////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

--  介護・福祉  -- 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

2021/03/18

 

自動運転が外出手助け 河内長野市、5月にも実証実験

https://www.sankei.com/life/news/210316/lif2103160040-n1.html

 自動運転のカートを高齢者が多く住む団地内の移動手段として運行する実証実験に、大阪府河内長野市が乗り出す。高齢者が買い物など外出する機会を維持するのが狙いで、緊急時などに対応する運転手を住民が務める仕組み。住民が主体となって団地内で自動運転車両を走らせるのは全国でも初めてとのことで、市は、5月にも運用を始めたいとしている。(産経新聞)

 

2021/03/13

 

自動運転車と電動車いすを連携、移動サービスが好評価 つくば市で実証実験を実施

https://response.jp/article/2021/03/13/343926.html

つくばスマートシティ協議会は39日、自動運転車とパーソナルモビリティの連携による病院への移動を支援するスマート・コミュニティ・モビリティ実証実験を実施したと発表した。

実証実験は22728日につくば市のみどり公園から筑波大学附属病院を自動運転車(レベル2)で移動した後、パーソナルモビリティに乗り換え、

病院内の診察受付機まで遠隔操作で移動した。

   高齢者などの交通弱者の移動・外出の促進を図るため、自動運転車と低速型パーソナルモビリティ(電動車いす)を連携して、住宅地から最終目的地までの移動を一気通貫で提供した。これによって自動運転車の実環境での走行性能やパーソナルモビリティとの連携性、利用者利便性や安全・安心性などについて検証した。(Response

 

2021/03/05

 

高齢者見守りの新たな手段はエアコン!?三菱電機がIoT活用で来年度事業化

https://newswitch.jp/p/26195

三菱電機は2021年度にIoT(モノのインターネット)技術を活用して特別養護老人ホームなどでの見守りサービスを事業化する。各部屋に設置するセンサー端末を試作したほか、既設エアコンの赤外線センサーを活用する。超高齢化社会に入り、人材不足を含めた介護者の激務が深刻な問題となっており、同社ではデジタル技術で社会課題解決に貢献する。

三菱電機は20年に介護支援システム開発ベンチャーのジーワークス(東京都新宿区)に出資して協業を始めていた。見守りサービス事業化に向け、赤外線センサーなどを搭載したセンサーモジュールを試作し、特定のサービス付き高齢者向け住宅などで実証を進める計画。天井などに同モジュールを取り付けることで、実際に職員が各部屋の見回りをせずに入居者の動きを遠隔で把握できる。加えて、人工知能(AI)などを用いて人の動きを予測し、歩行中のけがを未然に防ぐシステムも構築する。(ニュースイッチ)

 

2021/03/05

 

*介護をIT化していく背景とは?メリットデメリットや導入事例を紹介

https://solasto-kcareer.com/media/46984/

 少子高齢化が深刻化していく中で、限られた人員で最適な介護サービスを提供することが、介護業界での今後の課題です。その解決策の1つとして、介護現場へのIT導入が注目されています。本記事では介護をIT化していくことになる背景や、ITを導入するメリットデメリットを、事例を交えて紹介します。

 介護サービスを提供している企業の約9割が従業員数100名以下です。それらの企業ではリスクを冒してまでITを導入しようとするのは難しいのが現状です。そのため介護業界全体でITの導入が遅れているのです。こうした状況を受け、介護現場へのIT導入を推進するために、補助金制度を設けるなど国は様々な対策をとっています。そのため、今後はIT化が早いペースで進んでいくことが期待されています。(ソラジョブ)

 

2021/03/05

 

*介護ロボット、AI…この仕事は今後どうなるのでしょうか?

https://mynavi-kaigo.jp/media/articles/94

 介護業界にもロボットとかAIの波が徐々にきているように感じます。介護は安泰だとは思っていますが、医師でさえもAIで診断ができるから~などと言われていますよね。今後この仕事はどうなるのでしょうか。

 AI、RPA、介護ロボット…。色々な技術が介護業界にも出てきまして、将来どのような業界になるのか期待や不安もありますよね。そんなものなくても介護業界は大丈夫だ!と断言できるほど介護業界には人手が余っているわけでもありません。高齢者は増える、でも介護職員は不足している…。そこで人でなくてもできる部分をAIやロボットに、人でしかできない部分を介護職員の皆さんがするという業界に将来的にはなることでしょう。(マイナビ)

 

2021/03/05

 

*介護業界の人手不足、2025年は序章?介護現場は2035年破綻の危機を迎える!?【1】

https://www.hni.co.jp/787/

 日本国内の企業における数年来の課題のひとつに人手不足が挙げられますが、中でも介護職に関しては厳しい状況が続いています。介護施設の中には足りない人員数での現場対応を余儀なくされ、疲弊しているところも少なくありません。不足状態が慢性化することで負の連鎖が生じ、運営が立ち行かなくなるようなケースも実際に出てきています。

 日本国内の企業における数年来の課題のひとつに人手不足が挙げられますが、中でも介護職に関しては厳しい状況が続いています。介護施設の中には足りない人員数での現場対応を余儀なくされ、疲弊しているところも少なくありません。不足状態が慢性化することで負の連鎖が生じ、運営が立ち行かなくなるようなケースも実際に出てきています。(Handi  Network International)