/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

--  AV/音楽  -- 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 オーディオ・ビジュアル/音楽 評論家の麻倉怜士氏から提供される情報を中心にお届けしてまいります。

 

麻倉怜士(あさくられいじ)氏

 

 オーディオ・ビジュアル/音楽評論家。津田塾大学&早稲田大学エクステンションカレッジ講師(音楽学)UAレコード合同会社主宰。ハイレゾシーンでは普及の指導的立場にある。日本経済新聞社、プレジデント社(雑誌「プレジデント」副編集長)を経て、オーディオ・ビジュアル/音楽評論家として独立。津田塾大学では2004年以来、音楽理論、音楽史を教えている。2015年から早稲田大学エクステンションカレッジ講師(音楽)

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

ーー 目次 ーー

 

2022/06/27

 ソニーコンピュータサイエンス研究所  AIを用いたドラム音生成技術「DrumGAN」を開発

2022/06/19

 麻倉怜士の今月の感動ソフト|MUSIC BIRD

2022/05/28

 アイキューブド研究所が、独自技術の「動絵画」を間近に体験できる展示会を開催。

    その進化に、改めて驚きを禁じ得なかった:麻倉怜士のいいもの研究所 レポート66

2022/05/28

 8Kの次は『絵画』である」 伝説の映像処理エンジニアが開発した、

  新アナログ技術が凄かった:麻倉怜士のいいもの研究所 レポート15

2022/05/28

 麻倉怜士が 画質の大天才と評する  近藤哲二郎氏の 「動絵画」技法に驚く

2022/05/28

 新旗艦ビエラは TVの音を諦めない、シャープ画質に「感心」。'22 TVチェック 前編 - AV Watch 

2022/05/12

 麻倉怜士のデジタル時評 -- 2022年注目のオーディオ&ビジュアル5選

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

2022/06/27

ソニーコンピュータサイエンス研究所

 AIを用いたドラム音生成技術「DrumGAN」を開発

 

 株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所(以下、「ソニーCSL」)は、AIでドラム音を生成する技術「DrumGAN(ドラムガン)」を開発しました。

 ソニーCSLでは東京とパリで音楽クリエイターを支援するAI技術を研究しており、2019年にはAI楽曲制作支援ツール「Flow Machines」を開発し、提供してきました。DrumGANは音楽制作プロセスを検討する中で開発した技術であり、世界で多くの音楽クリエイターに支援されているSteinberg Media Technologies GmbH(以下、「Steinberg」)が2022年6月に発売する音楽制作ソフトウェア「Backbone」への搭載が決まりました。

 ソニーCSLは、音楽クリエイターの創造性を拡張するAI技術の研究と実用化に向けた取り組みを今後も加速していきます。(SONY)

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

2022/06/19

麻倉怜士の今月の感動ソフト | MUSIC BIRD 

 

 6月/クラシック専門レーベル「アール・アンフィニ」 音の秘密

 今月の感動ソフトは「永遠の芸術」(フランス語)を意味するクラシック専門レーベル『アール・アンフィニ』。大手レコード会社を経て独立系レーベル『アール・アンフィ二』をたちあげて5年のプロデューサーの武藤敏樹さんをゲストにお迎えしました。実は私はこのレーベルが初めて知ったときから大好きなんです。その理由はその新鮮でみずみずしい音!そして選曲とアーティストの選定が素晴らしいこと!いったいどんなレーベルなのか、誰がやっているのか長いこと興味を持っていました。今回は武藤さんご自身の経歴もうかがいながら、レーベルのコンセプト、アーティストとの関係作りや録音へのこだわりなど伺いながらこれまでの代表作、新作をたっぷりと聴かせていただきました。(麻倉) [6月5日放送 再放送=12日・19日・26日](MUSIC BIRD)

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2022/05/28

 

アイキューブド研究所が、独自技術の「動絵画」を間近に体験できる展示会を開催。

その進化に、改めて驚きを禁じ得なかった:麻倉怜士のいいもの研究所 レポート66

 

