////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

--  講演会開催  --

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

各分野のセミナー案内

日本の実際の「動向把握」に最適

 

 

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

                        提供:             

///////////////////////////////////////////////////////////////////////

外村孝史(とむら)  E-mail  k_tomura@mtf.biglobe.ne.jp 

・特定非営利活動法人 ICAS(イカス) ChatGPT、音声会話ロボット

105-0004 東京都港区新橋3-16-12 横山ビル6F

TEL03-3432-5859 FAX3-3432-5869

・クリスタルメソッド株式会社 生成AI、音声認識応用技術

102-0073 東京都千代田区九段北4-1-14 TLビル3F TEL03-6265-4755 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

提供善行雑学大学

 

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

ーー 最新セミナー一覧 ーー

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「アグリテック×AI/DXデータフォーラム」

 2024年3月13日(水) 講師 北川 寛人氏(PLANT DATA株式会社 代表取締役CEO)他

「転落を続ける日本~起死回生の方策~」

 2024年3月8日(金) 講師 田母神 俊雄(軍事評論家、元航空幕僚長)

■「もの作り」の楽しさを体験しよう!小学生向けワークショップ「分解博士ジュニア」

 2024年3月23日(土)13:00-16:00 申込期間:2024年2月13日(火)~2月29日(木)

■「CES2024の革新的技術と未来への展望」

 2024年3月6日(水) 講師: オーディオ・ビジュアル ジャーナリスト 麻倉怜士氏

   注:CESとは 

 CES」は毎年アメリカ・ラスベガスで開催される世界最大級のテクノロジー見本市です。この展示会では、世界中から集まった

  企業が、最新の技術や製品を発表し、ビジネスチャンスを探ることができます。また、業界のリーダーや政策立案者、投資家、

  メディアなどと交流することもできます。今年のCES2024には、デジタルヘルス、フードテック、自動車テクノロジー、NFT

  ゲーミング、スマートホームなど、様々な分野の企業が出展しました。また、ホンダ・ソニー連合が新型EVを世界初公開する

  など、注目の発表もありました。

■「経済産業省の主要指標から振り返る我が国の産業活動と足下の製造業及び

  ~第3次産業の動向(202312月分IIP確報と10-12月期の現状及び第3次産業活動指数)~」

 2024年2月22日(木) 講師 竹永祥久(経済産業省大臣官房調査統計グループ経済解析室 室長)

「マイクロプラスチック汚染の現状と解決に向けて」

 2024年2月24日(土) 講師  高田 秀重(東京農工大学 農学部 環境資源科学科教授、理学博士)

「フェイクから身を守るには?~創るAI vs 守るAI~」

 2024年3月4日(月) 講師 越前 功(国立情報学研究所 情報社会相関研究系 教授/主幹)

 

 ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

クラウドデータ、システムデータ、リーガルデータ、AIデータなどのデータアセットマネジ

メント事業を展開するAOSデータ㈱(本社:東京都港区、代表取締役社長 吉田宜也、以下AOS

データ)は、農業におけるDXおよびAI活用の推進を目的に、「アグリテック×AI/DXデータフ

ォーラム」を2024年3月13日に開催いたします。

スマート水田サービス「paditch(パディッチ)」の開発・運営を手掛ける㈱笑農和様、植物生

体情報による農業生産DXを推進するPLANT DATA㈱様、ロボット技術やIoTなどで企業や業界

課題解決のコンサルティングを行なう㈱MOGITATe様、農作業管理アプリを提供する㈱Agrihub様、

藻類ソリューションカンパニー㈱AlgaleX様、有限会社クレセントエルデザイン様にご登壇頂く

予定です。

 

「アグリテック×AI/DXデータフォーラム」

 

1.日時 2024年3月13日(水)13:45~17:35(13:30)

2.会場 ハイブリッド開催

    (リアル会場 日経ホール&カンファレンホール 

      住所 東京都千代田区大手町1-3-7 日経ビル6F 

      電車 地下鉄 大手町駅 会場まで地下通路

      地図 https://www.nikkei-hall.com/access/

    (オンライン)ZOOM

3.参加費 ご招待

4.プログラム(詳細https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000359.000040956.html

< 挨拶 >   

  Data to AI企業へ」13:4513:55

   吉田宣也(AOSデータ㈱代表取締役社長)

