術を応した⼿術ガイドシステムMIPS」について医工連携事例をご紹介いた

だきます。

 

「先端工学を融合させた医工連携技術」

 

1.日時 2021年12月20日() 14:00~16:50

2.開催方式 オンライン開催(Zoomウェビナー)

3.参加費 無料)(定員100名)

4.プログラム(詳細https://www.ifys.jp/ikorenkeiseminer2

 < 講演 >

  テーマ1 「AI SurgeryAI手術)を実現するスマート治療室(SCOT; Smart Cyber Operating Theater)

   講師 村垣 善浩(東京女子医科大学大学院 医学研究科 先端生命医科学系専攻 先端工学外科学分野 教授)

  テーマ2 「患者QOLを劇的に改善するインプラント人工腎臓」

   講師 三木 則尚(慶應義塾大学 理工学部 教授) 

  テーマ3 「プロジェクションマッピング技術を応用した手術ガイドシステムMIPSMedical Imaging Projection System)」

   講師 中村 勝之(三鷹光器㈱ 取締役)

5参。加申し込み方法 下記URLよりもい仕込み下さい。

https://www.ifys.jp/ikorenkeiseminer2/entry/form/input/1

6.問い合わせ先 ㈱アイフィス 「都産技研医工連携セミナー」運営事務局

      TEL:03-6825-6177  Email: ikorenkei@ifys.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

 

      主催 (地独)東京都立産業技術研究センター

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

近年、「2025年の崖」や「DX(デジタル・トランスフォーメーション)」という

言葉を耳にします。DXはデジタル技術による事業革新であり、企業の大小に関わらず、

テレワーク・ニューノーマルといった令和の時代を生き抜くすべての企業に必要なテー

マです。このセミナーでは、DXの概要理解を深め、中小企業にとっての事業活用法、サ

ービス・事例について導入レベルごとに、分かりやすく解説します。

 

中小企業向け!丸わかりDX~DXを理解し、テレワーク時代のDXを実践する!~」

 

1.日時 2021年12月08日(水)14:00〜16:00

2.開催方式 オンライン開催(Zoomライブ配信)

3.参加費 無料(定員50名)

4.プログラム(詳細https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-108903.html

 < 講演 >

  テーマ 「中小企業向け!丸わかりDX~DXを理解し、テレワーク時代のDXを実践する!~」

講師 杉山 岳文( 中小企業診断士、合同会社産業経営研究所 代表)

内容(1)デジタル時代の事業改革・DXとは?

・政府が推進するDX、経済産業省の最新レポート2.1を網羅し解説

・日本の企業が直面する危機

(2)中小企業のためのDX

・中小企業に求められるビジネス変革

・今からはじめられるDXとデジタル事業革新

(3)テレワーク時代のDX事例

(4)これからの時代に求められる中小企業のデジタル経営とは

5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込みください。

     https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-108903.html

6.問い合わせ先 東京商工会議所 目黒支部

TEL: 03 -3791 -3351FAX: 03 -3791 -3573E-mail:meguro@tokyo-cci.or.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

 

     主催 東京商工会議所 目黒支部

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 年、後継者不足に伴い、廃業する中小企業が増加しています。このような状況

のなかで、事業承継への早期取組みの重要性が高まっています

本セミナーでは、事業承継の際の意外な法律問題について弁護士の方からの講演

をいただき、より今後の事業承継のお役に立つコンテンツをお届けします。

 

「事業承継で見かける落とし穴~承継時・承継後のトラブルを回避するために気をつけるべき法律問題~」

 

1.日時 2021年12月09日(木)14:00~15:15

2.開催形式 Zoomウェビナーによるオンラインセミナー

3.参加費 無料(定員70名)

4.プログラム(詳細https://www.tokyo-kosha.or.jp/topics/2112/0022.html

 < 講演 >

  テーマ 「事業承継で見かける落とし穴~承継時・承継後のトラブルを回避するために気をつけるべき法律問題~」

  講師 関 義之(関&パートナーズ法律事務所 代表弁護士・中小企業診断士)

5.参加申し込み方法 下記URLより申し込みください。

https://www.tokyo-kosha.or.jp/sme/mailRequest?requestKind=0

6.問い合わせ先 東京都中小企業振興公社 総合支援課

TEL03-3251-7885FAX03-3251-9372E-mailshoukei@tokyo-kosha.or.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

     主催 東京都中小企業振興公社

 

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

コロナウィルスの蔓延により、健康やライフスタイルに大きな影響を受けました。コロナ下

においてメンタル疾患や心筋梗塞、脳梗塞、生活習慣病などの病気が発生しました。

ロナが怖くてパニック症候群のようになった例、テレワークでうつ病になってしまった例、

外出できなくなって糖尿病が悪化した例などを紹介しながら、これからどのように健康管理を

していくべきか、皆様に新しいウィズコロナ時代の健康管理術を伝授します。

 

「コロナ感染症下における会社を守る健康管理~ウィズコロナで生き残るために~」

 

1.日時 2021年12月16日(木)14:00〜16:00

2.場所 Zoomオンライン開催

3.参加費 無料(定員50名)

4.プログラム(詳細https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-108932.html

 < 講演 >

  テーマ 「コロナ感染症下における会社を守る健康管理~ウィズコロナで生き残るために~」

  講師 関谷 剛(内科医師)

  内容(1)コロナが原因のパニック症候群、うつ病、糖尿病

(2)コロナウィルスが引き起こした二次的な症例、脳梗塞他

(3)安全で自分の身を守る方法とは

(4)これからどのように健康管理をしたら良いか

.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込みください。

     https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-108932.html

(*ご参加に必要な URL およびパスワード等は、開催前日までにメールにてお送りいたします。)

6.問い合わせ先 東京商工会議所 大田支部: 144 -0035

TEL: 03 -3734 -1621FAX: 03 -3731 -9801E-mail:ota@tokyo-cci.or.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

 

     主催 東京商工会議所 大田支部

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

区内大学と連携し、大学が保有する技術と区内中小企業のニーズをマッチングするために、

セミナー及び交流会を開催します。今回の講演内容は、スマート社会の実現に向けたセンシ

ング技術をテーマとします。センシング技術は、スマート社会実現に不可欠な要素技術とし

て、あらゆるリアルデータを見える化し、地域の人手不足やインフラ維持管理といった様々

な社会課題解決に向けた利活用が期待されます。講演終了後には、大学研究者と交流ができ

る交流会を開催します。皆様ぜひご参加ください。

 

「スマート社会の実現に向けたセンシング技術」

 

1.日時 2021年12月10日(金)14:30~17:00

2.開催方式 Zoomによるオンライン開催

3.参加費 無料(定員100名)

4.プログラム(詳細http://www.minato-ala.net/guide/kenshu/seminar/2020/201016.html

< 講演 >

テーマ1 「神経をもった社会インフラの実現を目指して」

講師  李 ひよん(芝浦工業大学 工学部 情報通信工学科 助教)

テーマ2 「においセンシングとその応用」

講師 齋藤 敦史(芝浦工業大学 工学部 情報通信工学科 准教授)

 < 交流会 >

  講演終了後に、大学研究者と交流ができる交流会を開催します。交流会では、限定講演

(10分程度)も実施します。質問したい方、交流したい方ぜひご参加ください。

5.参加申し込み方法 下記URLより申し込みください。

https://forms.gle/hxyBGbY92DCNYw6k9

(※当日の講演お知らせ(ZoomURL等)については、開催日3日前を目安に申込時

メールアドレスにお送りします。)

