////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

--  講演会開催  --

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

外村孝史(とむら こうし)氏 の「メールマガジンの講演会案内」より。 

 

「多死社会を迎える日本の真の課題とは何か」

  2021年07月05日(月)    主催 国家ビジョン研究会

「高齢社会を生きぬくための取り組み」

   2021年07月30日(金)    主催 日本学術会議中部地区会議

「新しい事業スタイルのつくり方~自分の違和感×環境変化を捉え、マーケティングの民主化を目指す~」

   2021年07月05日(月)    主催 中小機構 TIP*S 

「これからのベテラン(65歳以上)社員雇用のポイント」

   2021年07月06日(火)    主催 文京支部医療産業分科会

「超高齢化社会を生き抜くための正しい口腔管理法~お口からはじめる健康長寿~」

   2021年07月17日(土) 主催 NPO 法人 科学技術者フォーラム

「Withコロナに対応するための補助金・助成金セミナー」

   2021年07月13日(火)     主催 東京商工会議所 千代田支部

「海外ビジネスFS(事業化可能性評価)事業計画作成セミナ」

   第一日目 2021年07月20日(火) 主催 公益財団法人神奈川産業振興センター 後援 神奈川県、ジェトロ横浜 

「働き続けるために必要な自己投資について考える~人生100年時代~」

   2021年06月25日(金)  主催 一般社団法人日本産業ジェロントロジー協会

「安全工学シンポジウム2021」 

       第一日目 2021年06月30日(水)10:00~17:10  主催 日本学術会議

「経済安全保障セミナー~我が国を取り巻く戦略環境とこれからの国家安全保障~」

   2021年06月21日(月)  主催 東京商工会議所

「中小企業向け新型コロナウイルス感染症ワクチン接種における対応実務セミナー」

   2021年06月28日(月)  主催 文京支部医療産業分科会

「インターネットに公開する前にもう一度確認したいリーガルチェックのポイント」

   2021年06月24日(木)  主催 東京商工会議所

「気候変動等による地球環境の緊急事態に社会とどう立ち向かうか~環境学の新展開~」

   2021年07月03日(土)  主催 日本学術会議  共催 環境学委員会、公益社団法人環境科学会

「非常事態に負けない!強い企業の事業承継とは」

   2021年07月13日(火)  主催 公益財団法人東京都中小企業振興公社

「カスハラで病気にならないために~理不尽なクレームから身を守る対応術~」

     2021年06月23日(水)  主催 東京商工会議所品川支部

「新型コロナウィルス感染症対策の現状と今後~歯科からの発信~」

   2021年06月29日(火)   主催 日本学術会議歯学委員会 臨床系歯学分科会

「世界は”粒”からできている~世界の素粒子物理学の歩みとKEKの貢献~」

   第一回 2021年06月26日(土)第二回 2021年07月03日(土)主催 高エネルギー加速器研究機構 

「バイオインフォマティクスがどのようにゲノム編集に利用できるのか」

   2021年06月24日(木)  主催 広島大学

NHK元キャスター国谷裕子のキャスターという仕事」

  2021年06月28日(月)  主催 広島大学

「フランスにおける高度ビジネス教育の今後の展開と日本における受容のあり方」

   2021年06月25日(金)  主催(公財)日仏会館

「コロナ禍における社会福祉の課題と近未来への展望~直面する危機から考える~」

   2021年06月27日(日)  主催 日本学術会議社会学委員会社会福祉学分科会

「東日本大震災10年と史料保存~その取組と未来への継承~」

   2021年06月26日(土)  主催 日本歴史学協会、日本学術会議史学委員会

「歴史のなかの“あこがれ”の住まいと暮らし」 

       2021年07月30日(金)  主催  一般財団法人 住総研

「脳とこころから見たWith/Postコロナ時代のニューノーマルの課題と展望」

  2021年06月20日(日)、27日(日) 主催 日本学術会議 臨床医学委員会脳とこころ分科会他

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

日本再生委員会月例研究会も12回目となりました。今回はネット上の各種言論媒体

でご活躍されている経済産業省の現役官僚である藤和彦先生をお招きして、「多死社会

を迎える日本の真の課題とは何か(エネルギー安全保障問題を含む)」と題して研究会

を開催致します。

藤先生は諸方面に造詣が深いのですが、ご専門はエネルギー安全保障関係でありまし

て、中東石油情勢他さまざまなジャンルのエネルギー問題に関して広汎な見識をおもち

であり、また独特の角度からの切り口での分析と洞察によって高名です。

そんな藤先生ですが、本来の専門フィールドとは若干趣を異にする方向性ではあるの

ですが、昨年新著を出版されております。題名は『人は生まれ変わる~縄文の心でアフ

ター・コロナを生きる~』というものです。これから団塊世代が80歳代、90歳代を

迎えて日本では多死少子化時代に突入することが明白であり、これまでの時代とは大き

く異なる、まったく未知なる領域が目の前に広がっています。そういう中で、日本国を

真に再び大きく輝く国家として復活再生させて行こうとするなら、この「多死社会」と

いう現実から目を背ける訳にはいかないでしょう

 

「多死社会を迎える日本の真の課題とは何か」

 

1.日時 2021年07月05日(月)14:00~16:30

2.開催形式 オンラインセミナー(Zoomライブ配信)

3.参加費 無料

4.プログラム(詳細 添付)

 < 講演 >

  テーマ 「多死社会を迎える日本の真の課題とは何か」

  講師 藤和彦氏(エコノミック・インテリジェンス分析者)

5.参加申し込み方法 下記事項を記入の国家ビジョン研究会

         事務局次長  井上和明氏 inouejuk@crux.ocn.ne.jp へ申し込みください。

     ※)本会議は基本、各分科会委員及び関係者、賛助会員の方を対象とした

クローズドなものですが、ご友人で関心のある方のご参加も可能です。

     ※)参加申し込まれた方にはURLをお送りします。

※)申し込み締切日:令和371日(木)

6.問合せ先 国家ビジョン研究会 事務局次長  井上和明

     Tel/Fax03-3750-1264 、携帯 : 090-4383-6370inouejuk@crux.ocn.ne.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

 

主催 国家ビジョン研究会

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

人生100年時代に突入している我が国において、健康に生きるということが多くの

人にとっての関心事です。社会の高齢化が加速する中、医療の観点から、認知症や生活

習慣病に対する予防を目指したプロジェクト研究が、大学と地域との連携によって実施

されてきました。また、社会福祉の現場では、石川発の「ごちゃまぜ」の概念に基づく

共生社会を目指したユニークな取組みが展開され、全国的にも注目されています。

本講演会ではこれまでの研究・実践成果や今後の展望を含めた取り組みを紹介します。

 

高齢社会を生きぬくための取り組み」

 

1.日時 2021年07月30日(金)13:00~16:30

2.開催地 金沢大学自然科学大講義棟レクチャーホール+オンライン配信併用

3.参加費 無料

4.プログラム(詳細http://www.scj.go.jp/ja/event/2021/308-s-0730.html

 < 学術講演会 ~「高齢社会を生きぬくための取り組み」~ >

  テーマ1 「地域コホート研究を起点とする認知症予防法の開発~なかじまプロジェクト~」

   講師 山田 正仁(金沢大学名誉教授、国家公務員共済組合連合会九段坂病院副院長、東京医科歯科大学特命教授)

  テーマ2 「生活習慣病(Non-communicable diseases)の個別化予防・ゼロ次予防を目指して」

   講師 中村 裕之(金沢大学医薬保健研究域医学系環境生態医学・公衆衛生学教授)