< 講演 >

  ーマ1 『究極のスマート水田構想』 と 『リモート農業プロジェクト』13:5514:20

講師 北河 博康氏(株式会社MOGITATe 代表取締役社長)

  テーマ2「DX-BPOとデータコミュニケーションサービスによる食農バリューチェーン全体最適化」14:2014:45

講師 北川 寛人氏(PLANT DATA株式会社 代表取締役CEO

ーマ3  「未利用資源の課題をAIで解決、海の未来を美味しさで繋ぐAlgaleX14:4515:10) 

講師 日高 英佑氏(株式会社AlegaleX 副社長) 

テーマ4 「アグリテックにData to AIエンジンを実装せよ!農業データプラットフォーム AOS IDX15:1015:40 )

講師 志田 大輔(AOSデータ株式会社 取締役) 

― 名刺交換×体験 ― 14:3014:45

テーマ5  「農業DXでサスティナブル&スマート水田 paditch(パディッチ)」16:0016:25                                                                    

講師 下村 豪徳氏(株式会社笑農和 代表取締役)

テーマ6  「農作業管理アプリから始まる農業DX16:2516:50

講師 伊藤 彰一氏(株式会社Agrihub 代表取締役) 

テーマ7 「未来農業を支える翼~自動航行農業ドローンの可能性~」16:5017:15 )

講師 渡邉 秋男氏(有限会社クレセントエルデザイン 代表取締役) 

テーマ8 「ビジネスアイデアを簡単に特許に!生成AIが変える産業の未来」17:1517:35) 

講師 平井 智之氏(Tokkyo.Ai株式会社 取締役COO

 ― アンケートのお願い ― (17:3017:35

5.参加申し込み方法 下記より申し込みください。当日参加も構いません。

      https://form.aosdata.co.jp/corporate/aidx2403-input/

6.問い合わせ先 AOSデータ(株)AI・DXデータ事業部 

         TEL03-6809-2578(代表) E-mailk.komine@aosdata.co.jp

         AOSテクノロジーズ(株)顧問 知久信義

         携帯 090-4967-9955

 

「データやAI、ロボティクス活用による最新アグリテック事例」

アグリテック(AgriTech)とは、農業(Agriculture)と技術(Technology)を組み合わせた

造語で、テクノロジーの力による農業分野の技術革新や新たなソリューションを指します。

日本の農業業界には、農業従事者の高齢化や労働力不足、限られた土地・山地の多い地形から

くる農業生産の拡大や集約化の難しさ、安価な外国産品との競争、気候変動など様々な課題が

あります。これらの課題に向け、アグリテックやスマート農業の導入が進んでおり、農業生産

性の向上、持続可能性の追求、労働力不足への対応、環境負荷の低減など、さまざまな技術や

サービスが開発・導入されています。

アグリテックによる課題解決の具現化には、IoTセンサー、ドローン、衛星データなどの多様な

データソースから情報収集・データの統合・一元管理を行ない、収集したデータはAI技術など

を用いて分析し、適切な予測や対策を講じることで生産性や品質を向上させることができる、と

いったデータプラットフォームが必要不可欠です。これらのニーズに対応するソリューションと

して、AOSデータでは、「農業データプラットフォーム AOS IDX」を提供しています。

これらのアグリテックを活用した事業を支えているのは、膨大なデジタルデータです。データの

ライフサイクルマネジメントと品質向上、リスク管理の重要性の啓発を行い、日本のDX推進に貢

献するため、AOSデータは各業種の先進企業のDX推進やAIデータ活用事例、リスクマネジメント

事例等を紹介する「産業DX/AIデータフォーラム」を企画しています。

 

 

      主催 AOSデータ㈱

 

 

 

 

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 

世界は民主主義と権威主義の対立に直面し、多くの国がどちらに接近するかの選択

迫られている。日本は米国に従う立場だが、安全保障は米国、経済は中国との関係を望

む国も多い。現在、民主主義陣営は90ヶ国で構成され、権威主義陣営は89ヶ国でほぼ

拮抗している。民主主義陣営の国々は自由度が高いが、ポピュリズムの台頭により対処

に苦しむ。世界経済の中心はグローバルサウスへ移行しており、日本などの先進国の地

位は低下している。一方、米国の政治やメディアは分断が深刻化し、情報源の偏りが問

となっている。人口構成の変化や国際情勢の不安定化も加わり、世界はますます分断

化の道を辿る可能性がある。日本は米国に依存しつつも独自の立場を模索し、外交や安

全保障の強化が必要とされる。また、日本の自由主義は保守的な価値観と結びつき、日

本が持つアイデンティティの維持にも関わっている。今後の日本は、自らの利益を守り

つつ、世界の安定に貢献する必要がある。

 