6.問合せ先 港区 産業振興課 経営相談担当 03-3578-2562

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

       主催 港区 

 

 

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

SDGs(持続可能な開発目標)は2015年に国連総会が決議した「我々の世界を変革する~

持続可能な開発のための2030アジェンダ~」が掲げた目標です。この目標の達成に向けて

行政や企業、市民社会の活動が活発化しています。

大学においてもSDGs目標達成に向けての取り組みが行われてきています。しかし、日本学術

会議の報告「学術とSDGsのネクストステップ~社会とともに考えるために~」で指摘している

ように、その活動をSDGsの17の目標に「紐付け」るレベルで留まっている現状があります。

2030年の目標達成に向けて大学にはさらに進んだ取り組みが求められています。ここでは、

さらに進んだ取り組みの事例とさらに進めるためのヒントをご紹介します。

 

SDGsに向けた大学の取り組み」

 

1.日時 2021年12月25日(土)13:00~16:30

2.開催方式 オンライン開催

3.参加費 無料

4.プログラム(詳細https://www.scj.go.jp/ja/event/2021/317-s-1225.html

 < 科学者との懇談会活動報告 >

  報告 松田 正久(中部地区科学者懇談会幹事長)

 < 学術講演 >

  テーマ1 「SDGsの達成に向けて大学は何ができるか」

   講師 髙村 ゆかり(日本学術会議第一部会員・副会長、東京大学未来ビジョン研究センター教授)

  テーマ2 「そもそも“維持可能な”開発目標とは何なのか?」

   講師 齊藤 誠(日本学術会議連携会員、名古屋大学大学院経済学研究科教授)

  テーマ3 「大学の活性化戦略としての男女共同参画の推進」

   講師 束村 博子(日本学術会議連携会員、名古屋大学副総長・大学院生命農学研究科教授)

5.参加申し込み方法 下記のURLの手順に従って申し込みください。

      https://www.scj.go.jp/ja/event/2021/link/317-s-1225_link_1.html

6.問い合わせ先 日本学術会議中部地区会議事務局(名古屋大学研究協力部研究企画課内)

TEL:052-789-2039

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

       

主催 日本学術会議 中部地区会議

 

共催 名古屋大学

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

生命科学分野は、保健(医学、歯学、薬学、看護学など)、家政学、農学、基礎生物学

など多様な分野であり、女性の比率も大きく異なるが、総じて管理職の女性比率は学生の

比率に比べて極めて低い。2020年に日本学術会議から発出した提言「社会と学術にお

ける男女共同参画の実現を目指して~2030年に向けた課題~」のなかで、生命科学分

野における男女共同参画の課題として、大学院に進学する女子学生の増加、上位職の女性

教員の増加、大学・学協会の執行部への女性の参画とそのためのポジティブ・アクション

の積極的な導入が挙げられた。一方、多くの学協会においてジェンダー・ダイバーシティ

への取り組みが進みつつあるが、その進捗状況や学協会間の連携には差異がある。

また、大学における研究、上位職、執行部への女性の参画を推進するためには、生命科

学分野の各領域に応じた取り組みも必要となる。そこで、今回のシンポジウムでは、ロー

ルモデルとなる大学、学協会の取り組みを紹介していただき、さらに企業で女性活躍推進

に貢献されてきた女性役員の方々に特に意識改革についての示唆をいただきます。

 次のような観点からのご講演をいただきます。

大学から(生命科学分野の各領域に応じたとりくみも含めて)

 ・ジェンダー・ダイバーシティに関する教育

 ・女性の大学院進学を推進する取り組み

 ・上位職の女性教員の増加へ向けた取り組み(評価方法の改革など)

 ・執行部への女性の参画推進の取り組み

 ・女性研究者のキャリア形成、維持、向上のための取り組み(研究環境の改善など)

企業から

 ・男女管理者の意識改革の取り組みとその成果

 ・女性のリーダーシップ醸成(女性に自信を持たせるには)

学協会から

 ・女子学生の生命科学研究への参画推進の取り組み

 ・女性研究者のキャリア形成、維持、向上のための取り組み

 ・執行部への女性の参画推進の取り組み

 ・ダイバーシティ推進の取り組み

 ・学協会間の連携

 

「生命科学分野におけるジェンダー・ダイバーシティ~大学・企業・学協会におけるダイバーシティ推進に向けた取り組み~」

 

1.日時 2021年12月19日(日)14:00~18:00

2.開催方式 オンライン開催(Zoom

3.参加費 無料(定員1000名)

4.プログラム(詳細https://www.scj.go.jp/ja/event/2021/317-s-1219.html

 < 趣旨説明 >

  説明 名越 澄子(日本学術会議第二部会員・埼玉医科大学総合医療センター教授)

 < シンポジウム >

  テーマ1 「名古屋大学における男女共同参画推進の取り組み~名古屋大学での好事例~」

   講師 松尾 清一(名古屋大学総長)

  テーマ2 「私立総合大学におけるダイバーシティ&インクルージョン~立命館大学の取組み~」

   講師 仲谷 善雄(立命館大学総長)

  テーマ3 「イノベーションの源泉となるダイバーシティ&インクルージョンの取り組み」

   講師 梶原 ゆみこ(富士通㈱執行役員常務CSO(兼)サステナビリティ推進本部長)

  テーマ4 「キリングループの多様性推進の取り組み」

   講師 神崎 夕紀(協和発酵バイオ㈱常務執行役員経営企画部長)

  テーマ5 学協会におけるジェンダー・ギャップと女性研究者活躍推進に向けた取り組み」

   講師 裏出 令子(京都大学複合原子力科学研究所特任教授)

  テーマ6 「東北大学におけるダイバーシティ&インクルージョンの推進」

   講師 大野 英男 (日本学術会議連携会員・東北大学総長) 

 < パネルディスカッション >

  テーマ 「生命科学分野におけるジェンダー・ダイバーシティ~大学・企業・学協会におけるダイバーシティ推進に向けた取り組み~」

司会

名越 澄子(日本学術会議第二部会員・埼玉医科大学総合医療センター教授)

パネリスト

・松尾 清一(名古屋大学総長)

・仲谷 善雄(立命館大学総長)

・梶原 ゆみこ(富士通株式会社執行役員常務CSO(兼)サステナビリティ推進本部長)

・神崎 夕紀(協和発酵バイオ株式会社常務執行役員経営企画部長)

・裏出 令子(京都大学複合原子力科学研究所特任教授)

・大野 英男 (日本学術会議連携会員・東北大学総長) 

5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込みください。

https://www.scj.go.jp/ja/event/2021/link/317-s-1219_link_1.html

6.問い合わせ先 シンポジウム事務局

メールアドレス:SCJ25.Symposium@gmail.com

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

       

主催 日本学術会議第二部生命科学ジェンダー・ダイバーシティ分科会

 

後援 文部科学省、厚生労働省

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

日々生成される多種多様なビッグデータが、科学、社会、文化、教育、そして人間の

身体や心にも大きな影響を与える時代になりつつある。その影響は極めて複雑かつ多様

である。そのため、多種多様なビッグデータを統合的に有効活用して総合知を得ること

を支援する「可視化」が、今、求められている。そのような可視化により、我々の思考

はスピードアップされ、かつ、深化された「視考」となる。

シリーズの7回目となる本シンポジウムは、日本学術会議に「科学的知見の創出に資

する可視化分科会」が設立されて以来3年半わたって行われてきた、ビッグデータ時代

の可視化のあり方に関する議論の総合報告であり、同時に、今後の可視化のあり方に関

する様々なアイデアを議論する好機でもある。

 

