/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

 

 

 

 

 --  ウクライナ問題  --

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ウクライナ侵攻BBC現地の最新情報

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

2022/06/21

 

「我々はすでに第三次世界大戦に突入した」エマニュエル・トッドが指摘した世界戦争を激化させるアメリカの無責任

https://news.yahoo.co.jp/articles/dd992948c60defcf0e87a7869d74c91e3d81ebf3

 「ウクライナ軍の成功が戦争をより暴力的な方向に向かわせる」エマニュエル・トッドが語ったこの戦争が長期化する理由 から続く

 当初は、ローカルな問題に留まるはずだったウクライナ問題はなぜ国際秩序に大混乱を招くグローバルな問題に発展したのか?  ウクライナ問題に関わる大国たちの思惑を、仏の歴史人口学者、エマニュエル・トッド氏の新刊『 第三次世界大戦はもう始まっている 』より一部抜粋してお届けする。

 

 ウクライナ問題は、元来は、ソ連崩壊後の国境の修正という「ローカルな問題」でした。1991年当時、ロシアがソ連解体を平和裏に受け入れたことに世界は驚いたわけですが、ロシアからすれば、1990年代前半に行なうべきだった国境の修正をいま試みている、とも言えるでしょう。  しかしこの問題は、初めから「グローバルな問題」としてもありました。(文春オンライン)

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2022/06/05

 

「プーチンはすでに負けた」歴史学者ユヴァル・ノア・ハラリが、そう断言する理由

https://president.jp/articles/-/58035

 世界的な賢人12人のインタビュー・論考をまとめた『ウクライナの未来 プーチンの運命』が話題だ。「人は想像を超える事態を目にすると、しばしば思考停止に陥るが、目を背けてはならない。考え続けなければならない。賢人たちの言葉は、私たちにより深い視座を与えてくれるはずだ」と編集を担当したクーリエ・ジャポン編集部は言う。同書より、『サピエンス全史』で知られる歴史学者ユヴァル・ノア・ハラリのインタビューを特別公開する──。(第1回/全2回)

 ──プーチンは、ロシアの軍事作戦の目的は「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」であると宣言し、ウクライナ軍がネオナチに指揮されているというクレムリンの主張に言及しました。

【ハラリ】プーチンは正気を失い、現実を否定しているのだと思います。この戦争すべての基本的原因は、プーチンが頭のなかで空想を作り上げたことにあります。「ウクライナは現実には存在しない、ウクライナ人はロシアに吸収されたがっている、それを阻んでいるのはナチ一派だけだ」というものです。この妄想のせいでプーチンは、ウクライナを侵略した瞬間にゼレンスキー大統領は逃亡し、ウクライナ軍は降伏し、国民は花を持ってロシアの戦車を出迎え、ウクライナはロシアの一部に戻るはずだと考えたのです。

けれど、彼は完全に間違っていました。ウクライナは現実に存在する、非常に勇敢な国家です。ゼレンスキーは逃亡しませんでした。ウクライナ軍は猛烈に戦っています。そしてウクライナ国民は、ロシア戦車に向かって花ではなく火炎瓶を投げつけています。プーチンはこの国の大部分を征服するかもしれません。でも、手元に留め、吸収することはできないでしょう。それこそが彼の目標ですが、達成することはできないでしょう。

 

彼はすでに戦争に負けたのです。(プレジデント)

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2022/06/05

 

*ウクライナIT軍「ロシア人への声明」の衝撃

https://www.dlri.co.jp/report/ld/187785.html

ロシアによるウクライナ侵攻が始まり約3か月が経過した。筆者は以前、ウクライナ政府がウクライナIT軍を立ち上げ、その活動の1つとしてロシアに対しDDoS攻撃と呼ばれるサイバー攻撃を行っている実態を紹介した(注1)。そのウクライナIT軍は、DDoS攻撃のみならず、サイバー空間を通じた活動を他にも展開している。その1つとして、ウクライナIT軍が動画「ロシア人への声明」を不定期に公開し、ロシアが展開するプロパガンダに対抗していることを確認できた。本稿では、その「ロシア人への声明」の内容から、実際にどのように対抗しているのかを確認し、その意義について考察する。

