/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

 

 

--  新たな国内産業動向  -- 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 ITを活用した新たな産業・事業が国内でも続々と生み出されようとしています。CASE/モビリティ、 AIロボット、ドローン、メタバース、ディジタル通貨(仮想通貨)、生体認証 等がその典型でしょう。

 

 ここでは、その具体的な動きを読者から寄せられた情報をベースにお伝えしていきます。皆様からの積極的な寄稿をお待ちしております。

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

提供(寄稿)者紹介:

 

古舘博義(ふるたち ひろよし)氏

 経営コンサルタント

 株式会社イーズ・グループ  ファウンダー

 アドレス:hiroyoshi.furutachi@mx-keio.net

――――

 ・慶應義塾大学大学院・管理工学専攻・修士課程修了(オペレーションズリサーチ)

 ・1973年、ソニーに入社し、34年間勤務。テレビ生産工場(愛知県)にて生産管理システム構築に携わり、

  その後、米国・メキシコ・スペイン・マレーシアの工場立ち上げに携わる。

  デジタル化やインターネット関連の新規事業領域の予測、提案、推進などを担当。

 ・本社・戦略研究所  主席研究員、コーポレート戦略部門経営戦略部   部長

    ・ソニーを退社し現在までに企業30社をサポート

 ・早稲田大学 元非常勤講師(情報化社会概論講座担当)

 ・情報通信学会   元評議員

 ・経済産業省  マネジメントメンターOB 

 ・好きな言葉:創造、敬天愛人、報恩謝徳

――――

 

 

麻倉怜士(あさくられいじ)氏

 オーディオ・ビジュアル/音楽評論家。津田塾大学&早稲田大学エクステンションカレッジ講師(音楽学)UAレコード合同会社主宰。ハイレゾシーンでは普及の指導的立場にある。日本経済新聞社、プレジデント社(雑誌「プレジデント」副編集長)を経て、オーディオ・ビジュアル/音楽評論家として独立。津田塾大学では2004年以来、音楽理論、音楽史を教えている。2015年から早稲田大学エクステンションカレッジ講師(音楽)HIVI、モーストリー・クラシック、PEN、ゲットナビなどの音楽雑誌、オーディオ・ビジュアル雑誌、ライフスタイル雑誌に音楽、映像、メディア技術に関する記事多数執筆。ネットではアスキーネット「麻倉怜士のハイレゾ真剣勝負」、AVウォッチ「麻倉怜士の大閻魔帳」を連載。音楽専門局「ミュージック・バード」では、2つレギュラー番組を持つ。CDBlu-ray Discのライナーノーツも多い。著書は「高音質保証!麻倉式PCオーディオ」(アスキー新書)、「究極のテレビを創れ!(技術評論社)、「ソニーの革命児たち」(IDGジャパン。アメリカ、韓国、中国、ポーランド、 チェコ版も)など数十にのぼる。

――――

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

   --- 目次 ---

2022/05/23

読者古舘博義  氏)から:

 開発者インタビュー   toio(トイオ)

2022/05/23

読者古舘博義  氏)から:

 <純利益初の1兆円超え>「失墜したソニーを復活させた男」の正体、過去には「世界のワースト経営者」と酷評されたことも

2022/05/23

読者古舘博義  氏)から:

 「Web3.0」「ディジタル通貨」に対する日本の政界・財務省・金融庁の最新の動き

2022/05/20

読者古舘博義  氏)から:

 乱立する日本の金融決済システムは海外と比べて遅れているのか? そうとも言い切れない事情

2022/05/19

読者古舘博義  氏)から:

 ~コンテンツ IP、DTC、テクノロジーの取り組み強化と、メタバース、モビリティを中心とした感動空間での

  新たなエンタテインメント体験の創出~

2022/05/19

読者古舘博義  氏)から:

 多要素認証の代表的な事例: ユニアデックス(日本ユニシスのグループ会社)とモフィリアが共同開発しました

2022/05/18

読者古舘博義  氏)から:

 脱炭素、ドイツは燃料代上げ 排出量取引で消費抑制

2022/05/18

読者古舘博義  氏)から:

 JERAが米火力発電を買収、脱炭素へ水素混焼に転換 

2022/05/18

読者古舘博義  氏)から:

 iモードがなければスマホは誕生しなかった」――KADOKAWA夏野剛社長が語る「日本の経営者にいま必要なもの」とは?