「科学的知見の創出に資する可視化 ~人間を識り活かす総合知をもたらす”視考”~」

 

1.日時 2021年12月13日(月)13:00~17:50

2.開催方式 オンライン開催(ZoomWebinar+ YouTube配信

3.参加費 無料(Zoom Webinarは定員1000名、YouTube は定員無)

4.プログラム(詳細https://www.scj.go.jp/ja/event/2021/317-s-1213.html

 < 趣旨説明 >

趣旨 「多層型デジタル視考学~人間を識り活かす総合知をもたらす可視化~」

説明 田中 覚(日本学術会議連携会員、立命館大学教授)

 < 講演 >

  テーマ1 「可視化の新パラダイム策定」

   講師 藤代 一成(日本学術会議連携会員、慶應義塾大学教授)

  テーマ2 「ICT 時代の文理融合研究を創出する可視化」

   講師 田中 覚(日本学術会議連携会員、立命館大学教授)

  テーマ3 「社会に貢献するジャーナリズムとしての可視化」

   講師 伊藤 貴之(日本学術会議連携会員、お茶の水女子大学教授)

  テーマ4 「細胞・身・心のマルチスコピック可視化新パラダイム」

   講師 跡見 順子(日本学術会議特任連携会員、東京農工大学客員教授)

 < 総合討論 >

テーマ 「人間を識り活かす総合知をもたらす可視化を目指して」

モデレータ 

竹島 由里子(東京工科大学教授)

清水 美穂(東京農工大学客員准教授)

パネリスト

・藤代 一成(日本学術会議連携会員、慶應義塾大学教授)

・田中 覚(日本学術会議連携会員、立命館大学教授)

・伊藤 貴之(日本学術会議連携会員、お茶の水女子大学教授)

・跡見 順子(日本学術会議特任連携会員、東京農工大学客員教授)

・小山田 耕二(総合工学委員長、日本学術会議会員、京都大学教授)

・萩原 一郎(日本学術会議連携会員,明治大学研究特別教授)

5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込みください。

     https://www.scj.go.jp/ja/event/2021/link/317-s-1213_link_1.html

6.問い合わせ先 立命館大学情報理工学部 田中覚

stanaka@is.ritsumei.ac.jp 

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

       

主催 日本学術会議総合工学委員会 科学的知見の創出に資する可視化分科会

 

共催 立命館大学

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

日本学術会議環境リスク分科会は2020年4月7日に提言「マイクロプラスチックに

よる水環境汚染の生態・健康影響研究の必要性とプラスチックのガバナンス」を提出した。

提言の一つは海洋マイクロプラスチックの削減のためにワンウエイプラスチック(使い

捨てプラスチック)の減量化であった。しかしこの提言は、わが国の新型コロナウイルス

感染症の流行拡大による最初の緊急事態宣言の発出時期と重なった。その後に目にしたの

は容器・包装品の需要の拡大化であった。また、不織布マスクや医療用防護具の需要も増

大した。2020年7月1日にレジ袋が有料化され、プラスチック製品の減量に拍車がか

かると思っていたが、その反対の方向に向いてしまったようである。新型コロナウイルス

感染症の流行制御に時間がかかることを考えると、プラスチックの使用はますます増大す

ることが予想される。一方、感染症の予防や治療の場面において衛生環境の管理の技術の

開発とその普及が広く求められている。プラスチックの課題は廃棄物管理の問題であり、

パンデミック時のプラスチックの課題への対応は、公衆衛生の技術が必要である。

このような背景から、本シンポジウムでは、まず、新型コロナウイルスのような新興感

染症パンデミック時の保健医療と環境衛生の関わりについて、公衆衛生における衛生管理

の歴史的背景をふまえて全体像をお話しいただく。続いて、パンデミック時にプラスチッ

クの動態がどのように変化したか環境経済学や廃棄物(医療系廃棄物も含む)の視点から

お話頂き、提言で発出したプラスチック使用の削減が出来るのか否かについて議論する。

ついで2020年に環境リスク分科会が発出した3の提言に対して、環境省における政

策の進捗状況についてお話し頂き、議論する。さらに今までは海洋マイクロプラスチック

を低減化するための政策について議論してきたが、空気中マイクロプラスチックの動態、

形状や濃度分布ついて議論する。最後に新型コロナウイルスのような新興感染症流行時の

プラスチックのガバナンスについて衛生環境管理と資源循環の観点から総合討論し、次の

提言の資料とする。

 

「プラスチックのガバナンス~感染症制御のための衛生環境管理と資源循環~」

 

1.日時 2021年12月23日(木)14:50~16:20

2.会場 東京大学伊藤国際学術研究センター 伊藤謝恩ホール

(住所) 東京都文京区本郷7丁目3-1

(電車)本郷三丁目駅(地下鉄大江戸線)徒歩6分

(地図)https://www.u-tokyo.ac.jp/adm/iirc/ja/access.html

3.参加費 無料(定員150名)

4.プログラム(詳細https://www.scj.go.jp/ja/event/2021/315-s-1223.html

< 講演 >

テーマ1 「新興感染症パンデミック時の保健医療と環境衛生管理のかかわりと今後の課題」

講師 浅見 真理(国立保健医療科学院生活環境研究部上席主任研究官、日本学術会議第三部会員)

テーマ2 「感染症パンデミック制御とプラスチック資源循環のガバナンス」

講師 石川 雅紀(神戸大学大学院経済学研究科名誉教授)

テーマ3 「廃棄物処理におけるプラスチックごみの取り扱いについて」

講師 山田 正人(国立研究開発法人国立環境研究所資源循環領域廃棄物処理処分技術研究室室長)

テーマ4 「海洋プラスチック・マイクロプラスチックの減量化に対する環境省の取り組みについて」

講師 中島 慶次(環境省水・大気環境局水環境課海洋プラスチック汚染対策室室長)

テーマ5 「大気中マイクロプラスチックの実態解明と健康影響」

講師 大河内 博(早稲田大学理工学術院創造理工学部教授)

 < 総合討論 >

5.参加申し込み方法 事前申込み不要。直接会場にお越しください。

6.問い合わせ先 中村 啓子(東京医科歯科大学)

Emailwhocc.ith@tmd.ac.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

       

主催 日本学術会議環境学委員会・健康・生活科学委員会合同環境リスク分科会

共催 日本公衆衛生学会

 

後援 日本生命科学アカデミー

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

新型コロナウイルス感染症の流行により、嗅覚、味覚、視覚をはじめとする感覚器障害

のリスクが高まっているその要因は次の3つに大別される。一つは、新型コロナウイル

ス感染症により、感覚器が直接的に障害されるリスクである。新型コロナウイルス感染症

の症状として、先行して急性の嗅覚障害や味覚障害を自覚することがある。一方で、臭い

や味が分からなくなる病気のほとんどが、新型コロナウイルス感染症とは無関係であるこ

とも事実である。本講演会では、嗅覚障害や味覚障害を自覚した場合の適切な対応を中心

に紹介したい。二つめは、感染を恐れるあまり、受診控えによって感覚器疾患が重症化す

るリスクである。感覚器には適切な経過観察や継続した治療を受けなければ回復不可能と

なる重大な疾患も多く存在する。本講演会では、眼科での実例に基づき、患者の自己判断

の危険性について啓発したい。三つめは、外出自粛生活により、屋内で過ごす機会が増え、

リモートワーク、リモート学習が急速に普及したことによる影響である。特に環境変化に

対する感受性の高い小児の視覚障害が問題になっている。自粛生活で酷使しがちな目を守

るために必要なことを紹介したい。Withコロナの時代において人々の社会生活や日常生活

に深くかかわる感覚器の重要性を啓発し、その健康を維持・増進するための適切な情報を

提供することで、社会貢献を果たしたいと考えている。

 