 

ウクライナIT軍が不定期に公開する動画「ロシア人への声明」は、ロシアのウクライナ侵攻によりウクライナで起こっている出来事をロシア国民に伝えるという内容となっている。実際に筆者は、SNS上で「ロシア人への声明」を確認してみた。例えば、ウクライナ国内で亡くなったロシア兵の親族に、その出来事を伝える動画がある。最初の動画が公開された日付は、202245日である。動画ではまず、ハッカーを思わせる人間の形を模した「顔」が、くぐもった声で「IT army is on air!」と語りかけてくる(図表2)。

(第一生命経済研究所)

ウクライナIT軍「ロシア人への声明」の衝撃

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2022/05/04

 

日本人が知らないロシアとウクライナの「逆」の関係

https://news.yahoo.co.jp/articles/dadf5b206505ee9507288a8e45aeca6e33eb7b97

 <ウクライナはロシアの属国のように思われがちだが、歴史的に見ればそうではない>

  「兄貴分」ロシアによる「弟分」ウクライナ侵略は世界を震撼させた。 帝政ロシア、ソ連時代を通じてその一部だったことから、ロシアの属国のように思われがちだが、歴史的に見れば「逆」ということはあまり知られていない。ウクライナこそが本家で、ロシアが分家だ。 (Newsweek)

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2022/04/26

 

【独自解説】ウクライナのIT戦略は最年少大臣が指揮!戦時下でも行政手続き可能なアプリ「Diia」でロシア軍の情報を収集 驚きの電子戦を徹底解説

https://news.yahoo.co.jp/articles/388c05c167fa113b156924ae54d4be44e03fcaed?page=1

 東部・南部がきわめて厳しい状況にある一方で、首都キーウではロシア軍を撃退するなど徹底抗戦の構えを見せているウクライナですが、その陣頭指揮を執るのが、ウクライナ史上最年少のデジタル大臣です。その大臣が指揮するIT戦略を、ウクライナ情勢に詳しい 神戸学院大学の岡部芳彦教授と軍事ジャーナリストの黒井文太郎さん専門家2人が解説します。

 

 注目されている、フェドロフ副首相兼デジタル相(31歳)ですが、大学卒業後にSNSに特化した広告会社をキーウに設立しました。そしてゼレンスキー大統領が出馬した大統領選挙で、デジタルアドバイザーに就任し、勝利に導いた後、副首相兼デジタル相に任命されウクライナ史上最年少の大臣となりました。(読売テレビ)

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2022/04/24

 

中国も注視、ウクライナ侵攻をめぐって各国が繰り広げる「サイバー大戦2022」の実態とは

https://news.yahoo.co.jp/byline/yamadatoshihiro/20220424-00292941

ウクライナ侵攻では、当初から専門家らによって予測されていたようなロシアやウクライナによる「サイバー戦争」はほとんど表沙汰になってこなかった。とはいえ、米情報関係者らはさまざまなサイバー攻撃が起きていると明言する。

よく知られているところでは、ウクライナはミハイロ・フェドロフ副首相が、ウクライナIT軍を427日に立ち上げ、世界中にいるウクライナ支持のエンジニアなどに対ロシアのサイバー攻撃に参戦するよう呼びかけた。現在、最大で30万人ほどが登録して、ロシア国内の標的である政府機関や民間企業にサイバー攻撃を実施している。

 

加えて、IT軍以外にも50ほどのハッキング集団が参加しているのが確認されており、ロシアへのサイバー攻撃の方法やターゲット情報を共有しながら攻撃を続けている。DDos攻撃(標的のサーバーに負荷をかけて機能不全にする攻撃)やホームページの改ざんなどを行っている。ハッキングで盗んだ情報暴露も実施しており、ハッキング集合体のアノニマスは、たとえば3月に、ロシアのメディア監視当局のシステムから800ギガバイト以上の内部データを盗み出して公開している(Yahooニュース)。