2022/05/16

読者古舘博義  氏)から:

 JERA(東京電力と中部電力が折半出資した発電会社。業界で発電量ナンバーワン。)、CO2排出量を35年度までに13年度比60%削減(ロイター)

2022/05/12

読者古舘博義  氏)から:

 ワイヤレス・ノイズキャンセリング・ヘッドホンの開発者のインタビュー記事

2022/05/12

読者麻倉怜士  氏)から:

 麻倉怜士のデジタル時評--2022年注目のオーディオ&ビジュアル5

2022/05/12

読者古舘博義  氏)から:

 AIの進化は第3ラウンドへ。社会課題をAIで解決する時代に「究極の勝者」を目指せ

2022/05/11

読者古舘博義  氏)から:

 エムスリーとソニーグループ:テクノロジーと医療の知見を融合したソリューション事業を行う 新会社「サプリム」を設立

2022/05/10

読者古舘博義  氏)から:

 ソニーのドローンの開発者インタビュー③

2022/05/09

読者古舘博義  氏)から:

 JR西「人型ロボ」実用化に挑む3人の社長が描く夢

2022/05/08

読者古舘博義  氏)から:

 ラオス銀行がCBDC研究に日本企業のソラミツを任命:調査と実施へ

2022/05/06

読者古舘博義  氏)から:

 DXを加速させる鍵は「セキュリティ対策」のアップデート

2022/05/06

読者古舘博義  氏)から:

 ドライバーズ認証システム 

2022/05/06

読者古舘博義  氏)から:

 自動車の生体認証市場2022:主要なプレーヤーの定性分析は 

2022/05/06

読者古舘博義  氏)から:

 フィジーなど4カ国、デジタル通貨検討 ソラミツが支援

2022/05/06

読者古舘博義  氏)から:

 mofiria 貴社の製品・サービスに最先端の生体認証を

2022/05/06

読者古舘博義  氏)から:

 デジタル人民元とは?   現状・影響・問題点を解説【2022年版】

2022/05/06

読者古舘博義  氏)から:

 Musio(ミュージオ)

2022/05/06

読者古舘博義  氏)から:

 AKA株式会社、株式会社モフィリア・代表取締役社長の天貝佐登史氏が取締役専務に就任

2022/05/03

読者古舘博義  氏)から:

 ソニーがEVに参入  トヨタや米テスラ、中国BYDに独VWだけじゃない熾烈な競争に「勝算」は?

2022/05/02

読者古舘博義  氏)から:

 イノベーションのジレンマをわかりやすく解説│事例に学ぶ2つの解決策

2022/05/02

読者麻倉怜士  氏)から:

 ソニー、LGが参入へ、EVで自動車業界再編を予感させたCES

2022/04/28

読者麻倉怜士  氏)から:

 ソニーGがついにEV参入、その狙いろ真意 川崎氏インタビュー

2022/04/28

読者麻倉怜士  氏)から:

 LEDプラネタリウムが創る HDM不要の「メタバース」ドーム空間

2022/04/27

読者古舘博義  氏)から:

 ソニー、「億ゲー」をメタバース基盤に 米エピックに3度め出資 IT大手対抗に再挑戦

2022/04/27

読者古舘博義  氏)から:

 ソニーモビリティ株式会社の設立について

2022/04/27

読者古舘博義  氏)から:

 カンボジアで世界初のデジタル通貨システムを作った日本人が語る金融の近未来

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

2022/05/23

 

読者(古館博義  氏)から

開発者インタビュー   toio(トイオ) 

 

小さなキューブに好きなものを取りつけ、自由なあそびを楽しめる「toio™(トイオ)」。
あそびを支えるプラットフォームとして、クラフトやプログラミングを楽しむツールとして、さまざまな可能性を秘めたこのロボットトイが目指すところとは?
プロジェクトリーダー田中章愛、企画・開発リーダーの中山哲法、コンセプト・UX開発のアンドレ・アレクシーの3名に、toioの真価、そのあそび方について話を聞いた。

(SONY)

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

2022/05/23

 

読者(古館博義  氏)から

 

<純利益初の1兆円超え>「失墜したソニーを復活させた男」の正体、

過去には「世界のワースト経営者」と酷評されたことも

 

 「(ソニーも)変化しなければ、隕石で滅んだ恐竜のようになってしまう」

 そんな危機感から、同社のビジネスを製造業からデジタルにシフトしたのが、元ソニーCEO・出井伸之氏。今ではデジタルのような「無形資産」で儲けることは当たり前になったが、出井氏が社長に就任した1990年代はまだ夢のような、にわかに信じられない話だった。

 ときには“世界のワースト経営者”と酷評される厳しい状況も。出井氏は当時をどう振り返るのか? ノンフィクション作家・児玉博氏による評をお届けする。(文春オンライン)

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

2022/05/23

 

読者(古館博義  氏)から

 

「Web3.0」「ディジタル通貨」に対する日本の政界・財務省・金融庁の最新の動き

 

 自民党NFT政策推進PTでの 株式会社「ソラミツ」宮沢社長のプレゼン

  

   自民党NFT政策推進PTで、Web3.0を活用して日本を良くする政策提言させていただきました。非常に良い議論ができて盛り上がりました。これらが実現できればWeb3.0で日本が存在感を示すことができます!