「コロナ禍での感覚器障害のリスク」

 

1.また、日時 2022年01月25日(火)14:30~17:00

2.開催方式 オンライン開催

3.参加費 無料(定員500名)

4.プログラム(詳細https://www.scj.go.jp/ja/event/2022/317-s-0125.html

 < 講演 >

  テーマ1 「コロナで起こる嗅覚障害」

   講師 森 恵莉(東京慈恵会医科大学耳鼻咽喉科学教室講師)

  テーマ2 「コロナで起こる味覚障害」

   講師 任 智美(兵庫医科大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科学教室講師)

  テーマ3 「コロナ禍で再考~自己判断による眼疾患の重症化~」

   講師 外園 千恵(日本学術会議第二部連携会員、京都府立医科大学眼科学教室教授)

  テーマ4 「コロナ禍で変わる日常、子どもの目をどう守るか?」

   講師 仁科 幸子(国立成育医療研究センター眼科診療部長)

5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込みください。

     https://www.scj.go.jp/ja/event/2022/link/317-s-0125_link_1.html

6.問い合わせ先 市民公開講座「 コロナ禍での感覚器障害のリスク」 運営事務局

E-mailoffice@jibika.or.jp

 

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

       

主催 日本学術会議臨床医学委員会感覚器分科会

 

共催 公益財団法人日本眼科学会、一般社団法人日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

少子高齢人口減少社会が急速に進む日本では、これまでの制度や単一の学問の力では

解決困難な複雑な問題が急増している。また、地域においては、相互に支え合う機能が

脆弱化し、新たな問題に対して地域の力を発揮することにも限界が見られている。

さらに、新型コロナウイルス感染症のパンデミックが追い打ちをかけ、医療崩壊や介

護崩壊など、様々な機能崩壊が現実の課題として突き付けられている。こうした状況に

おいては、互いに支え合う<ケア>が重要な意味をもつであろう。

 我々が提案する「ケアサイエンス」とは、ケアに関わる複雑な問題の根拠を解明する

だけでなく、多学問分野および問題に関係する市民、行政、企業等と連携・協働して、

〈新しいケア〉のあり方を模索し、共に作り上げていくことを意味する。その中で科学

者の地域貢献に関する役割を可視化する。この取り組みによって、「相互支援=ケア」を

基盤にもつ「地域共生社会」を構築し、持続可能な地域社会と健康で豊かな生活の実現

をめざす。本シンポジウムは、コロナ禍において脆弱で喫緊の対策が必要な領域の、ケ

アに関わる先駆的な多分野共同研究および課題への具体的な取り組みをシリーズで紹介

し、ケアサイエンスという新しい学問的見地から、直面している問題の核心を探り、関

連する学問分野がより効果的に連携・協働できる提案や見解を見出すことを目的とする。

 シリーズ企画の第2弾では、新型コロナウイルス感染症の拡大抑制下における妊娠・

出産・育児、暮らしと住まい、働き方の変化に焦点を当てた話題提供を行う。具体的に

は、①助産師と当事者の立場からみた妊娠、出産、育児期にある女性と家族への支援、

およびその形の変化、②建築の専門家が再考する、暮らしはイエに完結せず、ケアとも

分かちがたいという視点からみた住まい、③労働経済学の視点から検討する、在宅勤務

等の増加と子どものいる世帯員の幸福度、について報告する。また、若手アカデミー地

域活性化に向けた社会連携分科会メンバーが総合討論に参加し、若手科学者の課題意識

と分科会における取り組みを踏まえ討論を深める。多くの参加者の皆様と課題を共有し、

より現実的な提案となるよう議論したい。

 

With/After コロナ時代におけるケアの課題と新たな取り組み~子育てをしながら働き、

働きながら暮らすための地域共生社会~」

 

1.日時 2021年12月11日(土)13:30~16:00

2.開催方式 オンライン(Zoom)とオンデマンド(YouTube

3.参加費 無料(定員1000人)

4.プログラム(詳細https://www.scj.go.jp/ja/event/2021/317-s-1211.html

 < シンポジウムの概要 >

  テーマ 「With/After コロナ時代におけるケアの課題と新たな取り組み」

説明 西村 ユミ(日本学術会議第二部会員、東京都立大学教授)

 < 講演 >

  テーマ1 「助産学・当事者から見たコロナ禍の妊娠、出産、育児」

   講師 福 洋子(日本学術会議連携会員・若手アカデミー会員、広島大学大学院医系科学研究科教授)

  テーマ2 「コロナ禍にみる“暮らしのうつわ”としての住まい」

   講師 山田 あすか(日本学術会議連携会員・若手アカデミー会員、東京電機大学未来科学部建築学科教授)

  テーマ3 「コロナ禍後の働き方と家事分担の変化と生活満足」

   講師 永瀬 伸子(日本学術会議連携会員、お茶の水女子大学基幹研究院教授)

 < 総合討論 >

  テーマ 「With/After コロナ時代におけるケアの課題と新たな取り組み」

司会

近藤 康久(日本学術会議連携会員・若手アカデミー会員)

  パネリスト(予定)

・西村 ユミ(日本学術会議第二部会員、東京都立大学教授)

・福 洋子(日本学術会議連携会員・若手アカデミー会員、広島大学大学院医系科学研究科教授)

   ・山田 あすか(日本学術会議連携会員・若手アカデミー会員、東京電機大学未来科学部建築学科教授)

   ・永瀬 伸子(日本学術会議連携会員、お茶の水女子大学基幹研究院教授)

5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込みください。

https://www.scj.go.jp/ja/event/2021/link/317-s-1211_link_1.html

6.問い合わせ先 西村 ユミ(東京都立大学)

メールアドレス:yumin@tmu.ac.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

       

主催 日本学術会議

共催 一般社団法人日本看護系学会協議会

 

後援 一般社団法人日本助産学会、公益社団法人日本看護科学学会

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ELSIEthical, Legal and Social Issues)とは技術イノベーションによって生じる

倫理的・法的・社会的な課題を指します。このようなELSI研究は、ヒトゲノム研究のよ

うな人間と社会に大きな影響を与える技術イノベーションが生まれた中で登場しました。

一方、人工知能などの、生命科学分野以外においても、人間・社会に大きな影響を与え

る技術イノベーションは生まれてきており、自動車の自動運転技術も、その中の1つと言

えます。予防安全技術として進化してきた自動車の自動運転技術は、安全運転を支援する

ものとして開発されてきました。さらに、技術開発は進み、運転者がいなくても走行が可

能なレベル4の自動運転の実現が現実的になってきています。

自動運転技術が導入されても事故を完全に排除することが困難と言われる道路交通にお

いて、事故時に責任を負う人間主体が不在になることに対しては、十分に倫理的検討がな

され、社会に受容されることが必要です。日本学術会議では、多分野の研究者により、自

動運転の在り方を考えてきました。自動運転の社会実装が近くなってきた今、本フォーラ

ムでは、ELSIを踏まえた自動運転の社会実装の在り方を議論します。

 

ELSIを踏まえた自動運転の社会実装~自動運転の社会実装と次世代モビリティによる社会デザイン~」

 