  テーマ3 「The ごちゃまぜ 看取り合う共生社会」

   講師 雄谷 良成(社会福祉法人佛子園理事長)

5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込みください。

http://www.scj.go.jp/ja/event/2021/link/308-s-0730_link_1.html

6.問い合わせ先 日本学術会議中部地区会議事務局(名古屋大学研究協力部研究企画課内) 

電話:052-789-2039

金沢大学研究・社会共創推進部研究推進課 電話:076-264-6140

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

主催 日本学術会議中部地区会議

 

共催 金沢大学、学術変革領域(A)「生涯学」

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  

急激に進むデジタル化、オンラインでの業務環境の変化、副業や兼業、複業意欲の

拡がり、個人の働き方に対する価値観の変化などを背景に、新しい事業スタイルで社

会へ価値を提供する組織が増えてきたように感じます。

「㈱顧客時間」もそんな会社のひとつ。顧客時間は、自らを「マーケティングの力を

用いて企業や社会の課題解決に向き合うデザイン・ネットワーク」と定義し、最先端

のマーケティングメソッドを中核においてビジネスを展開しています。

最大の特徴は、この顧客時間の考え方に共感した起業家や事業会社に所属する(=

複業、兼業)多様な専門性を持つマーケターたち30名をコミュニティ化しているこ

と。案件ごとにこのコミュニティから最適なチームを構成して、他企業のマーケティ

ングをサポートするという独自のアプローチを取り、急激にその活動を広げています。

顧客時間が急激に活動を拡げている背景には、社会変化を追い風にする「見立て」

があったといいます

 

「新しい事業スタイルのつくり方~自分の違和感×環境変化を捉え、マーケティングの民主化を目指す~」

 

1.日時 2021年07月05日(月)19:30~21:00

2.開催形式 オンライン開催(Zoom使用)

3.参加費 無料(定員20名)

4.プログラム(詳細https://tips.smrj.go.jp/events/20210705-democratization-of-marketing/

 < 対話型ワークショップ >

  テーマ 「新しい事業スタイルのつくり方~自分の違和感×環境変化を捉え、マーケティングの民主化を目指す~」

Head of Management 岩井琢磨(㈱顧客時間 共同CEO 代表取締役)

内容(1)顧客時間を作るまでのマイストーリー

  (2)新しい事業スタイルとマーケティングの民主化づくり~顧客時間のしくみ

  (3)今感じている、「企業、組織、マーケティングの変化」

5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込みください。

     https://tips.smrj.go.jp/events/20210705-democratization-of-marketing/

6.問合せ先 中小機構 TIP*S担当 info-tips@smrj.go.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

主催 中小機構 TIP*S 

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

2021年4月から中小企業の労務管理をめぐる状況は大きく変わっています。

その中でも特にベテラン社員(65歳以上)の雇用においては注意が必要です。

高齢者雇用安定法、同一労働・同一賃金等、最新の法改正の内容を踏まえて、

これからの労務管理のポイントについて、企業実務第一線で多くの企業を支援し、

豊富な経験をもつ講師に解説してもらいます。

 

「これからのベテラン(65歳以上)社員雇用のポイント」

 

1.日時 2021年07月06日(火)14:00~16:00

2.開催形式 オンライン(Zoomによるリアルタイム開催)

3.参加費 無料(定員40名)

4.プログラム(詳細https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-107369.html

 < 講演 >

  テーマ 「これからのベテラン(65歳以上)社員雇用のポイント」

  講師 近藤 泰祐(近藤経営労務事務所 特定社会保険労務士)

  内容 ①高齢者の継続雇用をとりまく状況

      ・法改正の見通し、今後の見通し

②2021年4月からは要注意

      ・中小企業が取組むべき配慮・措置

  ・高齢者雇用安定法に基づく配慮・措置

      ・同一労働・同一賃金に基づく配慮・措置

5.参加申し込み方法 下記URLのて手順に従って申し込みください。

     https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-107369.html

6.問合せ先 東京商工会議所 文京支部

TEL: 03 -3811 -2683FAX: 03 -3811 -2820

E-mail:bunkyo@tokyo-cci.or.jp      

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

主催 文京支部医療産業分科会

 

共催 文京区経済課 

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

超高齢化社会となった現在、お口の健康を維持していくことは、全身の

健康を守り、健康寿命を延ばすために極めて大切であることが知られるよ

うになりました。7月度STFセミナーは、ダウン症の方々などの歯科治療

や予防に積極的に取り組まれている神奈川歯科大学の小松和子先生から、

お口の健康を起点とする全身の健康に役立つお話をお伺いします。ご興味

やご関心のある方、特に100歳以上まで長生きしたいとお考えの方々は

是非ご参加ください。

 

「超高齢化社会を生き抜くための正しい口腔管理法~お口からはじめる健康長寿~」

 

1.日時 2021年07月17日(土)14:00~16:4

2.会場 品川区立総合区民会館「きゅりあん」第3講習室

    (電車)JR大井町駅                                    

    (道順)大井町駅前のヤマダ電器の館内を通り抜けた裏側EV上がる

    (地図)https://www.shinagawa-culture.or.jp/hp/page000000300/hpg000000268.htm

3.参加費 一般2000円

4.プログラム(詳細https://stf.or.jp/top/images/music/m363.pdf

 < 講演 >

テーマ 「超高齢化社会を生き抜くための正しい口腔管理法~お口からはじめる健康長寿~」

講師 小松 和子( 障害者歯科学分野長 准教授、博士(歯学))

5.参加申し込み方法 参加ご希望の方は、PeatixWEBチケット)をご購入の上お申込みください。

Peatix (WEBチケット)は、次のURLからお求めください。

https://peatix.com/event/1949048/

6.問合せ先 NPO 法人 科学技術者フォーラム(STF)7月度セミナー担当  太田 哲夫

E-mail: futotetsu@gmail.com  Mobile: 080-5883-3000

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

***「ヒューファク安全情報」“世界二大富豪の確執”(添付) 提供 佐久間秀武氏

 

 

主催 NPO 法人 科学技術者フォーラム

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 -----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------   

長引くコロナ禍の影響で、中小企業・小規模事業者を取り巻く経営環境はますます厳しい

状況に置かれています。多くの補助金・助成金があることは知っているものの、自社がどの

補助金・助成金を活用できるか、分からないということはありませんか?今回のセミナーで

は、中小企業・小規模事業者が活用できる補助金・助成金等の紹介及びその申請の際のポイ

ントを解説します。この機会に是非ご参加ください。

 

「Withコロナに対応するための補助金・助成金セミナー」

 

1.日時 2021年07月13日(火)14:00~16:00

2.開催形式 オンラインセミナー(Zoomライブ配信)

3.参加費 無料(定員30名)

4.プログラム(詳細https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-107356.html

< 講演 >

テーマ 「Withコロナに対応するための補助金・助成金セミナー」

講師 船越 良人(認定経営革新等支援機関 船越経営労務事務所 代表)

内容(1)中小企業・小規模事業者が活用できる国や都の主な補助金とその応募条件等の紹介

    ・事業再構築補助金

    ・ものづくり補助金

    ・小規模事業者持続化補助金 等

(2)補助金申請の流れや採択されるためのポイントや留意点の解説

5.参加申し込み方法 下記URLより申し込みください。

https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-107356.html

6.問合せ先 東京商工会議所 千代田支部

TEL: 03 -5275 -7286FAX: 03 -5275 -7287

E-mail:chiyoda@tokyo-cci.or.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

主催 東京商工会議所 千代田支部 

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 -----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  

