/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

 

 

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

--  生体認証(静脈認証) --

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

動向:未来のセキュリティと

利便性を狙う技術

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

生体認証(静脈認証)の動向:未来のセキュリティと利便性を担う技術

 

1. 生体認証とは?

 

 生体認証とは、身体的特徴や行動的な特徴に基づいて個人を識別する技術です。パスワードや IC カー ドなどの従来の認証方式と異なり、本人のものだけが認証キーとなるため、偽造や盗難が非常に困難と いう利点があります。

 

 生体認証には、指紋認証、顔認証、虹彩認証、声紋認証、静脈認証など、様々な種類があります。近年 では、複数の生体認証を組み合わせるマルチモーダル認証も注目されています。

 

2. 静脈認証とは?

 

 静脈認証は、手のひらや指の静脈パターンを読み取ることで個人を識別する技術です。静脈パターンは 個人によって非常に異なり、偽造が困難であるため、高いセキュリティ性が特徴です。

 

 また、静脈は皮膚の下にあるため、傷や汚れの影響を受けにくく、安定した認証が可能というメリットもあ ります。

 

3. 静脈認証の動向

 

 静脈認証は、近年急速に普及しており、金融機関、公共施設、オフィス、医療機関など、様々な場所で導 入されています。

●金融機関では、ATM での本人確認やオンラインバンキングのログイン認証などに利用されています。

●公共施設では、住民サービスセンターでの本人確認や入退室管理などに利用されています。

●オフィスでは、パソコンのログイン認証や重要情報のアクセス制限などに利用されています。

●医療機関では、患者情報の閲覧制限や医療機器の操作権限管理などに利用されています。

 

4. 静脈認証のメリット 静脈認証には、以下のようなメリットがあります。

 

• 高いセキュリティ性: 偽造が困難なため、従来の認証方式よりも安全性が高い

• 安定した認証: 傷や汚れの影響を受けにくいため、安定した認証が可能

• 利便性: パスワードを記憶したり、IC カードを持ち歩く必要がないため、利便性が高い

• 衛生性: 指紋認証とは異なり、接触認証ではないため、衛生面での利点がある

 

5. 静脈認証の課題

 

 静脈認証には、以下のような課題もあります。

 

• コスト: 導入コストが比較的高価である • 精度: 特定の条件下では認証精度が低下する可能性がある

• 偽陽性: 本人ではないと誤認識される可能性がある

• 偽陰性: 本人であるのに認証できない可能性がある

 

6. 静脈認証の未来

 

 静脈認証は、今後ますます普及していくことが予想されます。技術の進歩により、コストの低減、精度の 向上、偽陽性・偽陰性の低減などが期待されています。

 

 また、静脈認証と他の生体認証を組み合わせるマルチモーダル認証も発展していくと考えられます。

 

 静脈認証は、未来のセキュリティと利便性を担う技術として、大きな注目を集めています。

 

■講演会のご案内

 

 この講演会では、生体認証(静脈認証)の最新技術と動向について、分かりやすく解説します。

 

 静脈認証導入を検討している企業や、生体認証技術に関心のある方々に、ぜひご参加いただきたく思い ます。

 

*テーマ:「 生体認証(静脈認証)システムが拓く未来」 元ソニー社長室長が語る、静脈認証の革新とモフィリアの挑戦     ~アイボなどの AI ロボティクスの事業化も 踏まえ、 未来を切り拓くイノベーションを徹底解説~

* 講師:株式会社 モフィリア会長 天貝 佐登史(あまがい さとし)氏

* 詳細:情報・意見交換会を参照ください。

*日時  : 2024 年 6 月 21 日(金)14:00~16:00

*場所  : [港区立生涯学習センター]

*定員 : 50 名

*参加費 : 千円

*申込方法 : (1)お名前 (2)お勤め先 (3)ご連絡先(メール、電話)を記入して

 外村(k_tomura@mtf.biglobe.ne.jp )、または、鈴木(6j929@dance.plala.or.jp) へ

 

  この講演会を通して、生体認証(静脈認証)について理解を深め、今後の活用を検討していただければ幸いです。

皆様のご参加をお待ちしております。

 

2024/05/20 作成: 情報発信 「新着 IT 情報」