1.日時 2021年12月13日(月)13:00~17:30

2.開催方式 オンライン開催

3.参加費 無料

4.プログラム(詳細https://www.scj.go.jp/ja/event/2021/315-s-1213.html

 < 講演 >

  テーマ1 「ELSIおよび責任ある研究・イノベーション(RRI)について」

   講師 小林 傳司(第一部幹事、大阪大学名誉教授、国立研究開発法人科学技術振興機構社会技術研究開発センター長)

  テーマ2 「科学技術の倫理的・法制度的・社会的課題(ELSI)への包括的実践研究開発プログラムの紹介」

講師 唐沢 かおり(連携会員、東京大学大学院人文社会系研究科教授)

テーマ3 「茨城県境町におけるNAVYA ARMAを活用したまちづくりについて」

講師 橋本 正裕(境町町長)

テーマ4 「自動運転の社会実装の際に議論すべき法的課題」

講師 今井 猛嘉(法政大学法科大学院教授)

テーマ5 「自動運転バスの実証実験とELSIを踏まえた社会実装への取り組み」

講師 中野 公彦(特任連携会員、東京大学生産技術研究所教授)

テーマ6 「“クルマ」”と“自動化するクルマ”の社会的受容を考える~高度経済成長期のNHKテレビ番組より~」

講師 谷口 綾子(筑波大学教授)

 < パネルディスカッション >

テーマ 「自動運転と未来のモビリティ社会」 

  モデレータ

   中野 公彦(特任連携会員、東京大学生産技術研究所教授)

パネリスト

   ・遠藤 薫(連携会員、学習院大学 法学部 教授)

   ・鎌田 実(連携会員、日本自動車研究所代表理事・研究所長)

   ・佐治 友基(BOLDLY㈱代表取締役社長 兼 CEO

   ・橋本 正裕(境町町長)

   ・今井 猛嘉(法政大学法科大学院教授)

   ・谷口 綾子(筑波大学教授)

5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込みください。

      https://form.cao.go.jp/scj/opinion-0114.html

6.問い合わせ先 日本学術会議事務局企画課学術フォーラム担当 

電話:03-3403-6295

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

       

主催 日本学術会議

 

企画 課題別委員会「自動運転の社会実装と次世代モビリティによる社会デザイン検討委員会」

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

JARECでは、コロナ感染拡大防止に向けてご活動されている皆さまを対象に、新型

コロナウイルス感染の早期収束と新たな社会のあり方に向けたワークショップを開催

しています。具体的には、ウイルスに対する治療対策、感染経路の不確実性の除去・

低減の事例、感染防止に役立つ研究開発事例など、地域において産学官が一体となっ

て新型コロナウイルス感染拡大防止に取り組んでいる事例をご紹介致します。今般、

下記要領にてワークショップを開催致します。奮ってご参加頂きたくお願い致します。

 

「地域による新型コロナウイルス感染拡大防止対策の取組」

 

1.日時 2021年12月17日(金)14:30~17:00

2.開催方式 オンライン開催(Zoom

3.参加費 無料

4.プログラム(詳細https://www.jarec.or.jp/jarec_workshop_covid19_v2/index.html

 < 事例紹介 >

  テーマ1 「山梨県によるやまなしグリーン・ゾーン認証制度の紹介」

  講師 鈴木 孝二(山梨県 県民生活部 グリーン・ゾーン推進課 課長)

概要 グリーン・ゾーン認証制度は、感染症に強い事業環境づくりを強力に後押しし、

利用者の安心・信頼を獲得するための認証制度です。新型コロナウイルス感染

症対策が適切に講じられている飲食店等を公的に認証する第三者認証制度は、”

やまなしモデル”として全国の複数自治体で採用されています。本発表では、

感染症に強い事業環境づくりと県内外の消費者から安心・信頼を得て地域経済

再生の両立を目指すやまなしグリーン・ゾーン認証制度の取組について紹介

ます。

  テーマ2 「スーパーコンピュータ“富岳”によるウイルス飛沫・エアロゾル感染リスクの評価と対策提案

        ~飲食店での感染対策を例に~」

  講師 坪倉 誠(国立研究開発法人 理化学研究所 計算科学研究センター 教授) 

概要 世界最速のスーパーコンピュータ「富岳」を活用して我々のグループで実施して

いる、新型コロナを対象とした飛沫・エアロゾルによる感染リスクの評価とリス

ク低減対策の提案について紹介する。特に飲食店における対策を例として、空調、

換気扇、パーティション、座席空け等の対策効果を定量化した結果を報告し、ポ

ストコロナ時代に向けて、感染症に対してレジリエントな空間設計について、議論

する。

5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込みください。

       https://www.jarec.or.jp/jarec_workshop_covid19_v2/moushikomi.html

6.問合せ先 公益財団法人 全日本科学技術協会

電話:03-3831-5911E-mail:corona-2021@jarec.or.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

       

 

主催 公益財団法人 全日本科学技術協会

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

新型コロナによって世界が大きく変革する中、企業活動においてはこの環境下でいかに

経営を持続・発展させていくか、そのために経営者はどのような取組みが必要なのか、を

考えるフェーズに入っています。本セミナーではアフターコロナにおける企業経営でどの

ような取組みを行うべきか、をかつて経営破綻から奇跡の再生を遂げたJALでの体験談を

交えながら解説いたします。

 

「アフターコロナに対する経営者の取組」

 

1.日時 2021年12月10日(金)14:00~16:00

2.開催方式 オンライン(ZOOM配信)

3.参加費 無料(定員30名)

4.プログラム(詳細https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-109076.html

 < 講演 >

  テーマ 「アフターコロナに対する経営者の取組」

  講師 森田直行(㈱NTMC代表取締役)

  内容(1)JALはなぜ経営破綻に陥ったのか 

    (2)JALはこうして再生された

    (3)社員の力を発揮させる仕組みづくり

    (4)会計の仕組みづくりが勝負を決める

    (5)社員と共に高い目標に挑戦する

5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込みください。

      https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-109076.html

      (*開催前日までに、セミナー参加用のURL等を送付いたします。)

6.問い合せ先       東京商工会議所 墨田支部

TEL: 03 -3635 -4343FAX: 03 -3635 -7148E-mail:sumida@tokyo-cci.or.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

       

 

主催 東京商工会議所墨田支部

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

怒りたくて怒っている人はほとんどいません。多くの人は、怒らずに済むなら怒り

たくないと思っています。「怒り」や「イライラ」といった感情をなくすことは基本

的にできませんが、これらの感情をコントロールすることはできます。コロナ禍にあ

る今、些細なことで「イライラ」してしまう場面も多いですが、この感情を上手にマ

ネジメントできることが求められています。本セミナーでは、マイナスな結果を引き

起こす原因となる「怒り」に正しく対処することで良好な職場環境を生む健全な人間

関係をつくりあげる知識と技術を分かりやすくお話しいただきます。

本セミナーでは、マイナスな結果を引き起こす原因となる「怒り」に正しく対処す

ることで良好な職場環境を生む健全な人間関係をつくりあげる知識と技術を分かりや

すくお話しいただきます。

 

怒らない技術~コロナ禍でこそ活用したいアンガーマネジメント~」

 

1.日時 2021年12月15日(水)14:00~16:00

2.開催方式 オンライン(Zoomを使用)

3.参加費 無料

4.プログラム(詳細https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-109072.html

 < 講演 >

  テーマ 「怒らない技術~コロナ禍でこそ活用したいアンガーマネジメント~」

  講師 嶋津 良智 (リーダーズアカデミー学長、一般社団法人日本リーダーズ学会代表理事) 