海外進出の可能性を検討する上で必要な、現地の市場やリスクなどを把握するため、

FS(事業化可能性評価=Feasibility Study)作成に関する知識を学びます。海外進出を

ご検討の方のご参加をお待ちしています。

 

「海外ビジネスFS(事業化可能性評価)事業計画作成セミナ」

 

1.日時 第一日目 2021年07月20日(火)14:00~16:00

      第二日目 2021年08月04日(水)14:00~16:00

2.会場 オンラインによる実施(Zoomウェビナー使用)

3.参加費 無料(定員30名)

4.プログラム(詳細https://www.kipc.or.jp/topics/seminar-event/2021fsbasic/

― 第一日目 2021年07月20日(火)14:00~16:00 ―

 < 講演 >

  テーマ 「FS(事業化可能性評価)概要と必要性」

  講師 東 真奈美(東京税理士法人 横浜事務所 取締役・税理士、横浜支社長)

― 第二日目 2021年08月04日(水)14:00~16:00 ―

 < 講演 >

  テーマ 「進出スキームの検討・拠点設立のポイント」

  講師 東 真奈美(東京税理士法人 横浜事務所 取締役・税理士、横浜支社長)

5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込みください。

      https://www.kipc.or.jp/topics/seminar-event/2021fsbasic/

6.問合せ先 公益財団法人神奈川産業振興センター 事業部 国際課

TEL045-633-5126FAX045-633-5064E-mailkokusai@kipc.or.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

主催 公益財団法人神奈川産業振興センター

後援 神奈川県、ジェトロ横浜 

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

環境が大きく変わった2020年。働き方にも様々な選択肢が広がりました。また4月

に「70歳雇用確保の努力義務」が施行され、ますます人生100年時代が現実のものと

なりつつあります。働き続けるための自己投資について、産業ジェロントロジーの観点か

ら、学び続けることの重要性について考えていきます。あわせて、ゲストの経済コラムニ

スト大江英樹氏から、知っておくべき知識と知恵をお伝えします。

 

「働き続けるために必要な自己投資について考える~人生100年時代~」

 

1.日時 2021年06月25日(金)13:30~16:30

2.開催形式 オンライン(ZOOM)

3.参加費 会員/3,000円(グループセッション不参加 1,500円)

       一般/4,000円(グループセッション不参加 2,000円)

       (定員90)

4.プログラム(詳細https://peatix.com/event/1909866

 < 基調講演 >

  テーマ 「中高年からの自己教育」

  講師 﨑山みゆき(日本産業ジェロントロジー協会 代表理事)

 < 特別講演 >

  テーマ 「人生100年時代を生き抜くお金の知恵」

  講師 大江 英樹(経済コラムニスト)

 < 参加者同士のグループセッション〔事前申込制〕 >

  テーマ 「働き続けるための自己投資について考える」

5.参加申し込み方法 下記URLPeatixからお申し込みください

https://peatix.com/event/1909866

6.問合せ先 一般社団法人日本産業ジェロントロジー協会 﨑山みゆき 

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

 

             主催 一般社団法人日本産業ジェロントロジー協会

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 -----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

わが国における安全に関する学際的なシンポジウムとして学術会議主催で40年以上にわたり

継続して実施されてきている。毎年幹事学会が順番で担当し実行委員会を組織しテーマを決めて

実施する。2021年度は、第51回として日本建築学会が幹事学会となり企画・運営を行い、

「ウイズコロナ時代の安心・安全」のテーマのもと開催される。共催学会名にみられるように多

分野の研究者の発表の場であり、意見交換の場ともなっている。異分野間での安全に対する取り

組みの差異、あるいは共通する理念について有意義な意見交換が期待でき、日本学術会議総合工

学委員会、安全・安心・リスク検討分科会で進めている「安全目標」、「安心感」、「自動運転」をは

じめとする検討成果の広く一般への発表がなされ、多分野の専門家からの意見集約も期待できる。

 

「安全工学シンポジウム2021」

 

.日時 第一日目 2021年06月30日(水)10:00~17:10

     第二日目 2021年07月01日(木)09:40~18:50

  第三日目 2021年07月02日(金)10:00~18:00

.開催形式 オンライン開催

.参加費 無料

.プログラム(詳細http://www.scj.go.jp/ja/event/2021/312-s-0630-0702.html

― 第一日目 2021年06月30日(水)10:00~17:10 ―

 < オーガナイズドセッション >

テーマ1 「ノンテクニカルスキル教育の今後を探る」

司会 南川 忠男(化学工学会安全部会)

テーマ2 「レジリエンス・エンジニアリングと安全諸理論」

司会 芳賀 繁(社会安全研究所)

テーマ3 「人災の視点からの防災対策」

司会 桑野 借紀(日本ヒューマンファクター研究所)

テーマ4「水素エネルギー技術の社会実装におけるリスクを考える~水素ステーションを中心に~」

司会 伊里 友一郎(横浜国立大学)

テーマ5 「危機管理における労働・地域・セキュリティ等のレジリエンス向上を目指す手法の開発と課題」

司会 有友 春樹(河川情報センター)、高橋 亨輔(香川大学)

― 第二日目 2021年07月01日(木)09:40~18:50 ―

 < 基調講演 >

テーマ 「“産業安全工合分析学”の原理に基づく、新たな生活習慣、有益な生産活動のために」

講師 北條 理恵子(労働安全衛生総合研究所)

 < オーガナイズドセッション >

テーマ1 「産業安全行動分析学を用いた機械安全の考え方」

司会 北條 理恵子(労働安全衛生総合研究所)

テーマ2 「外部要因による事故・災害(自然災害、人災)への対応」

司会 新井 充(東京大学名誉教授)

 < オーガナイズドセッション >

テーマ 「需要設備のスマート保安に関する最新動向」

司会 西村 和則(広島工業大学)

 < 特別講演 >

テーマ 「COVID-19と建築空気環境」

講師 大岡 龍三(東京大学生産技術研究所教授)

 < 連携パネルディスカッション >

テーマ 「ウィズコロナ時代の安全・安心」

司会 原田 和典(京都大学教授)

パネリスト

・小山 真紀(岐阜大学准教授)

・長谷見 雄二(早稲田大学名誉教授)

・村上道夫(日本リスク学会理事、福島県立医科大学医学部教授)

 < オーガナイズドセッション >

テーマ1 「安全性設計と信頼性設計」

司会 土屋 英晴(クオルテック)

テーマ2 「土木工学における安全問題」

司会 大幢 勝利(労働安全衛生総合研究所)

テーマ3 「組織行動からの事故などの未然防止」

司会 新井 充(東京大学)

テーマ4 「自動運転の社会実装に向けた取り組み」

司会 永井 正夫(日本学術会議連携会員、一般財団法人日本自動車研究所代表理事・研究所長)

司会 鎌田 実(日本自動車研究所)

テーマ4 「避難が難しい人の火災時の避難安全を考える」

司会 萩原 一郎(日本学術会議連携会員、東京理科大学教授)

 < フォーラム >

テーマ 「避難が難しい人の火災時の避難安全を考える」

司会 萩原 一郎(日本学術会議連携会員、東京理科大学教授)

― 第三日目 2021年07月02日(金)10:00~18:00 ―

 < オーガナイズドセッション >

テーマ1 「安心感側からみた~安全と安心~」

司会 大倉 典子(日本学術会議第三部会員、芝浦工業大学名誉教授・SIT総合研究所特任教授)

司会 辻 佳子(日本学術会議連携会員、東京大学教授)