 

財務省・金融庁など250名を対象に 株式会社「ソラミツ」宮沢社長が「ディジタル通貨」の講義

 

 「デジタル通貨がもたらす未来―スタートアップ発の技術と世界・日本での取組み―」

 

なぜスタートアップが一国の「デジタル通貨」を構築できたのか? ソラミツ 宮沢氏に聞くBakong開発の経緯

 

 中国の「デジタル人民元」をはじめ、中央銀行が発行するデジタル通貨に注目が集まっている。カンボジアはデジタル通貨「Bakong」(バコン)を2020年から正式運用しているが、実は技術を提供しているのは日本のスタートアップ企業であるソラミツだ。ソラミツはどんな経緯から参画することになったのか。開発ストーリーに迫る。(ITmedia)

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

2022/05/20

 

読者(古館博義  氏)から

 

乱立する日本の金融決済システムは海外と比べて遅れているのか? そうとも言い切れない事情

  

 少し前の話になるが、文春オンラインにソラミツ代表取締役社長の宮沢和正氏のインタビュー記事が掲載されていた。乱立する決済サービスが国内に与える影響について解説されたものだ。

 ソラミツという名前をご存じない方も多いかもしれないが、ブロックチェーンの「Hyperledger Iroha」のオリジナルを開発した企業であり、この技術をベースにしたデジタル通貨「Bakong(バコン)」をカンボジアで立ち上げたことで広く知られている。Bakongは中央銀行が発行するデジタル通貨「CBDC(Central Bank Digital Currency)」の1つであり、実運用ベースのCBDCとしてはバハマに次いで世界で2番目でのサービスインとなる。

 CBDCは現在、日本を含む世界各国が研究開発を続けており、特に中国が熱心に取り組んでいることが知られ、一部都市での本格運用を始めた「DC/EP(Digital Currency/Electronic Payment:数字貨幣電子支付)」というサービスがある(海外では「eCNY」や「eRMB」とも呼ばれており、日本では「デジタル人民元」という名称で呼ばれることが多い)。(ITmedia)

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

2022/05/19

 

読者(古館博義  氏)から

 

~コンテンツ IP、DTC、テクノロジーの取り組み強化と、メタバース、モビリティを中心とした感動空間での

新たなエンタテインメント体験の創出~

 

 本日、ソニーグループ株式会社(以下、「ソニー」)は、2022 年度経営方針説明会を開催しました。

 

 説明会では、会長 兼 社長 CEOの吉田憲一郎が、「クリエイティビティとテクノロジーの力で、世界を感動 で満たす」という Purpose(存在意義)と「人に近づく」という経営の方向性のもと、長期視点での経営に取り組ん でいること、そして、人・社会・地球への「責任」と「貢献」を重視していることに触れた上で、人を軸とした3つの 事業領域で進めている投資と成長について説明しました。

 また、クリエイティビティとテクノロジーの力でエンタ テインメントの進化を支える取り組みとして、「人の心を動かす」エンタテインメント3事業におけるコンテンツ IP、 DTC(Direct-to-Consumer)サービスのさらなる強化と、「メタバース」「モビリティ」を中心とした感動空間での新 しいエンタテインメント体験の創出、そして、現実空間を捉えるセンシング技術と、捉えた世界から学ぶ AI を中 心としたテクノロジーについても説明しました。

 概要は以下の通りですが、詳細については、投資家向け情報サイトに掲載するスピーチ原稿・スライド・アー カイブ映像をご参照ください。

 

ダウンロード
2022 ソニーグループ経営方針
press_J.pdf
PDFファイル 451.5 KB

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

2022/05/19

 

読者(古館博義  氏)から

 

多要素認証の代表的な事例

ユニアデックス(日本ユニシスのグループ会社)とモフィリアが共同開発しました

 

 「SecureSuite®V(セキュアスイート ファイブ)」は、静脈、指紋、ICカード、ワンタイムパスワードを利用した多要素認証でPCログオンのなりすましを防止します。PCへのログオン後はアプリケーションのログインを自動化するシングルサインオンの機能を備えているのでユーザーの利便性も提供します。SecureSuite V は、ユニアデックスの自社開発製品です。(UNIDEX)

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

2022/05/18

 

読者(古館博義  氏)から

 

脱炭素、ドイツは燃料代上げ 排出量取引で消費抑制

 

 ドイツが脱炭素に向け、ガソリンなどの燃料代を上げる仕組みを2021年に導入した。販売業者がガソリンを売るには、二酸化炭素(CO2)を出した量に応じて「排出枠」を買わなければならない。購入費が転嫁されて小売価格が上がり、消費を減らす効果が生まれる。負担の抑制に偏る日本と比べ、ドイツは厳しい規制で先に進む。

ドイツは「排出量取引」と呼ぶ制度の対象を燃料に広げた。現状の排出量取引の仕組みではまず国が業...