  内容 ➀ 「怒り」の生まれるメカニズム、「怒り」の正体

➁ 「怒らない技術」具体的な14のスキル

➂ 上手な「怒り」の伝え方

5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込みください。

     https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-109072.html

6.問い合わせ先 東京商工会議所 中央支部

TEL: 03 -3538 -1811FAX: 03 -3538 -1815chuo@tokyo-cci.or.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

       

主催 中央区

 

共催 中央区工業団体連合会 

 

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 

加齢に伴い、身体的機能だけでなく社会活動性や精神・心理的な活力も低下していきます。

健康で長生きできる生活を送り続けていくためには普段からの適切な運動が不可欠です。

最近、運動器官の代表である骨から分泌される物質が全身の健康に重要な働きをしている

ことが知られるようになりました。本セミナーでは、骨代謝や情報伝達システムなどの研究

をリードしてこられた平田先生より骨と健康寿命の延伸法に関するお話を伺います。

ご興味・ご関心ある方は是非ご参加下さい。

 

「骨はホルモンを分泌して健康長寿に役立つ~若返り物質“オステオカルシン”の働き~」

 

1.日時 2022年01月15日(土)14:00~16:45

2.開催方法 ZOOMオンライン&会場スクリーン

     (リアル会場)品川区立総合区民会館 「きゅりあん」 4F第1特別講習室

・地図https://www.shinagawa-culture.or.jp/hp/page000000300/hpg000000268.htm

・道案内(JR大井町駅中央改札を出て左直進、ヤマダ電機住まいる館内を通り抜けた裏側EV上がる)

3.参加費 一般 2000円

4.プログラム(詳細https://stf.or.jp/top/images/music/m419.pdf

 < 講演 >

  テーマ 「骨はホルモンを分泌して健康長寿に役立つ~若返り物質“オステオカルシン”の働き~」

  講師 平田 雅人(福岡歯科大学客員教授・九州大学名誉教授、歯学博士) 

5.参加申し込み方法 下記URLより申し込みください。

https://peatix.com/event/3070507/

(*事前に Peatix(WEBチケット)し、参加費をお支払いください。) 

(*本セミナーは、先生がZOOMオンラインで講演します。会場ではその映像がスクリーン

        に投射されます。会場参加者は、優先的に質問することができます。)

6.問い合わせ先 科学技術者フォーラム STF事務局 太田 哲夫

E-mail futotetsu@gmail.com,  Mobile080-5883-3000

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

       ***「メルマガ35号~マツモトコウキの経営119番~」 (添付)提供 松本光輝氏

 

 

主催 NPO法人 科学技術フォーラム 

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 

業種を問わず、理不尽なクレームが頻発して対応者が心身に大きなダメージ

を受けています。カスタマー・ハラスメントです。

被害を回避するために、カスハラの実態と対応方法について、事例を紹介

ながら、わかりやすく解説いたします。

 

「カスハラは客じゃない!~理不尽なクレーマーへの対応法~」

 

1.日時 2021年12月07日(火)14:00~16:00

2.開催方式 ZOOMでのオンライン

3.参加費 無料(定員20名)

4.プログラム(詳細https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-109074.html

 < 講演 >

  テーマ 「カスハラは客じゃない!~理不尽なクレーマーへの対応法~」

  講師 山田 泰造(財教育アシスト 代表)

  内容(1)カスタマー・ハラスメントの実態

(2)対応者の被害はこんなに大きい

(3)理不尽な事例はこんなにある

(4)正しい認識と適切な対応法について

5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込みください。

     https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-109074.html

6.問い合わせ先 東京商工会議所 足立支部

TEL: 03 -3881 -9200FAX: 03 -3882 -9574E-mail:adachi@tokyo-cci.or.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

       

 

主催 東京商工会議所 足立支部 

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 

親事業者・下請事業者が公正な取引を行うためには、望ましい取引関係を

構築・維持していかなければなりません。本セミナーでは、今年4月に中小

企業にも適用となった同一労働同一賃金等を中心に働き方改革の概要を振り

返るとともに、親事業者が注意すべき事項について、法務に精通した講師が

分かり易く解説します。

 

「働き方改革の概要と親事業者の”しわ寄せ”防止」

 

1.日時 2021年12月17日(金)14:00~15:30

2.開催方式 Webセミナー「Zoom」を使用

3.参加費 無料(定員40名)

4.プログラム(詳細https://www.tokyo-kosha.or.jp/topics/2109/0017.html

 < 講演 >

テーマ1 「働き方改革の概要」

講師 三浦 修(社会保険労務士法人みらいパートナーズ 代表社員)

内容 今年4月に同一労働同一賃金が中小企業にも適用になったことを中心に、

働き方改革関連法の概要をご説明します。

  テーマ2 「働き方改革による親事業者の“しわ寄せ”防止」

講師 藤井 幹晴(八重洲グローカル法律事務所 弁護士)

内容 親事業者の働き方改革により、コスト負担を伴わない短納期発注など、

下請事業者に負担を強いていませんか下請法や独禁法を踏まえて、

親事業者が注意すべき点をご説明します。

5.参加申し込み方法 下記URLより申し込みください。

        https://us06web.zoom.us/webinar/register/WN_DYas6kUSTruF6PuJeqNxQg

6.問い合わせ先 (公財)東京都中小企業振興公社 総合支援部 総合支援課(神谷・伊庭)

TEL03-3251-7881E-mails-center@tokyo-kosha.or.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

       

 

       主催 (公財)東京都中小企業振興公社

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

023年10月1日に導入される「インボイス制度」。10月から適格

請求書発行事業者の登録申請受付も始まりました。制度の導入まではまだ少

し間もありますが、登録申請作業や消費税の計算方法の変更等、準備をしな

ければならず、早めの着手が必要です。

本セミナーでは「そもそもインボイス制度って何?」という初歩から、大

きく関わる消費税の仕組みまで分かりやすく説明します。

 

「インボイス制度って何?実務上の影響は?~中小・小規模事業者のためのインボイス制度~」

 

1.日時 2021年12月13日(月)14:00~16:00

2.開催方式 オンライン開催(Zoomでの開催)

3.参加費 無料(定員30名)

4.プログラム(詳細https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-109089.html

 < 講演 >

  テーマ 「インボイス制度って何?実務上の影響は?~中小・小規模事業者のためのインボイス制度~」

  講師 佐藤一義(税理士・中小企業診断士・佐藤一義税理士事務所代表)

  内容(1)インボイス制度の概要とスケジュール、いつ、何が変わるのか?

(2)インボイス制度が経営に与える影響とは?