テーマ2 「化学物質管理が創る安全・安心な社会~SAICMの社会実装~」

司会 北野 大(秋草学園短期大学学長)

パネリスト

・北野 大(秋草学園短期大学学長)

・坂田 信以(日本化学工業協会常務理事)

・中村 洋介(住友化学)

・和田 康(花王常務執行役員)他

 < オーガナイズドセッション >

テーマ 「風水害への航空宇宙分野からの取り組み」

司会 原田 賢哉(宇宙航空研究開発機構)

 < パネルディスカッション >

テーマ 「リスクアプローチは、どこまで可能性に迫れるか?」

司会 野口 和彦(NPO法人リスク共生社会推進センター理事長)

パネリスト

・淺間 一(東京大学大学院工学系研究科教授)

・小野 恭子(国立研究開発法人 産業技術総合研究所)

・鎌田 実(一般財団法人日本自動車研究所(JARI)代表理事・研究所長)

・柴山 悦哉(東京大学情報基盤センター教授)

・澁谷 忠広(横浜国立大学IASリスク共生社会創造センターセンター長)

・飛嶋 順子(政策研究院大学防災政策研究会事務局長)

・中村 昌允(日本学術会議特任連携会員、東京工業大学環境・社会理工学院特任教授)

 < フォーラム >

テーマ 「安全・安心・リスク」

司会 大倉 典子(日本学術会議第三部会員、芝浦工業大学名誉教授)

司会 辻 佳子(日本学術会議連携会員、東京大学教授)

司会 北野 大(秋草学園短期大学学長)

司会 野口 和彦(日本学術会議連携会員、横浜国立大学客員教授)

.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込みください。

     http://www.scj.go.jp/ja/event/2021/link/312-s-0630-0702_link_1.html

.問い合わせ先 安全工学シンポジウム2021事務局

一般社団法人日本建築学会 E-mailanzen@gakkai-web.net

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

主催 日本学術会議

 

共催 一般社団法人日本建築学会(幹事学会)

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 -----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

バイデン政権発足後、米中対立が先鋭化する中、国際情勢の先行に不透明感が増しています。

今回、元陸上自衛隊 西部方面総監の番匠幸一郎氏を講師にお招きし、我が国を取り巻く戦略

環境とこれからの国家安全保障について解説いただきます。海外展開をご検討の方や既に海外

でビジネスをしている方も、奮ってご参加下さい。

 

「経済安全保障セミナー~我が国を取り巻く戦略環境とこれからの国家安全保障~」

 

1.日時 2021年06月21日(月)14:15~15:15

2.開催方式 オンライン(Zoom)(14:10からZoomの入室を許可)

3.参加費 無料(定員90名)

4.プログラム(詳細https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-107337.html

 < 講演 >

  テーマ 「我が国を取り巻く戦略環境とこれからの国家安全保障」

  講師 番匠 幸一郎(丸紅㈱ 顧問、元陸上自衛隊 西部方面総監)

5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込みください。

https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-107337.html

6.問合せ先 東京商工会議所 国際部

TEL:03-3283-7604 E-mail:kokusai@tokyo-cci.or.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

 

主催 東京商工会議所 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 -----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 新型コロナウイルス感染症のワクチン接種が段階的に始まりましたが、ワクチンに

ついては様々な情報が氾濫しています。企業として従業員にどのように情報を届け、

理解してもらうのか、ワクチン接種をする際にはどのような対応が必要なのか、現場

第一線で豊富な事業者支援の経験をもつ講師を招き、労務管理対応を中心に解説いた

だきます。

 

「中小企業向け新型コロナウイルス感染症ワクチン接種における対応実務セミナー」

 

1.日時 2021年06月28日(月)14:00~15:30

2.開催方式 オンラインセミナー(Zoomライブ配信)

3.参加費 無料(定員60名)

4.プログラム(詳細https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-107371.html

 < 講演 >

  テーマ 「中小企業向け新型コロナウイルス感染症ワクチン接種における対応実務セミナー」

  講師 佐藤典久(㈱日本産業医支援機構 統括執行役員)

  内容 ①ワクチンの仕組みと最新情報

     ②接種のメリット・デメリット

     ③正しく備える「社内教育」(動画)

     ④経営者・人事担当者向け、従業員のワクチン接種における対応実務

      ・ワクチン接種を義務付けできるか

      ・接種後に出社・出張を命令できるか

      ・「ワクチン休暇」導入のすすめ など

5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込みください。

     https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-107371.html

     *締め切り6月24日

6.問合せ先 東京商工会議所 文京支部

TEL: 03 -3811 -2683FAX: 03 -3811 -2820

E-mail:bunkyo@tokyo-cci.or.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

主催 文京支部医療産業分科会

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 -----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

昨今、WEBサイト、電子メール、ソーシャルメディア等インターネットを活用したビジネス展開

は「常識」となっています。コロナ禍において必要性が更に増すなか、作成したコンテンツが法的に

妥当か、リスクはないか不安に思われたことはございませんか?

 当セミナーはビジネス法務のプロである講師からビジネスにインターネットを利用する際に、絶対

におさえたいビジネス法務知識を、事例を用いて分かりやすく解説します!

 

「インターネットに公開する前にもう一度確認したいリーガルチェックのポイント」

 

1.日時 2021年06月24日(木)14:00~15:30

2.開催方式 オンラインセミナー(Zoom)

本セミナーはZoomを用いたWEB配信となります。参加お申し込みの方には、

開催一週間前までに、Zoomミーティングの参加方法をメールでご連絡します。

3.参加費 無料(定員50名、会員限定)

4.プログラム(詳細https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-107280.html

 < 講演 >

  テーマ 「インターネットに公開する前にもう一度確認したいリーガルチェックのポイント」

  講師 林 光男(㈱ワールド・ヒューマン・リソーシス法務部 主席研究員)

  内容

Case)インターネット上で「無料素材」「フリー」として公開されているイラストを無断で

自社のWEBサイトに使用したところ、会社の代表メールアドレス宛に「イラスト無断使用

の警告」を受け取った。

  (Part1)インターネットに公開した後、権利者を名乗る者から公開停止を求められたら?

相手から主張される権利にはどのようなものがあるか著作権法や商標法等の重要ポイント

公開停止を求められた際に確認すべき事項とは権利侵害を回避するため、確認すべき重要

ポイント

  (Part2)コンテンツ作成を専門業者に依頼する際に注意すべきことは?デザイン等のイメージ

を伝える際に気をつけること契約書に盛り込んでおきたい契約条項例(権利保証条項・著作

権の帰属条項・損害賠償条項等)

5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込みください。

    https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-107280.html

    *本セミナーはZoomを用いたWEB配信となります。参加お申し込みの方には、開催一週間前

までに、Zoomミーティングの参加方法をメールでご連絡します。

6.問合せ先 東京商工会議所 広報部 広報担当

TEL: 03 -3283 -7696FAX: 03 -3283 -7589、 E-mail:koho@tokyo-cci.or.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

 

主催 東京商工会議所

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 -----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

環境学は大きな変革期にある。人間活動の影響による気候変動は洪水や渇水を引き起こす異常気象

や森林火災の頻度を高め、新型コロナウィルス感染症は地球規模で社会に甚大な影響を及ぼしている。

ほかにも生物多様性の損失や化学物質汚染など、いわば地球環境の緊急事態は深刻さを増している。

これらの課題に対し、情報技術や環境投資などの誘導策も活用した、経済、社会、教育等が連携し

た社会全体のパラダイムシフトが強く求められている日本学術会議の中でも多分野のメンバーが関

与する環境学から、それぞれの分野の最先端の動きを紹介し、緊急を要する環境学の新たな展開を考

えるフォーラムの第1弾!