「転落を続ける日本~起死回生の方策~」


1.日時 2024年3月8日(金)14:00~16:30

2.開催方式 ハイブリッド開催

    (リアル会場)衆議院第一議員会館第一会議室

     (住所)千代田区永田町2-2-1

     (電車)地下鉄 国会議事堂前から5分、永田町から5分、溜池山王から8分

(地図)https://bb-building.net/tokyo/deta/459.html

    (オンライン)ZOOM

3.参加費 1000円(資料代他)

4.プログラム(詳細 添付)

 < 講演 >

  テーマ 「転落を続ける日本~起死回生の方策~」

  講師 田母神 俊雄(軍事評論家、元航空幕僚長)

5.参加申し込み方法 参加ご希望の方は以下事項を記入の上、(一社)国家ビジョン研究会

    事務局次長 斎藤 隆 Emailkokkavision.saitoh@gmail.com まで申し込みください。

  1. リアル参加 又は オンライン参加のどちらか
  2. 会員からのご紹介参加の場合は、ご紹介者のお名前(外村孝史)、ご参加者のお名前、ご所属、お役職、メールアドレス                          

※)当日、議員会館入り口にて「入館証」を発行する必要がありますので

      事前の申し込みが必要です。

※)衆議院第1議員会館となりますのでご留意願います。

※)申し込み締め切り日は3月5日

6.問い合わせ先 (一社)国家ビジョン研究会 事務局次長 斎藤 隆

携帯 : 090-3084-9952

Emailkokkavision.saitoh@gmail.com

 

主催 (一社)国家ビジョン研究会 

 

 

生成AIニュース(添付)

テーマ

「現実かと思った」―文章で動画を作成、最新 AISora(そら)」とは 専門家に聞く…“フェイク”を見分けるポイントは?

URL

https://news.yahoo.co.jp/articles/39b553d8e6469edbba168470a5016585bad953b1?page=1

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 「もの作り」の楽しさを体験しよう! 小学生向けワークショップ「分解博士ジュニア」が今年も開催されます。このワークショップは、ソニーの元・エンジニアが創始したもので、今年で34回目を迎えます。参加者は、ソニーの製品を分解して、その仕組みや技術を学びます。分解作業が終了後には、「分解博士ジュニア認定証」が授与されます。

 

 

「もの作り」の楽しさを体験しよう! 小学生向けワークショップ「分解博士ジュニア」

 

日程
2024年3月23日(土)13:00-16:00
会場
ソニー株式会社(ソニーシティみなとみらい)
対象
小学3年生から小学6年生まで
募集人数
25組50名
参加費
無料
応募方法
以下の「ワークショップ申込参加規約、プライバシーポリシーはこちら」よりお申し込みくい。
申込期間
2024年2月13日(火)~2月29日(木)
※応募者多数の場合には抽選とし、3月7日(木)までに当落選通知のメールをお送りします。

その他注意事項

  • ・お申し込み後の変更・キャンセルは原則お受けできませんので、十分ご確認のうえお申し込みください。
  • ・ワークショップで使用する工具等は全て会場でご用意します。
  • ・広報用にワークショップの様子を録画及び写真撮影させていただくことがございます。予めご了承ください。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 この講演では、CES2024で注目された最先端技術とその応用に焦点を当てます。AI、ディスプレイパネル、有機EL、空間オーディオ・ビジュアル、XRなど、多岐にわたる分野での革新的な進歩を紹介し、これらが私たちの生活やビジネスにどのような影響を与えるかを探ります。

 また、持続可能性と安全保障を含む、CESのメインテーマに沿った技術の社会的な意義についても考察します。将来のテクノロジーがもたらす可能性と、それに伴う課題についても議論します。

 

CES2024の革新的技術と未来への展望」

--- 米国現地会場等取材を経て ---

 

1.講師: オーディオ・ビジュアル ジャーナリスト 麻倉怜士氏

     

