/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

 

--  お知らせ情報  --

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

2021/10/18

 

AI 時代の社会科学:挑戦と論争

 

慶應義塾大学大学院社会学研究科 - Keio University

 

 

講演者1:アンソニー・エリオット氏(南オーストラリア大学)

PRESENTATION 1: PROFESSOR ANTHONY ELLIOTT

 

AI 批判:その条件と帰結」

“Critique of AI: Conditions and Consequences”

 

講演要旨/Abstract

 

In this lecture, Cambridge-trained sociologist Anthony Elliott argues that much of what passes for conventional wisdom about the AI Revolution is either ill-considered or plain wrong. The reason? AI is not so much about the future, but is rather a revolution already well underway – albeit one which is unfolding in complex and uneven ways across the globe. From industrial robots to chatbots, and from driverless cars to military drones – AI, Elliott argues, is transforming all aspects of our lives, from the most intimate aspects of personal relationships to the changing nature of work, employment and unemployment.

 

The lecture explores how automated intelligent machines, predictive algorithms, advanced robotics and big data are impacting everyday life and modern societies. In the first half of the lecture, Elliott addresses some of the complex systems that automate our lives in the algorithmic era. The discussion focuses on five core institutional transformations associated with AI: (1) the increasing scale of AI; (2) automaticity; (3) the growing diffusion of AI technologies in institutional and everyday life; (4) the trend towards complexity; and (5) the penetration of AI systems into lifestyle change.

 

The second half of the lecture investigates the future of AI. Elliott draws from social theory to sketch a broad-ranging view of several possible futures and not just a narrow blueprint of how technology might shape our AI-enabled world. He discusses the following scenarios: (1) The Future Now: COVID-19 and Global AI; (2) Networked Artificial Life; (3) 2045: The Technological Singularity; and (4) AI Climate Futures.

 

この講義では、ケンブリッジで訓練を受けた社会学者のアンソニー・エリオットが、AI革命についての従来の知識は、よく考えられていないか、まったく間違っています。理由?AIは未来についてはそれほど重要ではありませんが、1つではありますが、すでに順調に進んでいる革命です。これは、世界中で複雑で不均一な方法で展開されています。産業用ロボットからチャットボット、そして自動運転車から軍用ドローンまで– AIは、あらゆる側面を変革しているとエリオットは主張します個人的な関係の最も親密な側面から変化する性質まで、私たちの生活の仕事、雇用、失業。

 

講義では、自動化されたインテリジェントマシン、予測アルゴリズム、高度なロボット工学がどのように行われるかを探りますビッグデータは日常生活や現代社会に影響を与えています。講義の前半では、エリオットアルゴリズム時代の私たちの生活を自動化する複雑なシステムのいくつかに対処します。 NS議論は、AIに関連する5つの中核的な制度的変革に焦点を当てています:1)増加AIの規模; 2)自動性; 3)機関およ機関におけるAI技術の普及の拡大日常生活; 4)複雑さへの傾向。 5AIシステムのライフスタイルへの浸透変化する。

 

講義の後半では、AIの未来を探ります。エリオットは社会理論から方法の狭い青写真だけでなく、いくつかの可能な未来の広い視野をスケッチしますテクノロジーは私たちのAI対応の世界を形作るかもしれません。彼は次のシナリオについて説明します。(1Future NowCOVID-19とグローバルAI; 2)ネットワーク化された人工生命; 32045技術的特異点; 4AI気候先物。

 

 

 

講演者2:ヘルガ・ノヴォトニー氏(チューリッヒ工科大学)

PRESENTATION 2: PROFESSOR HELGA NOWOTNY

 

AI を信じて:予測アルゴリズムの力・幻想・統制」

“In AI We Trust: Power, illusion and control of predictive algorithms”

 

 

講演要旨/Abstract

 

One of the most persistent concerns about the future is whether it will be dominated by the predictive algorithms of AI – and, if so, what this will mean for our behaviour, for our institutions and what it means to be human. AI changes our experience of time and the future and challenges our identities, yet we are blinded by its efficiency and fail to understand how it affects us.

 

At the heart of our trust in AI lies a paradox: we leverage AI to increase our control over the future and uncertainty, while at the same time the performativity of AI, the power it has to make us act in the ways it predicts, reduces our agency over the future. This happens when we forget that we humans have created the digital technologies to which we attribute agency. These developments also change the narrative of progress, which played such a central role in modernity and is based on the hubris of total control. We are now moving into an era where this control is limited as AI monitors our actions and even our emotions, posing the threat of surveillance, but also offering the opportunity to reappropriate control and, perhaps, transform it into care.

 

As we try to adjust to a digital mirro-world in which algorithms, robots and vast digital infrastructures play an ever-increasing role, we need to understand better the limitations of AI and how their predictions affect our agency, while at the same time having the courage to embrace the uncertainty of the future. It is all too easy to fall into the trap between the visions of enthusiastic techno-nerds and the dystopian views of those who fear humans will be controlled by the machines they created. Humanity has embarked on an open-ended and dynamical, co-evolutionary process that intertwines humans with digital machines. This coincides with the urgency of the present in which humanity faces an unprecedented sustainability crisis. For a long time to come, if ever, we have only this planet as our habitat and the environmental niche that humanity has carved out for itself is becoming increasingly precarious. Digitalization will therefore not only change what it means to be human, but also our relationship with the environmental-digital niche we inhabit. 

 

将来について最も根強い懸念の1つは、それがAIの予測アルゴリズム–もしそうなら、これが私たちの行動、私たちの機関にとって何を
意味するのか
そして人間であることの意味。 AIは私たちの時間と未来の経験と課題を変えます。私たちのアイデンティティ、
それでも私たちはその効率に目がくらんでいて、それが私たちにどのように影響するかを理解できていません。

AI
に対する私たちの信頼の中心には、パラドックスがあります。私たちはAIを活用して、将来の制御を強化します。
不確実性、同時に
AIのパフォーマンス、それが私たちに行動を起こさせるために必要な力
それが予測する方法は、将来にわたって私たちの代理店を
減らします。これは私たちが私たちを忘れたときに起こります。
人間は、私たちがエージェンシーに帰するデジタル技術を作成しました。
これらの開発
また、現代性においてそのような中心的な役割を果たし、トータルコントロールの傲慢さについて。

私たちは今、この制御が
AIとして制限されている時代に移行しています。
私たちの行動や感情さえも監視し、監視の脅威をもたらすだけでなく、
制御を再適切化し、おそらくそれをケアに変える機会。
アルゴリズム、ロボット、広大なデジタルが存在するデジタルミロワールドに
適応しようとしています。
インフラストラクチャはますます重要な役割を果たしており、AIの限界をよりよく理解する必要があります。彼らの予測が私たちの代理店
にどのように影響するか、同時にそれを受け入れる勇気を持っています。
将来の不確実性。熱狂的なビジョンの間の罠に陥るのはとても
簡単です。
テクノオタクと人間を恐れる人々のディストピア的見解は機械によって制御されます。彼らが作成しました。人類は自由形式の質問に
乗り出しました
人間とデジタルマシンを絡み合わせる、動的で共進化的なプロセス。これは一致します。人類が前例のない持続可能性の
危機に直面している現在の緊急性とともに。にとって
長い間、私たちの生息地と環境のニッチはこの惑星だけです。
人類が自ら切り開いてきたということは、ますます不安定になっています。デジタル化はしたがって、人間であることの意味だけでなく、
私たちとの関係も変えます。
私たちが住む環境デジタルニッチ。