 

「気候変動等による地球環境の緊急事態に社会とどう立ち向かうか~環境学の新展開~」

 

1.日時 2021年07月03日(土)13:00~17:50

2.開催地 オンライン開催

3.参加費 無料

4.プログラム(詳細http://www.scj.go.jp/ja/event/2021/308-s-0703.html

 < 基調講演 >

テーマ 「国際戦略の中での環境学の役割」

講師 髙村 ゆかり(日本学術会議副会長、東京大学未来ビジョン研究センター教授)

 < 講演 >

  テーマ1 「持続可能な地球環境のための気候変動研究」

   講師 三枝 信子(FEWCRP 合同分科会、国立環境研究所地球システム領域長)

  テーマ2 「環境政策・環境計画の新展開」

   講師 大塚 直(環境政策・環境計画分科会、早稲田大学法学部教授)

  テーマ3 「環境投資の新展開」

   講師 馬奈木 俊介(サステイナブル投資小委員会 、九州大学大学院工学研究院教授)

  テーマ4 「環境と社会の新展開」

   講師 近藤 昭彦(地球環境変化の人間的側面(HD)分科会、千葉大学環境リモートセンシング研究センター教授)

  テーマ5 「新学習指導要領がもとめる資質能力と環境思想」

   講師 工藤 由貴子(環境思想・環境教育分科会、元横浜国立大学教授)

  テーマ6 「環境リスクの新展開」

   講師 那須 民江(環境リスク分科会、名古屋大学名誉教授・中部大学客員教授)

  テーマ7 「自然環境と都市の新展開」

   講師 池邊 このみ(自然環境分科会、千葉大学大学院教授)

  テーマ8 「子どもの致死的状況の二度無しを実現するエコシステム」

   講師 西田 佳史(子どもの成育環境分科会、東京工業大学教授)

  テーマ9 「環境科学の新展開」

   講師 北川 尚美(環境科学分科会、東北大学大学院工学研究科教授)

  テーマ10 「土木・建築学と脱炭素社会の新展開」

   講師 田辺 新一(脱炭素社会分科会、早稲田大学創造理工学部教授)

  テーマ11 「資源・材料循環の新展開」

   講師 所 千晴(SDGs のための資源・材料の循環使用検討分科会、早稲田大学・東京大学大学院教授)

  テーマ12 「環境工学が拓く未来」

   講師 森口 祐一(環境工学連合小委員会、国立環境研究所理事)

  テーマ13 「未来社会から現在を見る」

   講師 西條 辰義(フューチャー・デザイン分科会、総合地球環境学研究所・高知工科大学教授)

  テーマ14 「学会・他機関との連携と今後にむけて」

   講師 渡辺 知保(環境科学会会長、長崎大学教授・元国立環境研究所理事長)

5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込みください。

     https://form.cao.go.jp/scj/opinion-0067.html

6.問い合わせ先 日本学術会議事務局企画課学術フォーラム担当、又は、浅見 真理(第三部会員)

     電話 03-3403-6295 , E-mail envforum@niph.go.jp 

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

主催 日本学術会議

共催 環境学委員会、公益社団法人環境科学会

 

協力 環境工学連合小委員会

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 -----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

近年、後継者不足に伴い、廃業する中小企業が増加しています。このような状況のなか

で、事業承継への早期取組みの重要性が高まっています。

本セミナーでは、昨今の情勢を踏まえた事業承継の基本知識及び経営改善をテーマとし、

最新の事例等を分かりやすく説明します。

 

「非常事態に負けない!強い企業の事業承継とは」

 

1.日時 2021年07月13日(火)14:00~16:00

2.開催形式 Zoomウェビナーによるオンラインセミナー

(セミナーにご参加される際のURLを前日までにメールでお知らせします)

3.参加費 無料(定員70名)

4.プログラム(詳細https://www.tokyo-kosha.or.jp/topics/2104/0014.html

 < 講演 >

  テーマ 「非常事態に負けない!強い企業の事業承継とは」

  講師 城所 弘明(城所会計事務所所長・公認会計士・税理士)

5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込みください。

https://www.tokyo-kosha.or.jp/topics/2104/0014.html

*セミナーにご参加される際のURLを前日までにメールでお知らせします。

6.問合せ先 総合支援課 TEL03-3251-7885FAX03-3251-9372

E-mailshoukei@tokyo-kosha.or.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

 

主催 公益財団法人東京都中小企業振興公社

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

お客様からの理不尽なケレームで心身に深刻な被害を訴えるケースが急増しています。

このようなカスタマー八ラスメントで病気にならない対応策を事例を交えて解説します。

 

「カスハラで病気にならないために~理不尽なクレームから身を守る対応術~」

 

1.日時 2021年06月23日(水)14:0016:00

2.場所      オンライン(zoom

3.参加費 無料(定員20名)

4.プログラム(詳細https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-107185.html

 < 講演 >

  テーマ 「カスハラで病気にならないために~理不尽なクレームから身を守る対応術~」

  講師 山田泰造(人財教育アシスト代表)

  内容(1)カスハラの実態と事例 

(2)受けるダメージは深刻

(3)カスハラを定義する

(4)自身と会社を守る対応法

(5)スタッフを守ることが喫緊の課題

.参加申し込み方法 下記URLnお手順に従って申し込みください。

     https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-107185.html

6.問合せ先 東京商工会議所 品川支部

TEL: 03 -5498 -6211FAX: 03 -5498 -6222E-mail:shinagawa@tokyo-cci.or.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

 

主催 東京商工会議所品川支部

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

本講演会は,日本学術会議と歯学系学術団体の連合体である日本歯学系学会協議会

が共催するものです。新型コロナウィルス感染症の流行については,現状では感染拡

大の第4波が来ているといわれ,ワクチン接種が開始されましたが予断は許されない

状況です。本講演会では,医科,歯科,行政の立場から,新型コロナウィルス感染症

に対するこれまでの取り組みと,ワクチン接種,ポストパンデミックの感染予防も含

めた今後の取り組みについて,講演と議論を通して,歯科から発信すべきことを整理

し歯科医療関係者ならびに国民と共有する機会としたい。

 

「新型コロナウィルス感染症対策の現状と今後~歯科からの発信~」

 

1.日時 2021年06月29日(火)17:00~19:30

2.開催地 オンライン開催

3.参加費 無料(定員300名)

4.プログラム(詳細http://www.scj.go.jp/ja/event/2021/309-s-0629.html

 < 講演 >

  テーマ 「新型コロナウィルス感染症対策の現状と今後~歯科からの発信~」

講師 小嶺 祐子(厚生労働省 医政局歯科保健課課長補佐)

講師 小林 隆太郎(日本歯科大学生命歯学部教授)

講師 忽那 賢志(国立国際医療研究センター国際感染症センター国際感染症対策室医長)

5.参加申し込み方法 参加(視聴)をご希望方は,6月25日(金)までに日本歯学系学会協議会

事務局(gakkai18@kokuhoken.or.jp)まで(1)氏名、(2)ご所属の2点をご連絡ください。

*申込手続きいただいた方には,開催日の前日までに視聴用IDとパスワードをメールに

てご連絡いたします。

6.問合せ先 日本歯学系学会協議会事務局(gakkai18@kokuhoken.or.jp

 

主催 日本学術会議歯学委員会 臨床系歯学分科会

 