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2022/04/22

 

2014年には良かったロシア軍の情報収集・通信が今回ひどい理由

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2022/04/2014-4.php

 <プーチン大統領がこんな自滅への道を歩むとは思わなかった――。外交官を務め、50年以上ソ連・ロシア観察を続けてきた河東哲夫氏が今回のウクライナ侵攻の序盤に見たもの> Newsweek

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2022/04/17

 

アングル:「西側制裁で失業」、ロシア労働者の新たな現実

https://news.livedoor.com/article/detail/22016801/

西側のロシア制裁によって同国経済は急降下しており、インフレ率は2桁台、成長率はマイナス2桁台に陥る見通しだ。戦略研究センター(モスクワ)は、ロシアの失業者数が年末までに最大200万人増えると予想している。最悪の場合、失業率は2月水準の2倍の8%に近づく恐れがあるという。「ロシアは国際金融システムから強制的に追い出された。従って経済の構造全体が変わるだろう」と言うのは、オックスフォード・エコノミクスのタチアナ・オルロバ氏だ。(livedoor NEWS)

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2022/04/13

 

ウクライナ “最大の激戦地” AI解析で見えたこととは

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220412/k10013577621000.html

 「何万人もが命を落とした」とゼレンスキー大統領が訴える、ウクライナ“最大の激戦地”マリウポリ。病院や劇場への攻撃が伝えられていますが、街全体の被害状況は明らかになっていません。今回、最新の衛星画像をAIで独自に解析しました。浮かび上がってきたのは街全体に及ぶ破壊の痕跡と、専門家が「戦争犯罪の可能性が高い」と指摘する攻撃の実態でした。(マリウポリ衛星画像取材班)(NHK

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2022/04/08

 

*ボロディアンカの被害状況、ウクライナ国防省がドローン映像を公開(ロイター映像ニュース)

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2022/04/03

 

「だからプーチンは想定外の苦杯をなめた」ウクライナの"デジタル戦"を支えた31歳閣僚の手腕

https://news.yahoo.co.jp/articles/711eb26b41657570670d1446f5cdf10c397d7ed6?page=1

 ロシアのウクライナ侵攻について、世界中から非難の声があがっている。なぜこうした状況になったのか。政治ジャーナリストの清水克彦さんは「ロシアは『デジタル戦』でウクライナに負け、情報統制に失敗した。これはプーチン大統領にとって想定外の事態だったはずだ」という――PRESIDENT Online

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2022/03/25

 

「これで海から進軍可能に」とロシアが豪語した軍艦、3日後に「破壊」される

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2022/03/3-309_1.php

<ウクライナが「破壊した」と発表したロシアの揚陸艦は、わずか数日前にロシア側が「港を占領した」と豪語していた際に言及された艦だった>

ウクライナ軍は324日、ロシア軍に制圧されている南部ベルジャンスクの港で、停泊中だったロシア軍の揚陸艦を破壊したと発表した。この揚陸艦はつい数日前、ロシアが同港に入港したことを大々的に発表していたものだった。

ウクライナ国防省は24日、ツイッターに「ロシアに占領されているベルジャンスク港で、ロシア黒海艦隊の大型揚陸艦オルスクを破壊した」と投稿した。ツイートには、炎に包まれたオルスクとみられる艦船の写真も添えられた。(Newsweek

 

 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2022/03/25

 

ウクライナ侵攻の裏で何が? イーロン・マスクの“技術”が生命線に

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2203/24/news033.html

最近、世界を取り上げた世の中のニュースはウクライナ一色である。先日、ウクライナのゼレンスキー大統領が日本の国会でスピーチをして話題になったが、ロシアとの停戦交渉はまだ続いており、出口はいまだ見えていない。そんなウクライナ戦争だが、実は民間企業のある製品が、今回の戦争でウクライナ側の戦いに一役買っており、今後の戦況にも大きな影響を与える可能性があるという。

