////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

--   生成AI:日本政府の取組み   --

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 🎌

 生成AIの仕組み」「生成AI:法的動向

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ー目次ー

 

Ⅰ.生成AIに対する日本政府の取組み

Ⅱ.松尾教授(東大教授、日本の代表的識者)達が描く戦略

Ⅲ.おしらせ

 

 

Ⅰ.生成AIに対する日本政府の取組み

(生成AI Gemini利用)

 

松尾教授と村上AISI所長が描くAI戦略と日本政府の戦略

~私見と日本政府の現状~

 

 

1. 概論:日本におけるAI戦略の重要性と課題

2024年は、業務における生成AI活用の本格化元年と位置づけられます。生成AIは、業務効率化、新たな価値創造、社会課題解決など、様々な可能性を秘めた技術ですが、同時に倫理的な問題や安全性の懸念も存在します。

このような状況下において、日本政府は、AI政策の司令塔となる「AI戦略会議」と、AIセーフティ・インスティテュート(AISI)の2つの組織を設立し、攻守両面のAI戦略を推進しています。

 

2. 松尾教授と村上AISI所長の共通点と戦略

 松尾教授と村上AISI所長は、AI戦略において以下の共通点を持つと考えられます。

  • アジアLLMLarge Language Model)の開発: アジア言語に特化した大規模言語モデルの開発は、日本の強みである言語学の知見と、アジア市場の巨大さを活かす戦略です。
  • 脱ガラパゴス: 欧米の技術に依存するのではなく、日本独自のAI技術を開発し、国際競争力を高める戦略です。
  • AIガバナンスの強化: AI開発・利用における倫理的な問題や安全性を確保するためのルール作りと体制整備を推進します。

さらに、村上AISI所長は、日本特有の「慎重さ」を活かしたAI戦略を提唱しています。具体的には、AISIAI利用におけるリスクを担保する仕組みを整備することで、企業や社会全体のAI活用を促進するということです。

 

3. 日本政府の現状:取り組みと課題

 日本政府は、上記の戦略に基づき、以下のような取り組みを進めています。

  • AI戦略会議: AI開発・利用に関する基本方針を策定し、官民連携によるAI推進体制を構築しています。
  • AISI: AI開発・利用における倫理的な問題や安全性を研究・調査し、ガイドラインや基準を策定しています。
  • アジアLLM: アジア言語に特化した大規模言語モデルの開発プロジェクトを推進しています。

 しかし、これらの取り組みはまだ始まったばかりであり、以下のような課題も存在します。

  • 官民連携の強化: AI戦略を成功させるためには、官民が協力して取り組むことが不可欠です。しかし、現状では官民間の連携が十分とは言えません。
  • 人材不足: AI開発・利用に必要な人材が不足しています。
  • 倫理的な問題: AI開発・利用における倫理的な問題について、社会的な議論が十分とは言えません。

 

4. 今後の展望

 日本政府は、AI戦略を推進することで、日本の経済成長と社会課題解決を目指しています。しかし、上記の課題を克服しなければ、AI戦略を成功させることは難しいでしょう。

今後は、官民連携の強化、人材育成、倫理的な議論の深化などに取り組むことが必要です。

 

5. 結論

 

 松尾教授と村上AISI所長の描くAI戦略は、日本が国際競争力を高め、社会課題解決を実現するための重要な指針となります。日本政府は、これらの戦略を推進し、課題克服に取り組むことで、AI時代における日本の繁栄と持続的な発展を実現する必要があります。

 

 

Ⅱ.松尾教授(東大教授、日本の代表的識者)達が描く戦略

 (日経XTECH)

*松尾教授と村上AISI所長が描くAI戦略、「アジアLLM」「脱ガラパゴス」の勝ち筋

https://search.app/wZUdKhuxqYF41YQo9

 

 2024年は業務における生成AI(人工知能)活用が本格化した年として記憶されるだろう。生成AIのリスクに備えつつ最大限メリットを生かすには、攻めと守り両面の備えが欠かせない。AI政策の司令塔となる「AI戦略会議」と、守りを担う「AIセーフティ・インスティテュート(AISI、エイシー)」の2要人が描く勝ち筋には、共通点がある。

 

 村上所長が強調するのが「日本にこそ攻めのために守りが必要」との観点だ。「日本は米国や中国と比べて、石橋をたたいても渡らないほど慎重な面がある」(村上所長)。AISIが基準を示せば、一定の安心感を与えられるのでAI活用に拍車がかかるとする。「保険とも近いが、新たな技術を社会実装するにはリスクを担保する仕組みが欠かせない」(村上所長)との思いがある。(日経XTECH

 

 

Ⅲ.おしらせ

おしらせ

(新着IT情報より) 

●第十回情報・意見交換会202481日(木) 13:3016:30

テーマ:第一部 (科学・研究)AI・ロボットと人間の共存及び倫理:未来社会の課題と解決策」

参加申し込み:

 (1)お名前  (2)お勤め先 (3)ご連絡先(メール、電話)を記入して

外村(k_tomura@mtf.biglobe.ne.jp )、または、鈴木(6j929@dance.plala.or.jp) へ