共催 一般社団法人日本歯学系学会協議会

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

KEK公開講座は、高エネルギー加速器研究機構の研究で蓄積された知見や

加速器科学について一般の方に広く紹介し、興味や関心を持っていただくこ

とを目的に春・秋に開催しているものです。

2021年はKEKが50周年を迎えたことを記念し、今年は特別なテーマ

で4回ほど講演を実施します。次回は、10月9日(土)、10月16日(土)

を予定しております。

 

「世界は”粒”からできている~世界の素粒子物理学の歩みとKEKの貢献~」

 

1.日時 第一回 2021年06月26日(土)13:30~14:30

第二回 2021年07月03日(土)13:30~14:30

2.開催形式 Zoomウェビナー

3.参加費 無料(定員300名、中学生以上)

4.プログラム(詳細https://www.kek.jp/ja/notice/20210527/

―第一回 2021年06月26日(土)13:30~14:30―

 < 講演 >

  テーマ 「世界は”粒”からできている~世界の素粒子物理学の歩みとKEKの貢献~」

  講師 髙﨑史彦(KEK名誉教授)

  概要 古代ギリシアでは、この世のすべての物質は「風、火、水、土」の四つの元素から

できていると信じていました。ところが19世紀ごろから「原子」という考え方が現

れ、20世紀には長岡半太郎が原子核の周りを電子がまわる惑星のようなモデルを提

案。20世紀初頭に原子核が「陽子」と「中性子」でできていることが分かると20

世紀半ばには、宇宙線の観測や粒子加速器実験で陽子や中性子は複数の素粒子「クォ

ーク」でできていることが分かりました。

     素粒子と力の関係を体系的に理解しようとするのが現在の素粒子物理学です。日本

では、湯川秀樹、朝永振一郎、小柴昌俊、益川敏英、小林誠、南部陽一郎、梶田隆章

というノーベル物理学賞受賞者がたくさん輩出されています。素粒子物理学は日本の

お家芸ともいえるでしょう。KEKは、これまでKEKB加速器実験やK2K実験などで世界

の素粒子物理学をけん引してきた実績があります。KEKのこれからの活躍にご期待く

ださい。

―第二回 2021年07月03日(土)13:30~14:30―

 < 講演 >

  テーマ 「宇宙の進化と原子核~原子核研究の歴史とKEKの貢献~」

  講師 永宮正治(KEK名誉教授)

  概要 宇宙では、超高温のビッグパン直後に素粒子クォークが誕生し、その合体により陽子

や中性子が生まれました。さらに、陽子や中性子が結合して原子核が形成され、その後、

ゆっくりと元素合成が始まり、やがては恒星が誕生し、恒星の進化と共に銀河が生まれ

ました。その一方、大きな恒星の最後には超新星爆発が起こり、高密度の中性子星やブ

ラックホールが誕生しました。さらに、この中性子星も合体し、中性子の多い重元素群

が多数作られました。

加速器によりいかなる宇宙の側面が見えてきたのか? 今回は、KEKが中心になって進

めてきた加速器研究により、いかなる宇宙の側面が観測できたかを中心に述べます。特に、

中性子星に見られる新たな自由度を持つ原子核への探究や宇宙初期のクォークへの解離と

いった側面への挑戦に迫ります。また、過去に原子核がいかに発見され、原子核の描像が

いかに解明されてきたかという、歴史的側面にも触れます。

5.参加申し込み方法 下記URLより手順に従って申し込みください。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdcvgbv2bT7Urh7BqPCzuRhOvqVnFdiikOj-TRmARH0K7u7kw/viewform

6.問合せ先 KEK広報室

電話 029-864-5113、 メール kouza@kek.jp

 

 

     主催 高エネルギー加速器研究機構 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「“ゲノム編集”で未来社会を拓く」と題して、広島大学の強みであるゲノム編集技術

に関する取り組みを紹介し、ゲノム編集の可能性について全4回のセミナーでわかりやす

く解説します。第1回のテーマは「バイオインフォマティクスがどのようにゲノム編集に

利用できるのか 」です。参加は無料で、一般の方もご参加いただけます。

ゲノム編集技術の開発と産業利用などに興味を持つ皆様のご参加をお待ちしています。

 

「バイオインフォマティクスがどのようにゲノム編集に利用できるのか」

 

1.日時 2021年06月24日(木)18:30~19:30  

2.開催形式 ウェブセミナー(ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナー)

3.参加費 無料

4.プログラム(詳細https://www.hiroshima-u.ac.jp/news/64768 

< 講演 > 

テーマ 「バイオインフォマティクスがどのようにゲノム編集に利用できるのか」

講師 坊農秀雅(広島大学大学院統合生命科学研究科 特任教授)

概要 バイオインフォマティクスとは生物学と情報科学が融合した研究分野で、コンピュータを

  実験道具として使って生命科学の問題を解く学問のことです。広島大学ゲノム編集先端人材   

    育成プログラム(卓越大学院)においてバイオインフォマティクスが必修となっており、これ

からの生命科学には必須の科目となっています。本講演ではバイオインフォマティクスとは

何かから話を始めて、ゲノム編集研究で活躍するバイオインフォマティクスの取り組みを紹

します。

5.参加申し込み方法 下記URLより申し込みください。

https://genome.hiroshima-u.ac.jp/event/2021/20210624.html

※お申込み完了後、開催前日までに参加用URLをご連絡いたします。申込締切は6月22日

6.お問い合わせ先 広島大学コラボレーションオフィス

TEL: 082-424-46766819E-mail: leading-program@office.hiroshima-u.ac.jp

 

 

       主催 広島大学

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 

このたび6月28日に第7回広島大学女性活躍促進賞「メタセコイア賞」の授賞式を行い、

クローズアップ現代」の元キャスターとして有名な国谷裕子さんに、受賞者としてご講演

いただくことになりました!オンラインによるライブ配信ですので、ぜひともこの貴重な講

演をご聴講ください。

 

NHK元キャスター国谷裕子のキャスターという仕事」

 

1.日時 2021年06月28日(月)13:00~14:30

2.開催方法 オンラインによるライブ配信 

3.参加費 無料

4.プログラム(詳細https://www.hiroshima-u.ac.jp/news/62001

 < 講演 >

  テーマ 「NHK元キャスター国谷裕子のキャスターという仕事」

  講師 国谷裕子(NHK元キャスター)

5.参加申し込み方法 下記URLより必要事項を入力の上,お申込みください。

https://forms.gle/rrAWDa6dVFtg9BUQ8

     *申込締切は2021年6月21日()

6.問い合わせ先 広島大学東京オフィス

電話:0354409065、 ura-women@office.hiroshima-u.ac.jp

 

 

主催 広島大学

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 

フランスの経営系グランドゼコールは、グローバルなビジネス環境の変化や英語による

コミュニケーションの普及にともなって新たな変化を迫られています。

この講演会では、経営系グランドゼコールの代表者と日本の経済界・学界で活躍してい

る関係者を招き、フランスにおける高度ビジネス教育の今後の展開と日本における受容の

あり方を討議します。

 

「フランスにおける高度ビジネス教育の今後の展開と日本における受容のあり方」

 

1.日時 2021年06月25日(金)18:30~20:00

2.開催方式 オンライン(Zoom

3.参加費 一般1000円(同時通訳)

4.プログラム(詳細 https://fmfj-20210625.peatix.com/

 < 第一部 講演 >

  テーマ 「フランスでビジネスを教育する」

講師 ルティーヌ・ブロンネル (ESSEC)

講師 フィリップ・オステル (HEC Paris)

講師 オリヴィエ・ギエ (Sciences Po)