 

 そのシステムは、「Starlink(スターリンク)」である。人工衛星で宇宙からインターネットに接続できるサービスを提供する、コミュニケーションのためのシステムだ。(ITmedia)

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2022/03/23

 

ウクライナ大統領の偽動画は、ディープフェイクが戦争の武器となる世界を予見している

https://wired.jp/article/zelensky-deepfake-facebook-twitter-playbook/

 ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領のディープフェイク動画(偽動画)がネット上に投稿された。ロシアへの降伏を呼びかける内容の今回の偽動画は素早く削除されたが、ディープフェイクの技術が政治や戦争の武器となりうる現実が改めて浮き彫りになっている。

 ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領がロシアへの降伏を発表しているように見せかけたディープフェイク動画(偽動画)を敵側が作成している可能性がある──。そんな警告をウクライナ政府の戦略的コミュニケーションセンターが発表したのは、32日(米国時間)のことだった。その警告が、どうやら現実のものになったようだ。WIRED

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2022/03/22

 

人類初「デジタル戦争」の最前線で何が起きているのか ウクライナのデジタル担当副大臣に単独取材

https://news.yahoo.co.jp/articles/8de451d50bf6e4dfde37299fce304f084b65454f

 ロシアによるウクライナ侵攻では、SNSで戦場の「今」が瞬時に世界に発信され、サイバー攻撃も活発に行われています。こうしたことから、いま起きているのは人類史上初の「デジタル戦争」とも言われています。ウクライナ側のデジタル戦略を指揮するのは、2年半前に創設されたデジタル庁。そのトップは副首相で起業家でもある31 歳のフェドロフ大臣です。そして副大臣に就くのが同じく起業家出身で、40歳のボルニャコフ副大臣です。今回、テレビ東京はボルニャコフ副大臣の単独インタビューに成功。デジタル戦争の最前線で、一体何が行われているのか聞きました。(東京テレビ)

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2022/03/21

 

ロシアを囲む厚いプロパガンダの壁を、ウクライナの人々は「戦争の現実」を届けて突き崩そうとしている

https://wired.jp/article/russia-propaganda-wall/

 ロシアの人々は政府の情報統制とプロパガンダによって、ウクライナへの侵攻について正しい情報に接していない──。そう考えたウクライナの活動家たちは、TinderGoogle マップ、Telegramなどのプラットフォームを通じて正しい情報を伝えようと活発に動いている。WIRED

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2022/03/18

 

知られざるIT立国ウクライナ、評価額130億ドルのデカコーンも

https://forbesjapan.com/articles/detail/46406

ウクライナのゼレンスキー大統領は現在、戦況報告やロシアの侵攻に屈しないことをアピールする演説で世界の注目を浴びている。しかし、彼は、ほんの数週間前まで今とは全く異なるメッセージを発信していた。28日にキエフで開催された、同国の技術革新をアピールサミット「Diia」で、ゼレンスキーは次のように語った。「ウクライナから多くのスタートアップを輩出したい。2025年までにGDPに占めるテクノロジー分野の割合を4%から10%に、金額ベースでは165億ドルまで拡大し、ウクライナを欧州最大のテクノロジーハブにしたい」Forbes

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2022/03/15

 

プーチンは本気で「歓迎」されると思っていた...幻想を打ち砕かれ、本格攻撃へ

https://www.newsweekjapan.jp/kimura/2022/03/post-141_1.php

 <ロシア軍がここまで苦戦する背景には、「クリミア併合を大型バージョンで再現する」というロシア側の甘い見通しがある。現実を思い知ったロシアの出方は?>

 「大きなポイントは2つある。まず統合した作戦が行われなかった。この作戦の背後には2014年のクリミア併合を大型バージョンで再現しようという計算と仮定があった。ロシア軍は戦闘を回避して、23日のうちにウクライナの政権交代を実現するつもりだった。私たちが予想していたような合理的な軍事作戦や兵力投入は初期の段階では行われなかった」