2.CESとは 

 CES」は毎年アメリカ・ラスベガスで開催される世界最大級のテクノロジー見本市です。この展示会では、世界中から集まった企業が、最新の技術や製品を発表し、ビジネスチャンスを探ることができます。また、業界のリーダーや政策立案者、投資家、メディアなどと交流することもできます。今年のCES2024には、デジタルヘルス、フードテック、自動車テクノロジー、NFT、ゲーミング、スマートホームなど、様々な分野の企業が出展しました。また、ホンダ・ソニー連合が新型EVを世界初公開するなど、注目の発表もありました。

 

3.日時:2024年 3 月 6日 水曜日  14:00 - 16:30

4.場所: 港区生涯学習センターばるーん 305学習室(定員 50名)

       JR新橋駅下車烏森口徒歩3分

  所在地:港区新橋三丁目16番3号 電話:03-3431-1606

 5.会費(千円): 当日会場でお願いいたします。

 6.参加申し込み:

 交換会申込から。または、

 (1)お名前  (2)お勤め先 (3)ご連絡先(メール、電話)を記入して

外村(k_tomura@mtf.biglobe.ne.jp )、または、鈴木(6j929@dance.plala.or.jp) へ

 

7.講師プロフィール

 オーディオ・ビジュアル/音楽評論家。津田塾大学&早稲田大学エクステンションカレッジ講師(音楽学)UAレコード合同会社主宰。ハイレゾシーンでは普及の指導的立場にある。日本経済新聞社、プレジデント社(雑誌「プレジデント」副編集長)を経て、オーディオ・ビジュアル/音楽評論家として独立。津田塾大学では2004年から2023年まで音楽理論、音楽史を教えていた。2015年から早稲田大学エクステンションカレッジ講師(音楽)。ビートルズのコード進行を教えている。

 

 HIVI、モーストリー・クラシック、PEN、ゲットナビなどの音楽雑誌、オーディオ・ビジュアル雑誌、ライフスタイル雑誌に音楽、映像、メディア技術に関する記事多数執筆。ネットではアスキーネット「麻倉怜士のハイレゾ真剣勝負」、AVウォッチ「麻倉怜士の大閻魔帳」を連載。音楽専門局「ミュージック・バード」では、2つレギュラー番組を持つ。CDBlu-ray Discのライナーノーツも多い。著書は「高音質保証!麻倉式PCオーディオ」(アスキー新書)、「究極のテレビを創れ!(技術評論社)、「ソニーの革命児たち」(IDGジャパン。アメリカ、韓国、中国、ポーランド、チェコ版も)など数十にのぼる。

 

主催:新着IT情報 ( 6j929@dance.plala.or.jp)

後援:ゆらぎ研究会 ( k_tomura@mtf.biglobe.ne.jp) 

 

 

 ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。経済産業統計協会でございます。 さて、ご好評を

いただいております経済統計セミナーを下記の通り開催いたします。本セミナーでは、経済産業省の現役

担当官である竹永経済解析室長をお招きし、我が国の産業活動の振り返りと現在の産業動向について経済

産業省が作成した各種統計指標を用いて解説いただきます。セミナーは会場での受講またはオンラインで

の受講、いずれかをお選びいただけます。多くの皆様にご参加いただきたく、ご案内申し上げます。

 

 「経済産業省の主要指標から振り返る我が国の産業活動と足下の製造業及び

  ~第3次産業の動向(202312月分IIP確報と10-12月期の現状及び第3次産業活動指数)~」

 

1.日時 2024年2月22日(木) 14:00~15:30

     (会場受付13:30~)(オンライン受付13:50~)

2.開催方式 ハイブリット方式(リアル&オンライン)

    (リアル会場)産業人材研修センター(霞会館)2F201会議室

      住所 東京都港区西麻布3-2-32

      電車 日比谷線・大江戸線「六本木」徒歩10分

      地図 https://azb.or.jp/publics/index/19/

    (オンライン)Zoom使用(同時開催)

3.参加費 無料

4.プログラム(詳細http://www.etisa.or.jp/seminar-annai-mousikomi.html

 < 講演 >

  テーマ 「経済産業省の主要指標から振り返る我が国の産業活動と足下の製造業及び

       ~第3次産業の動向(202312月分IIP確報と10-12月期の現状及び第3次産業活動指数)~」

  講師 竹永祥久(経済産業省大臣官房調査統計グループ経済解析室 室長)