 (日本経済新聞)

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

2022/05/18

 

読者(古館博義  氏)から

 

JERAが米火力発電を買収、脱炭素へ水素混焼に転換

 

 東京電力ホールディングス中部電力が折半出資するJERAは13日、米マサチューセッツ州などの火力発電所を米投資会社から買収すると発表した。総出力は163万キロワットで取得額は非公表。燃焼時に二酸化炭素(CO2)を出さない水素を混焼して発電することも想定する。数カ月以内に取得を完了する。

米投資会社、ストーンピークから米北東部の火力発電所を取得する。マサチューセッツ州のキャナル火力1~3号機(出力...

 (日本経済新聞)

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

2022/05/18

 

読者(古館博義  氏)から

 

iモードがなければスマホは誕生しなかった」

――KADOKAWA夏野剛社長が語る「日本の経営者にいま必要なもの」とは?

 

 

 総合エンターテインメント企業KADOKAWAのグループ企業で、動画投稿サイト「ニコニコ動画」などを運営するドワンゴは、毎年4月末に開いていた大型展示会「ニコニコ超会議」(超会議)を、千葉市の幕張メッセで4月29日(金祝)と30日(土)にリアル開催する。

 「超会議」は、2012年から毎年4月末に幕張メッセで開かれていた「ニコニコ動画」をテーマにした参加型イベントだ。だが、新型コロナウイルスの影響で2020年と21年は会場開催を取りやめ、オンライン開催のみとなっていた。22年は、19年4月以来の3年ぶりのリアル開催となる。

 「超会議」を主催するドワンゴを率いるのは、NTTドコモが運営していたサービス「iモード」の生みの親とされる夏野剛社長だ。夏野氏は、親会社であるKADOKAWAの社長も兼ねる。

 その夏野氏は4月11日、ホリエモンこと堀江貴文氏が出資する宇宙開発ベンシャー、インターステラーテクノロジズ(以下IST、本社・北海道大樹町)に、KADOKAWAとして出資することを発表した。

 国内屈指のIP企業が、宇宙ベンチャー起業に出資した理由は何か。また、3年ぶりの現地開催となるニコニコ超会議をどのように盛り上げていきたいか。ITmedia ビジネスオンラインの取材に、その狙いを明かした。(ITmedia)

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

2022/05/16

 

読者(古館博義  氏)から

 

JERA(東京電力と中部電力が折半出資した発電会社。業界で発電量ナンバーワン。)

CO2排出量を35年度までに13年度比60%削減(ロイター)

 

 [東京 12日 ロイター] - JERA(東京都中央区)は12日、2035年度までに国内事業からのCO2排出量を13年度比60%削減する目標を掲げた。1億トン以上の削減になるという。水素・アンモニア混焼を進め、火力発電による排出量の低減を図る。小野田聡社長は会見で「ロシアのウクライナ侵攻で脱炭素化は加速する」と述べた。35年度時点の具体的な電源構成は、火力発電への水素・アンモニア混焼の進捗などを見ながら検討していくという。

 25年度には、連結純利益2000億円(21年度は1600億円)に拡大させる。22―25年度は1兆4000億円の投資を計画。1兆2000億円は成長投資、うち6500億円は脱炭素関連に振り向ける。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

2022/05/12

 

読者(古館博義  氏)から

 

ワイヤレス・ノイズキャンセリング・ヘッドホンの開発者のインタビュー記事

 

 ソニーはワイヤレスヘッドホンのフラグシップであるヘッドバンド型の新モデル「WH-1000XM3」を開発した。従来モデルでも業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を誇っていたが、今回新たに開発した「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」を搭載したことで、さらに大きくノイズキャンセリング性能を向上させたとともに、音質も強化した。その開発にはどんな思いが込められていたのか、開発者に聞いた。(SONY)

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

2022/05/12

 

読者(麻倉怜士  氏)から

 

麻倉怜士のデジタル時評--2022年注目のオーディオ&ビジュアル5選 

 

 2021年のオーディオ&ビジュアル分野は、新しい方向性を見せてくれるような力作がそろっていた。8Kの進展、液晶、有機ELテレビの革新などビジュアル面の進化に加え、ワイヤレス化したホームシアターなど、サウンドジャンルでも新たなモデルが登場した。

 ここでは、2021年の新製品、サービスなどを振り返りつつ、新たに登場した製品やサービスが2022年どんな方向性に進んでいくのかについて話していきたい。

 最初に話したいのは8Kの進展だ。2018年に家庭向け4K、8K放送が本格スタートしたが、いまだにテレビ放送におけるコンテンツが潤沢にそろっているとは言い難い環境だ。しかしYouTubeに代表される動画配信系は4K、8Kコンテンツが盛り上がってきており、地方自治体が地元のPR動画を作ったり、映像機器メーカーのアストロデザインがYouTubeチャンネル「8K Video Album」を開設したりと、かなり面白いコンテンツがラインアップされてきた。(CNET)