2つ目は、ロシア軍は戦争のための準備をしていなかった。軍事作戦なしにウクライナへの全面侵攻を始めた。そして部隊にも伝えていなかった。下級将校が知ったのはせいぜい前日の夜だったのは明らかだ。兵士に演習だと嘘をついてウクライナに侵攻させた。これは士気に関わる問題だ。多くの兵士が完全に機能する装備を放棄して逃げ出した」(Newsweek

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2022/03/14

 

*ウクライナ軍を上空から支援 民間ドローンの目

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2022/03/13

 

「兵士不足」に悩むロシアが外国人に頼る理由

https://news.yahoo.co.jp/articles/8f4f348ee7476b0cded9b6f2460deea9e1e8e57f

 ロシアは軍事侵攻したウクライナに比べて、はるかに大規模な兵力を擁する。だが、それにもかかわらず、ウクライナ最大の都市を攻略することができないかもしれない。たとえ占領できたとしても、ウクライナの激しい抵抗を前にすれば、それを長期にわたって維持することはできないかもしれない── 専門家たちの間からは、そうした意見が聞かれ始めている。英シンクタンク、国際戦略研究所(IISS)によると、ロシア軍が保有する陸上兵力は、およそ28万人。軍全体では約90万人であるのに対し、ウクライナ軍の兵力は、合わせて約21万人だ(予備役と採用したばかりの新兵を含む)。Forbes

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2022/03/13

 

ウクライナ侵攻 背後の情報戦(3) ロシア軍 思わぬ停滞の理由 なぜウクライナ軍は待ち伏せ攻撃できたのか

https://news.yahoo.co.jp/articles/8ddbfc6c52f1201a57674bc1bd439dda76081734

 なぜか小規模の部隊で動き、ウクライナ軍の待ち伏せで犠牲を重ねたロシア軍。  一方、なぜウクライナ軍はロシア軍を待ち伏せ攻撃できているのか。  ウクライナ侵攻の裏側で繰り広げられていた情報戦について、シリーズの第3回は、圧倒的な戦力を誇るはずのロシア軍が停滞を余儀なくされている謎に迫る。

 この疑問は32日のホワイトハウスのサキ報道官の会見で氷解した。記者に問われるとサキ報道官はあっさりウクライナ側に「リアルタイムで」インテリジェンスの提供をしていることを明らかにしている。(テレ朝News

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2022/03/12

 

ウクライナ、趣味用ドローン数百台が偵察作戦で活躍

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2022/03/post-98275.php

<ウクライナ国防省の呼びかけに応じ、数百台の小型ドローンが寄贈された。熟練の市民ユーザーたちが軍に協力し、上空からロシア勢力の動向を監視している>

ウクライナ国防省はFacebookへの投稿を通じ、同国内の趣味のドローン・ユーザーたちに協力を要請した。ドローンを所持している、あるいは操縦技術の腕に覚えのある市民に対し、軍の偵察活動への協力を呼びかけている。

愛好家たちは、この要請に続々と反応。ドローン搭載のカメラでロシア軍を捉え、その位置と動向をリアルタイムでウクライナ軍に伝えている。近年小型ドローンは戦地でも運用されているものの、国家が正式に民間のドローン活用を要請するのは世界初とみられる。(Newsweek

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2022/03/09

 

ロシア戦車を破壊したウクライナ軍のトルコ製ドローンの映像が話題に

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2022/03/post-98246.php

 <ウクライナ軍がトルコ製のドローンでロシア軍の戦車と地対空ミサイルを破壊したとみられる動画が拡散し話題となっている......