 I3(アイキューブド)研究所が開発した映像クリエーション技術「動絵画」。解像度や階調といった一般的な超解像処理とは異なり、“動く絵画”で観る人の感動を喚起するというきわめてユニークな提案だ。

 本連載ではこれまでも同社の技術についてたびたび報告してきたが、去る11月30日に、その実物に触れることができるイベント「動絵画展」が開催された。しかも今回は、映像に興味のある方ならだれでも参加できるという嬉しい内容だった。

 そこでイベント当日、麻倉怜士さんと一緒に会場にお邪魔して改めて動絵画の詳細についてお話を聞いた。以下では、麻倉さんによるリポートをお届けする。(編集部) (Stereo Sound)

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2022/05/28

 

8Kの次は『絵画』である」 伝説の映像処理エンジニアが開発した、

新アナログ技術が凄かった:麻倉怜士のいいもの研究所 レポート15

 

 近藤哲二郎氏が率いるI3(アイキューブド)研究所が、また大胆で画期的な画質技術を開発した。近藤氏は、1990年代にソニーでデータベース型超解像技術DRC(デジタル・リアリティ・クリエーション)をつくった、伝説のエンジニアだ。その後2009年にI3研究所を設立し、以後ICC、ISVC、ICSC、I3C、S-Visionといった数々の高画質技術を送りだしてきた。その集大成となるのが、新提案の「動絵画」(Animated Painting)だ。「8Kの次は『絵画』である」と語る近藤氏に、新技術の詳細を聞いた。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

2022/05/28

 

麻倉怜士が 画質の大天才と評する 

近藤哲二郎氏の 「動絵画」技法に驚く

  

 「立体的に見える ! 空気を感じる !」 ──来場者が熱い感想を吐露している。先進 映像の研究機関、アイキューブド研究所(I 3 研究所)が昨年 11月末に、東京大田区 の「ライフコミュニティ西馬込」にて、最先端映像技術「動絵画」を展示発表した時 の場面だ。この建物の後ろに同研究所が位置する関係で、地域にも広く公開し、 メディア関係だけでなく、近所の人たちも参集した。冒頭コメントは、動絵画を じっくり観た近所の AV ファンの感想だ。 (文:麻倉怜士 デジタルメディア評論家 日本画質学会 副会長)

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

2022/05/28

 

新旗艦ビエラは TVの音を諦めない、シャープ画質に「感心」。

'22年 TVチェック 前編 - AV Watch 

 

 5月10日のパナソニックの新型ビエラを皮切りに、各社からテレビの2022年モデルが発表され始めた。今回はパナソニックとシャープの新モデルから気になったポイントを、麻倉怜士氏が独自の目線で解説する

 パナソニックは5月10日に、4K有機ELテレビの“完成形”を目指したフラッグシップビエラ「LZ2000」シリーズを発表。独自ディスプレイの性能向上による、さらなるコントラストアップを実現しており、音質面においても、フロントスピーカーにラインアレイスピーカーを採用することで、総計150W超の大出力なサウンドシステムを揃え、定位感・音場感の強化を図っている。(AV Watch)

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

2022/05/12

 

麻倉怜士のデジタル時評--2022年注目のオーディオ&ビジュアル5選 

 

 2021年のオーディオ&ビジュアル分野は、新しい方向性を見せてくれるような力作がそろっていた。8Kの進展、液晶、有機ELテレビの革新などビジュアル面の進化に加え、ワイヤレス化したホームシアターなど、サウンドジャンルでも新たなモデルが登場した。

 ここでは、2021年の新製品、サービスなどを振り返りつつ、新たに登場した製品やサービスが2022年どんな方向性に進んでいくのかについて話していきたい。

 最初に話したいのは8Kの進展だ。2018年に家庭向け4K、8K放送が本格スタートしたが、いまだにテレビ放送におけるコンテンツが潤沢にそろっているとは言い難い環境だ。しかしYouTubeに代表される動画配信系は4K、8Kコンテンツが盛り上がってきており、地方自治体が地元のPR動画を作ったり、映像機器メーカーのアストロデザインがYouTubeチャンネル「8K Video Album」を開設したりと、かなり面白いコンテンツがラインアップされてきた。(CNET)

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////