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

2022/05/12

 

読者(古館博義  氏)から

 

AIの進化は第3ラウンドへ。

社会課題をAIで解決する時代に「究極の勝者」を目指せ

 

 AI(人工知能)の研究、AIのビジネス活用という第1ステージ、第2ステージでは、日本は米中に遅れた。しかし、社会課題解決へのAI活用という第3ステージでは、まだ勝者は決まっていない−−。AIを用いた社会課題の解決を目指すエクサウィザーズ社長の石山洸氏は、そう語る。

 第1、第2ステージで研究・活用されたのが文明的AIだとすると、第3ステージで求められているのは文化的AIであり、そうしたAIの進化では人や環境を大切にし、どれだけ優しくあることができるかがカギになると石山氏は見ている。

 DX(デジタル・トランスフォーメーション)におけるHX(人間としての体験)の重要性を唱えるDeloitte AI Institute所長の森正弥氏は、石山氏のこの考え方に深く共感する。ミクロの事業活動とマクロの社会課題の相関をデータで可視化できるようになった時代のAIの進化について、両氏の見解を聞いた。(東洋経済)

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

2022/05/11

 

読者(古館博義  氏)から

 

エムスリーとソニーグループ:テクノロジーと医療の知見を融合した

ソリューション事業を行う 新会社「サプリム」を設立

 

 エムスリー株式会社(以下、エムスリー)とソニーグループ株式会社(以下、ソニー)は、テクノロジーと医療の知見を融合したソリューション事業を行う会社「株式会社サプリム※1」(以下、サプリム)を新たに設立しました。新会社では、デジタル技術を活用して病気の治療を行うデジタル治療(DTx:デジタルセラピューティクス)を視野に、在宅でのリハビリ支援を行う身体機能改善事業や高齢期の虚弱(フレイル)予防事業、IoTを用いた医療センシング事業などを展開します。

 エムスリーは、日本の医師の9割、世界の医師の5割が登録するプラットフォームを活用し、多様なサービスを提供しています。また、ソニーは、「クリエイティビティとテクノロジーの力で、世界を感動で満たす」というPurpose(存在意義)と「人に近づく」という経営の方向性のもと、「人」を軸とした多様な事業を展開しています。新会社では、「クリエイティブな発想と先進技術で、健康で楽しく暮らす人を一人でも増やす」ことを目指し、エムスリーが有する医療分野の知見やネットワークに、ソニーの最新テクノロジーとエンタテインメントのノウハウを融合し、患者が楽しみながら治療やリハビリを続けられるようなソリューションを提供していきます。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

2022/05/10

 

読者(古館博義  氏)から

 

ソニーのドローンの開発者インタビュー③

 

 機体開発・製造編 設計から製造まで一丸となって臨んだ「Airpeak S1」のものづくり

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

2022/05/09

 

読者(古館博義  氏)から

 

JR西「人型ロボ」実用化に挑む3人の社長が描く夢 

 

 JR西日本が日本信号やロボットベンチャー企業の人機一体と共同開発する多機能型の鉄道作業用重機が実用化に向けて大きく前進した。「人型重機ロボットと鉄道工事用車両を融合した多機能鉄道重機を開発し、2024年春に営業線での導入を目指す」――。4月15日、都内で開催された記者会見で長谷川一明社長が高らかに宣言した。

人間に代わって人型重機ロボットがクレーン車の先端に搭載され、作業を行う。高所作業を人が行う場合、高所で作業する人のほか、クレーン車の操縦者、補助スタッフなど合計で3〜4人が必要となる。しかし、高所作業をロボットに代替させればクレーンとロボットを操縦するスタッフと目視確認を行うスタッフの2人くらいで十分だ。「作業員の数を約3割減らせる」と長谷川社長は期待する。(東洋経済)

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

2022/05/08

 

読者(古館博義  氏)から

 

ラオス銀行がCBDC研究に日本企業のソラミツを任命:調査と実施へ

 

 ラオス人民民主共和国の中央銀行にあたるラオス銀行(Bank of Lao)は、独自のデジタル通貨を開始することを決意し、調査と実施目的に、かつてカンボジアが同様のプロジェクトを達成するのを支援した日本の金融テクノロジー企業であるソラミツ(Soramitsu)との提携に合意したことが分かった。

 ラオスは、東京を拠点を構えるソラミツが2021年10月に中央銀行指導の下、デジタル通貨(CBDC)調査を開始すると発表した事をNIKKEI ASIA報じた。

 ラオス人民民主共和国銀行は、ソラミツが国の中央銀行デジタル通貨(CBDC)の作成を検討するとの書面による合意に署名。ソラミツは、金融セクターでのブロックチェーンテクノロジーの応用に取り組み、さまざまな企業や政府を支援する、日本を拠点とする操業5年目を迎えたばかりのグローバルスタートアップ企業だ。(NEXT MONEY)