(3)導入前~導入後の対策を考える等

5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込みください。

     https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-109089.html

     (*参加申込みの方に、当日3日前までにZoomミーティングのURLとパスワードをメールでご連絡)

6.問い合わせ先 東京商工会議所 世田谷支部

TEL: 03 -3413 -1461FAX: 03 -3413 -1465E-mail:setagaya@tokyo-cci.or.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

       

 

主催 東京商工会議所世田谷支部 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 

天然物化学は、生命現象のキーとなる天然物・生理活性物質を見つける学問分野

です。また、見つけた天然物の作用機構を知り、有機合成をして大量に供給して、

社会の問題解決に応用するというのが最終目標です。

この天然物化学領域の良い成功例がノーベル賞を授賞された大村先生の仕事です

が、天然物化学研究はリスクとともに労力と時間がかかることもあり、昨今、取り

組む研究者の数も減り、その重要性が学術領域で忘れられかけています。本シンポ

ジウムでは、複雑な化学ネットワークで構成されている地球と生命という大きな枠

組みの中で、健康・微生物・地球環境・生態系をキーワードにSDGsなど社会の課

題とリンクさせ、最先端の技術を駆使して研究をされている先生方にご講演いただ

きます。オミクス解析に代表されるデータ駆動型の研究戦略から見えてきた「新し

い地図」に基づいて再びピンポイントで物質「もの」を追いかける、AI/IoT時代に

協調した新しい天然物化学のあり方を浮き彫りにします

 

「地球と生命をつなぐ高度な化学物質ネットワーク~天然物化学再考~」

 

1.日時 2021年12月08日(水)13:00~16:30

2.開催方式 オンライン開催

3.参加費 無料(定員1000名)

4.プログラム(詳細https://www.scj.go.jp/ja/event/2021/314-s-1208.html

 < 本シンポジウムの趣旨説明 >

  説明 東原 和成(日本学術会議連携会員、東京大学大学院農学生命科学研究科教授)

 < 講

テーマ1 「リピドミクス新技術と脂質多様性(リポクオリティ)の生物学~健康と天然物~」

講師 有田 誠(慶應義塾大学薬学部教授、理化学研究所メタボローム研究チームリーダ)

テーマ2 「シングルセル解析から切り込む生体分子動態~微生物と天然物~」

講師 竹山 春子(早稲田大学大学院先進理工研究科教授)

テーマ3 「海洋生物の付着防止技術研究の展開~地球環境と天然物~」

講師 沖野 龍文(北海道大学地球環境科学研究院教授)

テーマ4 「生物間の複雑化学ネットワークと共進化~生態系と天然物~」

講師 東樹 宏和(京大生態学研究センター准教授)

< パネルディスカッション >

テーマ 「これからの天然物化学」

進行

東原 和成(日本学術会議連携会員、東京大学大学院農学研究科教授)

  パネリスト

   ・有田 誠(慶應義塾大学薬学部教授、理化学研究所メタボローム研究チームリーダ)

・竹山 春子(早稲田大学大学院先進理工研究科教授)

・沖野 龍文(北海道大学地球環境科学研究院教授)

・東樹 宏和(京大生態学研究センター准教授)

5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込みください。

      https://www.scj.go.jp/ja/event/2021/link/314-s-1208_link_1.html

6.問い合わせ先 日本学術会議農芸化学分科会シンポジウム事務局

biol_chem@sense.ch.a.u-tokyo.ac.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

       

主催 日本学術会議 農学委員会・農芸化学分科会

後援 日本農芸化学会、日本農薬学会、日本薬学会他

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

本シンポジウムでは、新事業創出に際して中小企業やスタートアップ企業が

知的財産を活用する手法について、企業事例を交え ながら解説いたします。

 

  「新事業創出・起業を支える知的財産戦略~“ひらめき”を成功に導く羅針盤 ~」

          

1.日時 2021年12月08日(水)13:00~16:00

2.会場 イイノホール

   (住所)千代田区内幸町2-1-1 飯野ビルディング4階

   (地図)https://www.iino.co.jp/hall/access/

   (電車)東京メトロ 日比谷線・千代田線 「霞ケ関」駅 C4出口直結

       東京メトロ 銀座線 「虎ノ門」駅 9番出口 徒歩3分

       都営地下鉄 三田線 「内幸町」駅 A7出口徒歩3分

3.参加費 無料

4.プログラム(詳細https://www.chizaisympo-tokyo2021.jp/

 < 基調講演 >

  テーマ 「新規ビジネスのための事業戦略と知財戦略~中小・スタートアップ企業に必要な価値デザイン~」

講師 小林 誠(㈱シクロ・ハイジア 代表取締役CEO))

 < 事業案内 >

   案内 荒井 英樹(公益財団法人東京都中小企業振興公社 常務理事 兼 東京都知的財産総合センター 所長)

 < パネルディスカッション >

  テーマ 「新事業創出に向けた中小・スタートアップ企業の取り組み」

パネリスト

・大坪 正人(由紀ホールディングス㈱ 代表取締役社長)

・ガニング 麗奈(㈱Lily MedTech 知的財産部部長)

・高橋 正憲(内田・鮫島法律事務所 弁護士・弁理士)

モデレーター

小林 誠(㈱シクロ・ハイジア 代表取締役CEO

5.参加申し込み方法 下記URLより申し込みください。

https://www.chizaisympo-tokyo2021.jp/application.html

(*来場参加またはライブ配信視聴の選択ができます) 

6.問い合わせ 東京都中小企業知的財産シンポジウム事務局

      TEL.03-5644-7499 FAX.03-5644-7228E-mailinfo@chizaisympo-tokyo2021.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

       

 

主催 東京都・公益財団法人東京都中小企業振興公社

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 

あの福島原発事故から、私たちは何を学んだのでしょうか。そして進められ

ている政府の対応は科学的に見て適切なのでしょうか。6月の講演に引き続き、

本セミナーでは、事故後の対策が適切なのか再考し、廃炉長期計画など今後

の課題についてお話頂きます。ご興味・ご関心のある方は、是非ともご参加く

ださい。

 

「汚染水海洋放出とデブリ取出、空冷化の意味と原発事故再考~小型モジュール炉の特徴と再稼働問題~」

 

1.日時 2021年12月04日(土)14:00~17:00

2.開催方法 会場(リアル)& ZOOMオンライン

3.会場 品川区立総合区民会館 「きゅりあん」 4F第1特別講習室 

(電車・道案内)JR大井町駅中央改札を出て左直進、ヤマダ電機住まいる館内を通り抜けた裏側EV上がる)

(地図)https://www.shinagawa-culture.or.jp/hp/page000000300/hpg000000268.htm

4.参加費 一般2000円

5.プログラム(詳細https://stf.or.jp/top/images/music/m415.pdf

< 講演 >

テーマ 「汚染水海洋放出とデブリ取出、空冷化の意味と原発事故再考~小型モジュール炉の特徴と再稼働問題~」

講師 後藤 政志(元東芝 原子炉格納容器設計者・原子力市民委員会委員)

6.参加申し込み方法 下記URLより申し込みください。

https://peatix.com/event/3058993/

Peatix への入金が確認された方へは、順次受付メールをお送りいたします。

(*https://stf.or.jp/top/images/music/m398.pdf  Peatix 利用の方法)

7.問い合わせ先 STF事務局 太田 哲夫

Mobile: 080-5883-3000, E-mail: futotetsu@gmail.com

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

       

 

主催 科学技術者フォーラム

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

     --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

日本初の工場直結ファッションブランド「Factelier(ファクトリエ)」を運営する、

ライフスタイルアクセント㈱代表取締役の山田敏夫氏をお迎えします。

「ファクトリエ」は、工場を主役とした日本発のブランドを作ることをコンセプトに

掲げ、工場ブランドを直販するビジネスモデルで急成長を遂げている会社です。

テレビ東京『カンブリア宮殿』など、多くのメディアで取り上げられている山田社長

に、ファクトリエの成り立ちとストーリー、事業に掛ける思い、下請けを脱して独自ブ

ランドで勝負する中小企業への進化に必要なことなどじっくりお話をお伺いします。

 アパレル業界は、ブランド品を選んで着ていた人の多くは、「これを着ていれば、よく

見られる」という他者からの承認欲求を満足させていました。

しかし、コロナ禍によって、「他者からどう見られるかよりも、自分の心が喜ぶか、愛

着を持てるストーリーがあるか」という自己肯定感を高めてくれる服を選ぶように変わり

ましたそこにはこれまでとは異なる、顧客の心理に届くブランド作りが必要となってい

ます。Withコロナ時代の顧客作り、ブランド作り、ビジョンとチーム作りなど、これから

スタンダードとなるビジネスの変化について重点的にお話いただく予定です。この機会に

ぜひ奮ってご参加ください。

 