5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従ってお申し込みください。

   http://www.etisa.or.jp/seminar-annai-mousikomi.html

6.問い合わせ先 経済統計セミナー事務局 一般社団法人 経済産業統計協会 受付担当:吉田

   電話 03-3561-2974、メールk-semi@etisa.or.jp

 

   主催 一般社団法人 経済産業統計協会、 一般財団法人 産業人材研修センター

 

   後援  一般財団法人 経済産業調査会

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 プラスチックは毎日の生活に欠かせないものですが、適切に処理されないまま環境中

に排出された各種プラスクチック製品による汚染、特に海洋プラスチックやマイクロ

プラスチックなどへの対応が大きな社会問題となっています。

 本セミナーでは、それらの問題解決に向けて積極的に取り組まれている東京農工大学

教授の高田秀重先生から現在の状況と課題の解決に向けた取り組みなどについて、

わかりやすくお話いただきます。

 

「マイクロプラスチック汚染の現状と解決に向けて」

 

1.日時:2024年2月24日(土)14:00~16:45

2.開催方式 ハイブリッド方式

(リアル会場)品川区総合区民センター(きゅりあん)4F 第1特別講習室

電車 JR大井町駅東口前

地図 https://www.shinagawa-culture.or.jp/curian/access.html

(オンライン)WEB(ZOOMオンライン)

3.参加費 一般 1500円

4.プログラム(詳細https://stf.or.jp/top/images/file/m608.pdf

 < 講演 >

  テーマ 「マイクロプラスチック汚染の現状と解決に向けて」

  講師  高田 秀重(東京農工大学 農学部 環境資源科学科教授、理学博士)

5.参加申し込み方法 下記URLより申し込みください。

https://stf.or.jp/top/images/file/m608.pdf

6.問い合わせ先 NPO法人 科学技術者フォーラム(STF)太田 哲夫

E-mail: futotetsu@gmail.com 、Mobile: 080-5883-3000

 

 

主催 NPO法人 科学技術者フォーラム

 

 

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 -----------------------------------------------------------------------------------------------------------

本物そっくりの顔や音声を自動的に作るAI(生成AI)が注目されています。生成AIは、エンターテイ

メント分野やコミュニケーション分野など様々な分野で活用されていますが、なりすましや世論操作を行

う目的で、生成AIを用いてフェイク画像やフェイク音声といったフェイクメディアを生成する事例が発生

しており、世界的に深刻な社会問題となっています。

本講座の前半では、このようなフェイクメディアによる脅威を紹介した上で、ディープフェイクと呼ばれ

る顔を対象としたフェイクメディアの生成手法について紹介します。本講座の後半では、講演者らが現在取

り組んでいるフェイクメディアの検出技術をはじめとした最新の対策技術について紹介します。

 

「フェイクから身を守るには?~創るAI vs 守るAI~」

 

1.日時 2024年3月4日(月)講義18:30~19:45(開場18:00)

2.開催方式 ハイブリット方式(リアル&オンライン)

    (リアル会場)国立情報学研究所

      (住所) 東京都千代田区一ツ橋2-1-2

      (電車)「神保町」駅 徒歩5分(東京メトロ半蔵門線、都営地下鉄新宿線・三田線)

      (地図)https://www.nii.ac.jp/about/access/

    (オンライン)Zoom

3.参加費 無料

4.プログラム(詳細https://www.nii.ac.jp/event/shimin/2023/

 < 講義 >

  テーマ 「フェイクから身を守るには?~創るAI vs 守るAI~」

  講師 越前 功(情報社会相関研究系 教授/主幹)

  コーディネーター

・岸田 昌子(国立情報学研究所 准教授)

・関山 太朗(国立情報学研究所 准教授)

  内容(1)生成AIの注目

    (2)フェイクメディアの問題

    (3)フェイクメディアの生成手法

    (4)対策技術の紹介

5.参加申し込み方法 現地会場での参加の場合、視聴サイトから入場チケットの

お申し込みが必要です。登録方法は、下記URLより申し込みください。

    https://www.nii.ac.jp/event/shimin/2023/ 

6.問い合わせ先 国立情報学研究所 総務部 企画課 広報チーム

市民講座 担当 TEL03-4212-2145 shiminnii.ac.jp 

 

 

主催 国立情報学研究所

 

 

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 

 

 ―――――――――――――

    トップに戻る 

―――――――――――――