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

2022/05/06 

 

読者(古館博義  氏)から

 

 DXを加速させる鍵は「セキュリティ対策」のアップデート

 

   新型コロナウイルス感染症の拡大を機に日本企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)は加速したが、経済全体を活性化させるほど普及が進んでいるとは言い難い。その原因の1つとして挙げられるのが、DXに伴うセキュリティ対策の導入に苦戦している企業が多いことだ。米豪日を対象に「企業における情報セキュリティ実態調査」を実施したNRIセキュアテクノロジーズのDXセキュリティ事業本部 副本部長である足立道拡氏と、セキュリティコンサルタントの名部井康博氏に、同調査結果から見えてくる現在の日本企業が抱える情報セキュリティの課題と必要な対策について伺った。

 (日本経済新聞)

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

2022/05/06 

 

読者(古館博義  氏)から

 

ドライバーズ認証システム 

 

 ドライバー本人を特定したうえで、自動車の車載コンピューター(ECU)から得られる運転中の情報をログとして記録。ドライバーの運転傾向を時系列で正確に可視化することで、安全な運転走行やクルマと社会の抱える多様な課題解決に役立てたい。

そんな願いを込めて、ユビキタス社と共同開発したのがドライバーズ認証 デモシステムです。

 ドライバー個人の生体認証後はじめてエンジンがかけられるようになり、目的地までそのドライバーがハンドルを握っていたことを証明。あわせてドライバーの運転傾向もリアルタイムにクラウドでアップされます。 記録されたログは、ビッグデータとして集積され、安全運転の支援や危険運転防止、盗難予防、カーシェアリングの効率的運用など、さまざまな用途に役立てられます。

 クルマと社会に関わる課題を解決するシステムとして、自動車メーカー、損害保険、行政・自治体、道路の管理運営など多様な業界のソリューションに応用可能です。

  (cybertrust)

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

2022/05/06 

 

読者(古館博義  氏)から

 

自動車の生体認証市場2022:主要なプレーヤーの定性分析は 

 

 Reports Insightsによる自動車の生体認証市場分析の要約は、さまざまな地域でこの垂直トレンドにつながる現在のトレンドの徹底的な調査です。調査では、市場シェア、市場規模、アプリケーション、統計、および売上に関連する重要な詳細を要約しています。さらに、この研究は、市場の見通し、特に市場の専門家が主張する成長戦略に関する徹底的な競争分析を強調しています。

 自動車の生体認証次のようなトップメーカーによる市場競争:Continental, Bosch, Valeo, Voicebox Technologies, Hitachi, FUJITSU, Synaptics, Methode Electronics, Hid-Global, VOXX International, Denso,

 (EX-TRAIN)

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

2022/05/06 

 

読者(古館博義  氏)から

 

フィジーなど4カ国、デジタル通貨検討 ソラミツが支援

 

 フィジーなど太平洋に浮かぶ島国の4カ国がデジタル通貨の開発・検討に入った。カンボジアのデジタル通貨の開発に携わったソラミツ(東京・渋谷)と発行に向けた調査を始める。経済がデジタル化するなかで、小国にも中央銀行によるデジタル通貨(CBDC)の流れが波及してきた。内閣官房から大洋州諸国の金融インフラ調査・分析をNTTデータ経営研究所が受託し、一部業務をソラミツが請け負う。調査対象になるのは、フィジ...

 (日本経済新聞)

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

2022/05/06 

 

読者(古館博義  氏)から

 

mofiria  貴社の製品・サービスに最先端の生体認証を

 

 鍵・パスワード・カードの代わりに生体認証をご利用いただくことによって、確実な本人 確認だけでなく、紛失・盗難防止、偽造・なりすまし防止などにも役立ちます。 安全と利 便性の両立が可能です。

 LEDから発光された近赤外光を指静脈にあて、体内で散乱した光をCMOSセンサーで効率的に撮像する独自の反射散乱方式を採用しています。 この反射散乱方式では、LEDの光を斜めに指静脈に当てて撮像しているため、平面での配置が可能で、機器の小型化や他の機器に組み込む際の柔軟なデザインを可能にしています。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ダウンロード
mofiria 生体認証
mofiria_brochure_JP.pdf
PDFファイル 528.1 KB

 ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

2022/05/06

 

読者(古館博義  氏)から

 

デジタル人民元とは?現状・影響・問題点を解説【2022年版】

 

 中国の中央銀行である中国人民銀行が2022年2月に行われた北京五輪で、外国人向けに初めてデジタル人民元を提供しました。中央銀行が発行するデジタル通貨の最先端として世界から注目を集めています。本稿では、デジタル人民元の概要からデジタル人民元がもたらす影響や問題点など網羅的に解説します。