 < 第二部 講演 >

  テーマ 「フランスでビジネスを学ぶ」

講師 井上俊也(大妻女子大学教授、HEC Paris修了生、日仏経営学会会長)

講師 小山聡(三菱商事、INSEAD 修了生)

講師 フィリップ・オルシニ(日本大学教授、EM Lyon 修了生)

講師 階戸照雄(日本大学教授、INSEAD 修了生、Sciences Po 修了生)

5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従っても申し込み下さい。

https://fmfj-membership-annonce.peatix.com/

6.問合せ先 (公財)日仏会館事務局 membership@mfjtokyo.or.jp

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

主催(公財)日仏会館 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

コロナ禍において、社会福祉の実践現場は様々な課題に直面している。感染拡大に

ともなう生活困窮(問題)の拡大や福祉サービスの利用制限、地域活動の自粛、感染

拡大の予防とサービス提供の両立を求められる福祉施設の運営、地域での感染者等へ

の差別や排除、外国人や若者など既存の制度で対応できない人々への支援課題など、

この間、様々な事象が表面化し、現場において試行錯誤の取り組みがなされてきた。

こうした取り組みは、新型コロナウィルスの感染拡大で生じた課題への対応として

だけではなく、これまで社会保障や社会福祉が抱えていた潜在的な課題、あるいは今

後検討していかなければならないテーマの重要性を示唆するものである。

 今回のシンポジウムではコロナ禍で顕在化した社会福祉課題を確認し、コロナ禍の

みならず、コロナが収束した後(アフターコロナ、ビヨンドコロナ)にむけて、必要

な対応について検討する。そのために、第Ⅰ部では、福祉現場からコロナ禍で顕在化

した課題について報告していただき、そのうえで、第Ⅱ部では制度、政策、実践の基

盤となる社会福祉学の観点から、社会福祉の近未来について展望する。

 

「コロナ禍における社会福祉の課題と近未来への展望~直面する危機から考える~」

 

1.日時 2021年06月27日(日)13:30~16:30

2.開催地 オンライン開催

3.参加費 無料(定員1000名)

4.プログラム(詳細http://www.scj.go.jp/ja/event/2021/311-s-0627.html

 < 基調報告 >

  テーマ 「コロナ禍で顕在化した危機・リスクと社会福祉の役割」

   報告 和気 純子(日本学術会議第一部会員、東京都立大学教授)

 < 第一部 「福祉現場からの報告~コロナ禍で顕在化した課題~」 >

  テーマ1 「コロナ禍でつながる地域と診療所のソーシャルワーク」

   報告 榊原 次郎(たちかわ脳神経外科クリニック 医療ソーシャルワーカー)

  テーマ2 「コロナ禍で見えた移民、難民の健康・生活破壊」

   報告 大川 昭博(NPO法人 移住者と連帯する全国ネットワーク理事)

  テーマ3 「コロナ禍で生活困窮、社会的孤立を支える立場から」

   報告 勝部 麗子(社会福祉法人 豊中市社会福祉協議会 福祉推進室長)

  テーマ4 「ポストコロナの社会福祉施設でのテクノロジーの導入」

   報告 宮本 隆史(社会福祉法人善光会 理事・COO)

 < 第二部 「コロナ禍において問いかけられていること~社会福祉学からの問題提起~」 >

  テーマ1 「生存権保障のために~生活保護行政に問いかけられているもの~」

   報告 岩永 理恵(日本学術会議連携会員、日本女子大学准教授)

  テーマ2 「医療機関で働くソーシャルワーカーの実態調査から見えてきたこと」

   報告 保正 友子(日本学術会議連携会員、日本福祉大学教授)

  テーマ3 「ジェンダー平等を実現するために~シングルマザーの現実から~」

   報告 湯澤 直美(日本学術会議連携会員、立教大学教授)

5.参加申し込み方法 下記URLより手順に従って申し込みください。

     http://www.scj.go.jp/ja/event/2021/link/311-s-0627_link_1.html

6.問合せ先 日本社会福祉系学会連合事務局

     メールアドレス: jaswas.officialgmail.com

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

主催 日本学術会議社会学委員会社会福祉学分科会

 

共催 日本社会福祉系学会連合

 

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 

東日本大震災から10年という機会に、原発災害への対応も含め、この10年間の被災地

における歴史資料や文化財等の救済・保存への取組を振り返り、課題や問題点を確認し、歴

史資料や文化財等を未来へ継承するための活動を展望することにしたい。なお、特別報告と

して、国立公文書館によるアーキビスト認証制度をめぐり、第1回アーキビスト認証の経緯

や今後の取組について報告をお願いした。

 

「東日本大震災10年と史料保存~その取組と未来への継承~」

 

1.日時 2021年06月26日(土)13:30~17:30

2.開催地 オンライン開催

3.参加費 無料(定員300名)

4.プログラム(詳細http://www.scj.go.jp/ja/event/2021/311-s-0626.html

< 報告 >

  報告1 「被災史料・被災地と向き合い続けて考えたこと~宮城での活動の経験から~」

   講師 佐藤 大介(東北大学災害科学国際研究所准教授)

  報告2 「歴史資料保存・活用に関する行政職員が担うべき役割と可能性」

   講師 大和田 侑希(福島県富岡町住民課係長)

  報告3 「ふくしまの資料保全活動の10年を未来につなげる」

   講師 阿部 浩一(福島大学教授)

 < 特別報告 >

報告 「令和2年度アーキビスト認証の実施結果と令和3年度の取組について」

講師 伊藤 一晴氏(国立公文書館上席公文書専門官)

 < パネルディスカッション >

  テーマ 「東日本大震災10年と史料保存~その取組と未来への継承~」

パネリスト

・佐藤 大介(東北大学災害科学国際研究所准教授)

・大和田 侑希(福島県富岡町住民課係長)

・阿部 浩一(福島大学教授)

司会

・大友 一雄(日本学術会議連携会員、日本歴史学協会史料保存利用特別委員会幹事)

   ・熊本 史雄(日本歴史学協会国立公文書館特別委員会委員長、駒澤大学教授)

5.参加申し込み方法 下記URLより手順に従って申し込みください。

    http://www.scj.go.jp/ja/event/2021/link/311-s-0626_link_1.html

6.問合せ先 若尾政希 wakao.masaki@r.hit-u.ac.jp(a)@にしてお送りください。

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

主催 日本歴史学協会、日本学術会議史学委員会、日本学術会議史学委員会歴史資料の保存・管理と公開に関する分科会

 

共催 全国歴史資料保存利用機関連絡協議会、日本アーカイブズ学会 

 

 

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  

「あこがれ」から「流行」へ。さらに次の段階へ・・・。今回は歴史を含めて

見た過去と現在のさまざまな「あこがれ」の住まいと暮らしを抽出し、その「流

行」や「様式(スタイル)」形成のメカニズムにも触れながら、将来の住まいや暮

らしの在り方にどう生かせるのかを議論したい。

 第 1 部では、「和室」が、祖型が中世(室町時代)に出来上がり、様々な流行

の結果、住宅の部屋として、各地に多数普及した普及過程を例に、「住まい」にお

ける「あこがれ」の形成と「流行」を考察する。次に海外の「あこがれ」の具体

化の類例として、インド・ムンバイのアールデコ様式の事例を紹介する。

 第 2 部では、現代の「あこがれ」の住まい像を、高度成長期からの意識の変化

や国際比較アンケート等によって確認し、直近の日本人の「住まい」の具体像が希

薄になっていることやその要因、日本における現代の住まいと暮らしの特徴を考え

る。パネルディスカッションでは、「住まい」像が希薄化していることを前提に、

今後の「あこがれ」の住まいや暮らしの形はどうなるのかを議論したい。

 

