/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

 

 

--  Disruption(破壊的創造) --

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

2021/02/10

 

なぜアマゾンは成長し、米トイザらスは破綻した? 両社経営の「決定的な違い」とは

https://news.yahoo.co.jp/articles/ffffdf1e8f75efd8b6e3fc4c2681d551ecbf8111?page=1

 コロナ・パンデミックをきっかけに、デジタルトランスフォーメーション(DX)の重要性が高まる中、企業はデジタル化による

ディスラプション(破壊的創造)への対応を余儀なくされている。しかし、ビジネスモデルの変革には、既存ビジネスとの矛盾をできるだけ避けたくなるなど、制約がつきものだ。企業はどのようにディスラプションへ対応していけば良いのだろうか。早稲田大学ビジネススクール 教授、早稲田大学IT戦略研究所 所長の根来龍之氏に話を聞いた。(ビジネス+IT

 

2021/01/11

 

GAFAで通用するロジカル思考 核心は「要素分解」技術 40歳でGAFAの部長に転職した僕が20代で学んだ思考法』

https://www.nikkei.com/article/DGXZZO67839950U1A100C2000000

 

 本書『40歳でGAFAの部長に転職した僕が20代で学んだ思考法』は、ロジカル思考のキモをわかりやすく伝える稀有(けう)な一冊。GAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン・ドット・コム)のうちの1社(どの会社かは明かされていない)に転職し、シニアマネージャーとして働く寺澤伸洋氏が、「思考力」「伝達力」「会議力」「仕事術」「実践力」の項目で、ロジカルな考え方と仕事での実践について解説している。(日本経済新聞)

 

2020/12/29

 

*「技術で社会変える」経営トップの意志

https://www.sankeibiz.jp/macro/news/201229/mcb2012291324010-n1.htm

 1990年代から普及が始まったインターネットは米国のゴールドラッシュや家電の発明と重ねる見方もある。ネット時代の寵児(ちょうじ)となったGAFAの経営トップはいずれも個性的だが、共通するのは技術革新で社会を変えようとする意志だ。(産経新聞)

 

2020/12/21

 

ビジネス常識として知っておきたい「GAFAの最新状況」

https://diamond.jp/articles/-/257808

 『スタートアップとテクノロジーの世界地図』では、基本的にスタートアップと呼ばれる誕生して間もない企業を取り上げるが、急速に大企業へと成長し、スタートアップを卒業した、いわば「スタートアップ卒業生」についても一部触れている。なかでも今後のグローバルなテクノロジーの方向性を知るためには、アメリカのGAFA(ガーファ)」つまりGoogleAppleFacebookAmazonと、中国のBATH(バース)」つまりBaidu(バイドゥ)、Alibaba(アリババ)、Tencent(テンセント)、HUAWEI(ファーウェイ)の今についても言及しないわけにはいかないだろう。
 今回から数回は、スタートアップを取り巻く環境の基礎知識として、また20年後の未来を予測するための補助線として、これらの企業の現在を紹介する。(ダイアモンドオンライン)

 

2020/12/13

 

グーグルが「感染症学者」をスカウトした理由

https://news.yahoo.co.jp/articles/5efad5c266b17db2a7cda403ddd216686dcf7541

 アメリカのIT大手グーグルには今、数百人の医師や医療関係者が働く部門がある。2019年に設立された新部門「グーグルヘルス」は、さながら医療のメガベンチャーのごとく、人工知能(AI)による疾病の画像診断から、電子カルテの開発、医療データの活用、正確な医療情報の発信まで、医療に関連するサービスを幅広く手がける。

 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、グーグルは自社のサービスでコロナ対策の機能を広げている。特に注目を集めたのは、

スマートフォンOS(基本ソフト)アンドロイド向けに開発した「接触確認アプリ」のAPI(ソフトウェア同士の接続機能)だ。同じくOSを手がけるアップルとの共同プロジェクトで、日本でダウンロード数が2000万を超えたアプリ「COCOA(ココア)」にも採用されている。(東洋経済)

 

2020/12/07

 

Amazonが次に「破壊」する9つの業界

https://www.nikkei.com/article/DGXZQODZ303900Q0A131C2000000

 玩具大手、スポーツ用品店、老舗書籍チェーン。これらはすべて米アマゾン・ドット・コムが破壊(ディスラプト)した分野だ。アマゾンは進撃の歩みをとめず、さらなる業界の破壊に向かっている。同社が次の標的とする薬局、中小企業向け融資、物流など9つの業界について分析する。

 アマゾンの破壊の野望は今や、小売りをはるかに超えて広がっている。複雑なサプライチェーン(供給網)物流の専門知識とデータ収集での競争力を武器に、新たな業界に次々と攻撃を仕掛けている。

  アマゾンは自社サービスのコストを抑えるため、機械学習テクノロジーの開発に取り組んでいる。(日本経済新聞)

 

2020/12/06

 

破壊的技術の導入、必要なのは組織内の「サイロ」解体

https://forbesjapan.com/articles/detail/38564

 グーグルは、機械学習が自社の未来にとって必要不可欠であること、成功のためには全製品を機械学習に対応させる必要があること、そして自社の人工知能(AI)は競合他社よりも優れたものである必要があることを理解した際、全従業員に機械学習の重要性を理解させるトレーニングを受けさせることを直ちに決めた。次元は異なるが、フィンランド政府も同じアプローチを取った。AIが次世代のビジネスエコシステムにとって非常に重要になるのであれば、全員が少なくとも基礎を理解できるように国民を教育する必要がある、と。Forbes

 

2020/11/20

 

破壊的アイデアはどのように生まれるか?経営者とクリエイターに共通する思考法

https://markezine.jp/article/detail/34757

 TBWAが提唱する、創造的破壊を促す思考法のこと。「1Convention(コンベンション)=既存の市場やプレーヤーを見渡し”破壊すべき既成概念”を発見する」「2Vision(ビジョン)=既成概念を破壊した先の“あるべき理想の姿”を明確化する」「3Disruption=既成概念を破壊し“ビジョンを実現するアイデア”を開発する」という大きく3つのステップから成り立つ。

 ▼創造的破壊を促す思考法「Disruption」の詳細については第1回をご覧ください。
競争戦略から“創造戦略”へ ニューノーマルをつくる破壊的思考法

 (MarkeZine)