 前述したように現在の世界の通貨基軸は米ドルです。しかし米ドルはデジタル化されておらず、人民元がデジタル通貨の中心になれば、人民元の国際化が強化されるでしょう。

 さらに中国は2013年に習近平国家主席が「一帯一路」を掲げたことによる広域経済圏を築いており、こうした広域経済圏にデジタル人民元が定着すれば、より強固な国際化につながっていくとされています。そのため中国では早期にデジタル人民元を定着させ、デジタル人民元通貨圏を構成することで、人民元の国際的な存在感の強化を狙っていると考えられます。(TheFinance)

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2022/05/06

 

読者(古館博義  氏)から

Musio(ミュージオ)

 

 IT企業が開発した家庭用AIロボット、動画で説明。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

2022/05/06

 

読者(古館博義  氏)から

 

AKA株式会社、株式会社モフィリア・代表取締役社長の天貝佐登史氏が取締役専務に就任

 

 「一家に1ロボット」時代の実現を目指し、人工知能エンジン及び人工知能ソーシャルロボットを開発しているAKA(アメリカ本社:AKASTUDY LIMITED 米国カリフォルニア州、日本法人:AKA株式会社 東京都渋谷区、代表:Raymond Jung、以下AKA)は、株式会社モフィリア代表取締役社長の天貝佐登史氏が取締役専務として就任したことをお知らせいたします。

 天貝氏の就任により、AKAでは今秋発売を予定している日本語会話エンジン「Muse J」と、シニアを対象とした認知症予防と認知能力向上プログラム「ReSmart」を搭載したAIロボット「Musio S」のさらなる開発を進めていきます。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

 2022/05/03

 

読者(古館博義  氏)から

 

ソニーがEVに参入  トヨタや米テスラ、中国BYDに独VWだけじゃない熾烈な競争に「勝算」は?

 

 ソニーグループが電気自動車(EV)に参入する。吉田憲一郎社長が2022年1月4日、世界最大級の家電IT見本市「CES」(米ラスベガス)の開幕に合わせて、新会社「ソニーモビリティ株式会社」を今春に設立し、量産化を検討すると発表した。 EVは「脱炭素」の流れが強まるなか、ガソリン車に比べて技術的な障壁が低い。アップルの参入もウワサされており、IT企業など異業種を交えたEVの競争環境は激変しそうだ。

 ソニーの参入は既定路線と見る向きが多い。ちょうど2年前、2020年1月のCESでEVの試作車「VISION―S」(4人乗りセダン)を披露していた。この時、「自社のセンサー技術や音響設備をアピールするために製作した」と説明されたが、一定の自動運転が可能なことも公表され、一般道の試験走行を2020年12月のオーストリアを皮切りに欧州で始めていた。

 今回は新たにスポーツタイプ多目的車(SUV)の試作車もお披露目し、吉田社長は 「EVの市場投入を本格的に検討していく。AI(人工知能)やロボティクス技術を最大限に活用し、モビリティー(移動)の可能性をさらに追求する」

 (JCAST)

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

2022/05/02 

 

読者(古館博義  氏)から

 

イノベーションのジレンマをわかりやすく解説┃事例に学ぶ2つの解決策

 

 社会や企業の発展に「イノベーション」は欠かせない。カセットからCDへ、そしてシリコンオーディオへ。こうした技術革新は、今まで世になかった新しい体験をユーザーに提供し、ユーザーに受け入れられた体験を提供した企業は大きな利益を得る。それがイノベーションの最大のベネフィットと言えるだろう。

 しかし実際にはプラスの面ばかりではなく、マイナス面もある。すなわち「イノベーションのジレンマ」について理解しておくことが、今後のビジネスの展開において肝要だ。

 そこで今回はイノベーションのジレンマについて、事例を交えてわかりやすく紹介し、実際に企業が行った解決策を説明しよう。(FINCH)

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 2022/05/02

 

読者(麻倉怜士  氏)から

 

ソニー、LGが参入へ、EVで自動車業界再編を予感させたCES

 

 2年ぶりのリアル開催を実現させた、世界最大のテクノロジー見本市「CES 2022」(2022年1月5~7日、主催:全米民生技術協会)。開催直前に新型コロナウイルスのオミクロン株の感染が急拡大したことにより、米Amazon.com(アマゾン・ドット・コム)、米Google(グーグル)、米Meta(メタ)、カシオ計算機など大手が相次いで出展を取りやめ、テクノロジー業界のお祭りに影を差したのは事実だ。それでも、800社以上のスタートアップを含む2300社以上の企業が世界から出展し、約4万人がラスベガスに集った。CES 2022の見どころを振り返り、2回に分けて紹介する。(日経XTECH)

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

2022/04/28

 

読者(麻倉怜士  氏)から

 

ソニーGがついにEV参入、その狙いと真意 川西氏インタビュー

 