「新時代の顧客づくりに大切な”好き”であること

~ものづくりブランド“ファクトリエ”は、なぜコロナ禍でも愛されるのか~」

 

.日時 2021年12月10日(金)14:00~15:30

.会場 東実健保会館6階大ホール

(住所)中央区東日本橋3-10-4

(電車)総武線快速「馬喰町」駅下車A1出口徒歩1

(地図)

.参加費 無料(定員150名)

.プログラム(詳細https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-108991.html

 < 講演 >

  テーマ 「新時代の顧客づくりに大切な“好き”であること

       ~ものづくりブランド“ファクトリエ”は、なぜコロナ禍でも愛されるのか~」

  講師 山田 敏夫(ライフスタイルアクセント㈱ 代表取締役)

.参加申し込み方法 下記URLより申し込みください。

     https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-108991.html

.問い合わせ先 東京商工会議所 中央支部

TEL: 03 -3538 -1811FAX: 03 -3538 -1815E-mail:chuo@tokyo-cci.or.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

 

共催 東京実業連合会、東京問屋連盟他

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

   --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

人新世において自然と人間の関係に変化が生じている。沿岸域での海面上昇の影響、

寒冷地域における氷河や永久凍土の融解、気候変動のみならず大規模な森林伐採や過

放牧により進行する沙漠化など、陸域と海域の環境の変化は人間社会に大きな影響を

及ぼし始めている。人新世における環境変化の本質は、完新世(過去1万年間)の変

動史に位置づけることで明確になる。世界各地の地球温暖化の進行とその影響を報告

し、地球規模の環境変化とその適応策について多角的に考察する。

 

「地球環境変動と人間活動~地球規模の環境変化にどう対応したらよいか~」

 

1.日時 2021年12月05日(日)13:00~17:50

2.開催方式 オンライン、日本学術会議2階大会議室から発信

3.参加費 無料

4.プログラム(詳細https://www.scj.go.jp/ja/event/2021/315-s-1205.html

 < 趣旨説明 >

  説明 鈴木 康弘(日本学術会議連携会員、名古屋大学教授)

 < 講演 >

  テーマ1 「完新世の環境変動」

   講師 阿部 彩子(日本学術会議連携会員、東京大学教授)

  テーマ2 「水環境を含めた地球表層環境の進化と人間社会への影響」

   講師 川幡 穂高(日本学術会議連携会員、東京大学名誉教授)

  テーマ3 「気候変動と人間社会の歴史的関係から学ぶ~“変化”の速さに着目して~」

   講師 中塚 武(名古屋大学教授)

  テーマ4 「デルタにおける環境変動」

   講師 齋藤 文紀(日本学術会議連携会員、島根大学教授)

  テーマ5 「東京低地の環境変動」

   講師 久保 純子(日本学術会議連携会員、早稲田大学教授)

  テーマ6 「永久凍土分布域の土壌にみる環境変化」

   講師 川東 正幸(日本学術会議連携会員、東京都立大学教授)

  テーマ7 「生態系遷移と砂漠化~人間活動の影響~」

   講師 石井 励一郎(総合地球環境学研究所准教授)

  テーマ8 「水資源から見た気候変動の影響評価」

   講師 花崎 直太(国立環境研究所気候変動適応センター 室長)

  テーマ9 「生態系を活用した気候変動適応」

   講師 西廣 淳(国立環境研究所気候変動適応センター長)

  テーマ10 「気候変動への適応と社会のレジリエンス構築」

   講師 三村 信男(茨城大学特命教授)

 < 質疑・総合討論 >

  司会 齋藤 文紀・久保 純子

5.参加申し込み方法 下記URLより申し込みください。

      https://form.cao.go.jp/scj/opinion-0003.html

6.問い合わせ先 内容に関するお問い合わせ:resilience.nagoyagmail.com (名古屋大学 鈴木康弘)

その他お問い合わせは日本学術会議事務局企画課学術フォーラム担当 電話:03-3403-6295

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

主催 日本学術会議

共催 地球惑星科学委員会地球人間圏分科会

 

後援 日本地球惑星科学連合、地理学連携機構、日本地理学会、日本地形学連合他

 

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

   ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

コロナ禍においては医療の逼迫した状態のなか、患者、医療者、市民の一人ひとりが

必ずしも人としての尊厳を守られているとは言えない状況が現出している。

さらに死者について人間らしい死とその弔いも守られることのない事例が生じている

しかし緊急事態だからやむを得ないのだろうか。本来「人間の尊厳」は、むしろ危機

においてこそ守られるべき価値ではないのか哲学、宗教研究、法学、医学の専門知

と臨床の知見を集結し議論を深めたい。

 

「コロナ禍における人間の尊厳~危機に向き合って~」

 

1.日時 2021年12月05日(日)13:30~17:00

2.開催方式 オンライン開催

3.参加費 無料(定員300人)

4.プログラム(詳細https://www.scj.go.jp/ja/event/2021/314-s-1205.html

 < 報告 > 

   テーマ1 「コロナ・パンデミックと人間の尊厳の問題」

    報告 加藤 泰史(日本学術会議連携会員、椙山女学園大学教授、一橋大学名誉教授)

テーマ2 「コロナ禍における“治療”へのアクセス~尊厳・人権枠組はどのような役割を果たしうるのか~」

報告 建石 真公子(日本学術会議連携会員、法政大学法学部教授)

テーマ3 「危機に瀕する人間の尊厳~臨床の現場から~」

報告 齊尾 武郎(医師、フジ虎ノ門整形外科病院)

テーマ4 「コロナ禍で障害のある人と家族が体験していること」

報告 児玉 真美(フリーライター、一般社団法人日本ケアラー連盟代表理事)

 < コメント >

・美馬 達哉(立命館大学先端総合学術研究科教授)

・岡田 真水(兵庫県立大学名誉教授、日蓮宗僧侶)

< ディスカッション >

  テーマ 「コロナ禍における人間の尊厳~危機に向き合って~」

  パネリスト(予定)

・加藤 泰史(日本学術会議連携会員、椙山女学園大学教授、一橋大学名誉教授)

・建石 真公子(日本学術会議連携会員、法政大学法学部教授)

・齊尾 武郎(医師、フジ虎ノ門整形外科病院)

・児玉 真美(フリーライター、一般社団法人日本ケアラー連盟代表理事)

・美馬 達哉(立命館大学先端総合学術研究科教授)

・岡田 真水(兵庫県立大学名誉教授、日蓮宗僧侶)

5.参加申し込み方法 下記URLより申し込みください。

      https://www.scj.go.jp/ja/event/2021/link/314-s-1205_link_1.html

6.問い合わせ先 日本宗教研究諸学会連合事務局、アドレス:jfssr20084@gmail.com

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

主催 日本学術会議哲学委員会

 

共催 日本哲学系諸学会連合、日本宗教研究諸学会連合

 

 

 

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

 

以上は「外村孝史」氏(下記)のメールマガジンより

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////

株式会社 DUALホールディングス & 音声会話ロボット「ピコちゃん」開発センター

140-0001 東京都品川区北品川1-8-11 Daiwa品川Northビル8

TEL03-5843-4018 (代表)FAX03-5843-4123

外村孝史 メール k_tomura@mtf.biglobe.ne.jp

///////////////////////////////////////////////////////////////////////