ロシアによるウクライナへの軍事侵攻に対し、ウクライナ軍がトルコ製のドローン(無人航空機)「バイラクタルTB2」でロシア軍を攻撃したとみられる動画がSNSで拡散し、注目を集めている。在トルコウクライナ大使館が2022227日、その動画のひとつをツイッターに投稿。ウクライナ軍も31日、「『バイラクタルTB2』がロシア軍の戦車1台と地対空ミサイル『ブク』2基を破壊した」と発表した。(Newsweek

  

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2022/03/05

 

IT大手、ロシア事業停止拡大 Microsoftは全製品で

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN050880V00C22A3000000/

 【シリコンバレー=奥平和行】ロシア軍によるウクライナへの侵攻が続くなか、米IT(情報技術)大手がロシア事業を停止する動きが広がっている。マイクロソフトは4日、ロシアで全製品・サービスの新規販売を一時停止すると表明した。IT企業による制裁は消費者向けの製品・サービスで先行したが、企業向けにも及んできた。

  マイクロソフトのブラッド・スミス社長が同日、公式ブログを通じて説明した。同氏は228日にロシア政府系メディアをアプリ配信サービスから締め出すといった対応を公表していたが、さらに踏み込む形になる。「ロシアによる不当でいわれのない不法な侵略を非難する」と述べ、従来の「事態を注視する」といった説明から語調も強めた。(日本経済新聞)

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2022/03/05

 

3日食事なく「俺たちは捨て駒」と嘆き...補給を絶たれた前線のロシア兵の映像

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2022/03/3-303.php

<士気の低さが指摘されるウクライナ侵攻中のロシア軍だが、補給もなく孤立する部隊の窮状を訴える動画が拡散されている>

自分たちは上官に「捨て駒にされた」と嘆くロシア兵たちの動画がソーシャルメディアに投稿され、話題になっている。ロシア政府がウクライナ侵攻のために派遣した部隊の士気が低さはたびたび指摘されているが、今回の動画もその一例と言えそうだ。

動画が撮影された場所は公開されていないが、そこに映し出されているのは所在なげに立っているロシア兵たち。撮影者のロシア兵によれば彼らは34日そこに留まっているが、その間、まともに食事にありつけていないようだ。また、テントもなく、地面に横になって眠らざるを得ないという。(Newsweek

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 

2022/02/27

 

ウクライナ副首相からイーロン・マスクへのtwitterによる交渉が成立〜スターリンク作戦始動〜

https://news.yahoo.co.jp/byline/kandatoshiaki/20220227-00284136

ロシアのウクライナ侵攻中の現在、ウクライナのミハイロ・フュードロフ副首相兼デジタル変革大臣は、イーロン・マスクあてへのツイートで通信衛星回線を要請した。このtwitterの要請を受け、イーロン・マスクは、twitterでこう答えた。なんと、イーロン・マスクは、10時間後のスピード回答である。そして、その12分後には、フュードロフ副首相からのお礼がツイートされた。

Apple、ティム・クックCEOへロシアへのAppSrore閉鎖のお願いの書簡も公開!

 (Yahooニュース)

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2022/02/27

 

「ロシア人よ、地獄へようこそ」ウクライナ市民のレジスタンスが始まった(動画有)

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2022/02/post-98161.php

<ロシアの侵攻を受けて、反撃を決意する市民たちの希望と勇気は燃え続けることができるのか? ウクライナ第2の都市ハリコフの今を現場からレポート>

ジーンズにジャケットを羽織った地元の男たちが、ウクライナ東部の都市ハリコフの街角で車からカラシニコフ銃と弾薬の木箱を降ろしていた。224日にロシアがウクライナへ侵攻を開始してから数時間。抵抗は既に始まっていた。

「怖くないとは言わないが、私たちの運命だ」と、機械工の男(安全上の理由から匿名)が言った。「ロシア人が待ち遠しいよ、地獄へようこそ」。また「私たちは戦闘に志願している」と、黒いスニーカーにスエットパンツの男が言う。「ウクライナのためなら死んでも構わない」(Newsweek

 

 ―――――――――――――

    トップに戻る 

―――――――――――――