 CES 2022でのソニーグループのプレスカンファレンスにおいて、吉田憲一郎・代表執行役会長兼社長CEO(最高経営責任者)は「I am excited to announce this spring, we are establishing a new company, “Sony Mobility Inc,” to accelerate these efforts. And, we are exploring a commercial launch of Sony’s EV.」との力強い言葉で、ソニーグループのEV(電気自動車)参入を表明した。CES 2020の「VISION-S Prototype」発表時には、自動車メーカーへ部品やデバイスを供給するために学びを深めていき、さらにはモビリティーやエンターテインメントの研究目的であるとして、自社での車ビジネスは行わないと明言していた。だが一転、CES 2022ではEV展開を本格的に検討していくための新会社「ソニーモビリティ」の設立とその方針を明らかにした。昨年(2021年)に引き続き、ソニーグループ 常務 AIロボティクスビジネス担当 AIロボティクスビジネスグループ部門長の川西泉氏に、詳細にわたり、真意を聞いた(聞き手は麻倉 怜士=評論家、日本画質学会副会長)。

 (日経XTECH)

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

2022/04/28

 

読者(麻倉怜士  氏)から

 

LEDプラネタリウムが創る HMD不要の「メタバース」ドーム空間

 

 最新のプラネタリウム「コニカミノルタプラネタリアYOKOHAMA」が2022年3月に開館した。横浜市のみなとみらい地区に立地する横濱ゲートタワーの2階にある。そのオープニングセレモニーに参加した筆者は、「最新のプラネタリウムはこれほどの高画質なのか」と目を見張った。それはずばり、ディスプレーデバイスにLEDを使ったことによるメリットだ。俄然(がせん)、興味を持った筆者は、LEDドームプラネタリウムの最新画質事情を調べることにした。(日経XTECH)

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

2022/04/27

 

読者(古舘博義  氏)から

ソニー、「億ゲー」をメタバース基盤に

米エピックに3度目出資 IT大手対抗に再挑戦 

 

ソニーグループが人気オンラインゲーム「フォートナイト」で知られる米エピックゲームズへの3度目の出資を決めた。10億ドル(約1250億円)を新たに投じ、合計で4.9%を出資する。利用者が3億人超のエピックのゲームを足がかりにインターネット上の仮想空間「メタバース」の基盤をつくる。米IT(情報技術)大手に伍(ご)してエンターテインメント分野のプラットフォーマーになることを狙う。(日本経済新聞)

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

2022/04/27

 

 

読者(古舘博義  氏)から

 

ソニーモビリティ株式会社の設立について

 

  ソニーグループ株式会社は、2022年4月1日付でソニーモビリティ株式会社を設立しました。

 

  新会社ではモビリティの進化への貢献に向けたモビリティ向けサービスプラットフォームの開発、事業化とともに自律型エンタテインメントロボット"aibo"(アイボ)や、プロフェッショナル向けドローンAirpeak、Sociable Cart(ソーシャブルカート): SC-1などの事業も展開する予定です。また、AIやセンシング技術を活用し安心・安全な移動の実現のため、タクシー会社各社と設立したS.RIDE株式会社へのサポートも継続します。新会社ではこれらの活動に加え、新たなAIロボティクス商品・サービスの創出に向けた研究開発、事業化への取り組みも推進していきます。

  なお、ソニーグループ株式会社のAIロボティクスビジネスグループで行ってきたこれらの事業の新会社への移管は、2022年9月の完了を目指して実施していく予定です。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

2022/04/27

 

読者(古舘博義  氏)から

 

カンボジアで世界初のデジタル通貨システムを作った日本人が語る金融の近未来

 

  カンボジアの中央銀行デジタル通貨システム「バコン」を開発した日本企業「ソラミツ」の奮闘を描いた『ソラミツ 世界初の中銀デジタル通貨「バコン」を実現したスタートアップ』(日経BP)。著者の宮沢和正社長にデジタル通貨の今後の展望、そして金融の近未来について伺った。

 

 ―スタートアップ企業のソラミツがアイデアを武器に一国の中央銀行のデジタル通貨システムを作り上げた過程は、スティーブ・ジョブズやビル・ゲイツがシリコンバレーの最初の頃を彷彿とさせます。デジタル通貨に目を向けた理由は?

 ビル・ゲイツやスティーブ・ジョブズとは月とスッポンですけれども、私はソニーで長く勤めました。ソニーは世界初をやろうという文化がありましたから、とにかく世の中にないものをやりたいと思った。私はシリコンバレーでパソコンのVAIO1号機を開発したものの、大きな赤字を出した。これからはハードウェアの時代じゃない、サービスとかインターネットの時代だと思いまして、帰国して、電子マネーのEdyを始めました。(nippon.com)

以下続く

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 

 ―――――――――――――

    トップに戻る 

―――――――――――――