「歴史のなかの“あこがれ”の住まいと暮らし」

 

1.日時 2021年07月30日(金)13:30~17:00

2.会場 建築会館ホール

(住所)港区芝5-26-20

(電車)都営浅草線・三田線三田駅A3出口徒歩2分/JR 田町駅三田口(西口)徒歩3分

(地図)http://www.jusoken.or.jp/symposium/pdf/jusokensympo_56.pdf

3.参加費 無料(会場定員60名、オンライン80名)

     ※会場では募金へのご協力をお願い致します。募金は支援金として被災地等にお送り致します。

※資料配布は会場での参加の方のみとさせて頂きます。

4.プログラム(詳細http://www.jusoken.or.jp/symposium/pdf/jusokensympo_56.pdf

< 講演 >

 テーマ1 「平等へのあこがれと和室の誕生」

  講師 藤田 盟児(奈良女子大学 教授)

 テーマ2 「インド・ムンバイにおけるアールデコ様式住居へのあこがれ」

講師 後藤 克史(明治大学 特任講師)

テーマ3 「高度成長期の住まいと暮らしから“あこがれ”を考える」

講師 山本 理奈(成城大学 准教授)

テーマ4 「日本とデンマークの比較でみる“幸福な暮らし像”」

講師 島原 万丈(LIFULL HOME'S 総研 所長)

テーマ5 「外国人から見た“和”の住まい」

講師 鈴木 あるの(京都橘大学 教授)

 < 討議 >  

  テーマ 「歴史のなかの“あこがれ”の住まいと暮らし」

  司会 後藤 治(工学院大学 教授)

パネリスト

・藤田 盟児(奈良女子大学 教授)

・後藤 克史(明治大学 特任講師)

・山本 理奈(成城大学 准教授)

・島原 万丈(LIFULL HOME'S 総研 所長)

・鈴木 あるの(京都橘大学 教授)

5.参加申し込み方法 下記URLより申し込みください。

http://www.jusoken.or.jp/symposium/jusokensympo_56.html

申込締切7月23日(金)※定員になり次第締切

※会場での参加をご希望の方は,当日は必ずマスクを着用してご来場下さい。

※会場にお越しの際は,検温並びにアルコール消毒へのご協力をお願い致します。

※風邪の諸症状のある方,海外から帰国後14日経過しない方の参加はご遠慮下さい。

※オンラインでの参加の方は,録音・録画・撮影(スクリーンショット)はご遠慮下さい。

6.問合せ先 一般財団法人 住総研

e-mail sympo@jusoken.or.jp TEL 03-3275-3078FAX 03-3275-3079

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

 

主催  一般財団法人 住総研 

 

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

新型コロナウイルス感染拡大はわれわれ人類の社会生活を一変させました。脳内血管の

感染による脳梗塞や後遺症、また3密回避、ソーシャルディスタンス、リモートワークは、

ヒトの社会生活の基本であるコミュニケーションを阻害し、孤立によるストレス増大は、

脳とこころの機能や発達やメンタルヘルスにも大きな影響を及ぼし、うつ病、自殺、家庭

内暴力、依存症の増加が報告されています。

 現在は、治療薬開発やワクチンによる感染予防および経済社会活動の支援が緊急の課題

として対策が講じられていますが、With/Postコロナ時代に新たな社会活動を再興するた

めには、時間差をおいて生じる脳とこころの課題への科学的根拠に基づく対策が必要不可

です。脳は呼吸、睡眠、体温調節などの生命活動や記憶、感情、意思などのこころの活

動の司令塔として重要な器官です。脳の機能は生物・心理・社会的要因が複雑に絡みその

解明は容易ではありませんが、近年の脳科学研究はその突破口を見出す可能性が示唆され

ています。

本シンポジウムでは、コロナ禍における1)メンタルヘルス・教育・保健医療現場の課

題と対策および2)脳に及ぼす影響や人工知能を用いた脳科学研究という観点からその課

題と対策について、関連する学問領域が知恵を結集して、新たな提案や見解を議論するこ

とを目的としています。

 

「脳とこころから見たWith/Postコロナ時代のニューノーマルの課題と展望」

 

.日時1日目)2021年06月20日(日)13:30~17:00

   (2日目)2021年06月27日(日)13:30~17:00

.開催地 オンライン開催

.参加費 無料

.プログラム(詳細http://www.scj.go.jp/ja/event/2021/309-s-0620-27.html

 ―(1日目)2021年06月20日(日)13:30~17:00―

 < シンポジウム1;コロナ禍とメンタルヘルス・教育・保健医療 >

  演題1 「子どもの育ちとマイノリティ当事者の暮らし」

   講師 熊谷 晋一郎(日本学術会議連携会員、東京大学教授)

  演題2 「メンタルヘルスへの実態と科学的根拠に基づく対策の必要性」

   講師 國井 泰人(日本学術会議特任連携会員、東北大学准教授)

  演題3 「学校教育につきつけられる諸課題」

   講師 清水 睦美(日本教育社会学会理事、日本女子大学人間社会学部教授)

  演題4 「医療・福祉現場におけるメンタルヘルスの課題と対策」

   講師 萱間 真美(日本学術会議連携会員、聖路加看護大学教授)

質疑・総合討論

指定発言者 矢島 ゆき子(NHK解説委員)、松井 三枝(日本学術会議第一部会員、金沢大学教授)

―(2日目)2021年06月27日(日)13:30~17:00―

< シンポジウム2:コロナ禍における脳科学と人工知能 >

 演題1 「新型コロナ感染による中枢神経症状と病態」

  講師 下畑 享良(日本神経学会理事、岐阜大学教授)

演題2 「新型コロナ感染による炎症は脳をどう変えるか?」

講師 古屋敷 智之(日本学術会議連携会員、神戸大学教授)

演題3 「新型コロナ感染における神経病理の重要性~現状と課題~」

講師 吉田 眞理(日本学術会議連携会員、愛知医科大学特任教授)

演題4 「コロナ禍の精神不安に対処する計算神経科学」

講師 川人 光男(日本学術会会員、ATR脳情報通信総合研究所所長)

質疑・総合討論

指定発言者 服部 尚(朝日新聞医療部記者)、高橋 良輔(日本学術会議会員第二部連携会員、京都大学教授)

.参加申し込み方法 準備中、開催まじかになりましたら、URL http://www.scj.go.jp/ja/event/2021/309-s-0620-27.html

     に申し込み方法が記載されます。

.問合せ先 日本学術会議  電話番号 03-3403-3793(代表)

 

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

 

主催 日本学術会議 臨床医学委員会脳とこころ分科会他

共催 日本生命科学アカデミー、日本精神神経学会、日本神経学会他

 

後援 日本脳科学関連学会連合、日本脳外科学会、日本神経科学学会他

 

 

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

 

以上は「外村孝史」氏(下記)のメールマガジンより

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

外村孝史(とむら こうし)  

 

 株式会社DUALホールディングス ライフサポート

 株式会社 幸洋コーポレーション(不動産直情報、樹木葬)事務局

(一社) スマートシニアビジネス倶楽部 シニア支援 URLhttp://ssbc.tokyo/

「パーソナル音声会話ロボットプラットホーム (ピコちゃん、おしゃべりQちゃん)」

104-0031 東京都中央区京橋2-8-1 八重洲中央ビル8F 京橋サロン

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////